« 「青い鳥」そしてその続編「婚約」又は「チルチルの青春」 その3(最終回) | トップページ | 「キマイラ・鬼骨変」出版~夢枕獏著 »

2014年12月16日 (火)

写真アルバム「諫早・大村・東彼杵の昭和」発刊

1_2

今日はまた病院へ。最近は、家にいるより、病院にいる方が長いようで(待ち時間が長いか

ら)、出がけに、カミサンから、いつもの店で「卵買って来て」の下知を受けて、「ハイ、ハイ」

「ハイは一回で良いの」。


ついでに、子ども会の、ミニ門松作りの飾りを買いに諫早経由で帰っていたら、ちょうど昼。

久しぶりに、久山キッチンへ寄りました。ここ、おかずが作ってあり、それをチョイスして前払

いになるので、待つ時間がいらなくて、時々利用しています。

2_2 3_2

そのあと、本屋さんに寄ると、どういうわけか、鳥居があって、神社とか祭りの本が並んで

いて、来年あたりは「神女」か「祭女」が流行のかな?

4_2

と、本屋さんを回っていたら、一番上の写真、左は昭和56年、諫早史談会編著ですが、右

の本「諫早・大村・東彼杵の昭和」が出版されていました。収録地域は、諫早市、大村市、

東彼杵町、川棚町、波佐見町。


この手の本は、一回限りの出版が多く、再版はほとんどありません。手に入れるのに、苦労

します。という事で、お高くはありましたが、入手してきました。


昔の田植え風景、川棚町、昭和19年頃だそうですが、昔は、地区で協力して、田植えをや

ってました。いまは、トラックターと田植機で2,3人いれば充分です。

右は、諫早市、昭和20年代。昔は、牛とか馬とか家で飼っていて、農作業、荷物運びに使

っていました。ウチのカミサンの所も昔飼っていましたが・・・・・

5 6

現在、眼鏡橋は諫早公園にありますが、この写真は、実際に本明川に橋が架かっていた

昭和20年頃だそうです。


昭和32年、諫早大水害が起こり、この橋は壊れず、かえって材木が溜まり、両脇の市街地

に損害を与え、市民から「撤去しろ」との声が上がったそうですが、当時の野村市長が国に

交渉し、国の初の重要文化財指定にしたそうですが、普及工事で川幅が1.3倍に拡張さ

れたため、今の諫早公園に移転し保存される事になったそうです。

7

昭和5年の諫早市永昌町。「長諫(鶴長長諫乗合自動車)」バスだそうです。前の、ボンネッ

トが懐かしい。確か、前の方にクランクを入れて、それを回し、エンジンをかけていた覚えが

あります。


今年は、長崎で国体が開催されましたが、昭和44年、第24回国体も長崎で開催されまし

た。その折の写真。東彼杵町大音琴郷だそうです。

8_2 9

こちらは、以前出ていた、「図説 島原半島の歴史」。右は、千々石の老人クラブ連合会が

平成4年に作ったものですが、これは、全く手に入りません。

10_2

とにかく、このような本は、手に入れることが困難なので、目に付いたら購入しておきましょ

う。自分の経験からです。(参考・文引用:「諫早・大村・東彼杵の昭和」より)





« 「青い鳥」そしてその続編「婚約」又は「チルチルの青春」 その3(最終回) | トップページ | 「キマイラ・鬼骨変」出版~夢枕獏著 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60820697

この記事へのトラックバック一覧です: 写真アルバム「諫早・大村・東彼杵の昭和」発刊:

« 「青い鳥」そしてその続編「婚約」又は「チルチルの青春」 その3(最終回) | トップページ | 「キマイラ・鬼骨変」出版~夢枕獏著 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ