« 2015 「緋寒桜郷まつり」~雲仙市国見町神代小路(くうじ) | トップページ | 「男はつらいよ~テレビドラマ版」★おさわり編 »

2015年2月24日 (火)

「古代米~赤米」を食す

Dsc_0036

え~、今日もカミサンが留守で、久しぶりに何か作ろうかと、お買い物。


お店を見て行ったら、珍しくも、黒米と赤米が置いてありました。


今から数十年前、対馬に三年ほどいた時、豆酘(つつ)というところで、神事があ

、赤米を使うとかで、「赤米」はその頃一般的ではなく、そも、赤米とかなんじゃ

と思いましたが・・・


それから数年、数十名の子ども達とキャンプをした時、「山賊料理」をしようかと

鍋は「猪鍋」、ニワトリの「丸焼き」、これ、子ども達は、最初気味悪がっていまし

が、食べ始めたら、ウマイ、ウマイと、あっという間に売り切れ。


あと、米も、一工夫ないかと考えて、古代米と言われる、赤米を使うことに。ところ

が、当時は米屋さんに聞いてもない。調べまくって、やっと京都から、取り寄せま

した。特に飯盒で炊いたせいか、もっちりして、美味でした。


上の品物は、一袋が白米2合分で、ちょうど分量的にも良いので、赤米と黒米を

一袋づつ買って来ました。


調理法は、白米を研いで、赤米又は黒米を入れて、軽く混ぜて炊くだけ。


米は洗うのではなく、(近頃米を洗うという方が多くて)米は研ぐです。刀を研ぐ、

心を研ぐと一緒で、米は、心を込めて研ぎましょう。

Dsc_0041_2

赤い点々が、赤米、全体的にほんのりと、赤い色になります。食感は、少しもっち

りした感じで、なかなか美味です。

Dsc_0054_4

あと、緑米があり、これは以前書いた、大村の城南高校の「田んぼアート」でも

使っていますが、生徒さんに聞いたところ、炊いても色は普通の米と変わらない

とか。→こちらをクリック


あと、「香米」というのもありますが、何時かは、食して見ようと思っています。


なお、柳田国夫の「柳田国男の故郷七十年」に「米の話と黒潮」「赤米のこと」に、

少しばかり、赤米の事に触れた部分があるので、興味ある方は、ご一読を。

健康ブームで、赤米、黒米が流行っているようですが、あなたも一度お試しを。


あっ!ほんの少しばかり塩(天然塩)を入れると、また、美味しくなりますよ。




« 2015 「緋寒桜郷まつり」~雲仙市国見町神代小路(くうじ) | トップページ | 「男はつらいよ~テレビドラマ版」★おさわり編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61190569

この記事へのトラックバック一覧です: 「古代米~赤米」を食す:

« 2015 「緋寒桜郷まつり」~雲仙市国見町神代小路(くうじ) | トップページ | 「男はつらいよ~テレビドラマ版」★おさわり編 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ