« 日見の「腹切坂」~長崎市 その4 | トップページ | 「レモン」が消えた日 »

2014年9月 1日 (月)

「地名」を考える

Dsc00736

2014年8月27日付け、第一面、赤の四角で囲んだところ。産経新聞の「産経抄」です。さ

すが、大新聞、目のつけ所が違いますね。


町村合併、新興団地の建設、道の整備、区画整理のたび、地域の名前が変わりました。

「平和町」「幸町」「~丘」「~台」等々、ありふれた名前ばかり。町ではなく、市の名前も変わ

りました。


島原半島は、以前は1市16ヶ町、16ヶ町は「南高来郡」という由緒ある名前でした。奈良

時代初期、現存する貴重な5つの風土記、「肥前風土記」にでてくる名前です。


簡単に言えば、景行天皇が巡幸された時、島原半島をみて、「あれは、島か、陸続きか、知

りたい」と。


神大野宿祢(みわおほののすくね)に見せに行ったところ、人が迎えに来て、「僕者此山神 

名高來津座 聞天皇使之來 奉迎而巳 因曰高来郡」(私は此の山の神、名は高來津座

(たかつくら)といいます。天皇のお使いが来られると聞いて、お迎えに来ました。)と申し、

「因りて高来(たかく)の郡(こほり)と曰ふ。」(昔は、南高来郡、北高来郡は一緒で「高来

郡」でした)


と言った歴史のある名前だったのですが、「南島原市」「雲仙市」。小学生でも名付けられる

ような安直な名前になり、歴史的「高来郡」の名は、歴史の中に消えてしまいました・・・・・


佐賀の方も、大和武尊の巡幸のおり、樟が茂っているのを見て、「栄郡(さかえのこおり)」と

名付け、後に「佐嘉郡」となったそうです。


さて、このように地名には、それぞれ、意味があるのですが・・・・産経新聞に戻ります。

Dsc00738

「地名は『地名の精霊』だとする民俗学者の谷川健一さんは、『ほしいままの命名が横行

している』と嘆いたものだ。・・・・・▼「東日本大震災の後地名があらためて脚光を浴びてい

る。大震災を経験した先人たちが、『ここは危ないぞ』とのメッセージを後世に残したという

のだ。たとえば、地図コンサルタントの遠藤宏之さんは、岩手県の釜石や宮崎県の塩竃に

みられる『カマ』に注目する。「古語の『嚙マ』に通じ、津波により湾曲型に浸食された地形を

意味する」(『地名は災害を警告する』技術評論社)・・・・▼「広島市北部の土砂災害で、とり

わけ被害が大きかったのが、阿佐南八木地区だった。フジテレビの「とくダネ!」はきのう、

この地区がかって「八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)」と呼ばれていた事実を伝え

ていた。蛇が降るような水害が多かったので、悪い谷の名前がついたと、古くからの住民は

説明する。やがて、「八木上楽地芦谷」と改名され、現在は地名に八木だけが残った。▼遠

藤さんによると、確かに蛇をあてることが多い『ジャ』は土砂の流失を表す『崩壊地名』のひ

とつである。八木の「ヤギ」だけでも岩石が流されて転がっている場所をを示している▼『土

地の精霊』たちは、ちゃんとヒントを残し、警告してくれていた。・・・・」


と言うことで、はやり、自分が住んでいるところ、特に小字名などは、チックをした方が、良

いですね。

Img_20140901_0001_4

私が住んでいるところの、小字名の地図です。役所か、図書館で見られます。

四角の所が「城山」で、「釜蓋城」があったところ、近くに「北城平」「東城平」「本城平」「牧の

内」、多分、馬を放牧していたのでしょう「馬場」もあります。「古屋敷」、普通の家には「屋

敷」なんて使いません。「下狩場」、「上狩場」、多分、お殿様が、狩りをやったところでしょ

う。こうして見ると、城があったことがよく分かります。海岸付近「瀬々尾(ぜぜお)」とありま

すから、この辺まで、瀬が来ていたのでしょう。「交合平」ってのもありますが、デート場所だ

ったのか?多分「弘法平」の間違いでしょうが、えらく、あからさまな。


こんな本もあって、参考になりますヨ。

Img_20140901_0002_3

さて、自分が住んでいる所の昔の地名、言い伝え、調べると面白いですよ。夏休みの自由

研究にどうぞ。来年の夏休みになりますが・・・・


ところで、前にも書きましたが、ウチの近くの「大操子」、なんで、「ウグルス」ナンデショウ?

カクレキリシタンの地蔵があるので「クルス」が付いていると言いますが、「クルス」だった

ら、「来栖」もあるし、大体この漢字「ウグルス」と読めますか?


 

« 日見の「腹切坂」~長崎市 その4 | トップページ | 「レモン」が消えた日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/60244952

この記事へのトラックバック一覧です: 「地名」を考える:

« 日見の「腹切坂」~長崎市 その4 | トップページ | 「レモン」が消えた日 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ