« 2014年6月8日 - 2014年6月14日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »

2014年6月15日 - 2014年6月21日

2014年6月21日 (土)

今日は、サツマイモ植え

Photo_2

女性の好きな、サツマイモさんです。


井原西鶴の一節に「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋蛸南瓜(なんきん)」とあるそう

で、関西地方の女性が、好むものらしいのですが。


サツマイモは、薩摩藩から持ち出し禁止の時代があったらしく、ウィキペディアによれば、

「1711年、薩摩を訪れた下見吉十郎が薩摩藩領からの持ち出しが禁止とされていたサツ

マイモを持ちだし、故郷の伊予国瀬戸内海の大三島での栽培を開始した。」と書いてありま

す。


長崎県対馬にも同じような話があり、対馬は耕作地が少なく、土地がやせており、食糧不

足のところがあり、上県町(現対馬市上県町)久原の原田三郎右衛門が、命がけで薩摩に

入り、種芋を持ち帰っています。40年ばかり前、ご子孫の方とお話をしたことがあります。


さて、この間、晩生のタマネギを収穫したので、少し土地が空き、「芋でも植えんね」という、

御領主様(カミサン)のお言葉。


カミサンは千々石育ちで、小さい時から、サツマイモばかり食べていて、兄弟集まれば、そ

の話を良く聞いていたので、「食い飽きてるから、いいだろう」と、反抗したかったが、抵抗し

ても無駄だから、「へい、へい」。


ということで、サツマイモの種類、いろいろあれど、紅あずまが人気があり、いつもの八重種

さんへ行ったら、売り切れ。「新品種でなんとか(なんとか、という名前ではなく、私が名前を

忘れたもの)が、人気ありますよ。紅あずまは、明日、又入荷します。」ということで、なんと

かを10株買って、次の日に、紅あずまを20株購入。


右がなんとか10株、左が紅あずま20株。

実は、私、中途半端な都会に育ったので、サツマイモは、ジャガイモとかサトイモと同じよう

に、種イモ自体を植えるのかと思っていたら、なんと、このツル(茎)を植えるんですネ。始

めての時は、ほんまかいナ、と思いましたが。

Photo_3 2

ここ数日、雨が降っていたので、本来なら、管理機で耕した方が良いのですが、地面がジュ

ルケて(じゅくじゅくになっている)ので使えず、スコップと、鍬で耕作。サツマイモ専門の肥

料が売ってあったので、それをばらまいて、畝立て。本当は、もう少し深く畝を立てたいので

すが、なにしろ、「色男、金と力は無かりけり」で・・・・・


始めて、植えたときは、間隔を取りすぎて、プロのおばさんが通りかかって、「あら、もったい

なか、こげん間ば取って。」といわれましたが、今日は少し詰め過ぎたか?

Photo_5 2_2

3 Photo_4

ツルの植え方にもいろいろあって、大きい芋を育てかったら、垂直気味に、たくさん取りたか

ったら、水平か、舟形に。葉は地面から出して。私は、舟形に植えました。

Photo_6 2_3

これで、一時間程度の作業でしたが、プロの目から見たら、作業には入りませんネ。本当に

プロの作業は見ていてすごいもんです。おかげで、食料には困らないことを感謝です。輸入

野菜も多くありますが、やはり、メイドインジャパンが一番ですね。できれば、自分が作った

ものが・・・・・


【おまけ】

雨の中、庭のユリが、奇麗に咲いていました。雨にぬれるユリも、楚々として良いもんです

ね。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」。昔はウチのカミサンも、そんな感じで

したが、今では、見る影もありません・・・・

Photo_8





2014年6月20日 (金)

TV局がやってきた

Dsc00136

TV局といっても、NHKとか、TBSとかではなく、地元ケーブルテレビ「ひまわりテレビ」さ

ん。地域密着のテレビです。

上の女性は、うちのカミサンではなく、インタビュアの方。カミサンより美人ですね。

Dsc00114

できたばかりの時は、流す番組が少なく、学校の運動会などを、最初から最後まで、取りっ

ぱなしで放送を流していただけでした。


最近は、番組の工夫が著しく、この間は、地質学者の村井先生を講師に、ジオパークの説

明シリーズをやっていて、見ていたら、島原半島の成り立ちが分かり、良い番組でした。


さて、ウチに、ひまわりテレビさんがやって来たのは、故障の修理、ではなく、取材。「ステキ

な趣味」という番組で、カミサンが油絵をやっているのでその取材。「ステキな趣味」というよ

り、「ヘタでもできる油絵」の方がピッタリなのですが・・・


カミサンは、カメラの陰になって見えません。(見せるほどのものではないので、そういう風

にカメラで写しました。)

Dsc00115

まあ、それは良いのですが、先日の打ち合わせの時、ついでに、私の皿回しの話が出て、

私にも、出演してくれとか。


以前、TV、ラジオなどにも、皿回し以外の事でも出演たことがあり、コンビニで、良いエ○本

があったので、買おうと思ったら、店員さんが、「この間、TVに出てた人じゃありません

か?」といわれ、おかげで、エ○本を買い損ねた経験があり、顔を知られるのはあまり、好

む所ではないのですが・・・・


美人のインタビュアの方には弱く、頼まれたので、「顔にモザイク入れてくれる」「ダメで

す!」という事で、素顔で私も出演。自分で、メークはしましたが。

Dsc00128_4

ということで、今日は皿回し。皿とか、おまけに、まな板とか、土鍋とか回してみたら、久しぶ

りだったので疲れた。


カミサンが7月、私のが8月放映だそうで、東京あたりの方は残念ながら見られません。ご

覧になりたい方は、島原半島の方へお越しいただくか、又は、ケーブルを東京まで、お引き

ください。


【おまけ】

昨日書こうと思ったら忘れたので・・・・・

昨日の昼食は、島原の「MANぷくMAN」。バイキング料理です。たしか、ここ、以前は地ビ

ール工場だった記憶があるのですが・・・・・・・現在は、このバイキングとカラオケボックスに

なっています。

Dsc00109_2 Dsc00106

どうも、バイキングは食べすぎますね。ここの、特徴は、お寿司があること、但し、お一人3

桶(だったかな?)。

Dsc00104 Dsc00105




2014年6月19日 (木)

D-51 蒸気機関車原寸ダンボール模型里帰り展~南島原市有家町

Photo

会場へ入るなり、びっくりしました。これ、本当にダンボールで作ったの?


入場前に、切符を買って(もちろんタダ、無料)、鋏を入れてもらいます。この切符、21日の

特産品販売、ミニ蔵めぐりの割引券になるそうです。

Photo_2 Photo_4

ダンボールとは言え、すごい迫力です。

2 Photo_5

2階からの眺めです。

2_3 Photo_6

ボルトの一つ一つ、部品の一つ一つまで精巧に作ってあります。

Photo_9 2_4

右側、「架線注意」。ここまでやるの、という感じ。

3_2 4

運転席ですが、この凝った文字。

6

作者は、島英雄氏。東京生まれで、現在は南島原市在住。

6歳の時から、切符の蒐集を始め、15歳のときに思いをはせた、原寸の模型が50年の歳

月を経て、ようやく完成したそうです。


なお、今回は炭水車を含む、完全な形でのお披露目で、「全長 約20m(機関車・炭水

車)」「幅 約3m」「高さ 約4m」「重量 約1.5t」「使用したダンボール 約4000個」だそ

うです。なお、全国を巡って東京へ向かうそうです。


そのほか、子どものための迷路、写真展、懐かしの蒸気機関車の上映等がありますが、右

の写真は珍しいもの。島原鉄道の第1号機関車は、日本での1号機関車でもあり、鉄道博

物館へ収められますが(国の重要文化財)、その時の写真。


「1号機関車の惜別式 昭和5年7月3日島原駅構内にて鉄道博物館へ譲り渡すに際し惜

別式が行われた。病気の社長に代わり取締役塚島吉三郎氏が惜別の想いを代読した。」

Photo_10 2_5

なお、会場は南島原市ありえコレジヨホール。期日は6月21日(土)までです。


【おまけ】

帰りがけ、島原の森岳商店街の酒蔵を通りかかったら、何やらやっているみたいで、入った

ら、四半的。


本格的な弓より弱い弓、4尺5寸を使い、弓と同じくらいの長さの矢を使い、正座をして、4,

5寸の的を狙います。どのサイズも、4.5ということで、四半的。


四半的は、昔、武将の酒席の余興としておこなわれ、焼酎などを酌み交わしながらの、娯

楽競技。鹿児島、宮崎方面で盛んです。


はるか昔、和弓とアーチーリーをやっていたので、自信はあったのですが、弓は和弓より短

いものの、矢は意外と長く、5本で300円。2本当たりで、まあまあでしょう。これ、どなたで

もでき、面白く、意外とはまりますよ。

Photo_13 4_2

3_4 2_6




2014年6月18日 (水)

「アラサーちゃん」&「長崎県少年保護育成条例」

Img_20140618_0001 Img_20140618_0002

アラサーとは、「around thirty」(アラウンド・サーティー)の略で、大体、27歳以上33歳以下

(30歳前後)の人のことで、主人公はもちろん、アラサーで独身。



この本、「TUTAYAブックス総合週刊ベストセラー」で12位です。先日までは、本棚に平積み

してあったのですが、すぐにベストセラーの所に並んで、これが最後の1冊。売れているみ

たいで、なにせ、あの壇蜜さんが主演でTV化になるそうですから。「無修正」という字も気に

なりますね。壇蜜さん、無修正でやるんですか?


さて、この本、立ち読みできないように、セロファン用紙で厳重にくるんであるんですが、そ

の上に、青の丸で囲んだところ、このレッテル、最初は張ってなかったみたいなんです

が・・・・読みにくいので、書いてみると、「成人向 長崎県少年保護育成条例により、十八

歳未満の方の購入、閲覧等をお断りします。」あと、「TUTAYA」のマークが印刷されていま

す。


長野県以外は、「青少年保護育成条例」とか「青少年健全育成条例」とか、制定されていま

す。


以前、ビニ本(懐かしいな)等、野放図になったので、青少年健全育成のため制定されたも

の。懐かしく、読んでみたら、制定が昭和53年、改定で一番新しいのが平成23年12月。


「有害図書の販売等の禁止」「広告物に対する措置命令」「有害がん具の販売等の禁止」

「不健全に使用されるおそれのある薬品等の販売の禁止」「自動販売機等の届出等」「「自

動販売機等による販売等の自主規制」「自動販売機等による販売等の制限」「物品質受及

び古物買受等の禁止」「深夜外出制限」「みだらな性行為及びわいせつな行為の禁止」「刺

青を施す行為等の禁止」・・・・すごいですね。これに新たに、インターネット関係、「インター

ネットの利用についての環境の整備」「携帯電話端末等による有害情報の閲覧防止措

置」。いわゆる、フィルタリングの問題ですが、保護者も少年(18歳以下)が、有害なものを

見ないように、フィルタリングをするよう、務めなければならないとしてあります。


有害図書については、「書籍又は雑誌で、全裸、半裸若しくはこれに近い状態での卑猥な

姿態又は性交若しくはこれに類する規則で定める内容を有するものを掲載する紙面(表

紙を含む。)のページ数が、該当書籍又はページ数の3分の1以上を占めるもの。」


要するに、この本が、3分の1以上、有害な個所があるかどうか?この本、暇な方は、調べ

てみてください。

Img_20140618_0003_2

数十年前は、担当者が、それらしき本を買ってきて、一日中読んでチェックしていたのです

が、担当者に「良いですね」といったら、「飽きたよ」。


この本、かなりエロい会話、場面もあるのですが、アラカンの私には、会話等、分からない

所もあって、この本、やはりアラサーの女性の方向けですね。赤裸々な所もあって、アラサ

ーの方にとっては、身につまされるような所もありそうで・・・


TV放送になるそうですが、「青少年健全育成条例」には、TVの規制が書いてないようで、

後は、保護者の問題でしょうが、TVを一人一台持っている時代、見せないように努めるの

は、きついですね。最も、私、有害図書で健全に育ったのですが・・・・・


TVの場合はTVの放送コードがあるみたいですから、内容がかなり、漫画より薄められるで

しょう。でも、そうなったら、壇蜜さんが出てもあまり面白くないな。


確か、かすかな記憶によると、、「青少年保護育成条例」では、避妊具用具(コンドーム)の

自動販売機の設置について規制をし、某課では、高校生にエイズの防止のためコンドーム

を使うよう、啓蒙をおこなったとか。いや、どちらが良いんでしょう。


性教育も盛んにおこなっているようですが、一番必要なのは、小さい時から、男女同権の

考えを、学校、家庭でしっかり教えることなんですが・・・・残念ながら、ウチでは女尊男卑に

なっております。




2014年6月17日 (火)

石橋をつくるの図(中島川石橋群)★昼食は「アロゼ」で~長崎市

Photo

「長崎は今日も雨だった」のとおり、雨でした。雨にもかかわらず、ここ中島川石橋群には観

光客、修学旅行の方が、大勢訪れていました。むこうに見えるのが「眼鏡橋」です。


中島川石橋群の案内図です。橋は赤の四角で囲んでみました。、説明図には描いてありま

すが、洪水で流失し、普通のコンクリー橋になった所もあります。

Dsc_0094_2

一つ一つ見て行くと、本当に良く作ったもので、と思っていたら、長崎文献社から出版され

た「長崎文献叢書第二集第一巻 長崎古今集覧名勝図絵~注解・越中哲也」(昭和50年

刊)に、橋を作る様子が載っており、越中哲也氏が下記のように説明しておられます。


「長崎の石工の特技にアーチ型石橋がある、その代表的なものとして寛永十一年(1634)

唐僧・黙子如定(もくずにょうじょう)和尚が架築したという日本最初の石造の眼鏡橋があ

る。この眼鏡橋の構法を長崎の石工は学び、次々と中島川に橋を架けていった。その工法

を巧にとらえて画いているのが融思の本図である。この画図は日本橋梁史上貴重な資料と

して定評がある。」

四角の所が、橋を架かけているところ。近くで石材を刻み、並べている様子が分かります。

橋の下、木材でしかっり支えています。

Img_20140617_0001

橋の下、がっちりと、木材が組んであるのがよく分かります。多分、最後の仕上げなのか?

Img_20140617_0002

最後の要石をたたき込んで入るところでしょう、これ、はずすと橋が崩れますから、悪い子

の皆さんは、しないように。

Img_20140617_0003

さて、一番上の図、造っている橋は、どこでしょう?眼鏡橋が見えているので、袋橋か、魚

市橋、ただし、魚市橋はコンクリー橋。左が袋橋、右が魚市橋。


ただし、魚市橋については説明版が有り、「中島川の第9橋。最初、石造りアーチ橋が元禄

十二年(1699)岡正恒によって架けられたが、享保6年(1721)閏7月の洪水で流失し

た、その後も木橋や石造アーチが架けられたが、すべて洪水によって流失した。現在のコ

ンクリート橋は大正14年に架けられたものである。・・・・・」と言うことで、魚市橋も昔は石造

りの橋と言うことで、魚市橋の可能性もあり、歩いて見たのですがどちらか分かりません。


矢印は、眼鏡橋です。魚市橋が上流にあたります。

Photo_3 Photo_4

黙子如定和尚の像は、川のたもとにあります。

Photo_8

さて、この中島川の石垣の中に、ハートストーンがあります。写真を載せておきますので、

彼氏、又は、彼女と一緒に捜して下さい。見つけたら、幸せになりますよ。

Photo_13

【おまけ】

帰りがけ丁度昼になったので、いつも、気になっていたレストラン「アロゼ」。「和と洋の創作

フレンチ」。何となく高級そうな感じで、入れなかったのですが、入ったら、気楽なレストラン

でした。 

Photo_15 2

3_3

有名なのか、入った時は少し余裕がありましたが、あっという間に、満員になりました。相変

わらず、女性の方ばかり。男一人というのは勇気がいりますヨ。旦那さん方は、いつも書い

ているように、コンビニの弁当を食べているんでしょうネ。

食後は、枇杷のジュースが出て、これは珍しもあり、美味しかった。ウエイターさんに言う

と、うれしそうにしていました。良いお店でした。今度は,二人で行くことに(カミサン以外)。


最後に、眼鏡橋の写真を。はやり、良い仕事してますね!

Photo_17

(参考・文・図引用:「長崎文献叢書第二集第一巻 長崎古今集覧名勝図絵~注解・越中哲

 也 長崎文献社刊 説明版より)




2014年6月16日 (月)

2014 第9回小浜温泉ジャカランダフェスタ&ヤマボウシ・その他~雲仙市小浜町・雲仙

Photo_2

6月半ばが、花の最盛期だということで、ちょっと見物に。



昨年と一緒で、花が咲く木と、咲いてない木があって、近所のお店屋さんと話をしたら、全

部一緒に咲かすことができないか、いろいろ試しているとか。桜みたいに、一斉に咲くと、き

れいなんですが・・・・


6月30日まで、「ジャカランダフェスタ」をしていますので、詳しくは→こちらをクリック

Photo_3 2

5 3

最近、小浜に増えてきたのが、温泉の蒸気を利用した、蒸し料理。

「蒸気屋」と書いてありますが、ここ、最近までは普通の旅館だったのですが・・・

「小浜名物 地獄蒸しで自炊しよう」「自炊を楽しむ宿泊施設」の宣伝文句。1泊2,300円。蒸

し料理代が入っているかどうかは、分からないので、自分で問い合わせてください。

2_2 Photo_5

最近できた、「蒸し釜や」。店の中で、魚とか、野菜とか買って、右の蒸し釜で蒸して、食べ

ます。材料によっては、お高いので、懐と相談してチョイスを。

Photo_7 3_2

一番古い蒸し料理が、足湯「小浜温泉 ほとふっと105」横にあります。温泉の源泉の温度

が105度にちなんで、105メートル。日本一長い足湯です。右が蒸し釜です。

Photo_11 2_3

さて、ここを写真撮りで、ウロウロしていると、TVのロケが。女優さんは分かるのですが、男

性の方は、あまり興味がないので・・・・見たことはあるのですが



「裸で男同士の触れ合いを」なんて、言っていましたから、あちら方面の方かと思ったら、2

人で一緒に風呂に入ろうということでした。

Photo_13 2_4

観光協会前の、「チャンポンマン」と「オバマ」氏。

小浜は、「小浜ちゃんぽんと」いうことで売り出し中。「オバマ」氏は、もちろん「小浜」にかけ

たもの。先の選挙の時から、作って置いてあります。

Photo_15 Photo_16

ついでに、公認のマラソンコースのスタート、ゴール地点で、このあたりを「石合(いしあい)」

といいます。


昔はこのあたりは、浜で、「隠れキリシタン」が捕らえられ、この浜に船から上陸し、右の建

物(老人ホーム)の後ろ側を通って、山道を登り、雲仙まで連れて行かれ、地獄の責め苦に

あっています。

Photo_19 2_8

時間があったので、ヤマボウシが咲いてないか、雲仙まで登ってみたら、あちらこちら咲い

ていましたが、やはり、ヤマボウシは、山に登って、上から見るのがきれいですね。

Photo_23

Dsc_0049_2 Dsc_0054

Dsc_0051 Dsc_0065_3

余談です。最近の車で、シティーエンマジェンシー(自動車会社で呼び方は違いますが)、

30キロくらいだったら、よそ見をしても、ブレーキが自動的にかかるやつ。


小浜の横道から、一時停止して、国道に出ようとしたら、ガックとして、停止。シティーエンマ

ジェンシーがかかっていました。


前を見ても、車、障害物、人影もなく、どうしてか、と考えたら、前の方の溝から、温泉の捨

て湯の蒸気が前も見えないくらい、モウモウと。多分、これを感知して、シティーエンマジェ

ンシーのシステムが働いたのかな?霧が深い所の方もご注意を。


 

« 2014年6月8日 - 2014年6月14日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ