« 「アラサーちゃん」&「長崎県少年保護育成条例」 | トップページ | TV局がやってきた »

2014年6月19日 (木)

D-51 蒸気機関車原寸ダンボール模型里帰り展~南島原市有家町

Photo

会場へ入るなり、びっくりしました。これ、本当にダンボールで作ったの?


入場前に、切符を買って(もちろんタダ、無料)、鋏を入れてもらいます。この切符、21日の

特産品販売、ミニ蔵めぐりの割引券になるそうです。

Photo_2 Photo_4

ダンボールとは言え、すごい迫力です。

2 Photo_5

2階からの眺めです。

2_3 Photo_6

ボルトの一つ一つ、部品の一つ一つまで精巧に作ってあります。

Photo_9 2_4

右側、「架線注意」。ここまでやるの、という感じ。

3_2 4

運転席ですが、この凝った文字。

6

作者は、島英雄氏。東京生まれで、現在は南島原市在住。

6歳の時から、切符の蒐集を始め、15歳のときに思いをはせた、原寸の模型が50年の歳

月を経て、ようやく完成したそうです。


なお、今回は炭水車を含む、完全な形でのお披露目で、「全長 約20m(機関車・炭水

車)」「幅 約3m」「高さ 約4m」「重量 約1.5t」「使用したダンボール 約4000個」だそ

うです。なお、全国を巡って東京へ向かうそうです。


そのほか、子どものための迷路、写真展、懐かしの蒸気機関車の上映等がありますが、右

の写真は珍しいもの。島原鉄道の第1号機関車は、日本での1号機関車でもあり、鉄道博

物館へ収められますが(国の重要文化財)、その時の写真。


「1号機関車の惜別式 昭和5年7月3日島原駅構内にて鉄道博物館へ譲り渡すに際し惜

別式が行われた。病気の社長に代わり取締役塚島吉三郎氏が惜別の想いを代読した。」

Photo_10 2_5

なお、会場は南島原市ありえコレジヨホール。期日は6月21日(土)までです。


【おまけ】

帰りがけ、島原の森岳商店街の酒蔵を通りかかったら、何やらやっているみたいで、入った

ら、四半的。


本格的な弓より弱い弓、4尺5寸を使い、弓と同じくらいの長さの矢を使い、正座をして、4,

5寸の的を狙います。どのサイズも、4.5ということで、四半的。


四半的は、昔、武将の酒席の余興としておこなわれ、焼酎などを酌み交わしながらの、娯

楽競技。鹿児島、宮崎方面で盛んです。


はるか昔、和弓とアーチーリーをやっていたので、自信はあったのですが、弓は和弓より短

いものの、矢は意外と長く、5本で300円。2本当たりで、まあまあでしょう。これ、どなたで

もでき、面白く、意外とはまりますよ。

Photo_13 4_2

3_4 2_6




« 「アラサーちゃん」&「長崎県少年保護育成条例」 | トップページ | TV局がやってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59842799

この記事へのトラックバック一覧です: D-51 蒸気機関車原寸ダンボール模型里帰り展~南島原市有家町:

« 「アラサーちゃん」&「長崎県少年保護育成条例」 | トップページ | TV局がやってきた »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ