« 「長崎がんばらんば国体 2014」★ボクシング競技~雲仙市吾妻町 | トップページ | 「長崎の法則~長崎の法則研究委員会編」&「新長崎ことはじめ~後藤惠之輔著」 »

2014年10月15日 (水)

「長崎がんばらんば国体 2014」★ウエイトリフティング競技~諫早市

Photo_2

諫早に買い物に行って、帰りがけ、諫早農高の前を通ったら、ウエイトリフティングの会場。

どちらかというと、マイナー競技なので、お客さんも少ないと思ったら、詰まっていて、小学

生も旗を振って応援。平日でしたから、多分、全校手分けして、見学、応援なのかな。

Photo_3 2

会場に入った時は、145㎏程度をあげていましたが、良くあげること。単に、バーベルをあ

げるだけの競技ですが、テレビで見るのとは、比べものにならない迫力。

Photo_4 2_2

Dsc_0167_5 3

会場には、ウエイトリフティングの説明のパンフレット。8ページですが、競技方法、試技、

競技会場説明、選手一覧等が書いてあり、これは重宝しました。

Img_20141015_0001_2 Img_20141015_0003

インタビューコーナー。練習場。マットは敷いてありますが、床は普通の学校の床みたい

ですが、大丈夫ですかね。

Photo_6 Photo_7

諫早農高の草花部が777本の造花で作った、「栄光のがんば君」。入り口に飾ってありま

した。

Photo_10 2_3

以前書きましたが、日本にも力石があって、体力作り、青年の楽しみとしての、力比べに使

ってましたが、外国にも、似たような競技があるみたいです。やはり、力比べは昔から、世

界中にあるみたいです。


左は、千々石町温泉神社の力石。204㎏。右は、島原の権現さんの力石。130㎏、96

㎏、81.7㎏。

Photo_11 Photo_13

「九州・沖縄の力石~髙島愼助著」を読んで見ると、熊本の第5代細川綱利公が相撲愛好

家で、日頃から愛用の力石を、近臣やお手本組に持ち上げさせて、力量を鍛錬したそうで

が・・・


一番小さな石(60㎏?80㎏?)は片手で持っての上げ下げ。2番目の石(120㎏)は双手

で持って上げ下げするもの。3番目の石(180㎏)は、石を肩にかついで土俵の回りを走ら

せられたというものだそうです。細川綱利公の家臣でなくて良かったですね。


私ですか?この間、24歳、42㎏の美女を、お姫様抱っこしてベットまで運んだら、腰をひ

ねって、あと、なにもできませんでした。トホホホ・・・・・heart03


今日の体操競技は、世界選手権に出場した、内村選手が登場で、1,400人の観覧者が

並んでいたそうです。明日は、女子ボクシングPRのため、南海キャンディーズの「しずちゃ

ん」が来るそうです。










« 「長崎がんばらんば国体 2014」★ボクシング競技~雲仙市吾妻町 | トップページ | 「長崎の法則~長崎の法則研究委員会編」&「新長崎ことはじめ~後藤惠之輔著」 »

イベント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60485048

この記事へのトラックバック一覧です: 「長崎がんばらんば国体 2014」★ウエイトリフティング競技~諫早市:

« 「長崎がんばらんば国体 2014」★ボクシング競技~雲仙市吾妻町 | トップページ | 「長崎の法則~長崎の法則研究委員会編」&「新長崎ことはじめ~後藤惠之輔著」 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ