« 「171年ぶりの月」 | トップページ | 「絵馬」それぞれ »

2014年11月 6日 (木)

「ウドウロク」一気読み~有働由美子著

Img_20141106_0015

数年前、二人の有名な某女性作家が、男性の、これも有名作家のS氏の事を、ラジオ対談

で、こう批評していました。


「Sさんて、女性を見る目が甘いのよね。女性なんて、あんなもんじゃないよのネ」

「そう、そう、Sさん女性をよく分かってないのよネ」

「女性の裏側は、もっとドロドロして、汚くて、怖いのよね!」

「そうよ!」


さて、この本、45歳の独身女性の中身がどうなのか・・・・


私の知人がブログを書いて、この「ウドロク」。NHKの「あさイチ」で、NHKらしからぬ司会をし

ている有働さんが書いた「ウドロク」の事を書いていたので、読んでみたいな、と思っていた

ら、何と、田舎の本屋さんにも並んでいました。しかも、2冊もですよ。奇跡!


有働さんは、もちろんNHKのアナウンサーで、以前、「NHKニュースおはよう日本」「サタデ

ースポーツ」「サンデースポーツ」「NHKニュース10」等の番組を担当していたみたいです

が、どうも、私の記憶にはなかったのですが・・・・・


2010年3月より「あさイチ」を担当し、私、第一回目から見て、すぐにファンになりました。

毎日見ています。「わき汗」については、本当に面白く見ましたが、番組がない日は、一日

寂しい思いをしています。国会がある時は、9時で終わってしまいますが、国会の議長と

か、運営委員会の委員長、有働さんにしてくれればスムーズに議論が進むと思うのです

が・・・


題名が「ウドウロク」。脇に小さく「有働録」と書いてありますが、題名の「ウドウロク」の後

に、黒く塗りつぶしたように「ロウドウ」と書いてあります。ナンデショウ。「ウドウロクロウド

ウ」回文かな?他に意味があるのかな?


有働さん、本の表紙を見ると、本当にシックでモデルみたいですね。でも、有働さんはモデ

ルにはなれません。野球の長島茂雄氏が監督時代、有働さん、次のように言われたそう

です。


「さっきからずっと思っていたんですがね、あなたの足、ピッチャー向きですね。太くて安定

感がある。どっしりしている。いいですよ!」


有働さんは45歳(女性の歳は書くものではないのですが、自分で書いているから)で独身

女性ですが、やはり、大変な苦労をしてきているようです。もっとも、ウチのカミサンと暮らし

た、三十数年と比べれば・・・・・


ところで、有働さんは美人でしょうか?

毎日TVを見て、カワユイ~、と思ったり、並だな、と思ったりしますが、五十代の視聴者から

「さりげないほどほどの美貌である」との、メールを貰ったそうです。「さりげないほどほどの

美貌」。良い表現ですね。私も、そう思います。


さて、この本、アラフォー独身女性に共感を呼ぶと思います。お薦めします。笑いあり、涙あ

り、シンミリするところあり、納得できるところあり、とにかく、読んで見てください。


「あさイチ」。タモリさんの「笑っていいとも!」の31年6ヶ月を抜いて欲しいと思います。有

働さんは76歳になっていますが・・・・


こっそりですが、有働さん同棲したことがあるんですって。ちゃんと書いています。「・・・NY

赴任中、たった一週間の同棲生活をしていた時のことだ。」後はお読みください。


なお、私の知人のブログ、「十人十色、そのひとつ」に簡潔にまとめてありますので、そちら

を続いて、お読みください。→こちらをクリック。


明日も、有働さんの笑顔を夢見ながら・・・・・・お休みなさい。


【おまけ】

千々石の海岸です。海岸のそばをを通っていたら、小学生が砂の造形をしていました。

Dsc_0233





« 「171年ぶりの月」 | トップページ | 「絵馬」それぞれ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60608628

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウドウロク」一気読み~有働由美子著:

» 「ウドウロク」有働由美子 [粋な提案]
NHK有働アナ、初めての本、でました。 「あさイチ」わき汗論争、驚きました! /ワタシの好みの男性 独居中年の高熱/いろんな人からいろんなことを言われました 紅白司会の舞台裏/二日酔いの朝、必ず読む詩があります ほどほどの美貌/小心者のお見合い/母のこと 自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけ残っているシロい部分も、 包み隠さず書いてみました。 はじめに ...... [続きを読む]

« 「171年ぶりの月」 | トップページ | 「絵馬」それぞれ »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ