« 「島原藩南串山村馬場庄屋・古記録抜書帳」~雲仙市南串山町古文書研究会 | トップページ | 「挨拶はたいへんだ」~丸谷才一著&「文藝春秋12月」より »

2014年12月 1日 (月)

小豆島からの移住~雲仙市南串山町

Photo

昨日、「島原藩南串山村馬場庄屋・古記録抜書帳」の紹介をしましたが、ここの敷地が庄屋

跡で、写真では分かりにくいのですが、まだ、広がりをもった敷地です。


この、庄屋屋敷は解体してありませんが、その敷地の一角に、「雲仙市歴史資料館 南串

山展示館」があり、ここで、古文書の解読をしており、また、展示もおこなっています(毎日

開館していないので、行かれる方は、雲仙市教育委員会へお問い合わせを。また、展示は

入れ替えがありますから、内容も問合わせてください)。


先に、小豆島からの移住者の事を紹介しましたが、ちょうど展示をしてあったので・・・

左は、過去帳ですが、赤い線が引いてあります。この方々が小豆島からの移住者の方で

す。右は「くわんす」で小豆島から、持ってきた物だといわれています。

Photo_2 Photo_3

なお、島原・天草一揆で、島原半島の南目は人口が少なくなったため、幕府は移住政策を

とり、一万石につき一戸の割で移民を出すように命令をし、幕府直轄地の小豆島にも命令

を出します。


それでも、思うように集まらなかったために、島原藩主高力忠房は「作り取り」の令をだし、

十年間無税の特権を与えたということで、今度は、一揆で無人になった半島各地に、国

を脱出してくる者もあったそうです。


なお、幕府の令で移住した者を「公儀百姓」、藩の許しを得ず、移住した者を「走り百姓」と

言ったそうです。(南串山町郷土誌より)


各地区の墓所によっては、小豆島からの移住者と分かるものがあります。

楕円で囲んだ所ですが、この一番上の段に、移住者の墓があり

Photo_9 P2130537_2

一番上の段ですが、飾っている花もなく、ほぼ無縁仏状態です。

Photo_13 2_3

小豆島からの「庄三郎」の墓、赤の四角の所に「小豆島産」、線の所に庄三郎と刻んであり

ます。


なお、石仏像の首が壊されていますが、この地方は、キリシタン大名の有馬晴信が、半島

全部の寺社を破壊したことがあり、また、石仏が壊されたのは、明治時代の廃仏毀釈の時

もあり(これは全国的なもの)、この墓地は、江戸時代の年号が見られますから、明治時代

に壊されたものでしょう。

Photo_12 2_2

こちらは、「又左衛門」の墓。同じく「小豆島産」「又左衛門」と書いてあります。

Photo_17 3

昨年7月の長崎新聞ですが、小豆島から移住してきた、子孫の方が、小豆島を訪問するに

あたり(これ以前にも交流はあります)、町に伝わる望郷の念を歌った「よ伊勢」を披露する

ために練習をしたそうです。

Img_20141130_0001_5

「よ伊勢」

伊勢に参るなら小豆島通れ

小豆島恋しや土地までも


地区によっては、小豆島からの移住者が多く、ほとんど真言宗だそうですが、伊勢参りと高

野山詣は、生涯の夢で、途中は必ず、小豆島に立ち寄った、と言われているそうです。


(参考・文引用:「みなみくしやま~南串山町郷土誌」「長崎新聞」より)


« 「島原藩南串山村馬場庄屋・古記録抜書帳」~雲仙市南串山町古文書研究会 | トップページ | 「挨拶はたいへんだ」~丸谷才一著&「文藝春秋12月」より »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60745094

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島からの移住~雲仙市南串山町:

« 「島原藩南串山村馬場庄屋・古記録抜書帳」~雲仙市南串山町古文書研究会 | トップページ | 「挨拶はたいへんだ」~丸谷才一著&「文藝春秋12月」より »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ