« 「シルバー川柳 一期一会」~みやぎシルバーネット★お昼ご飯は「Linden」さんで | トップページ | 珈琲つれづれ »

2014年7月 9日 (水)

「日野江城跡階段遺構再調査」~南島原市北有馬町

Photo_2

日野江城の階段遺構については、以前紹介をしました。→こちらをクリック

平成10年に、一回調査をしていますが、保護のため、埋め戻していましたが、15年ぶり

に、保存状態、経年変化等の調査の実施のために、再度、掘り返しての調査です。


前回の、調査の様子です。

Photo_3

再調査をやっていると聞いたので、見学に行ってみました。

柵がしてありますが、これは、イノシシが入らないようにしてあるだけで、簡単に入れます。

戻る時はチャント鍵をかけて。


4,5名で草刈りをおこなっており、こうして見ると、城の様子が、よく分かるようになっていま

す。島原城を造る時、原城、日野江城の石垣も持っていっていますから、残っていたら、ど

んな風景だったのか?

Photo_5 2

柵を開けて入っていくと、覆屋が作ってありました。雨水、直射日光の影響を防ぐためだそ

うです。前回の調査では、なかったのですが・・・・・


誰か調査をしているかと思ったら、誰もいなく、ただ、見学者用に入れるようにしてあったの

で、入って見たら、一番上の写真。一応、撮影禁止の札が出ていないか、確認をして。

Photo_6 Dsc_0065_2

見学者通路は、階段を囲むようにして作ってありますが、全貌が見やすいですね。

上からみたもの。

Photo_7

真上から見たもの。

2_2

この階段で、特徴的なのは、階段石垣が、野面積みではなく、切石を使った、外来系の技

法で造った物。赤の四角で囲んだ部分です。海外貿易を行い、海外の影響が伺えます。

Photo_9

もう一つの特徴は、前にも書きましたが、城主有馬晴信がキリシタン大名で、この階段に五

輪の塔碑、宝篋印塔等の仏教関係の石造物を使っていること。仏教に対する考えが分かり

ます。


前回の紹介では、写真で紹介をしましたが、これは、前回の調査の時の実測図です。赤の

所が、五輪の塔碑等の石造物。これを、踏んでこないと城には入れません。

黄色の部分が、外来系技法石垣。上の写真の部分です。

Photo_10

階段遺構の中には調査のために入られませんが、仏石は見学者コースからも充分に見る

ことができます。上は梵字だと言うことが分かると思います。

Dsc00246

Dsc00229_2 Dsc00239

Dsc00240_2 Dsc00242

以前の写真を見ると、流失している部分などあったのですが、今回行って見ると、随分、形

がはっきりして、多分、崩れた部分の石を、組んでいった気がしているのですが、誰もい

なかったので、聞くことはできませんでした。


なお、この階段遺構を、保存のため再び埋め直すのか、保護のための施設を作って、いつ

でも見られるようにするのか、関係者の方に聞いてみたら、調査をしながら、検討中だそう

です。覆屋の設置が、27年3月31日までになっていますから、それまでは見学ができると

思います。









« 「シルバー川柳 一期一会」~みやぎシルバーネット★お昼ご飯は「Linden」さんで | トップページ | 珈琲つれづれ »

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59955474

この記事へのトラックバック一覧です: 「日野江城跡階段遺構再調査」~南島原市北有馬町:

« 「シルバー川柳 一期一会」~みやぎシルバーネット★お昼ご飯は「Linden」さんで | トップページ | 珈琲つれづれ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ