« 2014年10月26日 - 2014年11月1日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »

2014年11月2日 - 2014年11月8日

2014年11月 8日 (土)

第24回千々石少年の主張大会~雲仙市千々石町

Dsc01407

子供が学校へ通っているころは、学校の様子、子どもたちの行動も分かっていたのです

が、家を出てしまうと、全く関係がなくなり、分からない状態。


近所の高齢者の人も、「子供ん顔ば見ても、どこん(どこの)子か、いっちょん(まったく)分

からん」という話。


という事で、千々石の小中学生(残念ながら千々石高校・大学はありません)による、「少年

の主張大会」があったので、出かけて見ました。


小中学生10名。島原半島、各町大体開催していますが、発表者は女子が多いのですが、

今日は、男子6名、女子4名という珍しさ。小学生6名、中学生4名です。


天気も少し悪くなりそうなので、お客さんが少ないかと思っていたら、大盛況。後の方まで

満員でした。


最初は、小学生の部。

「ソフトボールから学んだこと」「みんな仲良し」

左の子は今、キャップテンをしているそうですが、将来は、メジャーまで行きたいとのこと。

夢は大きい方が良いですね。


女の子は、千々石第二小学校の子ですが、全校で18名。現在、島原半島でも小規模校の

廃統合が行われていますが、小規模校の良さが伺えました。


学校に来ると、職員室に入って、先生に挨拶をしてハイタッチをしているそうですが、私の

頃は、一学級で50名(一学年ではありません!)。とても、職員室に入るなんて。羨ましい

ですね。


なお、千々石二小は、日本の棚田百選の岳地区がある、木場名という所にありますが、木

場地区の運動会と、学校の運動会は合同で行っているそうです。地域の融和と、子供との

触れあいがあって良いですね。

Photo_2 Photo_3

「家族の一員として」「ソフトボールを通して」

左の子は6年生で、体格が良く、長男だそうですが、お父さんの仕事の手伝いもやっている

そうです。今の子供は、昔と違い、お父さんの仕事を手伝う子供も少なくなりました。

学校でも進んで仕事を引き受け、感謝されるのが嬉しく、人のためになりたいとのこと。


右の子は、お父さんがソフトボールの監督さんだそうで、学んだことが、「元気」「集中」「チ

ームワーク」だそうです。

人と人との結びつきが大事、何よりも人に感謝。そのためには、元気でいることが大切だ、

という事で、元気を無くしているオジサンには、耳の痛い話でした。

Photo_4 Photo_5

「みんなちがって みないい」「仲間に支えられて」

詩人、金子みすずさんの「わたしと小鳥とすずと」を学校の教科書で習った事を、話してい

ましたが、この子も、千々石二小で、同級生が5人。男女、最初、仲があまり良くなかったそ

ですが、一緒に5年間(現在は6年生)過ごし、協同作業をとおし、それぞれの良さを見つけ

合い、違いを認たそうです。


蛇足ですが、「チーリップの唄」。「あか しろ きいろ どのはなみても きれいだな」。この

歌詞も、それぞれの違いを、それぞれに良さがある事を歌っています。


右の子は、サッカーをしているそうですが、県大会直前に足を骨折。クラブ仲間から、全国

大会に連れていってやると言われ、ボール拾いとか、裏方の仕事をガンバって、やったそう

ですが、県大会の時、試合前、スクラムの中心に置かれ、「頑張るぞ」と言われ、感激した

そうです。

Photo_9 Photo_10

「いじめとは・・・」「命の重み」

さすが、中学生ともなると、話が重厚になってきます。

「いじめ」。なかなか止みませんね。昔は、表だっていじめていましたが、今では、蔭でのい

じめ、おまけに、ライン、ホームページでのいじめ。

この子は、いじめの中にあるものとして、「嫉妬」「個人的なストレスを他人に発散する」事を

上げていましたが、なかなかの分析でした。


右の子も、いじめを取り上げていましたが、「自分がいつ被害者になるか分からない」事。

「ウザイ」「ダサイ」など、今や普通に使っていますが、人の心を傷つけることもあり、軽いノ

リで言わない自制心が大切だ、と言っていました。

2 2_2

「本当の思いやり」「家族の愛」

女の子の方は、バレーボールをしているそうですが、監督から、「バレーボールとは思いや

りのスポーツだ」と言われたそうです。

思いやりとは、「信頼」の事で、相手を信頼し、個性を理解し、全体のことを広く考える事だ

と発表していました。


右の男の子は、大人に対し、「ほめて欲しい」「叱って欲しい」と言っていました。

確かに、現在、親は子供に嫌われたくなく、「叱る」事が少なくなりました。叱らないと「悪い

ことが、悪いと思わないようになる」と、確かにそうですね。


昨日のブログで「ウドロク」の事を書きましたが、NHKTVの有働アナウンサー、こう書いてい

ます。


「父は怒ると、この世のものとは思えないほど怖い存在だった

私がまだ一歳の頃、何かのことで怒られた私が泣こうとした瞬間、父が『おほん』と咳払い

をしただけで、ひぃひぃと息を引きつらせるように、泣くのを我慢したという。」

昔の親はそれほど、厳しいものでした。

Photo_11 2_3

まだ、書き足りないほどの発表でしたが、又、用事があるので・・・・・・


「今どきの、若い者は」と言いますが、皆ちゃんと、考えていることは考えています。

子供の悪いところは、大人の責任が大きいようです。そんなことを考えさせられる、「少年の

主張」でした。


主催の「雲仙市青少年健全育成協議会千々石支部」の皆さんは大変だったと思いますが、

子供の意見は滅多に聞けるものではなく、来年も、是非、開催をしてください。


2014年11月 7日 (金)

「絵馬」それぞれ

Dsc01390

「絵馬(えま)」。辞書で引くと「願い事をする時や、また、それがかなった時に、、神社や寺

に奉納する額。(参考)多く、馬の絵の額を納めたことからいう。」と書いてあります。


一年分の絵馬です。かなり、沢山の絵馬が溜まりました。お正月に、神主さんが、願いがか

なうようにお祓いをして、お焚きあげをします。


足を痛め、しばらくゴロゴロしてばかりで、体に悪いので、神社まで。絵馬については、以前

にも取り上げたことがありますが、お正月は、受験期とあって、入学のお願い、就職のお願

いが多かったのですが、今日行って見たら、少し違ったところがあって・・・・名前は、個人情

報で、消しました。


タレントさんのライブに行きたいと。特に「嵐」が多くですね。右の「-20㎏を目標に頑張り

ます。」というと、かなり、お太りの若い方ですね。

Photo_3 2

3 4_2

間違いなく、小学生でしょう。お母さんが困らないように、好き嫌いをしないように、頑張りま

しょう。

「字」は、持って生まれたものだと言います。オジサン、いまだもって、自分で書いて、自分

で読めない字があります。でも、こんなに立派な大人になりましたhappy01

でもネ、「字」は他人が読めるように、ヘタでも良いから、ていねいに書くようにしましょう。

Photo_7 Photo_8

防大(防衛大学)、難しいですよ。(しますように)が謙虚で良いですね。橘神社は「軍神 橘

中佐」が祀ってある所だから、願いをかなえてくれるでしょう。

小学生5年の漢字検定って、どんなのでしょう?パソコンで文章を打っていると、漢字を忘

れてしまいます。できるだけ、手で書くように努力はしているのですが・・・・オジサン、五年

生の漢字検定、確実に落ちるな・・・

Photo_9 Photo_10

今年は、長崎で国体が開催されましたが、「サッカーで・・・・・」というところを見ると、出場選

手かな?

高橋大輔選手は、フィギアースケートの選手で、ソチオリンピックでは残念でした。この間

引退をしましたが。ただ、ここ、入学とか、就職試験の願いが多いので、あまり「滑る」事に

関する事は書かないように weep 。

Photo_11 Photo_12

ゆるキャラ対決。「くまもん」はもちろん、熊本。「あいのん」は昨年生まれの、雲仙市のゆる

キャラ、残念ながらグランプリは取れませんでした。来年は、私が、雲仙を代表して、ゆるキ

ャラグランプリにでるつもりです。そのままでも、私、ゆるキャラです。

ところで、「しっかり、いいキョりを たもてますように」。これ、ナンデショウ。微妙な表現だ

な。

Photo_13 Photo_14

なんとかが上達とか、カッコイイなんとかになるぞ、と言われても、オジサンよく分かりませ

ん。まして、私より早く生まれた神様には、なんの事やら分からないので、説明も一緒に書

いてくださ~い。

右は間違いなく、おじさま族の書き方ですね。

Photo_15 Photo_16

吾妻からどこかに行くんでしょうか?雲仙市は人口減なので、必ず戻って来てきてくださ

い。右は、多分韓国の方か?

Photo_21 Photo_20

昇給は神様より、社長さんの方へ。「○○○○のあたまがツルツルになりますように!!

」って、ナンノコトじゃ。

Photo_24 Photo_25

こんなの見ると、涙がウルっと来ますね。左は、旦那さんから、奥様への激励みたいでし

た。どちらも、お元気な事をお祈りします。

Photo_26 2_4

さて、オジサンも、何か書こうかと思ったのですが、この歳で、もう願い事も無し。そのまま

ふら下げて来ました。

Photo_28




2014年11月 6日 (木)

「ウドウロク」一気読み~有働由美子著

Img_20141106_0015

数年前、二人の有名な某女性作家が、男性の、これも有名作家のS氏の事を、ラジオ対談

で、こう批評していました。


「Sさんて、女性を見る目が甘いのよね。女性なんて、あんなもんじゃないよのネ」

「そう、そう、Sさん女性をよく分かってないのよネ」

「女性の裏側は、もっとドロドロして、汚くて、怖いのよね!」

「そうよ!」


さて、この本、45歳の独身女性の中身がどうなのか・・・・


私の知人がブログを書いて、この「ウドロク」。NHKの「あさイチ」で、NHKらしからぬ司会をし

ている有働さんが書いた「ウドロク」の事を書いていたので、読んでみたいな、と思っていた

ら、何と、田舎の本屋さんにも並んでいました。しかも、2冊もですよ。奇跡!


有働さんは、もちろんNHKのアナウンサーで、以前、「NHKニュースおはよう日本」「サタデ

ースポーツ」「サンデースポーツ」「NHKニュース10」等の番組を担当していたみたいです

が、どうも、私の記憶にはなかったのですが・・・・・


2010年3月より「あさイチ」を担当し、私、第一回目から見て、すぐにファンになりました。

毎日見ています。「わき汗」については、本当に面白く見ましたが、番組がない日は、一日

寂しい思いをしています。国会がある時は、9時で終わってしまいますが、国会の議長と

か、運営委員会の委員長、有働さんにしてくれればスムーズに議論が進むと思うのです

が・・・


題名が「ウドウロク」。脇に小さく「有働録」と書いてありますが、題名の「ウドウロク」の後

に、黒く塗りつぶしたように「ロウドウ」と書いてあります。ナンデショウ。「ウドウロクロウド

ウ」回文かな?他に意味があるのかな?


有働さん、本の表紙を見ると、本当にシックでモデルみたいですね。でも、有働さんはモデ

ルにはなれません。野球の長島茂雄氏が監督時代、有働さん、次のように言われたそう

です。


「さっきからずっと思っていたんですがね、あなたの足、ピッチャー向きですね。太くて安定

感がある。どっしりしている。いいですよ!」


有働さんは45歳(女性の歳は書くものではないのですが、自分で書いているから)で独身

女性ですが、やはり、大変な苦労をしてきているようです。もっとも、ウチのカミサンと暮らし

た、三十数年と比べれば・・・・・


ところで、有働さんは美人でしょうか?

毎日TVを見て、カワユイ~、と思ったり、並だな、と思ったりしますが、五十代の視聴者から

「さりげないほどほどの美貌である」との、メールを貰ったそうです。「さりげないほどほどの

美貌」。良い表現ですね。私も、そう思います。


さて、この本、アラフォー独身女性に共感を呼ぶと思います。お薦めします。笑いあり、涙あ

り、シンミリするところあり、納得できるところあり、とにかく、読んで見てください。


「あさイチ」。タモリさんの「笑っていいとも!」の31年6ヶ月を抜いて欲しいと思います。有

働さんは76歳になっていますが・・・・


こっそりですが、有働さん同棲したことがあるんですって。ちゃんと書いています。「・・・NY

赴任中、たった一週間の同棲生活をしていた時のことだ。」後はお読みください。


なお、私の知人のブログ、「十人十色、そのひとつ」に簡潔にまとめてありますので、そちら

を続いて、お読みください。→こちらをクリック。


明日も、有働さんの笑顔を夢見ながら・・・・・・お休みなさい。


【おまけ】

千々石の海岸です。海岸のそばをを通っていたら、小学生が砂の造形をしていました。

Dsc_0233





2014年11月 5日 (水)

「171年ぶりの月」

Dsc_0231

今日は、旧暦の9月13日。


八月の十五夜の名月に対して、旧暦9月13日の月を「十三夜」、「後の月」と言います。十

五夜の芋名月に対して、栗名月、豆名月とも言います。


今日、車を走らせながら、ラジオを聴いていると、月が、171年ぶりで、なんとか、かんと

か、と放送をしていたので、先ほど調べて見たら・・・・


旧暦では太陰暦になるので、1年は大体354日。現在の365日とは、およそ11日の差が

でてきます。


そのため、何年かたつと夏が、冬になったりしてしまいます。そのため、新暦が4年に一度

閏日(2月29日)を一日入れるのと違い、旧暦では3年に一度、閏月を入れて調整するそう

です。今年は、9月が挿入されるそうで、旧暦のうえでは9月13日が2回来る事になりま

す。


という事で、今年は、十三夜が2回来る事になり、前回、十三夜が2回来たのが、1843年

(天保14年)という事で、今日の十三夜は、171年ぶりの十三夜という事になるそうです。


補足ですが、今年、旧暦の9月1日は、新暦の9月24日と10月24日にあたり、旧暦でいう

と、9月が2回ある事になります。


さきほど、慌てて写真を撮ってきましたが、皆さんも171年ぶりの十三夜を、ご覧になって

はいかがでしょう、少し寒いので、お二人で・・・・・


墨磨れば墨の声して十三夜      成田千空

沈黙は人恋うる距離十三夜      中村克子

静かなる自在の揺れや十三夜     松本たかし

十三夜完全看護と云ふ孤独      鳥羽靑珠

逢へばまた逢ひたくなりて十三夜   sugikan




2014年11月 4日 (火)

「週刊誌」ひろい読み

Img_20141104_0001 Img_20141104_0003

「長崎がんばらんば国体」、「長崎がんばらんば大会(第14回障害者スポーツ大会)」。あっ

という間に終わってしまいました。


「国体」では長崎が天皇杯で一位、皇后杯が二位。一位は東京です。


「大会」では金が39個、銀が35個、銅が61個。合計135個のメダルを取ったそうです。地

元開催は団体が全競技出場、個人枠の出場枠も多いため比較は単純にできませんが、昨

年が45個で、これが最多だったそうです。


国体は開催地が強く、来年はどうなるか分かりませんが、とにかく、選手、ボランティアの皆

さん、役員の皆さんご苦労様でした。


さて、人間はどうして順番をつけたがるのでしょう。

Img_20141104_0004

B級グルメのグランプリばかりだと思えば、今度は「ゆるキャラ」のグランプリまで。B級にし

ても、ゆるキャラにしても、その土地々々に行った時、楽しめば良いと思うのですが・・・


とは言ってもですよ・・・・「週刊ポスト」を買うつもりでは無かったのですが、表紙に「47都道

府県『おっぱいランキング』なんて書いてあると、気になるじゃありませんか。長崎県が何位

に入っているのか。


という事で買って来てみると、なんと、長崎県は16位。東京が41位。皇后杯では負けまし

たが、「おっぱい」では勝ちました。


BMIの値、要するに太っているなら、バストが大きいかと思うと、「”肥満県”とバストサイズ

には何かしらの相関関係がありそうだが、あてはまらない県もあるため・・・・これも決め手

に欠ける」と言うことだそうで、バストの大きさの関係としては、「大豆」と「睡眠」と「セックス」

だそうです。


これは、「豆腐」の一世帯あたりの消費金額、睡眠は乳腺科専門の医師が睡眠時間との関

係を医学的に説明していますが、長くなるのでカット。最後のは、コンドームメーカーが1万

4100名を対象にした、「セックス経験人数」から検証したものです。


なお、BMI指数女性県別平均ランキングは。、長崎県は2位だそうです。要するに、太り過

ぎです happy01 。


でも、良いじゃありませんか、伊奈かっぺい先生は某村の講演会で、次のように語っていま

す。


「(この村の)過去十年の記録で、この村の脳卒中の死亡率が県下一なんですね。

これは素晴らしいことです。

物の善し悪しじゃありません。なんでも一番と言うのは素晴らしい事です。

心臓病が二位と三位を行ったりきたりしていますけど、これも早く頑張って県下一位の立場

まで持って行かなきゃいけません。

 昨今、村おこし町おこしが全国各地で盛んですけど、何も誇るモノがない場合、脳卒中県

下一━━━これで充分、キャッチフレーズになります。

 この場合"村つぶし町つぶし”と言われるかも知れませんが━━━

村長サンッ笑ってる場合じゃないんですってば・・・・明るい村長サンだなぁ・・・・」

これだけ言われれば、健康に注意するようになるでしょうが。


長崎の女性の皆さん、BMI一位になるよう頑張りましょう。


他の記事で、「週刊ポスト」さん、相変わらず、しつこく年金問題をやってます。私もしつこく

載せます。ひょっとしたら、現在、65歳受給開始の年金が、70歳受給開始になる可能性

が高いという事。

Img_20141104_0002

現在、35歳で60歳で定年を迎えるまでの、平均給与が45万の場合、最初の65~70歳

までは(現在は65歳から支給)貰えません。70歳から受給開始で、80歳までの受給額

が、現在は2572万円になりますが、これが、1642万円、約1000万円の減額という事に

なります。若い方は、今のうちに準備を。


このような事は、新聞には載りませんが、載らないはずで、「『政治とカネ』最大の闇は大メ

ディア記者の『接待漬け』だ」、という記事があり、国民に都合に悪いことは、記事にはしな

いのでしょう。「秘密保護法案」ができたら、もっと情報が流れ無くなるでしょうが・・・


他に、「コーヒーは体に良いのか?悪いのか?」。昔は、あまり良くない、と教えられたので

すが・・・最近、カミサンがコーヒーを飲み始めたので、聞いたら、「毎日、二杯までは、良い」

と、多分、「コーヒーを毎日2杯以上飲んでいる人にはシミが少ないという結果が得られたと

いう。」という話を、どこかで聞いたのでしょうが、もう手遅れなんですけど。


「新美女医カルテットが教える『オンナのカラダの愛し方』。これ、内容は書けません。「意

外?○○すると○○○は良くなり、いずれ○○は○○○に」なんて、恥ずかしくて・・ catface


安達祐実さんの映画「花宵道中」のグラビヤも、載っていますので、ファンの方は見てくださ

い。「同情するなら金をくれ」と、ドラマの中で言ったのが、12歳の時。あの子が、こんな大

胆な映画に。


やしきたかじんの「ゆめいらんかな やしきたかじん伝」の本のPRが出ていましたが、はや

り凄い人生ですね。ファンだったので、さっそくAmazonに注文したら(こちらの本屋さんには

並んでいません)、「一時的に在庫切れ:入荷時期は未定です」の文字。やはり、死んでも

人気があるんですね。


「週刊文春」は、立花隆の「死は怖くない」の記事があったため、買ったもの。まだ第一回で

連載ものになるようですが・・・


同級生も次々に死に、自分より若い人も亡くなり「自分もいずれ、それほど遠くない時期に

死を迎えるにちがいないということが実感として理解できるようになりました。その結果とし

て、生に対する執着が弱くなりつつあります。」と書いてあります。


私は、浄土真宗ですが、蓮如上人が書かれた「御文書(ごぶんしょう)」(浄土真宗の教え

を、各門徒に手紙にして示したもの)を時々読むようになり、有名な「白骨の文書」


「・・・・・・われや先(さき)人や先・今日ともしらず明日ともしらず、・・・・・されば、明日には紅

顔ありて・夕べには白骨となれる身なり・・・・野外におくりて、夜半(やわ)の煙となしはてぬ

れば・ただ白骨のみぞのこれり・・・・」


若い時は、何となく聞いていただけですが、段々身にしみて、実感として感じるようになりま

した。





2014年11月 3日 (月)

2014 千々石町文化祭(展示の部)~雲仙市千々石町

Photo_2

どこの公民館、地区館でも、文化祭をやっていると思いますが、年ごと、地区ごとに内容が

違っていて、時代の変化、地区の違いが分かります。


一時、菊が流行って、玄関先を飾っていたのですが、今や、菊が少なくなりました。菊作り

は手間がかかり、ご隠居さんの趣味だったのですが、超高齢化社会で、作る人が少なくな

りました。


生け花も、昔は、嫁入り前の作法として誰でも習い、生け花のコーナーが、一番多かったの

ですが、今、生け花を習う若い人も少なくなりました。

Photo_3 Photo_4

多くなったのが、ディサービス関係の作品。千々石には高齢者関係の施設が4つあります

が、こちらは、年々賑やかになりました。まさに、高齢社会を感じます。

Photo_5 3

会場にも、ぼつぼつ見学者がきて、自分の知った方の作品を眺めていました。

Photo_6 2

昨年、市民ミュージカル「千々石ミゲル」が実施されましたが、その時の衣裳、楽器の展

示。

衣裳、楽器は手作りで、手前の上着は、中学校の制服を利用した物。ボタンを見たら、真ん

中に「中」と書いてありました。楽器は、弾いても押しても鳴りません。

Photo_7

エコクラフトのカゴ。昔のお母さん方は、これをぶら下げて、買い物に行っていたのですが、

昔の方がエコですね。人気者、クマモンもありました。

Photo_8 Photo_9

パッチワークに手芸品。相変わらず、人気のある絵手紙。

Photo_10 Photo_11

押し花の「ヒマワリ会」ですが、

Photo_12

昔の押し花と違って、洒落ています。

2_2 3_2

絵画クラブの作品。右は、今、長崎で人気の軍艦島(正式には端島)。昔は炭鉱でした。

Photo_13 Dsc_0126_2

書道ですが、右の方は、ほぼプロの作品もあります。

Photo_17 2_3

良いですね。中身で勝負。中身なら、私、福島雅治には負けません。外観は負けますが・・

Photo_19

保育園に、小学生の作品。

Photo_20 Photo_21

今の中学生、絵がうまくなりました。絵画クラブより、上手かな?

Photo_23

アマチュアの作品ばかりですが、楽しんでいる様子が良く分かります。是非、ご覧下さい。

結構楽しめました。


さて、ボケ防止として、趣味を持つことが大切だそうです。あまり、のめり込むと、かえって、

ストレスになりますから、ヘタの横好き程度に。



« 2014年10月26日 - 2014年11月1日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ