« 「ピーナッツと谷川俊太郎の世界」~チャールズ・M・シュルツ・谷川俊太郎 | トップページ | 「剣術修行の旅日記」~永井義男 其の一 »

2015年2月 3日 (火)

「節分の日に」~雲仙市橘神社

Dsc_0395

今日は天気も良く、ブラブラ橘神社を歩いていると、なにやら、おばさんが二人ば

かり拝殿の前にいて、女性とあれば、声をかけないのも失礼だと思いながら、

ヒョッと拝殿の中を見ると、神官さんがなにやら、やっていて・・・

Photo

よく考えると、今日は節分でした。千々石の氏神様「温泉神社」でも、やっていた

ようですが、時間が分からず、行けませんでした。


帰って、暦を読んで見ると、二十四節気の一つに、立春がありますが、節分は立

春の前日だそうです。


本来は、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことだそうですが、それが、次第に春

だけに用いられるようになったそうです。俳句の季語でいうと、明日からが春の

で、今日「節分」までは、冬の部になります。


旧暦では正月初旬、年末になることもあるそうですが、新暦では2月の3、4日に

るそうです。

Photo_2

儀式のあと、鏑矢を四本ばかり引かれましたが、この儀式初めて見ました。意味

を聞くのを、うっかり忘れました・・・・


豆を撒く時、「福は内」だけで、「鬼は外」は言ってない感じでした。神殿の中

「鬼」がいたら、大変な事ですから。


そのあと、本殿の4つの角(かど)で豆まきですが、見物人が私も入れて、3人と

はチト淋しい。来年は、AKB48でも呼んだら、と思いましたが・・・

Dsc_0384

儀式のあと、一番上の写真のように、豆を貰ってきましたが、これなら、ビニール

袋を持ってくれば、良かった。


二人の女性の方は、諫早と大村から来られたそうですが、節分の儀式が見られ

て良かった、と大喜びでした。今年は、良いことがあるでしょう。


さて、節分といえば「恵方巻」が流行ってきましたが、これは、ウィキペデイアによ

れば、大阪地方を中心におこなわれていたそうですが、1998年(平成10年)

に、セブンーイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用されたことにより広まっ

た。と書かれています。


なお、「恵方巻」と呼ばれていたという文献等は見つかってない。と書かれていま

すが、私が、数十年前、千々石に来た時、千々石の某寿司店が売っていて、最

初は「こらなんじゃ」と思った覚えがあるですが・・・名前は何て言ったか、忘れま

した。


さて、「恵方」のことですが、

Img_20150203_0006_3

これ、方位図ですが、吉神、凶神等が書き込まれ、この図は、年、月で変わっ

て来ますが、この中で吉神として、「歳徳神(としとくじん)」と言われる神様がい

て、「歳徳神」の在泊する方を俗に、”あきの方””恵方”というそうです。今年の場

合は「西南西」の方角だそうですが、「恵方巻」の名前はこれから、考えられたの

では?赤の○印に「恵方」と書いてあります。


「歳徳神」の在泊する方向を選ぶと、家屋建設、移転、開店、転地、結婚等、すべ

て吉方向とされているそうですが、方位については、難しいので、自学自習して

下さい。


さて、私は、商業ベースにのりたくないので、コンビニでは買いませんでしたが、

少しヘソが曲がっているので、寿司の代わり、「西南西」を向いて「ロールケーキ」

一本、食べまた。また太るな。



節分の豆少し添へ患者食     波郷

あたゝかく炒られて嬉し年の豆  虚子

豆撒きやかりそめに住める人の家  波郷

節分の火の粉を散らす孤独の手  六林男

節分の貰ひし豆を妻と食ふ  sugikan    おそまつ (*_ _)ゴメンナサイ


思い出しましたが、俳句の季語に「恵方詣」がありました。「その年の明けの方に

あたる神社仏閣に参詣すること。その道を恵方道という。〈恵方・恵方道・明の

方・恵方拝〉」


恵方とて人の歩める方へ行く 多佳子

恵方とて海の上にも道を延べ 狩行



(参考・文引用:「神宮館百彩暦~髙島易断本部編纂」。他、俳句歳時記より)

 

【おまけ】

 神社の裏に、梅一輪

Photo_5





« 「ピーナッツと谷川俊太郎の世界」~チャールズ・M・シュルツ・谷川俊太郎 | トップページ | 「剣術修行の旅日記」~永井義男 其の一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61080091

この記事へのトラックバック一覧です: 「節分の日に」~雲仙市橘神社:

« 「ピーナッツと谷川俊太郎の世界」~チャールズ・M・シュルツ・谷川俊太郎 | トップページ | 「剣術修行の旅日記」~永井義男 其の一 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ