« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »

2014年3月2日 - 2014年3月8日

2014年3月 8日 (土)

雲仙鉄道 31~第1号機関車? その四(最終回)

  Photo_3

上の写真、ウィキペディアに載っている写真で、何回もお見せしていますが、この機関車が

原型で、改造をされていきます。ウィキペディアにもう一枚、下の写真が載っており、改造

は、国鉄、島鉄両方で受けますが、この写真はいつ頃のものか、不明になっています。原

型の機関車と比べると、いかに変わったことか。(うちのカミサンもですが・・)


国鉄でどのように改造されたか、写真を探したのですが、ついに見つかりませんでした。

その折、You Tubeでなぜ、改造が必要だったのか、「迷列車【九州圏】♯25 島鉄1号機

関車」に説明があり、要点を書けば、1号機関車は、現在明治村で活躍している、160型

「12号機関車」と比べれば著しく劣っており、その原因として、異常に低い重心のボイラー

の据え付けにあったようで、明治17年、大阪に転用される際、神戸工場で、ボイラーの、

かさ上げ工事がおこなわれたそうです。


なお、島鉄にきても、煙室の扉、砂箱、蒸気ドームも替えたそうですが、これは、九州鉄道

の廃車になったものを使ったそうです。


又、同じくYou Tubeにて「鉄道博物館 1号機関車物語 開会の様子」がアップされていま

すが、鉄道博物館に問い合わせたところ、この機関車は明治30年仕様、すなわち明治1

7年に、改造された後の機関車になりますが、特に車高が、低く見えます。You Tubeを是

非ご覧下さい。

1501k

さて、いよいよ、この1号機関車が雲仙鉄道のレールを走ったかどうかですが、まこと

に残念でした。分かったのが、いつも参考にしている「島原鉄道100年史~夢ある未来を

めざして」の冊子でした。


最後の方に、「島原鉄道の100年のあゆみ」という事で、年譜が載っており、1927年(昭

和2年)、諫早~小浜間が乗り換えなしで良いように開通した年ですが、ここのところに、

「6.6 小浜鉄道の開通により、温泉鉄道の車両が諫早~小浜の直通運転を開始。」

と書いてあり、あくまで走っていたのは、「温泉鉄道の車両」と言う事で、「島原鉄道の車

両」が、と言う事ではないということが分かります。


昨年から、写真、資料と調べまくり、写真を比べ、汽車の前面、窓の形、煙突の下の状態

から、違うのかなとは思っていたのですが、やはり、はかない夢でした weep


おまけです。「温泉鉄道のガソリンカーの愛野村駅入り込み」の説明が付いています。

Photo_4

「初めてのガソリンカー 昭和5年」。列車のまえに旗が付いて、大勢人がいるところをみ

ると、初運転の時でしょう。だとすれば、島原駅か?

Photo_7

「昭和14年・県立口加高等女子学校『口之津町』 口之津鉄道のガソリンカーで登校」の

説明。この島原鉄道南目線は、廃線になりました。

Photo_8

以上三点の写真は「島原鉄道100年史」からです。


この記事を書くにあたっては、島原本社まで出かけましたが、丁重に対応していただき、

また、貴重な資料までいただきましたことを、心から感謝いたします。ありがとうございまし

た。

(参考・文引用・写真:「島原鉄道100年史~夢ある未来をめざして」「島原南高の100年

~監修 松尾卓次」「島原半島の歴史~監修 松尾卓次」、ほかウィキペディアより)



2014年3月 7日 (金)

雲仙鉄道 30~第1号機関車? その三  

Photo

              (「島原鉄道100年史」より

上の写真の機関車、「1号機関車(大正初期)」と書いてあります。前回書いたように、明治

44年、日本の1号機関車は、島原鉄道に払い下げられますが、前回の設計図と比べると

分かると思いますが、ほぼ一緒の形だと思われます。こうして見ると、D型機関車などと違

い、随分小さい事が分かると思います。


さて、一号機関車として、数冊の本に写真が出ているのですが、撮影の日にちがほとんど

分からず、私も、鉄道マニアでなく、よく分からないので写真を並べてみます。


一応、念のため、「大正初期頃の3号機関車と思われる」と注釈がある機関車。

Photo_3

           (「島原鉄道100年史」より)

松尾卓次氏編の「目で見る 島原南高の100年」に載っている、1号機関車。胴体の横の

所に「1」と言う字、その上に、島原鉄道のマークが見えます。本書では、大正初期となって

います。

Photo_5

 以前のマークと、今使っているマーク。少し違っているのが分かると思います。

Photo_6 Img_20140306_0003

「島原鉄道100年史」からの写真です。横に、島鉄のマークと「1」その下に、多分「島原鉄

道」の文字だと思いますが、加わっています。下の写真同じようでですが、写真の写す角

度、煙突の下の痛み具合から、上の方が使い込んだような感じ。

Photo_10

Photo_7

「長崎歴史文化博物館」に売っていた絵はがき。煙突前の探照灯(ヘッドランプ)がありま

せん。上の写真より以前のか?取り外しができたのか?珍しく、煙が出ている写真です。

Photo_11

下の写真、「島原南高の100年・監修 松尾卓次」、「島原半島の歴史・監修 松尾卓次」

「島原鉄道の100年」。同じ写真が載っていますが、「島原半島の歴史」には、「島原駅と

シマテツ列車」となっており、他の本には「多比良(たいら)駅」となってますが、どちらが本

当?

Photo_12

「多比良の浜、田川の鉄橋を走る1号機関車(大正時代)」。車体の真ん中、かすかに島

鉄のマークと「1」の字が見えると思います。

珍しく、貨車を押していますが、前の方には牽引機関車がいたと思います。

0

さて、今日は、1号機関車が雲仙鉄道のレールを走ったのかどうか、結論を書こうと思っ

たのですが・・・・一号機関車は、原型をとどめないほどの改造を、国鉄、島鉄で受けます

が、どうして、改造を受けなければならなかったのか、偶然のことに、今日になって分かり

ました。


次号はそのことと、結論を。勘の言い方は写真を見て行けば、すでに分かられたと思いま

すが・・・結論まで長くかかりましたが、あと1回で、「第1号機関車」は終わりです。なにや

かやで、長くなって  (*_ _)人ゴメンナサイ  。



 



2014年3月 6日 (木)

雲仙鉄道 29~第一号機関車? その2

Photo_2

少し呆けてきたようで、昨日、明治44年と書くところを、昭和44年と書いてしまって、訂正

はしておきましたが・・・雲仙鉄道の続きです。


さて、しっつこいようですが、雲仙鉄道の各駅の記念碑の所に、焼き付けてある写真で

す。確認のために載せます。


最初写真を見て、考えたのは、この場所はどこか?左に見える畑は、路線際に所々見ら

れる風景です。


右側、良く見ると、防波堤と思われるものがあり、その外側は海岸の岩礁みたいに見えま

す。だとすれば、千々石断層の下あたりか?


この写真、「小浜鉄道」と書いたものがあり、小浜鉄道と言えば、千々石~小浜ですから、

似た風景がないか、一応、小浜の観光協会、小浜支所に聞きに行ってみましたが、はっき

りせず、富津あたりではなかろうかと言う方もおられ、ウロウロしてみましたが、やはり似

た風景はなく・・・


二枚の写真があり、一枚は小浜郷土館、一枚は個人が所有していたもの。千々石海岸で

す。

Photo_4

              (小浜資料館にて)

Photo_5

                  (個人所有)

同じように見えますが、満潮と干潮。また、線路の写り方を見ると、下の写真は、上の写真

より、かなり下ったところで、写真を撮ったことが分かります。たぶん、同じ人が、同じ日に

写したという感じがあるのですが・・・・ルーペ、パソコンで拡大して見ると、一軒だけ違う家

があり、写真を写す角度の関係か、写した時期が違うものか、悩みます。


赤矢印が線路ですが、写真の右の方に行くと、千々石断層の一番ひどい所。

海と平行に、海のすぐ横を汽車が走ります。なお、ここのところは、岩礁がゴツゴツとした

所で、砂浜ではありません。


念のため、一番上の写真を、ディサービスのお年寄りに見せたところ、「塩屋(千々石海岸

付近)のとこやろ」と言う事でしたが、当時とは、地形も変わっており、はっきり、ここだと断

定できることは、できませんでした。


さて、機関車です。昨日も載せた、ウィキペディアに掲載されている、一号機関車の写真で

す。

Photo_8

             (ウィキペディアより)

島原鉄道に入ってきた時は、かなり、改造されていたようで、下は、島原鉄道に入ってきた

時の設計図だと思われます。

「形式称号/1   車種/四輪連結タンク機関車  番号/1」と書いてあります。

Photo_10

          (「島原鉄道100年史」より)

ご覧の通り、改造されていることが一目瞭然です。とくに、機関車の上の方。

図面の下に、製造所名「ランカッシャー ヴァルカンフアウンドリー」。製造年月日「187

1」。前所有者「鉄道院」。旧番号「150」。「元作業局第1号」。その他、寸法等の記

載。


さて、島原鉄道でも大改造がおこなわれますが、また、次号。

Dsc_0141_2 

諫早市森山図書館、玄関脇のミモザ。今が盛りです。不思議な花ですね。






2014年3月 5日 (水)

市民ミュージカル「至純の人 千々石ミゲル」★最後の追い込み~雲仙市

1

さて、本日は「雲仙鉄道」の続きを載せる予定だったのですが、カミサンが、3月9日に公

演される、市民ミュージカル「至純の人 千々石ミゲル」の関係者で、夕方になって、「あん

たのブログにも、PRで載せとってよ」とのお言葉で、「いやだ」と言えない、気弱な私。


カミサンが撮ってきた写真が、プレていたり、露出不足だったりで、いい写真だけですが紹

介を。


さて、3月1日、南串山町の「ハマユリックスホール」(以前にも書きましたが、旧南串山町

の町花が「ユリ」、町木が「クス」から「ハマユリックス」。ゆり根の生産地として、有名な所で

した)にてゲネプロ。


ゲネプロとは、要するに、最後の全体リハーサル。私たちの時は、総練習って言っていま

したが、いまは何でも横文字。

15

この市民ミュージカルは、出演者を公募。最初はなかなか集まらずに、脇で見ていてヤキ

モキしていたのですが、段々に増えて、一番上の写真のように、大勢の方が参加をしてく

れています。全員ボランティアの方ばかりです。

合唱団の方かな?ローマ教皇への拝謁の場面。教皇様は、衣装の布をわざわざ長崎

まで買いにいかれていました。

3_2 P1070315

さて、出演者も土曜、日曜返上での練習なら、裏方さんも大変で、ローマ教皇の衣装と4

少年の衣装は、地元婦人会員の手作り。南蛮服の上着は学ランを利用したそうです。


天正遺欧使節の4人の少年は、秀吉の前で演奏をし、感動させますが、楽器も実行委員

のM氏の手作り(残念ながら、音は出ませんが、出ているつもりで見てください)。見た目

は、本物そっくりで、よくできています。


当日、ご覧になる方に、前もって、少し知識があった方が、と言う事で、あらすじのプリント

を配るということですが、これも、「紹介のために、書いてよ」という事で、又、千々石ミゲル

について、良く、ご存じない方もおられ、参考になると思いますので、少し長文になり、プリ

ントに書いてあるとおり、書こうと思ったのですが、長いのでチラシをスキャンして、貼り付

けておきます。クリックすると、少し大きくなるので、充分読めると思います。

Img_20140305_0001_2

今日も、練習をやっており、カミサンはそちらの方に行っており、今日も一人っきりの晩

飯。「・・・・独り寂しく冷や飯(ジャーに入れてあるので温かかったが)食えば 古い虫歯が

またまた疼く 愚痴は云うまい零すまい・・・・」なんて歌、思い出しますね。

P1070307

切符も、ほぼ売り切れ状態だそうで、雲仙市内の「ハマユリックスホール」、「国見町文化

会館」、「吾妻町ふるさと会館」、千々石町にある「教育委員会生涯学習課」、また、ローソ

ンチケットでも取り扱っているそうですが、一応電話で確認されたがいいと思います。


次回こそ、「雲仙鉄道 29~第一号機関車?」を載せます。果たして、日本での、「汽笛一

声新橋を・・・」の日本での第一号機関車が、雲仙鉄道を走ったのか、次回をお楽しみに。

泣く子とカミサンには勝てぬと言う事で、今日は、お許しを m(_ _)m。







2014年3月 3日 (月)

諫早市美術・歴史館オープン~諫早市

Img_20140303_0002

 (「諫早家ゆかりの品々展」図録より)

昨日の、雲仙鉄道の続きをと思っていたら、写真の整理ができず、おまけに諫早の病院

へ。


前週に心臓細動が起ったことを話したら、検査は延ばしましょうか、と言う事で、「PSAの

値も初期段階だし、この値だと、このままにしていても、あと十年は大丈夫でしょう」。せっ

かく決心して行ったのに、検査入院は延期。


と言う事で、家に帰ってもカミサンがいるだけだし、図書館はお休み。諫早の美術・歴史館

がオープンしたということを聞いていたので、行ってみました。以前は、郷土館はありまし

たが。


入ったとたん、ゆったりとしたホール。雰囲気が良いですね。

どなたか、言っていましたが、便所の壁のタイルも洒落ていますね。女子便所は、どうか覗

いて(純粋に比較のため)見たかったのですが・・・・赤みたいでした(人から聞いた話です)

P3030324

P3030281 P3030293

P3030294 P3030308

P3030307 P3030316

中の展示も、ゆったりとして、説明も分かりやすくしてありました。


2階建てで、一階は常設展。二階が企画展示室と、研修室(貸室)。開館記念として、二階

は、4月の29日まで、記念特別企画展「諫早家ゆかりの品々展」。これは、見ごたえがあ

りました。


受付で、「展示品以外の館の様子など、写真撮ってもいいですか?」、「展示品も撮影禁止

とあるところ以外はいいですよ、フラッシュはたかないでください」、「マジ~、普通、博物館

は撮影禁止じゃない?」「え~でもいいですよ」。この、諫早市の器量の大きいこと。いろい

ろ、調べ物をしていると、どうしても、写真に撮って調べたいことがあるので・・・・本当に、

助かります。こんな事なら、良いカメラの方を持って来たら良かったかナ。


一番上の写真は、企画展の図録から複写したものですが、下が私が撮ったもの。

「明珍作うこん威甲冑」。甲の頭、真ん中の所、水晶球の中に、載金(きりがね)で装飾さ

れた木彫の像が入っています。軍配なども展示してあり、右の兜、「獅子王尊霊甲」。増田

明珍宋次作。これ、すごいですよ。

P3030283

諫早家にお輿入れした、お姫様の婚礼道具と思われる駕籠「黒漆塗唐草文花杏葉紋散

女乗物」、担ぐのも大変なら、乗っていくのも大変だったのではないでしょうか?

船と同じで、揺れますから、「駕籠酔い」もあったのでは?後の所は、背もたれみたいなも

の、左右には、アームレストかな?

P3030309 P3030310

大雄寺の「十一面観世音菩薩座像」。これ見たくて、大雄寺まで行ったのですが、がっちり

鍵がかかって見れなかったもの。


諫早家代々の守り本尊。高城(たかしろ)の頂上に奉安してあったものを、第8代目の茂

行公のとき、大雄寺の堂宇に奉安したそうです。


左手に持っているのは徳利か?何か気になります。頭に、11の観音様が彫ってあるのが

分かると思います。いいお顔の観音様でした。思わず合掌。

P3030303_2

「エーセルテレカラフ」。現存する国内最古の電信機。左の針がついたものを回すと、時計

のようなものも同じように回っていき、ボタンをおすと、上のベルが「チン」となって、選んだ

文字が(両方とも、ひらがなが書いてあります)分かるようになっています。


このようなものから、現代のインターネットへと発展したかと思うと、情報通信の原点を見

るような感じでした。


これ、模造品ですが、実際に体験できます。 常設展示場の方に置いてあります。実際動

かしてみると、結構面白いものでした。

P3030298

その他、企画展では、古文書、古地図、諫早家の当主の肖像画、国内に二冊しかないと

いうナポレオン辞書、金泉寺の千手観音など、貴重なものがたくさん展示されていました。


この二階の企画展のものは、企画展が終わると、元のところに戻すみたいで、興味のある

方は、4月29日までですから、是非ご覧下さい。


ところで、入場料、大人200円と書いてありましたが、取られませんでした。どうも、3月い

っぱいは無料のようでした。図録は1000円ですが、是非お買い求めください。役に立ち

ます。


なお、この近所は諫早公園、高城跡、高城回廊、諫早高校内の桃山様式の庭園、御書

院、眼鏡橋、諫早家墓所の天祐寺等あり、環境は良い所です。


今日は体調が悪く、ざっと見ただけですが、また、じっくりと見に行くつもりです。どうです

か、ご一緒に。いつものように、若い女性に限りますが。

(参考:「諫早市美術・歴史館開館特別記念展『諫早氏ゆかりの品々展』」図録より」



2014年3月 2日 (日)

雲仙鉄道 28~第1号機関車? その一

Dscf1586

さて、しつっこく雲仙鉄道です。右のカテゴリーの「雲仙鉄道」をクリックすると、今までの部

分が出てきますので、ご覧下さい。ただ、少し(おおいに?)私の誤認したところがあり、ま

だ訂正していませんので、ご注意を。いつか、訂正します。


さて、千々石の、「上千々石駅」の記念碑です。この横に説明版がありますが、この赤の

矢印の所、機関車の写真が焼き付けてあります。これは、他の駅跡の記念碑にも、同じ

写真が焼き付けてあります。拡大すると

1_2

この矢印の所、どう見ても、数字の「1」に見えます。すなわち1号機関車と言う事です。

もう少し拡大すると。

2

さて、これが何故気になるかというと、再度、雲仙鉄道の歴史を簡単に書くと、この鉄道

は、本来、温泉(当時は「うんぜん」と読んでいました。)軽便鉄道(のち温泉鉄道に改称)

と小浜地方鉄道(のち小浜鉄道と改称)に別れていました。


温泉鉄道は、大正12年(1923)5月5日に、愛野村~千々石を開業。

小浜鉄道は、昭和2年(1927)3月10日に、千々石~肥前小浜を開業。


昭和8年(1933)に小浜鉄道が「雲仙鉄道」に社名変更をし、「温泉鉄道」を合併し、「雲

仙鉄道」となります。


長崎、福岡方面からくると、国鉄の諫早駅で下車、島原鉄道に乗り換え、愛野駅で下車

し、雲仙鉄道に乗り換え小浜まで、と言う事になり、非常に不便になるので、昭和2年6

月、島原鉄道、温泉鉄道、小浜鉄道の3社で、諫早~肥前小浜の直通運転を開始します

が、昭和7年(1932)11月、直通運転を廃止します。


その後、昭和10年に島原鉄道に経営委託し、昭和11年10月、直通運転を再開するも、

昭和13年(1939)に廃業。


と言う事で、昭和2年~昭和7年、昭和11年~昭和13年は、諫早~肥前小浜が直通運

転であったということになります。


さて、問題は、この「1」と書いた機関車が、雲仙鉄道のものか、小浜鉄道のものか、島原

鉄道のものかと言う事です。もし島原鉄道の「1号機関車」なら、話が面白いのですが・・


なぜ、島原鉄道の「1号機関車」が、問題になるかというと、島原鉄道の「1号機関車」は、

日本の鉄道が開業した折、イギリスに10両発注された機関車の中で、最初に日本に着

き、「1」と番号が付けられ、新橋~横浜間を走った機関車で、現在、鉄道博物館に納め

られ、重要文化財に指定されているからです。


この一号機関車は、輸入後、改造、各地に転用され、明治44年に、鉄道院から、他に機

関車4輛、、4輪客車10輛、無蓋貨車7輛と共に、島原鉄道に払い下げられます。


のち、貴重な機関車ということで、返還・保存の運動が起こり、昭和5年、鉄道院と別の機

関車と交換という形で、鉄道院に返還されています。なお、この時は、盛大な送別会がお

こなわれたそうです。


ですから、昭和2年から、鉄道院に引き取られる、昭和5年の間に、現在、国の重要文化

財になっている、1号機関車が雲仙鉄道を走っていた可能性があるのではないかと・・・・

もし走っていたら面白いなと・・・・・


ウィキペディアに載っている、第1号機関車の原型です。

Photo

この機関車が、雲仙鉄道を走ったかどうか、結果は出ましたが、昨年から調べ回って得た

結論。簡単には教えません。


なお、この機関車、島原鉄道でも大改造をうけており、次回は、その改造された機関車の

姿などを・・・


3月になりました。4月には入学式。「ともだち100人できるかな・・・・」。小学校の新入生、

28名なんですけれど・・・・・

Dsc_0124

(参考・引用:「ウィキペディア」「島原鉄道100年史」より)







« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ