« 「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著 | トップページ | 前立腺がん疑いのための生検入院再体験記 ★そして 病院でのショック ① »

2014年5月17日 (土)

伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著

Img_20140504_0004

本の表紙カバー、付いていたのですが、とれて無くなってしまいました。


伊藤一葉の手品を覚えておられる方、かなりの年配ですね。1979年に亡くなっていま

す。軽妙な話術と、手品の説明だけして、手品はやらなかったりして。かなり、売れたマジ

シャンでした。

Img_20140511_0001

この本は、随筆と、簡単な手品の解説書。随筆は、まあ、話術と同じで、面白いですね。


同世代に、初代の引田天功がいますが、この本に、引田天功との対談の事が書かれてい

ます。


「『手品が好きですか』

と訊かれても、

「はい、好きです」

とは、二人とも答えられない。嫌いではないが好きでもない。どちらかというと、シラケてい

るのである。その発想が片方は『大魔術』となり、片方は、『手品をやらない手品師』という

ことになるのである。

引田さんも私も、たまたま手品をやっていたに過ぎない。手品を材料にして、何かしら面白

いものをやってみようということなのである。」


一度、伊藤一葉氏とすれ違ったことがあります。有楽町のガード下で、帝国ホテルの方

へ、大きなキャリーバックを引きずって、深刻な顔をして歩いていました。

伊藤一葉が亡くなったのを聞いたのは、それから数ヶ月後でした。四十五歳の若さでし

た。引田天功も四十五歳で亡くなっています。


いつも手品の終わりに、「この件について何かご質問はありませんか?」というセリフが流

行語にもなりました。

「このブログに関し、なにかご質問はありませんか?」



« 「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著 | トップページ | 前立腺がん疑いのための生検入院再体験記 ★そして 病院でのショック ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59624499

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著:

« 「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著 | トップページ | 前立腺がん疑いのための生検入院再体験記 ★そして 病院でのショック ① »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ