« 「風の丘だんだん」~雲仙市南串山町 | トップページ | 挑戦!「ボールジャグリング」! »

2015年1月20日 (火)

大寒・二十日正月

Dsc02186

テレビでも言っているように、今日は二十四節季(にじゅうしせっき)の一つ「大

寒」です。千々石の「大寒」風景です。白く見えるのは雪、ではなく、ジャガイモの

マルチです。


二四節季は、立春、雨水(うすい)、啓蟄(けいちつ)、春分、清明、穀雨(こくう)、

立夏、小満、芒種(ぼうしゅ)、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑(しょしょ)、白露、秋

分、寒露、霜降、立冬、小雪(「こゆき」、キャバレーの、女の子の名前にありそ

う heart02)、大雪、冬至、小寒、大寒(だいかん)。時々、「たいかん」と言っているア

ナウンサーがいますが、「だいかん」です。


知っているのもあるし、知らないのもあると思いますが、自学自習で調べてくださ

い。


大寒」は、新暦一月では二十一日ごろで、一番寒い時になりますが、春はもう

すぐです。この「一月二十一日ごろ」の「ごろ」というのが、何となくノンビリした感

じで良いですね。今年は今日「二十日」が「大寒」でした。


さて、今日は大寒と同時に「二十日正月」です。「はつかしょうがつ」で「にじゅう

にちしょうがつ」ではありません 。

Img_20150120_0001

「二十日正月」は、テレビ、新聞等、話題にもなりません。一月一日から店を開け

る時代だから・・・


「最新俳句歳時記(新年) 山本健吉編」によれば、「正月行事は、だいたい二十

日を境界としている。・・・・」となっており、今日で正月気分が、終わりだと言うこと

になります。


さて、旧暦と書きましたが、太陽暦が日本で実施されたのが、1872年(明治五

年)十二月三日からで、この日が太陽暦の明治六年一月一日になります。

の、旧暦も便利なもので、旧暦の十五日はいつも満月で、分かりやすいですね。


この間紹介した、「神宮館百彩暦」に、「旧暦の名残をとどめる行事や風習」のと

ころに「八月一日」を何と読むか?「ほずみ」です。旧暦の八月一日は、稲の初穂

を積み神に捧げ、感謝をするという事だそうです。


「四月一日」は「わたぬき」。旧暦四月一日は「衣替え」の日で、冬物の衣類から、

綿を抜いて軽くすることから「わたぬき」。


旧暦で言えば、今年の「正月」は二月十九日、「二十日正月」は三月二十日で

す。こうして見れば、随分、時期が違いますね。


今日は「二十日正月」と「大寒」がダブって一緒の日ですが、俳句歳時記では、

「二十日正月」は「新年の部」、「大寒」は「冬の部」です。



:「二十四節気」を「にじゅうよんせっき」と書いておりましたが、コメントにて「に

  じゅうしせっき」ではないかとの指摘をいただきました。「にじゅうしせっき」の

  の方が正解です。お詫びかたがた改めて訂正をしておきました o(_ _)oペコッ。 

  なにせ、昨日はTVでサッカーを見ながら、書いてたもんで・・・・coldsweats02



大寒の一戸(いっこ)もかくれなき故郷(こきょう)  飯田龍太

大寒や転びて諸手つく悲しさ              西東三鬼

正月も二十日になりて雑煮かな            嵐 雪

正月も二十日となりて樽の酒             間 去





 

« 「風の丘だんだん」~雲仙市南串山町 | トップページ | 挑戦!「ボールジャグリング」! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/61004418

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒・二十日正月:

« 「風の丘だんだん」~雲仙市南串山町 | トップページ | 挑戦!「ボールジャグリング」! »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ