« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »

2014年8月17日 - 2014年8月23日

2014年8月23日 (土)

有馬氏時代の食文化と茶室ー「伊勢御師食膳日記」ー~「コレジヨ文化講座」より・南島原市有家町 その2

Photo

          (根井先生 当日の資料より)

昨日の宿題の答えです。少し分かりにくいので、渡部幸子氏による作図です。

Photo_2

     (根井先生 当日の資料より・作図 渡部幸子氏による)


室主は「ひヽや宗清」になっていますが、この人物は、明らかにはなってないようですが、

「ひヽや」を「日比屋」にすれば、安土桃山時代、堺の豪商でキリシタン、茶道でも有名な、

「日比屋了慶(日比屋了珪)」がいるそうで、NHKドラマ「黄金の日日」にも出ているそうで

す。


有馬義貞も文化人、「ひヽや宗清」も、「宗」の字が付きこれは、「宗匠」と言うくらいですか

ら、文化人。


根井先生は「『ひヽや宗清』はこのような、日比屋了慶=了桂の一族であろうか。これ以上

は私には踏み込めないが、茶人・茶商として『宗清』は有馬領内に茶室を構え、三頭太夫

と面識を得たことになる。」と書いておられます。


なお、ルイスフロイス「日本史」に、「しかし了珪は商人であって、シナの船が来る下(九州)

に行かねばならなかったから・・・」という記述があり、何となく、了珪と宗清の関係が感じら

れる文です。


いよいよ③になりますが、根井年生も、少し笑いながら話されましたが、・・・西有家町須川

の国指定のキリシタン墓地。

Photo_3

      (「島原半島史 上巻 林銑吉著 昭和29年刊」より)

Img_20140820_0014_2

     (「日本キリシタン墓碑総覧 平成24年刊」より」

この文字が風化して、読み方がハッキリしないところがあり、研究者により、いろいろあるよ

うで



■林銑吉著「島原半島史」

  FIPISCYEMO DIEDGO (日比作右衛門 ディエオゴ)

■竹村覚「著「キリシタン遺物の研究」

  FIP(またはB)ISACYEMO DIEGO(□□作右衛門 ディエゴ)

■松田毅一著「近世初期日本関係 南蛮資料の研究」

  FIBISACVEMO DIEGO(日比作右衛門)

■片岡弥吉著「長崎の殉教者」

  FIRISACYEMO DIEGO(ピリ作右衛門)

■南島原市教育委員会企画「日本キリシタン墓碑総覧」

  FIPISACYEMO DIEGO 


まだまだあるのですが。この「日比作衛門」が「ひヽや宗清」ではないかと。「作右衛門」と

「宗清」は違いますが、「宗匠」になると、「号」を用いますから・・・


という事で、これが本当なら、大発見なのですが・・・・と思うのですが、先生も少し冗談めい

て話しておられました。


なお、①②の詳細については、「嶽南風土記 21号」に書いてありますので、南島原市の

ありえコレジオホールまでお問い合わせを。


なお、来月は、「千々石ミゲルの墓発見」の大石先生の、講座と現地研修です。キリシタン

墓碑はいつでも見られますが、専門家の話を聞きながら、という機会は少ないので、興味

のある方は是非ご参加を。お問い合わせは上記まで。     (この項終了)

Img_20140822_0003 Img_20140822_0004



(参考・文・写真引用:「日本キリシタン墓碑総覧」「嶽南風土記 21号」「島原半島史 中 

 巻」、当日の資料より)






2014年8月22日 (金)

有馬氏時代の食文化と茶室ー「伊勢御師食膳日記」ー~「コレジヨ文化講座」より・南島原市有家町

Dsc00653

有家町で開催された「コレジオ市民文化講座」です。皆さん、興味が深いのか、満員で机、

椅子を追加する状態。熱心さが分かります。


講師は、元龍谷大学教授の根井浄(ねいきよし)先生。「修験道とキリシタン」等の名著があ

ります。この講座をブログにまとめていたら、長崎新聞に先をこされ、今日、新聞に載ってい

ました。


紙面の関係上、多くは書けないようで、当日、参加していた者として、少し物足りないので、

少し補足を。

Img_20140822_0005

                (長崎新聞より)

当日の主要な話は3点。

①有馬氏時代の食文化

②中世有馬領内にあったと思われる茶室と、室主「ひヽや宗清」のこと。

③「ひヽや宗清」と、西有家須川の国指定の吉利支丹墓碑の関係。


まず、①です。「伊勢御師」とは、伊勢神宮の大麻(御札)を全国に配り伊勢信仰を説いて

廻国する宗教者だそうで、肥前を活躍した伊勢御師に「宮後三頭(みやしりさんとう)太夫」

がいたそうで、その記録が、三重神宮文庫に「宮後三頭太夫文書」としてあり、今回は、そ

の中から「伊勢御師食膳日記」を取り上げ話をされました。


塗りつぶされたところが、「宮後三頭太夫」が永禄四年~永禄十一年に活動した範囲で、当

時の有馬家、大村家の広い範囲で活躍をしています。

2

「桃(?)仙院」「西(?)光寺」「さいかう殿」(諫早西郷純尭?)「大村殿」(大村純忠か)等々

のところで出された、食膳の事が書かれていますが、有馬家で出された食膳。

2_2

Photo_2

「義貞」は「肥前国領主・有馬義貞」のことです。


「けいらん」は「鶏卵」、「そうめん」は粉をひいて、練って、延ばしてと、以外と手がかかるの

で、ご馳走だったとか。


「なつとうまめ」は、いわゆる「ねば納豆」ではなく、「納豆味噌」。普通こちらでは、「なっとう」

といえば、味噌納豆。私も「ねば納豆」は、東京へ出て初めて食べました。


あと「くわし」は「菓子」。むかしの発音です。「ミつかん」は「ミカン」。後は何となく分かると思

います。「ひきしお」は、日光で乾かした海草。あとは、自学自習してください。


さて、②の茶室の方です。これも、「伊勢御師食膳日記」にも書いてあった図だそうですが、

「有馬義貞」は詩歌に優れ、書道家でもあり、いわゆる文化人でもあったのでしょう。有馬に

あった茶室だと思われるそうです。図面からみて、かなり立派な茶室のようだそうです。下

に図面を載せておきますので、古文書のお勉強だと思って・・・・

Img_20140822_0006_3

赤丸のところ「ひヽや宗清座敷(茶室?)」と書いてあります。

さて、この「ひヽや宗清」とは何者か?また、明日。


(参考・図、文引用「嶽南風土記 21号」「当日の資料」「長崎新聞」より」)




2014年8月21日 (木)

地蔵まつり~雲仙市千々石町柳原水源

Dsc_0072

「地蔵まつり」です。祭りといっても、大きな祭りではなく、町の中に祀ってある、お地蔵様を

お祭りする事です。


明治十二年の「千々石村村誌」、「水利」のところには、「・・・所々ニ湧水有リテ飲料水乏シ

カラズ・・・」とあり、数十年前だったか、長崎市が水不足になった時、タンカーで千々石の水

を取水して、運んだことがありました。雲仙半島には、千々石以外にも、有名な湧水があっ

て、ポリタンクで、何缶と軽トラックに積んで、運んでいく所もあります。


「千々石町郷土誌」には

○地蔵まつり

毎年八月二十四日に、各地でおこなわれている水神さんに感謝するまつりである。本町に

は、各地にきれいな湧き水がある。いわゆる洗河(あれご)という出水の場所である。そこ

の水を飲料水にし、そこで野菜を洗い,洗濯などをする。そこから配管をして水を供給する

。・・・」。なお、当日は、地域で洗河の掃除をし、神事をおこないます。最近は、24日とは限

らないようです。お互い、仕事がありますから。

Dsc_0082 Dsc_0092

ちょうど、通りかかっていたら、おや!何かやってるな、と。私が歩けば、棒に当たるで、ちょ

ど神主さんが祝詞をあげていたところでした。


お客さんが少ないので、聞いて見たら、昔は子供が多く、たくさんお参りもあったとか。多

分、子供にはお菓子をあげたり、大人は酒盛りをやったり、お接待などもあったのでしょう

が、若い方も関心が無いのか、いませんでした。「これからどうなるんでしょう」という話で

す。


水はご覧の通り、こんこんと湧いてます。冷たくて、やはり水道水とは全然違いますね。

Dsc_0087

水がわき出るところにも、石造物がありましたが、こちらが一番大きくて立派なもの。左右を

見たら、字が彫ってありました。

Dsc_0083 Dsc_0088

向かって左側には、「願主 永田喜三治長近」「石工 南有馬村 九郎治」と彫ってありま

す。向かって右は、「文化十(1813年)癸酉七月吉祥日」と彫ってあります。


諫早の金比羅山にも、灯籠が寄贈してあり、「永田喜摠治」とあるそうです(千々石史談創

刊号・徳永修氏著)から、ひょっとしたら、身内の方では?


さて、上の写真の道路、もちろん昔はもっと狭く、今は拡張してあります。この道を、伊能忠

敬一隊が通っています。


伊能忠敬の日記には、「右二薬師堂」など、細かいことも書いてありますが、千々石には、

文化九年十一月十八日(旧暦・新暦では十二月二十一日)から、2,3日、宮崎庄屋のとこ

ろに宿泊をしています(到着翌日は風雨のため、逗留)。


ですから、多分ここの湧き水、祠も見たと思うのですが、日記には、記述はありませんでし

た、最も時期が冬ですから、急いで過ぎたのでしょう。夏だったら、ここの水、飲んで、記述

したと思うのですが。「ここの湧き水は甘露であった」と。


間違いました、石祠が建ったのは、測量隊一行が通った、一年後でした。失礼 m(_ _)m 。


この柳原水源、考えると、何百年の歴史を持ったものです。庶民の歴史がある所ですか

ら、大事にして貰いたいものです。






2014年8月20日 (水)

モスキート音~ああ!ショック!

Dsc00675

今日、ラジオを聴きながら運転をしていると、モスキート音が話題になっていました。モスキ

ートは蚊の事です。


音は周波数で表しますが、高年齢になるほど、高い音が聞こえにくくなります。高い周波数

のキーンという音が、若者に耳障りになるということで、若者がたむろする公園に機械を設

置しましたが、あまり効果はなさそうでした。


この、モスキート音、店内に居座る若者を店外へ追い出す。店外にたむろする若者を追い

出す。万引きの対策に使われているということです。


さて、私、地獄耳と言われるほどの、素晴らしい耳の持ち主。スマホのアプリに、モスキート

音があるだろうと思って、捜したら、ありました。しかも、ロハ。


それで、計って見たら、なんと60歳以下。50歳以下では、全く音は聞こえず。もう一つ、試し

て見ましたが、

Dsc00674

これも、全く、「60歳以上です」。ほんと、自信を持っていたのですが、これには寝込みまし

た。なお、この音は、20歳後半以上の者には気にならないとか。


ラジオによれば、高校生がこれを利用して、音の長短等を利用するのでしょうが、お互いに

この音で連絡して、カンニングをしたり、授業中の携帯電話の着信音に使っているとか。学

校の先生は、若い人はいませんから、聴こえません。悪い子の皆さんは、絶体にしないよう

に。


スマートフォーンで、いろいろ、アプリがあるみたいですから、皆さんも試してはいかが。あ

まり期待は持たない方が良いようですが。


どういうわけか、カミサンの怒る声はよく聞こえるのですが、こちらが、聞こえなければ、良

いんですがネ。今日はショックだったので、もう、寝ます。




2014年8月19日 (火)

「まよい子志らせ石(迷い子知らせ石)~長崎市諏訪神社・その他

Photo

実は、私、諏訪神社横の「諏訪幼稚園」中退で、ここらあたり、いつもウロついていたのです

が、これ、全然気づきませんでした。それ以後も、何回もお参りに行っていたのですが・・・・


「まよい子志らせ石」です。

Dsc_0060_2

まあ、こんな所じゃ、気づきませんね。石段を上がるだけで、フウフウ言いますから。

説明版が写真に撮りにくいので、そのまま書いてみます。


「まよい子志らせ石」

   (迷い子知らせ石)

この石柱は、明治十二年、当時の長崎の県警察課、警察書に在勤する警部一同の手によ

って建立された。

当時ここら一体は氏神を詣でる庶民の往来で賑わったが、時には人ごみにもまれて親を見

失う子等も少なくなく、不安に泣き叫ぶその姿が道行く人々の憐れみを誘った。

この実情を見かねた数名の警部は互いに資金を寄せ合ってこの石柱を建て、親と子の安

心を念願したのである。

雑踏で子とはぐれた親は、北面の「たづぬる方」石面に住所と子の名前を書き記し、迷い子

を見かけた人はその子の手を引いて、子の名、年齢、特徴等と共に、わが名、住所を、南

面の「おしゆる方」石面にしたため、親の姿を待った。

やがて子は再び親の懐に抱かれ、人びとの暖かい思いやりに涙を流して手を合わせてしっ

かりと手を握り合って去るその姿は数知れなかったといわれる。

                                昭和六十二年七月

                                      長崎警察署


前面の「まよひ子志らせ石」、最後の「石」の部分が剥落しているのか、分かりません。    

Photo_3

両端の「たづぬる方」「おしゆる方」は、ハッキリ読めます。この石柱一の鳥居のところにあ

ったと言う話も、聞いた事があるのですが・・・・・?

Photo_4 Dsc_0067

特に、「くんち」の祭りなどの時は、ここは人出で一杯になりますから、大変です。


考えれば、現在は少子化で、子供が一人か、二人。両親で一人づつ、受け持てばそれで

済みますが、当時は、子供が5,6人はザラでしたから、雑踏の中、一人二人は迷子にな

って当たり前。当時の警察の思いやりと、知恵が思われます。さすが、長崎の警察。


と思ったら、東京の中央区八重洲一町目十一番地先に「一石橋迷子しらせ標」があるそう

で、これは、安政四年に建立したもので、使い方は、東京都教育委員会の説明版によると


柱の正面には「満(ま)よひ子の志(し)るべ」、右側には、「志(し)らする方」、左側には「たづ

ぬる方」と彫り、上部に窪みがある。利用方法は左側の窪みに迷子や尋ね人の特徴を書い

た紙をはり、それを見る通行人の中で知っている場合は、その人の特徴を書いた紙を窪み

に貼って迷子や尋ね人を知らせたという


という事で、東京まで、写真を取りに行こうかと思ったら、飛行機に乗り遅れて、残念でし

た。


なお、湯島天神境内、浅草寺境内、両国橋橋詰等、往来の多い場所に同様なものがあっ

たそうですが、戦災等で破壊されたそうです。ですから、現在、長崎の諏訪神社と、東京に

確認できるだけのもので、庶民の告知板として、貴重なものです。


東京、「一石橋迷い子知らせ石標」。詳しくは→こちらをクリック  


【おまけ】

Photo_5

最近は「POLICE」と書いてあるところが増えています。数年前、「町民体育大会」の説明会

で、「アベック・リレー」と言ったら、お年寄りの方から、「英語は分からん、日本語で言え!」

と怒られましたが・・・・


さて、「駐在所」「派出所」「交番」と言いますが、「新明解国語辞典 第七版」によると

「駐在所」は「巡査が家族とともに住み、受け持ち区域の警備に当たるところ」

「交番」は「要所に設けられた『巡査派出所』。〔広義では、駐在所をさす〕

「派出所」は「『巡査派出所』の略。「交番」の旧称。

「巡査」は「警察官の階級の一つ。巡査部長の下。

「巡査長」は「巡査のうち、勤務成績が優秀で、実務経験の豊富な者に与えられる称。〔正

式な階級ではない〕となっています。


最近、交番、派出所、駐在所が経費のせいか、随分減りました。「まよい子志らせ石」を作

ったような、暖かい心を持った、警察官が増えれば良いのですが・・・・・




2014年8月18日 (月)

「松井須磨子とその縊死せし場所」~「国立国会図書館デジタルコレクション」より

Jpegoutput1

古文書等、いつも世話になっている、「国立国会図書館デジタル図書館」。


先日までは、「えろえろ草子」が、アクセス数第1位だったのですが、今日見ると、第1位が

「広島県統計書 明治38年」、以下「官報 昭和2年4月27日」「熊本県広報 平成15年

(号外29)」「日本の名勝」とまあ、真面目なのが並んでいます。いろいろ調べている方がい

るのでしょうが・・・・


さて、こちらも調べものがあって、たまたまアクセスしたのが、「新劇壇の花形女優故松井

須磨子と其の縊死せし場所」。


松井須磨子といっても、知らない方がおられるでしょうが、「カチューシャ かわいいや 別

れのつらさ せめて淡雪 解けぬ間かと 神に願いをララかけましょう」という歌はご存じだ

と思います。


松井須磨子については、ウィキペデア等に詳しく書いてありますので、そちらをご覧下さ

い。


上の写真。発行は歴史写真会、 「歴史写真 大正八年二月号」になっています。読みにく

いので、


上には

「新劇壇の花形女優故松井須磨子と其の縊死せし場所」。


左は、

「故島村抱月氏と共に、『藝術座』を組織して天禀の技能を發揮し我が新劇壇の第一人者

とした江湖賞讃を博したる松井須磨子事小林まさ子は大正七年十一月五日多年恩師とし

て畏敬をし戀人として切愛したる島村氏の突然なる死去に遭ひてより痛くも人生を悲觀し

日夜怏々として樂しまざるの有樣であったが翌八年一月五日即ち島村氏命日の拂暁、日

常彼女の起伏したる牛込區横寺町の藝術俱濼部樓上演伎場の背景室に於いて梁に緋縮

緬の細帯を懸け一糸亂さず縊死を遂げた寫真右は須磨子が自殺の前日まで有樂座に出

演扮装ししたる、洋劇カルメン、左は自殺の場所で天井に見ゆる梁に帯をかけ下の四角

な臺に上りて縊死したのである。また上段は個人の素顔である。」


松井須磨子がこんな所で縊死したとは、信じられないことでした。なお、島村抱月は、スペ

イン風邪で亡くなっています。日本でも最近の研究では、四十八万人が亡くなったと言われ

ています。





« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ