« 「季節を知らせる花」~白井明大・著 沙羅・絵 | トップページ | 病院にて★今津神社~大村市 »

2014年6月11日 (水)

隠し十字入地蔵・即非筆の書「高岳山」及び同扁額~島原市青雲寺

1

お地蔵さんが、潜伏キリシタンの信仰の対象として、細工をされ、作られるのは、あちらこち

らで、見聞される所です。私の家の近くにも、三体ばかり「キリシタン地蔵」といわれるもの

があります。


島原の青雲寺にも、あるということで、用事のついでに、寄ってみました。山門を入っても、

標柱と説明版はあるのですが、場所が良く分からず、右側を見たら、祠があり、その横にあ

りました。ガラスのケースに入れてありました。

4 2

3_2 5

この地蔵さんの後ろ側、十字紋がはっきりと刻まれています。

6_8

地蔵さんの前面は石がもろいせいか、かなり崩れていた感じです。説明版です。

8_2

ここは、寺の土地の中でもあり、地蔵さんが、最初からここにあったのか、他から移設してき

たのか、書いてありません。どうだったのでしょう。


この寺にはもう一つ、明(中国)の即非の書と扁額があります。説明版を見ていただいた方

が早いので。

7_2

山門の扁額と、書です

9_2

0_3

      (「島原市の文化財」~島原市教育委員会刊より)

さて、この寺の参道には、ずらっと石仏が並んでいて、圧巻でした。

11_2

 15 14_2

青雲寺は曹洞宗で、禅宗のお寺です。


なお、青雲寺は、加藤清正臣下の庄林隼人が叔父、青雲真高居士の菩提を弔うため慶長

6年(1601)に肥後熊本に建立したそうです。


開山は一峰玄鉄和尚。庄林家が政変により没落。縁あって、島原に移転。当初は杉谷杉

山寺跡にあったそうですが、松倉重政から現在地に土地を賜り、玄鉄和尚自ら山野を開墾

し、青雲寺を再興したそうです。堂宇の完成は寛永5年(1628)。(広報しまばら平成25年

3月号~「ふるさと発見」より)




« 「季節を知らせる花」~白井明大・著 沙羅・絵 | トップページ | 病院にて★今津神社~大村市 »

キリシタン遺跡」カテゴリの記事

史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59797488

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し十字入地蔵・即非筆の書「高岳山」及び同扁額~島原市青雲寺:

« 「季節を知らせる花」~白井明大・著 沙羅・絵 | トップページ | 病院にて★今津神社~大村市 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ