« 「教則本」の事 | トップページ | 伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著 »

2014年5月16日 (金)

「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著

Img_20140511_0002 Img_20140511_0003

「山上たつひこ」と言えば、「がきデカ」。本当にヒットし、世の大人の顰蹙(ひんしゅく)をか

った作品でした。もちろん、子どもには、大好評でしたが・・・・・


この、「喜劇新思想大系」は、「がきデカ」以前、1972年~1974年に書かれています。

「がきデカ」は、1974年~1980年に「少年チャンピオン」に連載されました。もちろん、私

も読みましたが・・・・・


「喜劇新思想大系」は、エロ、グロ、ナンセンス、スラプステックが詰まったもので、「がきデ

カ」は、この作品の内容を薄め、子ども向けに書かれたようなものです。「思想大系」と書

いてあっても、学術的なものではありません。大人の方は誤解して買わないように。


この本は、何回か復刻された事があるようですが、内容が過激なため、カットされた話もあ

るそうです。


私が初めて読んだのは、文庫本で出ていたもので、あまりの面白さに、一気に読みました

が、先輩に取られてしまいました。


上の本は、その、完全版で、出版されたのを知って、買ったものです。700頁程度の上下

二巻になります。現在、ソフトカバー版で手に入るようですが、くれぐれも真面目な大人の

方は買わないように。


さて、作者の山上たつひこ氏、その後小説を書いたり、時々、漫画を書いたりしています

が、昔のパワーがないようですネ。パワーが無くなったというより、時代が、山上たつひこ

氏を超えてしまったのかな?






« 「教則本」の事 | トップページ | 伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

「喜劇新思想体系」は懐かしいですね・・・友人が持っていましたがとっくに処分したことでしょう
そういえばこれを書く前はマガジンに「光る風」を連載していたのかな

「光る風」はマガジンで連載していました。シリアスな社会派の漫画でした。
ところで、「こち亀」の作者、秋本治さん、最初のペンネームjが「山上たつひこ」ならぬ「山止たつひこ」でしたね。途中で作者の名前が変わったので、あれ!と思ったのですが・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59624660

この記事へのトラックバック一覧です: 「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著:

« 「教則本」の事 | トップページ | 伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ