« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

2014年8月3日 - 2014年8月9日

2014年8月 9日 (土)

長崎・原爆の日に思う

Dsc00620

今日、8月9日は、長崎に原爆が落とされ、69年目でした。


前にも書いたように、私の母方の父、私から見れば祖父になりますが、たまたま、原爆が

落ちた所に出かけ、亡くなりました(私はまだ生まれてなく、顔も知らないのですが)。


小学校の時、原爆が落ちた近くの、浦上に移り住んだので、原爆の後がまだ残り、被爆者

の方のお話も、直接聞く機会がたくさんありました。


さて、諫早の図書館に行った時、ちょうど「2014 原爆パネル展」をやっておりました。

Dsc00532 Dsc00597

長崎の原爆資料館には、パネルだけでなく、実物も展示してあるのですが、わたしも小学

生の時、何回か見学に行ったことがあります。


左が、浦上天主堂。今でこそ建て替わり、沢山の観光客が訪れていますが、私が小学校

の時、浦上に移り住んだ頃は、安全のためでしょうか、壊されて、瓦礫で積んである状態で

した。これを、残すかどうか議論があったようですが、広島の原爆ドームと同じく、残すべき

だったでしょう。こちらは、キリスト教会ですから、訪れる外国人の信者の方がどう思うの

か?


右は、城山国民小学校。兒童1400名、先生31名、学徒報国隊員105名が亡くなってい

ます。

Dsc00598 Dsc00602

左が80㎞離れた、瀬戸内海海上から撮った写真。右が、原爆後の中心地付近かな?私

の祖父も、多分この瓦礫の下で、亡くなっているのでしょうが・・・・

Dsc00610_2 Dsc00634

この少年の写真、ネットで調べると、谷口稜瞱さんとか、山口仙二さんとか、少し混乱して

いるのですが、国連で、この写真を掲げて、「ノーモア・ヒロシマ・、ノーモア・ナガサキ、ノー

モア・ヒバクシャ」と訴えかけています。


谷口さんとは、二人でお話しをしたことがありますが、背中のケロイドと、手術のため皮膚

の皮が薄く、裂けやすいため、食事を腹一杯食べると、皮が張って、皮膚が裂けるので、食

事も、あまり沢山は食べられないと語っておられました。

Dsc00627

さて、現在、原爆教育に対し、「残酷な写真だ」「子供が嫌がっている」という話を聞いたこと

があり、これは多分、20代~30代の保護者の方の声でしょう。


また、原爆の「語り部」の方によると、修学旅行生に話しても、真剣に聞く子が少ないとか。


現在、右傾化の感じを強く受けます。戦争は「理論」とか、「思想」ではなく、まして、「残酷な

写真」「子供が嫌がっている」という話ではなく、上の写真のように「現実」なのです。いざと

なったら、あなたの目の前に広がる、「現実」なのです。


こんな話も聞いた事があります。

「原爆直後、私が小さい時、前から赤い袋を担いで、ヨロヨロして歩いて来る人がいた。な

にかと思って良く見たら、腹が裂け、腸がお腹からはみ出て、それを担いでいた・・・・」


一番上の写真は、原爆で焼け死んだ子の写真です。これが「現実」です。下に、こう書いて

ありました。



見てください

この子どもたちに

何の罪があるのでしょうか

すべての核保有国の指導者は

この写真をみるべきであります。

核兵器のもたらす現実を

直視すべきであります。

そして

あの日

この子らの前で起きたことを

知ってほしいのです。

この子たちの無言の叫びを

感じてほしいのです。

〔95年11月7日、国際司法裁判所に於ける伊藤一長 長崎市長の発言〕


今も、世界の各地で争いが起こり、一般市民の方が犠牲になっています。人類、何千年の

歴史で、どれだけの戦争が起こったことか。人間って、どこまで馬鹿な事をやれば、気が済

むのでしょう。


あえて、「残酷な写真」も載せました。これが「現実」だからです。前伊藤市長が言われたよ

うに「直視」して欲しいからです。

(写真:諫早図書館 2014原爆パネル展より)






「辞書になった男~佐々木健一著」「明解物語~柴田武監修・武藤康史編」 その3

Dsc_0157 Img_20140803_0003

さて、問題の一月九日です。


■じてん【時点】・・・・・・・一月九日のーでは、その事実は判明していなかった


(明)に柴田武氏(東京大学名誉教授・「明解」「三国」の編集)の「見坊豪紀と山田忠雄」と

題したインタビューが載せてあり、


ー「新明解国語辞典」の初版は昭和四十七年一月二十四日付けで出ていますが、このとき

の事は・・・・・・・。


柴田 これは覚えていますよ。一月九日かなんだったか。打ち上げがあったんですよ。『新

明解』が出来たとは聞いていても、実物はまだ見ていなかった。・・・・・・・・で、一月九日に

初めて本を手にしました。まず序文をみて、ビックリ仰天しました。見坊さんもそこにおられt

けど、何にもおしゃらなかった。・・・・・


この序文については、(辞)に載っていますが、



新たなものを目指して


人も知るごとく、本書の前身は「小辞林」の語釈を口語文に書き替える事から出発した。(中

略)このたびの脱皮は、執筆陣に新たに柴田氏を迎えると共に、見坊氏に事故有り、山田

が主幹を代行したことにすべて起因する。言わば、内閣の更迭に伴う諸政の一新である

が、真にこれを変革せしめたのは時運であるといわねばならぬ。(「新明解」初版 「新たな

るものを目指して」)


すなわち「一月九日までは、その本の内容は、誰も知らなかった」という事です。


この「事故」は、普通に使う「事故」の事ではなく、柴田氏はインタビューに答えて

「『山田さんはそういう意味ではない、ほかの意味があるよ』と。たしか、明治時代の用法に

はあるんですね。『できない」』『さしつかえがある』という意味で、それで自分がやったんだ、

ということなんですよ。」


「ただね、『明解』の改訂(「新明解」になる)とほぼ同時に『三省堂国語辞典』の改訂の話が

出たということは見坊さんに聞きました。それで、見坊さんとしては同時に二冊はできない

から、『明解』の方は山田君やってくれ、とおしゃたんじゃないかな。それを山田さんは《見坊

に事故あり》と書いたわけですね。・・・・・・・」


「・・・・・どうも、私の見るところでは、見坊さんは山田さんに『手伝ってくれ』とだけおしゃった

んじゃないだろうか。主幹は、はやり見坊というおつもりじゃなかったかなと。それがいつの

間にか山田主幹になった。『主幹』とかいてあるでしょう。」


さて、序文については(明)では長男行雄がインタビューに答えて


「・・・・あの前書きを読んで『これはウソだ』ということは言った。それはうちの母親と二人で

言っていましたよ。『この書き方は、いくらなんでも失礼である』と。」

「《事故あり》については、たしか『ショックだ』という感じでおやじはしゃべっていたと思いま

す」


(辞)は少し違っており


「食卓で『新明解』を広げて見せて『おい!行雄。これを見ろ、この序文を見ろ』といわれまし

た。『そこに、見坊に事故有りと書いてあるだろう!これは嘘だ。まったくけしからん。この書

き方はいくらなんでもおかしい。事故有りとはなんだ!俺は事故なんかにまったくあってな

いぞ。大病でもしたのか?俺はピンピンしているぞ。こういう書き方はない』と・・・・・」


さて、問題がもう一つ。見坊さんの原稿を山田氏が「新明解」に使った事。これには、当時

編集に関わった、三上幸子さんが(明)で次にように語っています。


三上 私も何時までも生きていられるかわからないからお話ししておいた方がいいかもし

れませんが、当時『三省堂国語辞典』の第二版のゲラと、それから『新明解国語辞典』の初

版ゲラというか原稿は、両方わたしがいちおう担当していたんです。見坊先生は用例をたく

さん集めてらっしゃた。山田先生は当時そういう事を一切してらっしゃらなかった。だから、

用例がないんですよ。はっきりいって。それで、あるとき「『三省堂国語辞典』の見坊の作っ

た用例のはいったものをちょっと見せてくれないか」と私におっしゃたんです。わたくしも本

当は困るけど上の人に相談したら、『まあ、いいんじゃないか』と、お互い、仲のいい先生同

士だから、と。で、少しお見せしたんですよ。そうしたら、それをそのまま用例として入れちゃ

ったんです。山田先生が。それがケンカの原因になった。見坊先生、あとで知りましてね。

・・・・・・・・・・」と語っています。


「事故」で決別した二人ですが、「三国」「新明解」の二つの辞書に関わった、柴田武司先生

は、山田氏の言葉をこう書いています。


「山田さんは見坊さんの仕事について、辞書史の上で大変な功績だということは、書いても

いらっしゃるし、『近頃、見坊はよくやっているよ』というのを私も聞いた事があります。


元、三省堂の倉橋氏は、「・・・・山田はどうしていますか?」と聞かれ、当たり障りのない返

事をしたそうですが、見坊先生は突然「私は、山田を許します」といいつづいて、「どちらも”

米びつ”を持ったのだから、それで良いんだと思います。」と言ったそうです。「米びつ」は、

「収入源(辞書の印税)」という意味で言ったと思われるという事だそうです。


いずれにしても、素晴らしい日本の小型国語辞典を、作った二人です。


「新解さんの謎」はベストセラーにもなりましたが、登場するSM女史は、女性に対する解説

に不満を持っているようですが、先ほどの三上氏によれば、語釈等、こう直したがいいので

は、という事に対し、


「・・・・いわゆる差別語などはすんなりと直してくださるのですが、女性差別に通じると指摘

された語釈や例文などは、あまり認めて下さいませんでしたね。私の主観としてはこれでい

いんだと・・・・・私は女性を差別なんかしていないのだと、そういう発想ですね。」


さて、赤瀬川源平さんが「明解物語」」と「辞書になった男」を読んでいたら、どう書いていた

のでしょうか?なかなか、いい線行っているのですが。


これもベストセラーになった「舟を編む」。これに出てくる、松本先生、何となく見坊先生を思

わせます。


馬締君と香具矢さん、結ばれますが、後の方で、「カウンターの中から声をかけてきたの

は、女性の板前だった。四十になるかならないかぐらいに見える。」とありますが、本を読ん

でも、子供が出来たことは書いてありません。ひょっとしたら、馬締君は辞書づくり、香具矢

さんは料理作りに没頭するため、子供が出来なかったのではなく、作らなかったのではない

かという感じもします。


なかなか面白い本です。「辞書になった男」と「明解物語」と合わせて読めば、見坊氏、佐藤

氏の辞書作りと、現代の辞書作りの違いが分かると思います。


さて、「三省堂国語辞典 第七版」。見坊氏は亡くなられていますが、名前はちゃんと書か

れています。なお、前書きに、見坊氏の「第三版序文」が掲げられています。


第三反序文

辞書は”かがみ”であるーこれは、著書の変わらぬ信条であります。

辞書は、ことばを写す”鏡”であります。同時に

辞書は、言葉を正す”鑑”であります。


辞書の最後の言葉はなんでしょう?「ん」ではありません。調べて見てください。「明解国語

辞典」。最後から2つめには「んとす」ですが、こう書いてあります。


【んとす】

・・・・・・・・/われら一同、現代語辞典の規範たらんとす抱負を持(モツ)て、本書を編した

り。乞(コ)ふ読者、微衷を汲(ク)み取られんことを」


長くなりましたが、辞書にも作る方の思いがあり、読み比べると、面白いものです。「明解物

語」は高いので、「辞書になった男」はお読みください。辞書が好きになります。(終了)


(参考・文引用:「辞書になった男~佐々木健一」「明解物語~柴田武監修・武藤史編」よ 

 り)






2014年8月 7日 (木)

「辞書になった男~佐々木健一著」「明解物語~柴田武監修・武藤康史編」 その2

Dsc00551

iPadに入れた、「明解」の七版です。辞書は厚く、場所を取るので不便ですが、電子辞書は

便利ですが、何となく、味気ないですね。


さて、見坊氏は東大の国文科に入りますが、その中で、国語学を選んだのが、渡辺綱也

氏、そして、山田忠雄氏の三名。


山田忠雄氏のお父さんは、国語学者の山田孝雄氏で、大学教授、貴族院議委員。戦後、

公職追放にあるも、後年文化勲章も受章したそうです。


山田忠雄氏は、(辞)にもの持っていますが「空気のような存在・山田」だったそうで、見坊

氏も「山田孝雄博士の息子だなんてことも、あまり知られていなかったぐらい」と言ってい

ます。


見坊氏の父親と、金田一京助氏は、盛岡小学校と盛岡中学校の先輩後輩にあたり、大学

の卒業の時、挨拶と、就職があったらお願いします、と言って帰ったそうですが、半年後、

当時、大学院にいた見坊氏に、金田一氏が監修する、三省堂の辞書の編集者に採用され

ます。


これは、ただ、金田一氏が推薦したからではなく、見坊氏の前にも、同じ東大の同期生が三

省堂から、話があったそうですが、「・・・・落第してしまったんだ。」(明)ということもあったそ

うです。


さて、見坊氏も三省堂に面談に行くと、それまで出版していた「小辞林」を渡され、辞書の語

釈が文語体だから、口語体に直してくれ、新規に入れても良い項目があったら、入れても良

い」と。


見坊氏は2週間後、三省堂を訪れますが、提案として、「引きやすいこと」「わかりやすいこ

と」「現代的なこと」を提案します。とくに「引きやすいこと」。当時の辞書は歴史的かなづか

いで「カウ(校)」だか「カフ(甲)」だか、分かりにくいので、発音式にすること(「栄養」を「エ

イヤウ」「エイヨウ」ではなく、「エエヨオ」と発音通りで表記すること)等を、2時間ばかり説明

し、採用されます。


見坊氏は、辞書を作るのに、企画、立案、交渉、執筆と(アクセントは金田一春彦)独断的

に動きますが、友だちにも少し手伝ってもらえたら、という事で、同級生の渡辺綱也氏に話

をしたのですが、金銭的な考えの違いから、話がつかず、当時、岩手師範に勤務していた

山田氏に依頼したそうす。「山田氏には校閲、助言をたのむなど、勝手に事をはこんでしま

った。」そうです。


これを、山田先生が、どう取られたか分かりませんが、「こうした状況が、後の山田先生

の”あの発言”「見坊の嫌がる表現をとるならば、出発の当初において、私は”助手”だっ

たのです」という発言に繋がるそうです。


新明解の初版【じつに】の項

【じつに】「助手の職にあること実に十七年[=驚くべきことには十七年の長きにわたった。

がまんさせる方もさせる方だが、がまんする方もするほうだ、という感慨が含まれている。]


「十七年」という期間は、これまで山田氏が見坊氏と共に、辞書の編纂、改訂作業にあたっ

ていた期間を積算したものであろう」(辞)と書いてあります。


さて、「明解」は売れますが、辞書は、新しい言葉、解釈など改訂が必要で、「明解」の改訂

版が出されたのが、和二十七年。それ以降、改訂三版は数十年出版されません。


この間、昭和三十五年に「三国」が見坊氏の手で作られますが、「明解」「三国」も改訂版が

出されない状態が続きます。


その理由は、見坊氏が「用例採集」にのめり込んだという事で、カードに「言葉」を集めて、

書き込むという事ですが、生涯かけて集めた、「見坊カード」が145万枚にもなるそうです。


この、「用例採集」が凄かったらしく、(明)に「見坊豪紀の私生活」が書いてあり、兄弟三名

のインタビューになりますが、


「『用例採集』をやっていないのは風呂に入っている時間と歯を磨いている時間ぐらいです

ね。食事している時間は新聞は読みませんが、テレビで採集出来ますから」


(明)によると、「当時(昭和35年の『三国』初版刊行以降)は、「明解」の改訂と「三国」の改

訂が同時に進んでいた、見坊さんとしては、同時に二冊は出来ないから山田さんにやって

くれ、と仰ったんじゃないかな」(柴田武氏談・「三国」「新明解」両方の編集者を務める)


「三国」と「明解」と「新明解」の関係です。

Img_20140805_0001

ここで、(辞)の著者、佐々木健一氏がいう、「三国」「新解」の違いが出て来ます。「客観」と

「主観」、「短文」と「長文」、「現代的」と「規範的」。


いよいよ、佐々木健一氏が気にする「謎の日付『一月九日』」の事が出て来ます。この日を

境に、二人は決別します。これは、「新解」第四版、五版の【時点】の項に載っています。


■じてん【時点】・・・・・・・一月九日のーでは、その事実は判明していなかった


さて、一月九日に、何が起こったのか、又明日。




「辞書になった男~佐々木健一著」「明解物語~柴田武監修・武藤康史編」 その1

Img_20140803_0002 Img_20140803_0001

「辞書になった男~ケンボー先生と山田先生」は、2013年4月に、NHKBSプレミアムで

「ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男~」として放送されたものを元

に、書かれた本だそうです。


ご覧になった方もおられると思いますが、ウチではBSは引いてないので、残念ながら、見

た事はありません。とにかく、面白く、普段辞典を引かない方もあると思いますので、辞書

に興味を持っていただくために、ご紹介を。


以下、長くなるので、「辞書になった男」を(辞)、「明解物語」を(明)で略します。この二冊の

本は、見坊豪紀(けんぼうひでとし)氏と山田忠雄(やまだただお)氏、二人の物語で、また

三省堂発行の「新明解辞典(略して「新解」と書きます)」と「三省堂国語辞典(略して「三

国」と書きます)の物語です。なお、「新明解辞典」の前身が「明解辞典」で、これは(明解)

と略して書きます。


「辞書になった男」を書いた佐々木氏が、取材で初めて会ったのが、「三国」第六判からの

編者の飯間浩明氏。


飯間氏から言われたこと事が、読んでおくべき本として、「明解物語」。さて、この「明解物

語」、東京には神田の古本屋街があって、捜せばあるでしょうが、長崎の片田舎には、神

田の古本屋街はありません。


ネットで調べると、8月6日現在で、4冊しか出ていません。値段が、一番安いので、29,

750円、高いのが50,000円。50,000円のが一週間前に、あと二冊あったのですが、

無くなっています。だれか買ったんでしょうが、買ったのは、絶対的に私ではありません。

一週間前から、どんな訳かこの本が、私の手元にありますが・・・・・・


辞書は、昔は、他の辞書を切り貼りしたり、文言を、少し替えたものもあったそうです。


辞書は、内容は、同じだろうと思っている方が、ほとんどだろうと思いますが、各辞書、改訂

版によって違いがあります。


何年か前、「明解さんの謎」という本で、「明解」ブームになったことがあり、私も「明解」を使

っていますが、三版、四版、五版と買い続け、久しぶり新しく買ってないので、七版を買おう

と思っていたら「三国」さんの帯に、なんと、阿川佐和子さんの、さわやかな笑顔が。私、フ

ァンなのでこちらを買っちゃいました。話では、還暦ですって。見えませんね。


「明解国語辞典七版」はあらためて、電子辞書版を買いましたが・・・

Img_20140803_0005 Img_20140806_0001_2

Img_20140806_0002 Img_20140803_0006

さて、「新解」さんで有名なったのが「恋愛」の項目。


■「新解」三版二四刷発行

れんあい【恋愛】 特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい出来る

なら合体したいという気持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめ

る・(まれにかなえられて、歓喜する)状態。

と書いてあり、「合体」という所が、評判になったものです。


■「新解」四版

四班は三版と一緒です。


■「新解」五版

れんあい【恋愛】 特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人で一緒に居

たい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いなが

ら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり歓喜したりする状態に身を置く

こと。

「合体」が言い換えられています。


■「新解」七版

れんあい【恋愛】 特定の異性にたいして他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むよう

な愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分か

ち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安

になるといった状態に身を置くこと。

随分、穏やかな表現に変わっています。ちなみに「三国」さんでは


■「三国」第七版

れんあい[恋愛](おたがいに)恋(コイ)をして、愛を感じるようになること


娘が使っていた「学研 現代新国語辞典」

■学研

れんあい【恋愛】 男女が互いに相手にひかれて愛し合うこと。恋。

何となく、味気ないですね。


こうして見ると、各辞書、各版によって、随分違います。さて、一時問題になった、「ら」抜き

言葉です。


「三国」では、「・・・・・・俗に、上一段・下一段活用活用の動詞に『られる』の代わりに『見れ

る』『出れる』などと言う・・・」


とありますが、「新解」にはありません。これは、辞書を作る時の主幹の考え方によって、違

って来ます。


さて、「新解」さんの表紙には、「金田一京助」の文字がありますが、これは、名義貸しで、

(明)の中に、金田一春彦(金田一京助さんのご子息)のインタビューが載っていて


ーはあ・・・・・・。それにしましても、「明解国語辞典」にせよ、「明解古語辞典」にせよ、表紙

に載っているのは金田一京助先生のお名前ですが、京助先生はまったくお書きになってい

ないと?


金田一 一行もかきませんよ、あの人は(笑い)。アイヌ語の文典とテキストは書きました

が、事典は書かなかった。「辞海」のときに見てまして、つくづく思いました。随筆になっちゃ

うんです。書きますと。


さて、第三版には「金田一春彦」の名前がありますが、第四版には載っていません。これに

ついて、「マンション」の項目には「スラムの感じが比較的少ないように作った高級アパー

ト」[賃貸しのものと分譲する方式の喪のがある]」(初版・第十八刷・昭和四十七年)と書い

てあり、マンションに住んでいる人から抗議が来たそうですが、山田氏は「いや、私がマン

ションに住んだらそうだったから、こう書いたんだ」と言い「字引というのは、人に教えるため

にあるもんだ」といわれ、これが、2,3回あり、名前を貸すのが嫌で止めました。と語ってい

ます。


さて、「明解」を作ったのは、見坊豪紀ですが、第四版の「新解」から名前が消えています。

「三国」には、見坊豪紀の名前が載っています。この二人は、東大の国文科国語学の同級

生で、一緒に「明解」を作りますが、後別れて、「新明解国語辞典」と「三省堂国語辞典」を

作ります。何故なのか、後は、又明日。


(参考・文引用:「辞書になった男~佐々木健一」「明解物語~柴田武監修・武藤史編」よ 

 り)


2014年8月 5日 (火)

「ながさきのおいしい店(長崎ごちそう大図巻)~ながさきプレス別冊」&諫早図書館「オッコベーグル」

Img_20140805_0002

本屋さんを徘徊していたら、「ながさきのおいしい店(長崎ごちそう大図巻)」という本が出て

いて、1,025軒の、食堂、レストラン、ケーキ屋さん等の紹介でした。

Img_20140805_0003

中身は、こんな感じで、簡潔にして明瞭。「わざわざ行きたいおでかけランチ」「長崎生まれ

のおいしいもの」「とっておきのカフェ」「長崎中心部でカフェエ散歩」「佐世保でカフェ散歩」

「穴場べーカリーへようこそ」「看板おやつパン」「魅惑のスイーツコレクション」「長崎の料理

人」。あと、各エリア別のごちそうカタログ(店の紹介)があります。


島原半島、諫早地方を調べて見たら、主なところは取り上げてあり、隠れ家的な所もあり、

ここは、あまり紹介して欲しく無かったな。場所は言えませんが・・・・・


本の値段が少しお高く、1,500円。1,500円あったら、少し豪勢なランチが食えるかな?

今回で10号目だそうです。新しい店も載ってますから、一冊は持っていて便利です。


さて、諫早図書館ですが、以前は、小さなレストラン(食堂?)みたいなのがあって、一日中

調べものをするのに、昼食に便利だったのですが、いつの間にか無くなったみたいでした

が、今日いってみたら、駐車場の所にポスターがあって、「図書館カフェ オッペベーグル」

というお店ができたみたいで、助かります。


コーヒーとベーグルが売り物みたいで、お味の方は、まだ入っていませんから、分かりませ

ん。今度、入って見るつもりにしていますが・・・・

Dsc00512 Dsc00510






2014年8月 4日 (月)

第7回 ふるさと夏祭り~雲仙市千々石町

0

昨年まで温泉神社境内でおこなっていた、「ふるさと夏祭り」。もう7回目を迎え、いままで会

場だった神社では、手狭になり、海岸の「福石公園」で開催の予定が、台風の影響で、小学

校の体育館で実施。


会場のまわりに飾ってある、七夕飾りは、各地区の子ども会で作ったもので、コンクールが

あり、ちゃんと審査、賞品もあります。最初は、虫除け・夏越祭りの神事。あと、挨拶。これ

はパス。


その後、フリーステージ。

最初に、吹奏楽部恒例の御神楽、今年は、意外と一年生が入ったみたいで、昨年より見ご

たえがありました。

第二小学校、日本棚田百選がある学校。「棚田へ行こう」。棚田サミットのテーマミュージッ

クだったかな?棚田の後継者達です。

1 2

児童館、保育所連合の「恋するフォーチューンクッキー」。AKB48の歌ですね。センターポ

ジションが指原莉乃さん。ですね。この児童館・保育所の皆さんだったら、私もセンターポジ

ションがとれそう。

千々石一小のエイサー、「島人との思いを伝えて」、随分うまくなりました。

3 4

婦人会のおばちゃま方の、千々石よかね節と恒例の、千々石音頭。

口之津だったか、加津佐だったかの親父バンド「祇園ゑびす」。懐かしの曲。

5 6

雲仙市商工会の「あいのん」。後の方は、幸せの翼で、触ると幸せになれるそうです。もう

少し下を触りたかったのですが、セクハラになるので、止めました。(中身は男性みたいでし

たが・・・・)

Dsc_0104 Dsc_0101

今年、秋祭りで演じた、瀬々尾地区のエイサー「ミルクムナリ」。催事の定例になったようで

す。

フラダンス。音楽は、映画「フラガール」の主題歌。作曲は、ジェイク・シマブクロ。ウクレレを

やってましたから、ここらあたりは、詳しいですよ。

踊っている皆さんは、わざわざ、福島県から駆けつけてくれた、スパリゾートハワイアンズ

(旧・常磐ハワイセンター)の皆さん、なら良かったのですが、地元の「ブルーアイランド雲

仙」の皆さん。スパリゾートハワイアンズの方より、スーマートですね lovely 。

7 8

愛野町の「愛やぁ連」。千々石の「舞華連」。これまた、恋するフォーチンクッキー。

9 10

最後の、愛野と千々石合同で、「総おどり」南中ソーラン(よさこい)

11

ライバル同士の、親和銀行と十八銀行のコーナー。今日は仲良くお隣同士。

Photo Photo_2

これ、どこだったかな?右は、商工婦人部で、「あいのん」グッズを売っていました。

Dsc_0015 Dsc_0017

福祉協議会でのPR。右は、婦人会の風船アート。まだまだあったのですが・・・・

Dsc_0020 Photo_3

もうじき、「長崎がんばらんば国体」ですが、がんばくんと、らんばちゃんも駆けつけての

PR。いつの間にか、「あいのん」も・・・・・

Dsc_0032

このあと、抽選会、もちまき、カラオケと続きましたが、年寄りは夜が早く、朝も早いので、こ

こらで退散しました。


昔、青年団が中心になって実施していた夏祭りが、青年団が解散して、夏祭りがどうなるか

と思っていたら、各種団体、機関が集まり、実行委員会を作り、段々と盛大になって来まし

た。来年は、体育館でなく、外で実施できるよう期待しています。実行委員会の方は大変で

しょうが、頑張って下さい。




« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ