« 褌・フンドシ・ふんどし | トップページ | 隠し十字入地蔵・即非筆の書「高岳山」及び同扁額~島原市青雲寺 »

2014年6月10日 (火)

「季節を知らせる花」~白井明大・著 沙羅・絵

Img_20140610_0001

本屋さんで、ふと気になって、手に取った本。


以前、印刷会社に勤務し、作者、編集者、装丁者等の方と打ち合わせをし、本作りをしたせ

いか、本を手に取ると、本を作った方々の思いが、強く感じられる本があります。この本もそ

の一冊です。


「春となりのふきのとう」「余寒の梅」「春宵の沈丁花」「葉守の馬酔草」「椿の言祝ぎ」「桃に

乙女」等々、五十種類の草花が取り上げられています。それぞれに、

Img_20140610_0002

花の絵、詩、短歌、俳句が紹介され、花にまつわる話、植物学的な話等が、分かりやすく書

かれ、花の本性が明らかにされます。


「なかにはレンゲツツジといって、致死性の毒を持つつつじもあり、・・・・・つつじは漢字で躑

躅と書き、その字には足踏みする、たたずむといった意味があるそう。羊がつつじの花を食

べたら毒がまわって足踏みしてもがき、ふらふらしたことが名前の由来とか。・・・・・・また花

の美しさに思わず足踏みして留まり、見惚れてたたずむことから躑躅というとも、・・・・・・」


「宵待の月見草」の所。

竹下夢二の恋に触れながら、「月の出を待つことと、恋人を待つことはよく似ています。月

も、恋も、待つ身にとってはただ待つしかないところが。」落ち着いた、いい文章ですね。


どこから読んでも良く、、あわてて、いっぺんに読まず、思い出した時に、その季節の花の

所を、一年がかりで読めば良いでしょう。



たんぽぽ     川 崎 洋


たんぽぽが

たくさん とんで いく

ひとつ ひとつ

みんな 名まえが あるんだ

おーい たぽんぽ


おーい ぽぽんた

おーい ぽんたぽ

あーい ぽたぽん

川に おちるな



皆さんも、本棚の片隅に、如何でしょう。






« 褌・フンドシ・ふんどし | トップページ | 隠し十字入地蔵・即非筆の書「高岳山」及び同扁額~島原市青雲寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59793695

この記事へのトラックバック一覧です: 「季節を知らせる花」~白井明大・著 沙羅・絵:

« 褌・フンドシ・ふんどし | トップページ | 隠し十字入地蔵・即非筆の書「高岳山」及び同扁額~島原市青雲寺 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ