« 「神迎え」~千々石町天満神社 | トップページ | 「心田庵(しんでんあん)」~長崎市 »

2014年11月25日 (火)

橘神社★日本一の「門松作り」始まる~雲仙市橘神社

Photo

いよいよ、橘神社の「日本一の門松」作りが始まりました。といっても、完成は十二月の月

末です。

作るといっても、「日本一の門松」ですから、手仕事だけでは出来るはずもなく、重機を使っ

ての作業。

2_3 3

一番大変なのが、竹を揃えることだそうで、まあ、よく、こんなに集めたなという感じ。竹の

大小を、分け行きますが、これが意外と重たく、3~5人での運搬。

Photo_2 2_2

土台の部分は、人間の背丈弱、上の3本の細い管に、竹をぐるりと巻いていって、クレーン

車に乗って、チェーンソウで斜めに切っていきます。土台の中には砂を詰め、固定していま

す。

作っている皆さん、それぞれに仕事を持っていますから、作業が出来るのが、土、日曜日

のみで、これからが一仕事です。

Photo_3 2_4

さて、昨日「長崎古今集覧名勝圖繪」を見ていたら、正月風景が出ていました。説明は「チ

ャーンメーラ」で「・・・本図は街中を歩くチャンメラ吹を画き屋外の注連飾(しめかざり)の様

子もよく書かれている」。

昔の長崎の門松、こんなんだったのですね。松だけで、竹、梅が無いみたいですが・・・

Photo_4

こちらは、「近世風俗志(守貞謾稿)」。


左の説明には、

「京坂、門松・注連縄のこと、武邸等は多く図のごとく製し、坊間(注:町の中。市中)にても

三井・大丸・岩城・小橋屋等、呉服現銀店は、必ず図のごとくす。しかも呉服店も右等の大

店(おおだな)にあらざれば、かくのごとくに飾らず。その他は、豪富・巨戸といへども、左図

のごとく、戸口、両端の上にあるひは下に門松を釘(てい)し、戸上に麁(そ)(注:おおざっ

ぱなこと、粗末・粗悪なこと)なる注連縄を張るのみ」


右の説明は、

「江戸、武邸は勿論、市中にても呉服大店のみにあらず、諸買(しよこ)とも大店にて、専ら

この制を持ふ。図の如く飾らざる門松には、竹を添へず松のみを専らとす。」

「松の根、専ら薪をもって囲む。あるひは松を中心に、その三方に薪を地に打ちて、ここに

縄をもって引き張るもあり、けだし家ごとに恒例ありて、一定ならず。」

「図の如く、太きそぎ竹に小松を添ふるもあり」「そぎ竹をたてたるには、注連縄は戸上に打

つなり。医師などこの制多し」

という事で、昔の門松と今の門松、違っていますね。

Photo_5 Img_20141125_0003

辞書を引くと、「正月に、家の門口に建てる松の飾り。本体は年神の来臨する依り代で、中

世以降、竹を一緒に飾ることが多い。」(大辞林)とあり、昔は、松だけだったのですね。


ところで、もうすぐ十二月、年賀状書きましたか?急いで書きましょう。

私?「歳のため、年賀状を書く気力も、体力もなくなりましたので、来年からは、失礼させて

いただきます」と、書きたいナ。




« 「神迎え」~千々石町天満神社 | トップページ | 「心田庵(しんでんあん)」~長崎市 »

門松」カテゴリの記事

コメント

門松・・・そろそろ年の瀬も近付いてきましたね

年をとると1年が過ぎるのが早くなったような感じがしますが
特に50歳を越えると加速度がついてきたような・・・^^;

「門松は冥土の旅の一里塚」という言葉が、心に染むようになりました。
加速度は、今後もっと早くなっていくなという実感がしています。

もっとも、現在、年賀状書きの方で、頭が痛いのですが・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60713069

この記事へのトラックバック一覧です: 橘神社★日本一の「門松作り」始まる~雲仙市橘神社:

« 「神迎え」~千々石町天満神社 | トップページ | 「心田庵(しんでんあん)」~長崎市 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ