« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014年3月9日 - 2014年3月15日

2014年3月15日 (土)

竹添ハウス・ガレージセール

1_2

猫のお昼寝。良いですね。場所は「竹添ハウス」。主は松本さん(女性)という方で、出身は

宮城県。


どういうわけか、千々石に住みつき、古い家を借り、「竹添ハウス」となずけ、町おこしの拠

点にしています。


今日から19日まで、「『雲仙手づくり職人の店 新風』一周年ガレージセール」ということで、

出かけてみました。高級品から、古いものまで・・・・ちなみに上の猫さんは、売り物ではあ

りません。


懐かしの鉄製の扇風機。今は、家電屋さんにも売っていません。手回し式の計算機。かえ

って、そろばんの方が早かったな。

Dsc_0248 Dsc_0249

ローライフレックス2眼レフ。すごいな。テーブルに椅子。ドイツ製だとかで、がっちりして、

座りごこちが良かったので、ひとつ買ってきました。椅子は3,000~5,000円。机は使

いやすく、がっちりしたもので、わが家にも、置く場所があれば欲しかった。

Dsc_0250 Dsc_0254

卓上用の織り機。なぜか、懐かしの鉄道用の荷札。

Dsc_0261_2 Dsc_0262

これは不思議、ほどいたら一枚の布になるドレスと、もうひとつは、5枚になるドレス。でき

れば、実演が欲しかった。火鉢に、電熱器。電熱器は学生時代、私もお世話になりまし

た。これも、家電屋さんには売っていません。

Dsc_0265_2 Dsc_0295_4

少し高級になって、「ユネスコ無形文化遺産 重要無形文化財・石州半祇 伝統文化・石

州和紙」。高級陶磁器。

Dsc_0270 Dsc_0272_4

お~懐かしのビートルズ。先生に、これ聴いている奴は、不良だと言われました。今では

教科書に。タイプライター、パソコンのキーボードと違って、重みがありますね。

Dsc_0273_2 Dsc_0280

昔のアイロン、中に炭を入れて使いますが、ウチもいつまでだったか、使っていました。

珍しい、ガラスのフライパン。使いやすいそうですが、今では作っていないそうです。オープ

ンに入れても大丈夫だそうで、がっちりしたもの。600円。但し、重い。

Dsc_0281 Dsc_0282_2

木彫り職人さんの作品。「ゆきおちゃんシール」。ストラップも入っていますね。こんなのあ

ったんですか?

Dsc_0287 Dsc_0294

他にも、手作り職人さんの作品もあるのですが、写真撮るの忘れました。


場所は、多分、分かりにくいと思いますが、千々石の公民館あたりで、「ホテル跡はどこで

すか」と聞けば、「ホテル跡」から、ほんの数メーターの所ですから、分かると思います。

思わぬ掘り出し物がありそうなので、興味のある方は御来場を・・・・・・

Dsc_0233

ウチの寄せ植えの鉢も春。「春が来れば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空・・・・」。中学

校の時習いましたが、尾瀬にも行ったことがない私、尾瀬ってどんな所?






2014年3月14日 (金)

島原城の「宇宙つつじ」★天正遺欧使節ステンドグラスのこと他~島原市島原城

1

今日は、島原の病院へと。ついでに、島原街道の事を確認しようと、島原城内に勤務され

ている、M先生の所へ聞きに行こうとしたら、本日はお休みだとのこと。


他に、確かめたいことが2つばかりあったので、そちらの方を・・・・


着いたときが昼で、お城の前の姫松屋で具雑煮でもと思ったら、団体客で一杯。城内の売

店の食堂で、久しぶりに「ろくべえ」でも食べようかと、待つ間、そこらを眺めていると、さす

が、外人の方も来るのか、「うどん」の説明が英文で。

2 25

全国的に有名になった「佐世保バーガー」。「島原城」と「佐世保バーガー」。組み合わせ

がピンと来ませんが、冷凍ものだから、まあ、いいか。

3 4

と思っていたら、目の前に新聞記事が貼ってあり、「『宇宙ツツジ』島原城に」の記事。向井

千秋さんが、スペースシャトルに運んだ、ツツジの種から育てられた「宇宙ツツジ」が、昨

年、島原城に移植されたとのこと。

「どこにあるの」、と店員の方に聴いたら、「どこだっけ」。思いだして、捜してもらったら、上

の写真の所。お城に向かって、左手の所にあります。


「宇宙ツツジ」を探している時に、もう一つ。ここ、売店の裏で、ここまで見る人はいないでし

ょう。

島原城を築いた、松倉重政が、籠城用飲料水を得るために、寛永元年に掘った井戸。も

う一カ所、井戸があるそうですが、どちらかの井戸かが、抜け穴ではないかとの、地元の

人の話。紙を投げ入れると、下からの風で、フワフワするそうです。最も、抜け穴の話は、

お城には、つきものの話ですが・・・・

8

この「宇宙ツツジ」の説明板、知ってはいながら、西望さんの彫像の横にあるので、その説

明かとばかり思って、読んでなかったのですが・・・・

Dsc_0235

「このツツジは、人類の夢を乗せたアジア初の女性宇宙飛行士向井千秋さんとともに宇

宙を旅したツツジの種から育った宇宙ツツジであることを証明いたします」


なんと、商標登録も取っているらしく、「商品登録」として、「商標 宇宙ツツジ」、「登録 第

4305632号」。「平成11年8月13日」、「特許庁長官 伊佐山建志」、「宇宙ツツジ認定

番号 80」の文字。


なお、ツツジは研究機関で育てられ、その一部が、館林市のつつじが岡公園で植栽され、

館林市からの厚意で、島原市に送られたものだそうです。まだ、植えて一年ばかりですか

ら、小さいものの、とにかく「宇宙ツツジ」です。島原城にお越しの際は是非ご覧を。


さて、あと確認したい一つが、先日書いた、元山元造氏が所蔵していたという、銅版画。

ありましたが、城内撮影禁止のため、図録から

7 6

  (「島原城展示品図録」より)


同じものだということが、分かると思います。「長崎談叢」の後の方は「サンクトスの御作業

のうち抜書」かな?(版画が、逆になってないのは、乾拓から再転写したため)

説明は「故版画」になっていますが、「古版画」ですね。「幼なイエスと老ヨセフ 16世紀」



さて、もう一つ確認したかったのが、展示物で、「天正遺欧使節」の絵の、4人の少年の名

前の所。千々石ミゲルの名前の所のみが、黒くなっているとのこと。


見に行ってみると、真っ黒ではなく、薄墨を流したみたいな感じです。この絵、見た事があ

るなと、考えてみると、カトリック島原教会にあるステンドグラスの絵。


で、カトリック教会に見に行くと、ステンドグラスでは、かすかに分かるくらい。写真は遠慮し

ていたら、絵はがきがあったので、絵はがきで・・・・

9

 (「島原半島殉教者記念聖堂~カトリック島原教会」 絵はがきより)


なお、使節の主席正史が「伊東マンショ」、正史が「千々石ミゲル」、副使が「中浦ジュリア

ン」、「原マルチノ」で、この順番で描くのが普通なのですが、この、絵では主席正使「伊東

マンショ」、副使の「中浦ジュリアン」、「原マルチ」、最後に、正使の「千々石ミゲル」の順。

そして、薄墨を流したような文字。


千々石ミゲルは、帰国の後棄教し、大村藩キリシタン弾圧の原因を作ったとも言われてい

ます。


カソリック教会としては、当たり前のことですが、正式には、認められない人物だったので

しょう。その取り扱いだったことが感じられます。多分、遺欧使節としての実績があるの

で、この形が、ぎりぎりの妥協だったのでしょう。



2014年3月13日 (木)

あぶない!フチ子さん!!

Dsc_0191_3  

昨日は、医療費控除の書類をまとめていたら、思ったよりも多く、夜の1時までかかり、昔

は、夜遅くても、何んともなかったのですが、年には勝てず、今日は、くたばりました。


おまけに、朝から雨。気がめいって、本を読む気にもなれず、ちょうど、フチ子さんがあっ

たので、遊んで、気晴らしをしました。


ゴキブリ、アブラムシ、長崎あたりでは「アマメ」とも言います。フナ虫も「アマメ」とも言いま

す。私も、「ゴキブリ亭主」と言われますが、広辞苑、明解国語辞典には「ゴキブリ亭主」は

載っていません。


ネットで調べると、台どころに入り込んで、ゴソゴソする夫だそうで、近年、男の料理が流

行っていますが、あれ、全部「ゴキブリ亭主」ですね。最も、夜中に、台所でこっそり食べ物

をさがす夫の事、とも載っています。アナタ、覚えがありますね?


ゴキブリも慣れると可愛いんですが。上の5匹は私が飼っている、ゴキブリで、モチロン若

くて可愛い女子。モモちゃんに、リエちゃんに、サエちゃんに、ユリちゃんに、ユカちゃんで

す。(もちろん冗談、冗談 bleah )


さて、こちらは少し真剣な話、今日のNHKの「あさいち」でもやっていましたが、「マダニ」。

Dsc_0219

あちらこちらの公園に、注意札が立ててありました。こちらの方が、ゴキブリより危険です

ね。特に、私も家庭菜園をやってますから、要注意。皆さんも、御注意を。


橘公園(橘神社)に寄ってみたら、一本だけ桜が咲きかかっていました。早熟の桜かな。

Dsc_0222_2

いつか散る桜と思へば散りにけり  sugikan     お粗末でした ヾ(_ _*)ハンセイ・・・







2014年3月12日 (水)

2014 観櫻火宴(日本一の松明武者行列)&桜情報~雲仙市千々石町

1 2

ホワイトデーにお返しを送ろうと思って、伝票の配達指定年月日の所に、間違って、2月14

日と、書いてしまっちゃいました。店員の方から言われて、訂正しましたが、考えれば、もう

3月。古人曰く、「老人老い易く、あの世はすぐそこ」。


さて、今年も千々石町で、3月29日(土)に、日本一の松明(たいまつ)武者行列、「観櫻火

宴(かんおうかえん)」が実施されます。


参加は申し込みで、衣装代はいりますが、戦国武将になったと思えば安いもの。

昨年の写真からですが(今年はまだなので、今年の写真は出せません)、各々武将の姿

に身を固め、松明を持って、千々石海岸から,商店街を抜け、橘神社までを練り歩きま

す。


申し込みは3月20日まで。上のチラシをクリックすると大きくなり、連絡先など分かりますか

ら、参加希望の方はお早めに。

3 4

昨年までは、他県から鉄砲隊をお願いしていたのですが、今年は火縄銃を地元で揃え、

その名も「肥前千々石鉄砲隊」。お~カッコイイ。


元服武者は、今春、中学校に入学する子どもが対象ですが、一人づつ、舞台に立ち、名

前、自分の夢などを発表しますが、これ、記念になりますよ。該当される子どもをお持ちの

方は、是非ご参加を。

55 5


橘公園の桜を見に行ったら、まだまだ。ただし、早々と、ぼんぼりを付ける柱と、電気の工

事中。「今年は早いね」と声をかけると、「今年の桜は早そうですから」との返事。

6

公園の桜開花基準木。先日行った時より、芽が少しふくらみ始めた感じ。かな?

7 8

お隣の家の木花、名前思い出せなくて、あせっちゃうな。あ!「あせび」だ(少しダジャレ気

味かな?)。見れば不思議な花。

Dsc_0151_2 

ホワイトデーのお返しですか?エルメスのバックです(中○製ですが・・・)。


「長崎談叢」に見る戦時中の「浜屋」[岡政』の広告、他

1_3

この2,3日、カミサンが家に居着いて、何となく、気が滅入るので、図書館へ逃げ込み、

資料を探していたら、長崎史談会が書かれた「長崎談叢」(昭和43年復刻版 全五冊)が

置いてあり、パラパラめくっていたら、「濱屋」(現、浜屋)「岡政」の広告が載っていて、目

に入ったので。


長崎市でデパートといえば、「浜屋」と「岡政」、遅れて「玉屋」が開設。

「岡政」は経営難から、福岡大丸の傘下に入りますが、思わしくいかず、閉店。「玉屋」も昨

日閉店をしましたから、残るは「浜屋」のみになりました。


上の広告は、昭和14年のもの。第2次大戦は昭和11年~昭和20年ですから、戦争中

のものです。


地下、1階、2階の2階建てで、地下は、食料品、日用雑貨、1階は洋装品中心、2階は和

服関係が中心。


昭和15年の宣伝、上の宣伝とは1年しか違いませんが、「配給」、「国民服」の文字があ

り、戦時の感じがしてきます。

2_2

こちらは「岡政」(大丸)昭和16年の宣伝。一階では、「債権賣塲(場)」。「愛国債権」の文

字が見えます。


一階西側、「軍人會館」。在郷軍人、警防團、青年学校、婦人会の服装用具品の売り場で

す。


「兒童相談所」、「第二國民の教育・素行等に就いて毎週水曜日斯界の権威者が指導相

談」。デパートでこんな事もやっていたんですかね。いまも、やってみたら、どうでしょう。子

連れの若い奥様方も、買い物に来られますから。ついでに、ご相談も。


一階西側、「慰問袋賣塲」、出兵された方に、どんなものを送ったら喜ばれるか、季節毎に

研究して提供。これを、読むと戦争の影響が、全国民を包んでいくことが分かります。

3_3

戦争後の広告。昭和38年。絵で見ると4階建てみたいですが、今、何階建てでしたっけ?

たしか、エスカレーターが出来たのも、ここが初めてだった記憶があり、最初は、おっかな

くて乗れませんでした。


屋上に遊園地があり、メリーゴーラウンドか、飛行機がグルグル回る乗り物があった記憶

もあるのですが・・・・・

あの頃は、屋上が楽しみで、子どももたくさん遊びに来ていたのですが・・・・今はどうなの

かな?

4

おまけに。「丸善」。ありましたね。思案橋電停の近く、洋書がたくさんあり、高校の時良く

行きました。


昭和44年に開催された時の「十八銀行」での「長崎国体定期積立金」の宣伝。今年、国

体が長崎で開催されますが、これ、今度はやっているのかな?

5 6

さて、表紙を見ていると、南島原市加津佐のコレジョで印刷された、「サントスの御作業所

の内抜書」。説明に、昭和13年、加津佐の本(ママ、元が正解)山元造宅で、実物を見せ

ていただたものを、田川憲氏が、乾拓にとらせてもらったもの。

表紙は、多分一部をデザイン化したのもでしょうが、

Photo

加津佐の「加津佐郷土誌 加津佐史談」には、下のような写真が載っており、明らかに上

のとは違うことが分かります。

Img_20140311_0023_2

加津佐の郷土誌によると、「加津佐のコレジョに施設された活版印刷機によって印刷され

た書物は、『サントスの御作業の内抜き書第一』、『どちりなきりしたん』、『加津佐物語』な

どあったはずであったが、現物が現存しているのは前二者だけである。」と書いてあり、


「サントス・・・・・」はイギリスのボードレー図書館にただ一冊が秘蔵。

「どちりな、きりしたん」はローマのベルベリニ文庫に秘蔵されている由。

「加津佐物語」は現物はどこにも現存しないとのこと。


なお、「長崎叢書」によれば、この元山氏の銅販は、「島原城の資料館にあると聞いた。」

とあります。


この間、島原城の資料館に行ったばかりだったのですが、また、ボーと見ていたのかな?

気づきませんでした。また、行って見ようかな。

なお、この印刷物の価値については「加津佐史談」には、次の通り書いてあります。


一 印刷史上、日本最初の金属活字で本であること。

二 国語学史上、日本最初の西洋文学翻訳書であること。

三 宗教史上、日本最初の聖人伝であること。

Dsc_0175_2

庭の薔薇が一輪だけ咲いていました。薔薇と、といて、カミサンと解く。その心は、「どちら

綺麗 トゲがある」。おそまつさまでした  o(_ _)oペコッ


2014年3月10日 (月)

センゴク一統記⑦~宮下英樹著

Img_20140310_0003

え~、まあ、なんと言いますか、消費税は上がる、年金は下がる、男は下がるわで、この

「センコク一統記⑦」。信長の本能寺も終わったし、買うの止めようかと思ったのですが、

黒田官兵衛は出てくる、この間書いた、三谷幸喜著の「清須会議」と、宮下氏の「清洲会

議」が、どう違う展開を見せるのか、読みたくて、つい買っちゃいました。


今回は、「山崎の合戦」の決着がつくところですが、中国大返しをおこなった、豊臣秀吉と

明智光秀の決着は、ご存じの通りです。日本史の時間は、お昼寝タイムだった私も知って

いるくらいですから、もちろん、皆さんもご存じだと思います。


さて、これに次ぐ「清洲(清須)会議」が大変で、なにしろ、織田信長の後継者を決める会

議ですから。いよいよ前哨戦がはじまります。


「清洲会議」については、メンバーは、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興、羽柴秀吉の四

名。他、事情により(書けば長くなるので省略)、滝川一益、徳川家康は欠席。

Img_20140310_0001

長男、織田信忠は二条城で死亡、次男信雄、三男信孝、どちらかが選ばれるはずです

が、結果は以外、ご存じの通り・・・・ご存じない方は、次巻の第八巻をお買い下さい。


さて、この清洲会議には、次男信雄、三男信孝は出ておらず、この点で、織田家の実権が

弱まっている事が分かります。


この会議につては、著者宮下氏は、「付記」で従来とは、少し違った見方をしており、これ

も、買ってお読み下さい。ほんの2,3頁ですから、立ち読みもできますが、立ち読みは他

人の邪魔になるので、ちゃんと買って読むように。


ちなみに、私は立ち読みする人が嫌いで、長時間、立ち読みしているのがいたら、そばに

寄って、ひとりごとをブツブツ言いますが、皆さん気味が悪いのか、全部逃げていきます。

一度お試しを。


さて、次の第八巻は「清洲会議」が中心になりますが、多分、黒田官兵衛も活躍するはず

です。どのように描かれるのか、楽しみにしています。

Img_20140310_0002_2

さて、我等が主人公、仙石権兵衛は、淡路の国を治めますが、主君の秀吉から、まだ宛

行状(あてがいじょう、知行宛行状)が、まだ届いていません、というより、清洲会議等でそ

れどころでは無かったのでしょうが・・・・


宛行状とは、知行の割り当てを示し、その権利を保障した文書のことですが、仙石権兵衛

の場合は、分かりやすく言えば、部長の席には着いたが、辞令は貰っていない状態。こ

れ、本人も不安なら、部下になる人も不安ですよね。さて、どうなるかは、第八巻のお楽し

み。

Dsc_0096_2

手入れも、肥料もろくにやらないのに、毎年、綺麗な花を咲かせます。これに比べれば、

人間は・・・・



« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ