« 「社会保障一覧表」~コンビニで見つけた本 | トップページ | 子ども会「ミニ門松作り」準備 »

2014年12月19日 (金)

「いさは屋特産品お歳暮フェア」~諫早市物産ホール(諫早商工会館1F)

Photo

図書館の帰りがけ、ふと、看板が目についたので、入って見ました。

「お歳暮」の文字の所、貼り付けてありましたから、はがせば「お中元」になるのでしょうが。


場所は、諫早高校の横、市役所駐車場広場側の方です。駐車場は、市役所駐車場か、「高

城有料駐車場」に停めれば、無料券がもらえます(購入者のみ、市役所側はフリー)。


お歳暮、お中元には、頭を悩ませるもの。ここには、諫早を中心とした、特産品が置てあり

選ぶのに、便利みたいでした。


いさはや「有喜面浮流」。玄関の飾り物に。諫早といえば、おこし、歯が弱って、よく噛めま

せんが・・・・・

Photo_2 Photo_3

「くじら」。いつまで食べられるか分かりません。今のうちに。最も、私達世代は、うんざりす

るほど食べ、カツといえば、「クジラカツ」のことでした。

一時流行った、ザボン、小畑実さんの唄で「鐘が鳴る鳴る マリヤの鐘が 坂の長崎ザボン

売り・・・・・」。たしか、長崎駅に、女性のザボン売りがいた覚えが、かすかにあります。

Photo_4 De

「チャンポン」は、なんといっても長崎。多分、長崎からの出品かな?

諫早には、スッポン料理がありますが、スッポンのエキスを使った「ゼリー」。もちろん買って

食べましたが、コラーゲンいっぱいで、すぐに、お肌スベスベ。

Photo_6 Photo_7

Photo_8

鰻も諫早料理の代表のひとつで、昭和天皇も長崎にお越しの時は、いつも某店のウナギを

召し上がられた、という話を聞いたことがあります。

長崎は、魚が捕れるので、かまぼこ店が多いのですが、長崎では「かんぼこ」と発音。

Dsc01745 Photo_9

「幻の唐比れんこん」。一時、跡継ぎが少なくなり、危うい時代がありましたが、最近、盛り

返してきました。おいしいですよ。

「幻の高来そば」。今、売り出し中です。

Photo_11 Photo_12

これも高来町の煎り大豆。縁側で日向ぼっこをしながら、お茶を啜りつつ、猫を相手に、ポ

リポリと食べると、おいしいですよ。

「太白飴」「のんき飴」。今どきの子ども、知りませんね。

Photo_13 Photo_14

黒米うどんとは珍しい。黒米は何度か食し、結構おいしかったのですが・・・・

「地酒」。今は、ドクターストップで、関係ありません。

Photo_15 Photo_16

回って見ると、珍しいものもあって、一時間ほどかかりました。どうかしたところで選ぶより、

こちらの方が、イイかも。

Photo_19

外へ出たら、国体の看板が出ていましたが、今年はあとわずか。また、するつもりかな?

Photo_21

なお、お歳暮フェアは12月24日までですから、まだの方は、お急ぎを・・・・・開館時間は10

時~17時までです。





« 「社会保障一覧表」~コンビニで見つけた本 | トップページ | 子ども会「ミニ門松作り」準備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60834706

この記事へのトラックバック一覧です: 「いさは屋特産品お歳暮フェア」~諫早市物産ホール(諫早商工会館1F):

« 「社会保障一覧表」~コンビニで見つけた本 | トップページ | 子ども会「ミニ門松作り」準備 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ