« 「ばらかもん」~ヨシノサツキ著 | トップページ | 有明フラワー公園&番所跡~島原市有明町 »

2014年7月 3日 (木)

ヒマワリはどこを向くのか?★「獏の檻~道尾秀介」より

Photo

今日はこちらも土砂降りで、よせば良いのに諫早にでかけたら、下の通り。

Dsc00213 Dsc00212

本明川の側を通ったら、ご覧の通りで、ここの両岸は、晴れている時は、良い散歩道なので

すが、植えてある木まで溺れていました。


本明川は、「暴れ川」と言われるくらいで、江戸時代の記録に残る洪水が9回起こっている

そうです。河川工事をおこなったので、今ではこれで済むのでしょうが・・・・・・

Dsc00216 Dsc00219

さて、本題になります、ヒマワリは、どこを向くのでしょうか?ひまわりは、「向日葵」または

、「日輪草」「日車草」と言うくらいですから、花は、太陽の動きにつれて回っていく。と思って

いたのですが、たまたま本を読んでいたら、違うんですね。

Img_20140703_0001_2

三十二年前、農業組合の代表者が殺害され、その体に、主人公の父親の小刀が刺さって

おり、それと同時に、一人の女性が行方不明になり、それも、主人公の父親が殺したと見な

され、父親は死体となって発見されるが、女性の死体は、発見されない。


主人公は大きくなり、東京で働き、母親も引き取るが、事件のことがトラウマになったのか、

離婚して、子供は母親に引き取られる。


月に一度会うことが決められ、その日、子供と別れた後、電車に乗るため駅に行くが、向か

いのプラットフォームに、行方不明だった女性が現れるのだが、電車にはねられて死亡す

る。


そこから、物語が始まるが、結局、一人一人の思いが少しずつ食い違い、悲劇を起こす原

因となります。


という、物語なのですが、今日はそれとは関係無く、この物語に書いてあるヒマワリのことで

す。私も、ヒマワリは、太陽の方を向いていく、と思っていたのですが・・・


一枚の写真に、ヒマワリをバックに、子どもたちが写っていて、主人公だけが、どんなわけ

か、そっぽを向いていて、どこを見ているかの推理。


「見たところ、花の周囲に太陽を遮りそうなものが何もありませんね。こういう場合、向日葵

というのは東を向いて咲くんです。向日葵は蕾のときに太陽を追いかけて首を回しますけ

ど、花が咲いてからは太陽を追いかけなくなります。だから、たとえば西側に太陽を遮るも

のがある場所では、花の向きは最終的に東に固定されますし、東側に太陽を遮るものがあ

れば西に固定されます。そっちの方が光の量が多いからです。でも、西側も東側もひらけ

ている場合、真ん中に咲くかというと、これがじつはそうじゃなくて、東を向いて咲くんです

よ。夕日というものがあるせいで。」


「でも・・・・・夕日が射すのは西からですね。」


「植物が感じるのは青い光なんです。それ以外は光として認識しません。一方で、夕陽がど

うして赤く見えるかというと、空気中で青い光が吸収されるからですよね。だから、夕陽は、

我々には眩しく感じられれますけれど、植物にとっては光じゃないわけです」

・・・・・・・・・

「つまり、夕陽が射す西側は、向日葵にとっては暗い方向なので、花はみんな東を向いて

咲くわけです。で、あなたはその向日葵の向きにたいして、左に顔を向けているから・・・」

「北を向いている?」


という事で、ミステリーを読んで、向日葵の勉強をするとは、思いませんでした。


ただ、この小説にひとつ問題が

「九州長崎の、普賢岳にほど近い村から・・・・・・」。普賢岳は雲仙岳の一つで、普賢岳にほ

ど近い村はありません。一番近いのが、小浜町雲仙で、温泉街です。まして、普賢岳といえ

ば、火砕流が起こった所。また、「村」はありません、みんな「町」です。「普賢岳の麓の町」く

らいで良かったのではと思いますが・・・・


ちなみに、ヒマワリの花言葉は「私はあなただけをみつめる」「愛慕」「崇拝」「いつわりの富」

「にせ金貨」等だそうです。・・・・・「そんなに、見つめちゃイヤ」。言われてみたいな heart04 heart04


【おまけ】

雨のため、庭のバラも、ずぶ濡れでした。

Dsc_0155_2

(文引用:「獏の檻~道尾秀介著」より


« 「ばらかもん」~ヨシノサツキ著 | トップページ | 有明フラワー公園&番所跡~島原市有明町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59922430

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマワリはどこを向くのか?★「獏の檻~道尾秀介」より:

« 「ばらかもん」~ヨシノサツキ著 | トップページ | 有明フラワー公園&番所跡~島原市有明町 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ