« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

2014年10月11日 (土)

サンマの食べ方~「忘却のサチコ~安部潤」より

Dsc01107

サンマ、本当は、まだ長いんですが、ウチでは、カロリーコントロールがうるさく、半分しか食

べさせてくれません。


さて、私、幼稚園の時、魚の骨を喉に引っかけて、お医者さんへ連れて行かれ、ピンセット

で骨を抜いてもらいましたが、それ以来、トラウマになり、魚を食べるのが下手なこと。身が

半分くらいは、残ってしまうという食べ方。


サンマは、好きなのですが、食べた後をみると、もうグジャグジャ。

先日、マンガを読んでいたら、(若いグラビアアイドルは良いな heart04 )

Img_20141011_0001 Img_20141011_0002

というのがあって、主人公は、出版社編集部に勤める女の子。真面目で、仕事もテキパキ

出来るが、どうにも不器用。昼食はサンマ定食を頼むも、食べるのに手がかかって、最後

は冷えてしまう次第。


食堂は、満員で、相席になった年配の方(ストーリーに関係が出てきますが略)の方から、

サンマの食べ方を習います。

Img_20141011_0003_4

箸で背と腹全体をほぐすようにして、尻尾をちぎって、頭を身から離し、そのまま引っ張ると

骨だけ抜き取れる、ということです。ということで、私もマネしたら、上の写真の様に出来まし

た。


ただ、この食べ方、お見合いなどの正式な席では、何となくマンガチックで、避けた方が良

いいのかな?


私は、お偉い方とは正式な食事をする事も無く、面白いので、これからサンマはこの方法を

使うことにします。


なお、ネットを見ると、この方法も紹介してありますが、その他、各種あるようで、身をほぐす

ようにして、真ん中に箸をいれ、左右に開き、骨を取り除いて食べる方法もあるようですが、

「サンマは目黒に限る」のお殿様、どんな食べ方をしたのでしょう?





2014年10月10日 (金)

2014 「白木峰のコスモス」(10月10日)~諫早市白木峰

Photo

諫早の病院の行きがけに、ヒョッと思いだし、Lターン(横道にそれて)して白木峰へ。

確か、今の時期がコスモスの咲いている頃ではないか。スマホのカレンダーを調べたたら、

昨年が11日に白木峰に来ていました。


いつもの駐車場に車を止めて、入り口まで行くと、何か雰囲気が変。ひょっと見たら看板が

あって、

Photo_2

一年かけて、種をまいて、除草をして、育ててきたものでしょうが、やはり、自然の力には抗

いがたく、というところ、残念ですが・・・・


せっかくだから、入ってみたら、看板通り、昨年とは違って、少し寂しい咲き方。それでも、

見学者がけっこう多く、といったところで・・・

Photo_4 Photo_6

この日は、保育園の子供も多く、黄色い帽子を沢山見ていたら、何となく、菜の花を見てい

るような感じ。

4 Photo_8

歳取ってからの、夫婦のアベックも良いですね。ウチでは死ぬまでありませんが・・・・

Photo_10 Dsc_0537_3

Dsc_0503_2

今日は残念ながら、今までのような、コスモスは見られませんでした。歩道近くは結構咲い

ていましたが、花畑の中央部分が、あまり咲いてなく、といっても、花芽があがり初めている

ので、後しばらくしたら、もう少しは見られるようになるでしょう。


なお、11時頃帰りましたが、こちらに登って車が多く、見に行くなら、平日の午前中が良い

のですが・・・仕事を持っている方には、無理ですね。


さて、コスモスを、なぜ「秋桜」かと思っていたのですが、角川の「入門歳時記」にこう書いて

ありました。


「・・・・・秋美しい花(桜)という意味から秋桜という和名を有する。」(注:俳句では、単に

「花」というと「桜」のことを指します)


花言葉は、「調和」「平和」「謙虚」「愛や人生がもたらす喜び」「美しい」。まるで、私のことを

言っているみたい。なお、花の色によって、花言葉も違って来るそうです。原産地はメキシ

コ。明治の中頃に、もたらされた花だそうです。


「秋桜」というと、思い出しますね


うす紅の秋桜が秋の日の

何気ない日溜まりに揺れている

日頃涙もろくなった母が

庭先でひとつ咳をする

縁側でアルバムを開いては

私の幼い日の思い出を

何度も同じ話くりかえす・・・・・・


気がつけば、いつの間にか、こちらの方が、アルバムを開く歳になりました・・・・








2014年10月 9日 (木)

「赤いドラゴン」~「パティスリーオオムラ」+「県立島原農業高校食品加工部」~雲仙市南串山町

Photo

島原半島で、ジャガイモと言えば、南串山町か愛野町か、どちらもウチの方が旨い、と言っ

ていますが、間にある千々石は、なにも言いませんが・・・先にも書きましたが、ジャガの生

産量は、長崎県は日本で第2位です。最も、北海道が77%、長崎県が4%、鹿児島県が

3.4%・・・・ですが・・・


ジャガイモの需要量は、国産の調理用が減少たため、新規需要の開拓と拡大をはかるた

め、長崎県農林技術センターで、「西海31号」(ドラゴンレッド)を育成、2009年2月に品種

登録をしています。中の方も赤い色をしています。来年あたりは、植えてみるか?


下のパンフレットはJA長崎が出しているようです。「レッドドラゴン」という映画もありました

が、ネットで検索する時は、「ドラゴンレッド」で。「レッドドラゴン」では映画の紹介が、ズラッ

と出てきます。

Img_20141009_0002Img_20141009_0003_6
さて、ここで登場するのが、島原農業高校食品加工部。このところ、いろんな所から、食品

の加工を依頼されている、頼もしい高校生達です。

Photo_2

今回は、ドラゴンレッドの需要開拓を図るため、島原半島観光連盟を通して、商品開発の依

頼があり、雲仙市南串山町の「パティスリーオオムラ」と共同開発。


私、高校生応援団で、スイーツなどの開発、催事などあると、すぐに飛んで行って紹介して

いますが、とにかく、若者に頑張って貰わなくては、と思っています・・・オジサンはもう限界

で、せめてもは紹介だけでも。


今日の新聞を見て、すぐ飛んで行ったら、ありました。

Photo_5 Photo_6

「赤いドラゴン」というので、どぎつい赤かと思ったら、一番上の写真、ほんのりした上品な

赤でした。カップケーキです。


切り方が、雑ですが(図工の通知表はいつも「2」)、一番上が「ドラゴンレッド」を使ったクリ

ーム。その下が、クリーム、その下がスポンジ、一番下に再度、ドラゴンレッドのクリーム。

Photo_8

一番上だけ食べてみると、ジャガイモの感触と、甘み、香り。間違いなくジャガイモ。下のク

リームと一緒に食べると、相性ピッタリ。ジャガイモとは思えないスイーツでした。カミサンが

いなかったので、おかげで2個完食。また、太るな。


場所は、小浜から南串山の国道沿いにありますから、すぐに分かります。今のところ、一軒

しか発売していないようです。

Photo_10 Photo_11

オーナーの方と話をしていると、しっかりした高校生達だったということで、私達の時とは違

いますね、とのこと。そういえば、この間、大村の城南高校の「田んぼアート」を案内してくれ

た高校生もしっかりしていて、私が会社社長だったたら、秘書に欲しいくらいでした。


連休に入り、台風が心配ですが、晴れるようなら、小浜温泉にはいって、こちらで「赤いドラ

ゴン」を買って、海沿いに加津佐、口之津の海でも楽しみながら、島原半島一周ドライブで

もいかが、もちろん二人でネ・・・・忘れていました、島原農髙生がイメージとして書いてくれ

た(パソコンで)イラストだそうです。高校生といった感じでカワユイですね。

Photo_12

ところで、役所でスイーツ隊を作って、活躍していたみたいですが、近頃あまり活動も聞き

ません。高校生に負けず、頑張って欲しいですね。







2014年10月 8日 (水)

マリア地蔵菩薩立像(通称マリア地蔵)~島原市指定有形文化財

Photo

今日は、ゆっくり書こうかと思っていたら、TVで今から皆既月食とのこと。慌ててカメラを出

して、外へ出たら、もう始まりかけ。カメラをセッティングしようと思っても、暗くて、思ったよう

にいきませんでした。


さて、「マリア地蔵」。場所が分からなく、調べてみたら、島原市の山寺町の共同墓地内。

どこかで聞いたと思っていたら、以前紹介した、「まだれいなのキリシタン墓碑」がある所で

した。「まだれいなのキリシタン墓碑」より、奥に入ったところです。下の写真が「まだれいな

のキリシタン墓碑」です。

 2 Photo_2

上の写真、墓が混み合って、斜めからしか撮されません。しかも衣裳を着けていますが、本

来、正面はこのような感じです。

Img_20141008_0002_3

(「島原市の文化財」~島原市教育委員会刊より)


昭和37年発行監修・宮崎康平氏の「キリシタン遺跡をたずねて」には、「厳しいキリシタン

禁令下マリア地蔵は250年間も堂々と野外に祀られ、原城の方を向いてひそかに立ち続

けていた」と記されています。(「島原の文化財」より)

Photo_5 Photo_6

前と、後から見た写真ですが、確かに原城の方角を向いています。

「島原の文化財」によると、「台座の石柱にはクリスチャンネームとして、『浄金禅定門』『浄

英禅定尼』と読むといわれている。」と書いてあります。

Photo_7

造立は寛永15年3月26日になっているそうで、島原・天草一揆の原城陥落が寛永15年2

月28日。約一月の違いです。


なお、ここの地区を三会と言いますが、島原の乱に加わった人数(研究者によって違いが

ありますが)、有家町郷土史によると、三会村の人口が当時1,970名、その中で、島原・

天草一揆に加わらなかった人数が656名。多くの人が一揆に加わった事が分かります。


地蔵の服装は16世紀頃からポルトガルを中心にヨーロッパで流行したファーンゲール様式

の聖衣だと思われるそうです。


同墓地に、「まだれいなのキリシタン墓碑」、少し離れた市役所の三会支所の近くに、

一石五輪塔」も見られますので、興味のある方はご覧下さい。



【おまけ】

皆既月食。電線はあるわ、車は通るわ、ナイターはつけてあるわ、家の灯りはあるわ、準備

はしていないわで、良く撮れませんでしたが、面白いナイターショーでした。でも、あの月、

どこから吊してあるんでしょう。学芸会の時は、舞台の天井から吊したのですが・・・・

Dsc_0347_2 Dsc_0418_3

(参考・文・写真引用:「島原市の文化財」~島原市教育委員会刊より)



2014年10月 7日 (火)

ウチの雑草菜園

Photo

前にも書いたように、今年は体調悪く、せっかく新調した管理機(耕耘機の小さなもの)も、

草刈り機を使う機会も無く、草ボウボウ。


以前に書いたことがありますが、いつも、雑草一本生やしたことが無いように、きれいに畑

をしていたおばあさんが、数ヶ月入院。


帰ってみると、畑は草ボウボウ。ところが、耕してみると、土は軟らかく、いままでいなかっ

た、ミミズがワンサカ出て来たとか。自然の力に驚いたそうです。


ウチの庭も、以前はミカン畑で、耕したら、今まで見たことの無いような、大きなミミズが沢

山。


ところが、耕すにつけ、だんだんとミミズが少なくなり、土地が痩せてきたのかな、と思って

いたので、今年はあまり手を入れずに、といっても、カミサンが少しは何か植えたらしく。


本当に荒れてしまいました。少し体調を見ながら整地をするつもりですが。

Photo_2

ナスビ。親の小言と茄子の花は、千にひとつの無駄もない。本当によく言ったものです。

白のニガウリ、あまり苦くなくて、ウチではいつもこれを植えます。結構よくなります。

Photo_3 Photo_4

昨年柿が沢山なったので、今年はどうかなと思ったら、去年よりなっていましたが、殺虫剤

をやってないので、虫に噛まれ放題。

Photo_7

しそ。一回植えると、種が飛ぶのか、思わぬ所に生えてきます。里芋。植えた覚えがないの

に、昨年堀り忘れたのが、2,3本大きくなっていました。

Photo_5 Photo_6

ザクロ。この程度には大きくなるのですが、いつの間にか落ちて食べられませんでした。

カミサンが、この間植えていたもの。何だっけ。

2 Dsc_0299

秋桜も、少しばかり貰って植えていたのですが、いつの間にか増えすぎて・・・・金が増える

のなら、良いのですが・・・・

Photo_10

一番上の写真が、今日の収穫。夫婦2人分。サツマイモは、カミサンに強制的に植えさせら

れたもの。瓢箪は、通りがかりの人から貰ったもの。このほか、夏場はキュウリと、ミニトマト

がありました。


【おまけ】

米の収穫があちらこちら始まりました。農協ではなく、業者との取引が多くなったとか。左の

稲は農協へ出荷するもの。収穫適正日が書いてあります。右は、イチゴ畑。もう少しする

と、ビニールを張ってマルチハウスにします。

Dsc01077_2 Dsc01079

カミサンは、ほとんど堆肥も肥料もやっていませんが、野菜は意外と成るもんですね。





2014年10月 6日 (月)

認知症について「高齢者の集い」へ参加~雲仙市

Dsc01060

アナタ、昨日の夕食、食べましたか?夕食のおかずは、何だったですか?


おかずを覚えてない方。大丈夫、単なる物忘れです。食べたかどうか。忘れている方、要注

意。


昨日、自治会で、「高齢者の集い」がおこなわれ、自分でも、そろそろ高齢者の自覚が出て

きたので参加。少ないかな、と思ったら意外に多い参加者。


現在、全国的に「認知症サポーター100万人キャラバン」というのをやっていて、学校、団

体、職場等で研修をおこなって、その一環として、自治会長が「地域包括センター」に相談し

て、認知症についての理解、対応の仕方、認知症に効果があるという「ころばんごと頑張ら

んば体操」の話と実習。


途中、認知症になった方の、対応の仕方の寸劇。包括センターの方が演じましたが、まあ、

面白いこと。といっても、劇で見せているので面白いものの、実際、認知症をの方を抱えて

いる方は、大変な苦労でしょう。

Dsc01066

認知症に現れる症状の寸劇・・・


見識障害といわれるもの。時間、季節感の感覚が薄れます。夏の暑い時でも、セーター等

の冬物を着たりします。

次に、食事をしたのに、「飯はまだか」などと言うこと。最後に、財布のしまい忘れを、人の

せいにする。「俺ん財布ば取ったやろ!」などの事の寸劇。私も、話は聞いたことがあるの

ですが・・・・


その対応法。「飯は今食べたやろ!」などと、怒らないで、「腹減ったんなら、お菓子でも食

べようか」と優しく対応することなどの説明。


他に、考えるスピードが遅くなる。二つ以上の事が重なるとうまく処理できなくなる。些細な

変化で混乱を来す。


身の回りの事に支障が起こる(トイレの場所が分からない等)。セールスマンの口車にのっ

て高価な羽布団を何枚も買ってしまう。


なお、徘徊もおこりますが、私の地域でも時々、町内放送で、「80歳くらいの女性で、150

㎝くらい、赤い着物を着ている方が、行方不明です。見かけられたら、ご連絡をく下さい」

という連絡が放送されます。皆さんも、高齢者の方が、フラフラしていたら一声掛けて・・・


と、まだまだあるのです、おかしいと気づいて、病院へ行くまで、だいたい7ヶ月くらいかかっ

ているそうで、手遅れになるとか。脳腫瘍、慢性硬膜下血腫は脳外科処置で、甲状腺ホル

モン異常の時は、内科的な治療で、劇的に良くなることがある場合もあるそうですから、お

爺ちゃん、お婆ちゃんが、いつもより少しおかしい、と感じたら、即病院へ行って診察を。


「ころばんごと頑張らんば体操」。本当は40分ほどかかるそうですが、短縮して15分くらい

に。みんなで実習。15分くらいで、自分の体力の衰えを、あ~実感。

Dsc01068

今日は真面目な話になりましたが、高齢社会に伴い、認知症の方が増えて来ています。皆

さん方の身内の方、近所の方にも、おられる方がいると思いますが、アナタもなる可能性は

あるのです。皆で支え合って、生きていきましょう。皆さんも講習会の機会があったら、ご参

加を。







« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ