« 2015 「全国亭主関白協会」スローガン決まる | トップページ | 後妻業~黒川博行著★暴走老人~藤原知美著 »

2015年1月 7日 (水)

七草(七種)粥・鬼火焚き~雲仙市千々石町

Photo_3

今日は、正月七日。


平日なので、参拝客が少ないかと思ったら、ボチボチでした。


今日は、各神社で「七草(七種)粥」の振る舞いがあったみたいですが、ここ、橘

神社でも、「七草粥」の振る舞いがありました。



いろんな本に「七種」と書いてあったり、「七草」と書いてあったりで、一回調べて


ブログにしてみたのですが→こちらをクリック


後で、読み見返してみたら、分かりにくく、自分でも納得できないところがあり、ま

た、
時間があったら、調べ直しを・・・・

Photo_6

300食作るので、大変です。


ちゃんと「唐土の鳥が日本の鳥
と渡らぬ先に、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、

ほとけのざ、すずな、すずしろ」と、おまじないを唱えな
がら、七草を刻ざんでいま

した。
この、文句、各地でいろいろあるようです。


お、「唐土の鳥」は山本健吉氏の歳時記によると、「もと鳥追いの文句であろ

う」と書いてありますが、その他、異説があるようです。
梅干しは、多分、神社の

梅の木になった実から作った、無農薬、減塩梅干しかな?

Photo_8 Photo_9

意外とお客さんが多く、カミサンが留守だったので、腹一杯食べようと思ったので

すが、お代わりはできませんでした・・・・ weep

2 Photo_11

良い絵馬ですね。「ひつじ年」と「筆字」。これ、駄洒落で無く、ここまでいくと、掛

詞かな?

Photo_13

帰りがけちょうど、鬼火焚き。こちらでは、鬼火焚きといいます。九州ではこのよう

にいう所が多いようです。


左義長、どんど焚き、どんど正月、飾り焚き、鬼の骨等。地方によって、いろいろ

呼び方があるみたいです。急いで、家に帰って、注連飾りを持って来て、一緒に

焼いてもらいました。


こちらでは、子どもが中心になっていたのですが、子どもが、全然いない。聞いて

みたら、この地区、子どもはたった一人だとか。少子化ですね。話を聞くと、隣の

地区では、子どもが一人もいなく、少子化所では無く、無子化時代になりはしな

いでしょうね・・・・

Photo_15

七種に更に嫁菜を加へけり      虚子 

畑のもの足して七草揃へけり     澁江 


とけそめし七草粥の薺かな       立子 

児の清書火の鳥となり田へ落つる  十風 

左義長や婆が跨ぎて火の終(しまひ) 桂郎 

どんどとて道祖神にも米と酒      蓼汀



« 2015 「全国亭主関白協会」スローガン決まる | トップページ | 後妻業~黒川博行著★暴走老人~藤原知美著 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60938349

この記事へのトラックバック一覧です: 七草(七種)粥・鬼火焚き~雲仙市千々石町:

« 2015 「全国亭主関白協会」スローガン決まる | トップページ | 後妻業~黒川博行著★暴走老人~藤原知美著 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ