« 2014年10月5日 - 2014年10月11日 | トップページ | 2014年10月19日 - 2014年10月25日 »

2014年10月12日 - 2014年10月18日

2014年10月18日 (土)

「温泉神社秋季大祭」~雲仙市千々石町温泉神社

Photo

今日は、千々石町の氏神様が祀られている、温泉神社の秋季大祭。

ところが、私としたことが、時間を間違えて、奉納踊りは終わり、最後の巫女さんの舞。


拝殿でのお祓い。白い衣裳を着たのが、御輿の担ぎ手。天狗さんじゃなくて、猿田彦でした

ね。子どもたちには大人気。

Photo_2 Photo_3

背中に、「お祝い おじいちゃん」と書いてありました。他にもご祝儀を貰った子は、このよう

に背中に結びつけています。


今回の担当の名(みょう)は、下峰ですが、下峰は農家が多く、そのため跡継ぎが多く、意

外と若い世代、子どもたちが多いところです。神事があっている間、待っている人数を見

て、これくらい、いれば良いなと思いました。

Photo_5 Photo_7

御神輿ですが、2.6㎞程度の道のりですから、台車に乗せて運びます。昔は、担いでいま

したが、担ぐのは大変です。私も、対馬にいた時担ぎましたが、思ったより重い、重い。

道には、この間作った注連縄。

Photo_9 Photo_10

下峰の奉納踊りは、農家らしく「鍬踊り」。こちらは、子どもたち。

Photo_11 2

若者の鍬踊り。小さい子も、負けずに踊っていました。

5_2 4

女性陣の道踊り。意外と若い方くて、美人ばかり?

Photo_12 2_2

唄う方ですが扇子に、唄の文句が。

「三千年の昔より 瑞穂の国ととなえられ 五穀の神のみ教えを 守り伝えし古い国・・・・・

平和の鐘はなりひびく 祝えや祝えもろともに」。いい歌詞ですね。


御旅所までに、8,9ヵ所で踊っていきますが、これは、本当にくたびれます。

Photo_14 3

福石公園ですが、左が御旅所。右が昼から行われる演芸会の舞台。演芸会も写真を撮り

に行く予定でしたが、歳のせいか、くたびれて行けませんでした。舞台の写真でご勘弁を。

Photo_15 Photo_16

御輿が着いたら、台車から外し、若手で担いで、「回せ」の号令で、グルグルと回しました。

アンコールで2回は、回しましたが、3回目は、ギブアップ。

2_7

御旅所での奉納踊り、もちろん「鍬踊り」です。

Photo_19 Dsc_0197

女性陣の奉納踊り。これだけ揃えば、見ごたえがありますね。

Photo_21

お母さんの踊りに合わせて、後の方で、子供も真似して踊っていましたが、意外と上手。

御神体が入った御神輿。神様もたまには、外の世界を見て、嬉しでしょう。あと、外に出ると

いえば、出雲にご出張するだけですから。

2_9 2_11

3年前まではここが、御旅所でした。事情があって、福石公園に変わりましたが、帰りがけ

通ってみると、何となく、寂しげな風景でした。

Photo_23






2014年10月17日 (金)

「長崎がんばらんば国体 2014」★馬術競技会~雲仙市国見町

Photo

馬術というのは見た事とがないので、ぶらりと出かけました。平日で、観覧者が少ないかと

思ったら、意外と多く、2ヵ所ある観覧席の一つは、満員。


ちょうど、前の競技が終わり整地中。トラクターで整地していましたが、この運転の凄いこ

と。トラックターが、こんなに速く走れるとは思いませんでした。おまけに、運転のうまいこ

と、思わず、トラックターの競技会かと思いました。

Photo_2 Photo_4

回りを見渡せば、県外の視察団。鹿児島に長野県。他にも、多くの県からの視察団が。

Photo_7 2

競技は、8種類の競技が10月21日まで、実施されます。私が見たのは、成年男子の「トッ

プスコア競技」。オリンピック経験の選手も出場。


この「トップスコア競技」、40点から120点までの点数がつけられた、障害物を、60秒の間

に飛越するもの。


障害物のどれを飛ぶか、どのコースを取るかは、選手の自由。どちらの方向から飛ぶのも

自由。同じ障害を2回飛ぶことができます。失敗しても、減点はありません。完飛したものに

黄色の四角で囲んだ点数が、加算されていきます。


右の写真の下に「Joker(ジョカー)」と書いてありますが、これを飛び越すと、200点が与え

られますが、失敗すると、200点減点になります。勝負どころです。

Photo_9 2_2

競技前に選手が、競技場を見て、コースどりを考えますが、実際の競技では、馬が飛ぶの

を拒否したり、素通りしたりして、思い通りにはいきません。

Photo_11 2_3

華麗なる60秒の演技です。

Ook_2 Ook_2_2

Ook_3_3 Ok_4

Ok Ok_11

右の写真は、障害の前で馬が飛ばず、選手が前のめり。

Ok_12 Photo_12

競技が終わって、会場をウロウロと。売店がいろいろ並んでいて、左は「おもてなしコーナ

ー」。小浜チャンポンを提供していましたが、「おもてなし」なので、ロハ。


右は、「パインテールファーム」のピザパイ。雲仙市小浜町の山あいにある牧場で、廃校に

なった小学校校舎を、牛舎としているそうです。牧場名が、「パインテールファーム」。オリジ

ナルのナチュラルチーズ「雲仙フロマージュ」が売り物みたいです。昼ご飯に、醤油味のピ

ザパイをひとつ。焼きたてで美味しかったですよ。

Photo_14 Photo_15

他の競技場では見られない、「馬具店」が数軒。ただし「馬具」だけで、馬は売ってありませ

んでした。売ってあったら、買おうと思ったのですが・・・


以前、通勤するのに、車で通勤するのと、馬で通勤するのと、どちらが安くつくか、職場で

議論したのですが、結果はでませんでしたが、馬で通勤するのはカッコ良いでしょうね。

Photo_17 2_6

カッコ良い乗馬服。一つ買おうかと思ったのですが、腹の所が入らず、あきらめました。この

おばさま、日頃からこの格好だそうです。

3_2 4

とにかく、カッコ良い馬。サラブレッドだそうですが、ここらの農耕馬とは全然違います。

ウチのカミサンとオードリ・ヘップバーンみたいで、比べものになりません。

2_7

「人馬一体」といいますが、なかなか言うことを聞かない馬もいて、「人馬一体」も難しいです

ね。最も「夫婦合体」、失礼bleah。「夫婦一体」も難しい問題ですが・・・horse





2014年10月16日 (木)

「長崎の法則~長崎の法則研究委員会編」&「新長崎ことはじめ~後藤惠之輔著」

Img_20141016_0001 Img_20141016_0002

長崎関係の本が並んでいたので、買ってみました。


「新長崎ことはじめ」は、長崎大学名誉教授・後藤惠之輔氏が昨年書いた本。気づきません

でした。


日本で長崎が一番のものを書いてあります。「シーボルトのピアノ」「活版印刷」「カバの人

工哺育」「日本初のワルツ『美しき天然』」「針尾無線塔」「魚群探知機」「サツマイモ(甘藷)」

「ハム・ソーセージ」「ジャガイモ」等々書いてあり、どうして、日本一なのか、読んで見てくだ

さい。この本、調べものに使うために、まだ全部読んではいませんが・・・


「長崎の法則」。「ネタ」が300ほど書いてありますが、私も少し補足があって・・・


■墓の文字は金色が当たり前

  え~、と思ってGoogleの映像で「墓」を検索すると、本当に文字が金色なのが、少ないで

  すね。ちなみにウチの墓も金色です。

■佐賀を通過点だと思っている

  いえいえ、嬉野温泉、武雄温泉、最近はバルーンフェスタにも行ってますよ。吉野ヶ里も

  あるし。

■「長崎出身」というと「あ~修学旅行で行った」と返される

  ウチの息子の嫁も出身が沖縄で、修学旅行は長崎だったそうです。シーズンは、修学

  旅行の生徒で、電車が一杯です。

■新聞のテレビ欄には、翌日の番組表も載っている

  長崎は離島が多く、お昼頃にしか新聞が届きません。海が荒れると2~3日ばかり遅れ

  ます。対馬(福岡より韓国が近い。韓国でラジオ体操をやっているのが見えると、地元の    

  人から言われましたが、これは嘘。だいたい、韓国にはラジオ体操はありません)に 

  は、3年いましたが、台風の時は、最大一週間遅れました。

■30歳代女性の未婚率は全国8位

  結婚すれば分かります。怖いんだから。私、身をもって経験しています。

■教会と幼稚園はセット

  お寺もセットの所も多いです。私もお寺の幼稚園に通いました。

■国見の居酒屋で「鳥刺し」を注文しても、踊ってはくれない

  地元でも、滅多に見られません。竹竿の先に鳥もちを塗って、小鳥を捕る様子です。居

  酒屋なんかでは、踊れません。本当は、もっと沢山の人で踊るのですが。

P2240898_2

■甘みが足りないことを「砂糖の遠か」という

  長崎は鎖国時代、唯一の貿易港で、砂糖も他の所より豊富にありました。普通「砂糖の

  遠か」ではなく、「長崎ン遠か」といいます。

■長崎で一番誇れるものは「福山雅治」だとおもう

  思いません。誇れるのは体操の内山航平選手です。ちなみに、私の知人数名(男子)に

  聞いたところ、「あげん(あんな)女にもてる奴はすかん(好きでない)」と全部言いまし

  た。


さて、長崎の方言といっても、昔の中央の「古語」が地方に伝わり残っています(柳田國

男・方言周圏論)。


島原の「方言『島原ことば』」に、少し書いてありますが、「おめく=喚く(わめく)」「くじる=え

ぐる」「じゅっなか=どうしようもない」。まだありますが、方言については、何れ又。


なお、「せ」が「しぇ」になります。「しぇんしぇいオシッコ=先生、オシッコ」。先生も自分のこと

を「しぇんしぇいもオシッコ=先生もオシッコ」などと言います。


長崎県も、県南、県北、離島、隣町でも、風習、言葉が違って来ますが、気楽に「長崎の法

則」「新長崎ことはじめ」、読んでみてください。

今や、テレビ、パソコン等があって、長崎独特の文化も薄れていくでしょうが・・・・




2014年10月15日 (水)

「長崎がんばらんば国体 2014」★ウエイトリフティング競技~諫早市

Photo_2

諫早に買い物に行って、帰りがけ、諫早農高の前を通ったら、ウエイトリフティングの会場。

どちらかというと、マイナー競技なので、お客さんも少ないと思ったら、詰まっていて、小学

生も旗を振って応援。平日でしたから、多分、全校手分けして、見学、応援なのかな。

Photo_3 2

会場に入った時は、145㎏程度をあげていましたが、良くあげること。単に、バーベルをあ

げるだけの競技ですが、テレビで見るのとは、比べものにならない迫力。

Photo_4 2_2

Dsc_0167_5 3

会場には、ウエイトリフティングの説明のパンフレット。8ページですが、競技方法、試技、

競技会場説明、選手一覧等が書いてあり、これは重宝しました。

Img_20141015_0001_2 Img_20141015_0003

インタビューコーナー。練習場。マットは敷いてありますが、床は普通の学校の床みたい

ですが、大丈夫ですかね。

Photo_6 Photo_7

諫早農高の草花部が777本の造花で作った、「栄光のがんば君」。入り口に飾ってありま

した。

Photo_10 2_3

以前書きましたが、日本にも力石があって、体力作り、青年の楽しみとしての、力比べに使

ってましたが、外国にも、似たような競技があるみたいです。やはり、力比べは昔から、世

界中にあるみたいです。


左は、千々石町温泉神社の力石。204㎏。右は、島原の権現さんの力石。130㎏、96

㎏、81.7㎏。

Photo_11 Photo_13

「九州・沖縄の力石~髙島愼助著」を読んで見ると、熊本の第5代細川綱利公が相撲愛好

家で、日頃から愛用の力石を、近臣やお手本組に持ち上げさせて、力量を鍛錬したそうで

が・・・


一番小さな石(60㎏?80㎏?)は片手で持っての上げ下げ。2番目の石(120㎏)は双手

で持って上げ下げするもの。3番目の石(180㎏)は、石を肩にかついで土俵の回りを走ら

せられたというものだそうです。細川綱利公の家臣でなくて良かったですね。


私ですか?この間、24歳、42㎏の美女を、お姫様抱っこしてベットまで運んだら、腰をひ

ねって、あと、なにもできませんでした。トホホホ・・・・・heart03


今日の体操競技は、世界選手権に出場した、内村選手が登場で、1,400人の観覧者が

並んでいたそうです。明日は、女子ボクシングPRのため、南海キャンディーズの「しずちゃ

ん」が来るそうです。










2014年10月14日 (火)

「長崎がんばらんば国体 2014」★ボクシング競技~雲仙市吾妻町

Photo_2

いよいよ、長崎国体が始まりました。ボクシングは昔から好きで、会場が車で20分程度な

ので、お出かけ。


平日、ボクシング競技ということで、お客さんが少ないと思っていたら、以外と多いお客さ

ん。入り口には、早くも「来年には和歌山田辺市であいましょう」の文字。

Photo_3 Photo_4

高校生だと思っていたら、思ったよりも本格的な打ち合い。

Dsc_0026 Dsc_0122

右がジャッジですが、使っている机が学校の生徒用の机。

Dsc_0134 Photo_5

壁には、吾妻の学校の飾り物。全部、「がんばくん」とランバちゃん。

2_2 Photo_6

外で、ミット打ちの練習。はやり、映画、TVと違い、打ち込む時の音の迫力。本物は違いま

すね。でも、監督さんの靴、ピンクでカワユイですね。

Photo_8

各会場に「おもてなしコーナー」があり、婦人会等の方がボランティアをしていますが、場所

が会場の裏で、分かりにくい。せっかくなら、入り口付近で、雲仙市の「おもてなし」をPRした

が良いと思うのですが、会場の割り付けをした担当者、何を考えているのでしょう。


入り口付近の場所の問題?場所はあるか、ないかの問題ではなく、作るものです。相変わ

らずアイディアの無い事!

3_2

今日は、南串山町の担当。「日本一うまいジャガイモ」の生産地です。地元のジャガイモ、

人参、玉葱、牛肉。美味しかったです。


右側は新潟だったかな?から自動車で来た選手。途中で一泊はしたそうですが。南串山の

おばちゃんと話をしていましたが、あの試合をしていた、選手達とは思えない素直さ。一人

は、「保育士」希望だそうで、保育士=ボクシング。何となく、ピントきませんが、優しそうな

子でした。

Photo_9 2_6

さて、私がボクシングを好きになったのは、小学校の低学年の頃、薄れゆく記憶によれば、

柳沢真一(柳澤真一・柳澤眞一)だったかの「ボクシング」映画。これには興奮して、オシッ

コ洩らしましたが・・・・


はやり、ボクシングと言えば、ファイティング原田、本当に凄かった。なにかと問題の某氏も

原田に関しては、本を書いています。

Photo_13 Photo_15

ボクシングファンならご存じの、ボクシング説明者の郡司信夫氏の「リングサイド50年」。ボ

クシング創成期から書いていますが、ヤクザが絡んだりした話もあり、面白いものでした。


沢木耕太郎氏の「一瞬の夏」。カシアス内藤のルポルタージュですが、ルポルタージュとい

うより、カシアス内藤の試合をマッチメイクするほどの入れ込み方。


カシアスは、もちろん、カシアス・クレイ(モハメッド・アリ)にちなんだ名前。とにかく強かった

が性格的なものがあり、脆かった。本を読むと分かりますが、多分、カシアス内藤の事情が

違っていれば、世界チャンピオンにもなれたでしょう。好きなボクサーの一人でした。

Photo_17 Dsc_0191

伝説のピストン堀口、白石義男は生まれる前で知りませんが、ハンマー・パンチの藤猛、海

老原博幸、シンデレラボーイ・西城正三、輪島功一、花形進、渡嘉敷勝男、浜田剛史、タレ

ントになった、ガッツ石松、最初のころは、昔のヤクザ風のカッパと三度笠を持って、リング

に上がっていましたが・・・。具志堅用。故郷の沖縄の試合で敗れ、網膜剥離寸前と診断さ

れ、引退。可哀想でした。


コメディアンだった「たこ八郎」、本名、斎藤清作。パンチドランカーで引退。海で飲酒後に海

水浴をし心臓マヒで死亡。第13代日本フライ級チャンピオン。


私が好きだった、大場政夫。昭和48年、チャチャイ・チオノイとの試合。一回でダウンされ、

TVで見ていても、起き方が少し変だぞと思ったら、右足をくじいていたとのこと。これ、負け

だなと見ていたが、それでも、逆転でKO。これ、YouTubeで見られます。


それから一月後、シボレー・コブレットで運転を誤り、反対車線に乗り越え、大型車と正面衝

突で死亡。


この試合と、ザイールでのモハメッド・アリ対フォアーマンの試合、この二つの試合が見られ

たこと(もちろんTVでですが)は、幸いだと思います。


書けばきりがないので止めますが、今や団体数、階級の増えたこと。誰が、本当のチャンピ

オンか分かりません。


そして、チャンピオン戦が15回から、12回になりました。選手の安全を考えたのでしょう

が、あの、15回戦時代の壮絶だったこと。


私達の時代、実にいいプロボクシングを見せてもらったものだと思っています。今も、時々

良い試合がありますが・・・・忘れていました、何人ものチャンピオンを育てた、トレーナーの

エディ・タウンゼント。この人なしでは、日本のボクシングは語れません。


TV局が、何とか兄弟について、しつこく売りだしていますが、つまらない試合ばかり、という

事で、最近はプロボクシングに興味を無くしていたところでしたが、国体のアマのボクシング

を目の前に見て、はやり、ボクシングは良いですね。





2014年10月13日 (月)

「鳥居・注連縄つくり」~雲仙市千々石町温泉神社

Photo

神社に行った時、何となく見ている、鳥居の注連縄(しめなわ)。現世と、神域を分ける結界

だと言われています。天照大神が天の岩戸から出たとき、再び天岩戸に入れないよう、注

連縄で戸を塞いだのが、起源だといわれと言われていますが・・・・


千々石では名(みょう)が七つあり、毎年代わり代わり、当番になり、温泉神社の秋祭りを担

当します。七年に一回、当番が廻ってきます。


当番の名は大変で、特に、少子化、農家が減り、サラリーマンが多くなり、人を集めるのが

一番の悩み。


名では、御輿担ぎ、演芸係、各名の奉納踊り等々の係を決め、昨日は注連縄作り。鳥居は

二本ありますから、二本分の注連縄を作りますが、これが、そう簡単にはではなく、とにかく

七年ぶりですから、ああでもない、こうでもないと言いながら・・・・


台風前で、いつもは神社前で作るのですが、昨日は、ジャガイモの選果場で・・・・

行くのが遅くなって、ほとんど、できかけで残念。

3 2

縄をすぐって、藁打ちをして綺麗に整えます。

お下りの道中にも注連縄を張っていきますが、何十メートルではなく、何㎞分ですから、こ

れ大変です。三名でかくの如く、縄をなっていきます。祭事に使うものは、左縄といって、普

通の縄とは逆の左に縒っていくそうです。

Photo_2 2_2

いつもは、はしごを掛けて吊していたのですが、今年は、大工さんがいたのか、足場を組ん

で。「もう少し垂らしたら」とか、「張ったらとか」言いながら。


意外と時間がかかるのが、紙垂(白い紙でギザギザに作ってあるもの)と房の飾り付け、こ

れも、「もう少し右」、「間を少し狭く」とか。

2_4 4

雨がひどく降り始めたのですが、注連縄を吊す時は雨がピタリと止んで、「やはり、神様の

事じゃもんな」「新しい注連縄は良かな」と言いながら、終わったのが、7時近く。


神主さんに、話を聞けば、注連縄の専門の業者さんがいて、材質によっては10年ばかり

もてるとか、ただし、お値段が・・・というより、その土地で取れた稲の藁で、自分たちで作っ

た注連縄が良いですね。


今週の土曜日、午前中にお下り、昼2時30分から、海岸の福石公園で演芸会。日曜日が

お上りになります。お暇な方はお越し下さい。







« 2014年10月5日 - 2014年10月11日 | トップページ | 2014年10月19日 - 2014年10月25日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ