« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ターシャの庭づくり~ターシャ・テューダ

Img_20140527_0001

ターシャ・テューダの本については、3年ほど前「ターシャ・テューダ最後の言葉」の本の事

を取り上げましたが、先日、図書館で、上の本を見かけたので、借りてきました。


ターシャ・テューダは2009年に亡くなっていて、この本は2007年に出ていますから、亡く

なる2年ほど前の本。


ターシャ・テューダの経歴については、ウィキペディアに譲りますが、彼女は、この土地(バ

ーモント)に生まれ、育ったの思ったのですが、違ってるんですね。


「『ニューハンプシャーでせっかくつくった庭を捨ててまで?』とよく聞かれますが、わたしは

どうしてもバーモントに住みたかったのです。人生は短いんですもの。やりたいと思うことが

あったら、やった方がいいのよ。」


バーモントがどうして良いのか、書いてありませんでしたが、「バーモント州に住むのが夢だ

ったので、土地が、それも長男の土地のとなりに見つかった時は、本当にうれしかったで

す。・・・・・土地は全部で30万坪あり・・・・・・」


30万坪の土地ですよ!あなたのお家は、何坪ですか?え、アパートですか失礼しました。

とにかく、荒れ地を

Img_20140527_0002

Img_20140527_0003_3

上の様なところを切り開くのですから、大変どころではないでしょう。ターシャ・テューダが

57歳の時ですから。体力も衰えてくる頃です。長男の方が、かなり作業をしたのでしょう

が・・・・


そうしてできた庭。本当に、自然そのものの庭作りですね。

Img_20140527_0004 Img_20140527_0005

下の家は、小屋なのでしょうが、家の作りにも、こだわりがあり、「ニューハンプシャー州に

1740年代(日本で言えば、享保の次、元文年間)からある農家で、それと同じ家を、古く見

えるように建ててほしいと、家具職人だった長男のセスに頼んだのです。・・・・まったくその

とおり建ててくれました。しかも、機械をつかわず、梁や柱を手作りの木釘で留めるという当

時の工法で。」

日本で言えば、国指定ものです。

Img_20140527_0008_4 Img_20140527_0006_2

こんな所に。住んでみたいとは思うのですが、手入れを毎日するのは、大変な事でしょう。

庭の写真を見ていると、この庭はターシャ・テューダさんの人生そのものですね。


自分が、この庭に囲まれて、住んでいる所を想像しながら、写真を眺めていると、何となく、

心が落ち着いて、嫌なことがあっても、癒やされてきますから、是非一冊、お持ちください。

(文・写真引用:「ターシャ・テューダの庭づくり」・ターシャ・テューダ著・リチャード・w・ブラウ

 ン 写真・食野雅子 訳より)



2014年5月30日 (金)

2014 大村公園・花菖蒲情報(5月30日)~大村市

Photo

大村公園の菖蒲情報をネットで見ると、5月21日がちらほら、5月26日が3分咲き、5月

27日が5分咲きという事で、今日は5月30日。八分咲き程度になったかな、と思っていっ

たら、まだ5分咲きの看板。


ここ大村公園のお城、「大村城」ではありません。「玖島城」です。ちゃんと、標柱も建ってい

ます。


先日、某放送局のローカルニュースで、「大村城の菖蒲も咲き始め・・・」とやっていました

が、アナウンサーが悪いのか、台本書いた人が間違ったのか・・・しっかり調べて欲しいも

のです。

Photo_2 Photo_3

さて、菖蒲は十分に咲いているところ、まだまだの所ありましたが、十分に楽しめる程度に

は咲いていました。

Photo_7

Photo_10 Photo_11

菖蒲は「伊勢系」とか「江戸系」とか「肥後系」とかありますが、見ながら比べていくのも、楽

しいもの。

Photo_13 Photo_14

さて、ほとんどの方が、菖蒲だけご覧になって帰るので、少しほかの所を。大村神社と、国

定天然記念物の「大村神社のオオムラザクラ」。


昭和16年、大村の女子師範学校の先生、外山三郎氏(のち長崎大学名誉教授)によっ

て、学会に報告され、命名された、八重桜の一種です。昭和42年に国の天然記念物に指

定。


現在、花は咲いていませんでしたが、神社の方に聞くと、咲くのは来年の春だそうです(あ

たりまえだけど)。

Photo_15 Photo_16

搦手門。いざというとき、領主などが、ここから城外に逃げられるようになっています。

右は台所門。藩主の住居を俗に「お台所」といいますが、その出入り口にあった門を台所

門と言います。良く知っているって?説明版に書いてありました。

Photo_18 Photo_19

左は、珍しいもので、「貝吹石」。萱瀬村から寄付されたもので、龍造寺晴信から萱瀬村が

おそわれた時、同村の郷士等が砦に籠もり、この石の穴を吹いて合図の陣具に代用し、敵

を退けたという伝説があるそうです。


小さな穴の方を吹くと、ほら貝の音が出るそうです。誰もいなかったので、本当かどうか吹

いてみたら、本当に音が出ました(元吹奏楽やってましたから、ここら辺は得意)。


本丸に登る階段ですが、登りやすいですね。城によっては、階段の幅が歩幅に合わないよ

うに、登りにくく、作った所があるのですが、この階段だったら戦の時、一気に登って行ける

ので不利なのでは?最も、この先、道が曲がりくねっていますから、そうやすやすとは攻め

込まれないでしょうが・・・・・

Photo_23 Photo_22

多分この土、日曜日は混み合うと思いますので、お出かけは、お早めに。


なお、写真を撮るなら、一番上の所ですね。手前の菖蒲がもう少し咲いていたら、良かった

のですが。菖蒲があって、松があって、サツキがあって、城郭があって、青空が広がってい

て・・・・・・・一人で来るんじゃなかった。カミサンは他の所にお出かけでしたが。

Photo_24

大村といえば、「大村ずし」。ちゃんと、カミサンの分も、買っていきましたが、お礼の一つも

ありませんでした・・・・・・

(参考・文引用:各説明板より)




2014年5月29日 (木)

無事生還~前立腺ガンの疑いより

P5290020

お~、勢いよく出てますね。私も、若い頃は、こんな風でしたが、今では、チョロチョロで、歳

ですね。


さて、この5月、PSAの値が段々上がって来て、9,2(4以上は注意)。MRIを取ったら、腫瘍

みたいなのが写って、まあ、前立腺ガンに間違いないだろうと、詳しく調べるために、生検を

受けたのですが、今日が結果発表。


高校入試発表以来の、ドキドキですね。大学入試は、落ちているのは分かっていたので、

なんともありませんでしたが・・・


一応、家族もという事で、カミサンを連れて(連れられてか?)病院へ。待つことしばし・・・・

病院の先生の話だと、切る方法と、放射線治療があるとか。どちらにするか。悩むこと。悩

むこと。一応、ガンの状況、両方のメリット、デメリットを聞いてから決めるかと・・・・・切るの

はイヤダだが。


さて、診察室に呼ばれて、最初に言われたこと、「異常ありません」「え~マジ」。検査報告

書には「①から⑫まで検体が採取されています・・・・・・・・悪性とする像はありません。」


まあ、体中の力が抜けました。「ガンに間違いないと思ったのですが、良かったですね。」と

言うことで、今日は無罪放免。


話を聞けば、高齢者に、こんな現象もあることがあるとか、他にもPSAの値が上がる原因

はいろいろあるとかで、また、しばらく様子を見て、状況によっては、生検をしてみようかと。

今度、生検すると三度目ですよ。勘弁してよ。


なお、サイクリングをする人もPSAの値が高いとか。そう言われれば、最初言われたこと「サ

イクリングしてませんか?」


皆さんも健康には、注意して。特に、病気をしたことがないという、自慢の方。急にという事

を何回も見ましたから。


今日は、ガックリきたので、これにて失礼。




2014年5月28日 (水)

キリシタン宣教師の暗号★「キリシタン時代対外関係の研究」より~高瀬弘一郎著

Img_20140525_0001

キリスト教といえども、人に知られたくない、情報はあるようで・・・


高瀬弘一郎著「キリシタン時代対外関係の研究」を読んでいると、「第十四章 キリシタン宣

教師が用いた暗号」というのが載っていて、あれ?宣教師も暗号があったのか、と思って読

むと確かにあったようで・・・・ただし


「カトリック弾圧を行ったイングランドにおいては、とくにこれが多様されたという。イグナティ

ウス以来、さまざまな暗号が使用されたが、日本関係の文書では、それ程多様な暗号が頻

繁に使用されたわけでもないようである。」とあります。


文書A、文書Bと二つの文書が載せてありましたが、両方とも、イエズス会日本管区長マテ

ウス・デ・コーロスの総長宛ですが、長文なので、ほんの少しばかり・・・・1620年10月10

日付け加津佐発の書翰。


「巡教師フランシスコ・ヴィエイラは、昨年シナに戻る前に、顧問達の意見にもとづいて

4554545154594443554349555343をイエズス会から追放する事に決めた。

4252614254575749に対し、[人間的]弱さにまけたからである。彼自身それを否定し

なかった。・・・・・・・・」


というような書き方で、一番上が解読用の表になります。今の暗号から見れば、単純なので

すが。


数字が2文字一組で、最初から「45」「54」「54」51」「54」「59」「44」「43」という事になり

ますが、下の表最初の「45」は最初の行「p」、「54」「54」は二行目と三行目で「a」「d」、

「51」は4行目に下がって「r」、「54」は5行目で「e」、「59」は6行目で「t」、「44」は最初の

行に戻って「o」、次から同じように、「43」は2行目の「m」というような事になります。

Img_20140525_0001_4

最初の暗号は、「日本人パードレ・トメ(トマス・ツジのことだそうです)」。次が「女たちに」と

なるそうです。


内容的には意訳してありますが、「巡察師フランシスコ・ヴィエイラは昨年、『日本人パード

レ・トメ』を会から追放した。理由は『女たち』との醜聞である。」と言うことだそうです。


なお、「日本人パードレ・トメ」は「1613年2月以前に叙品(カトリックで、司教、司祭、助祭

等の聖職位に就けられる事)、1614年11月にマカオに追放、1618年帰国、そして翌年

にA文書に見えるとおりイエズス会を追放された。しかし司祭職にはとまり、司祭としての

活動を続けたようである。1627年長崎で捕縛され、イエズス会への復帰を許され、同9月

殉教した。」そうです。


(「キリシタン時代対外関係の研究」~高瀬弘一郎著・吉川弘文館発行より)



2014年5月27日 (火)

iPhone5S衣替え~液晶面保護ガラスにご注意

Dsc_0456

今日は、iPhone5Sといっても、本体ではなく、液晶面の保護ガラスのことです。


昨日、iPodの事を書きましたが、今日は、iPhoneの液晶面の保護ガラスのことで、気になっ

ている事があり、夏の衣替えも近いので、張り替えることに。


前に書いたように、iPhoneの前面の液晶面。傷つかないように、皆さん気をつけ、いろんな

保護フィルムを貼っていると思いますが、最近はやっているのが、ガラス、といっても9H

(三菱UNIの9Hの鉛筆でひっかいても傷つかない)のもの。


厚さ0.2ミリを半年前から、使っていたのですが、自動車の鍵と一緒に、ポケットに入れる

ためか、表面はなんともありませんが、端の方が、4カ所ほど、欠けた所が出て、

Dsc_0112 Dsc_0117 

Dsc_0118 Dsc_0122

おまけに、裏面も保護フィルムを貼っていたのですが、これも、多分、車の鍵で傷ついたも

のか、かなりの深い傷。ひょっとしたら、本体までいってないかと、心配したのですが、保護

フィルムの効果があったのか、本体は無事でした。

Dsc_0127 Dsc_0130

さて、両面ともキズが付いたので、衣替え代わりに、前面の保護ガラス、裏の保護フィルム

を張り替え。保護ガラスは、今回は少し厚めの0.33ミリを使用。

Dsc_0108_2

今回は慣れたせいか、すぐに貼り終わり、バンパーも衣替えで、新しいのに替えて、一番

上の写真です。私に似せて、少し渋くしています。


さて、iPhone6の発売が、ボチボチ噂され、ネットでも情報が流れていますが、発売が夏の

終わりくらいか?大きさが2種類あるようで、現在のより、大きくなるようですが、形は昔の

3、3GS時代の、少し丸っこくなりそうですが、個人的にはあの形が好きですネ。


大きくなるのが、気になるのですが、スペックも大分変わるようで、5Sを買ってまだ半年。

iPhone6が出たらどうするか、悩みますネ。私のことだから、悩みながら、買ちゃってしまう

でしょう。


なお、保護ガラスは、0,1ミリの10H(ダイヤモンドと同じ硬さだそうです。)があるそうで、

今度は、それを試して見たいと思っています。なんといっても、薄いのは、良いですから

ね・・・・・。あなた、生の方が良いですか?失礼しました o(_ _)oペコッ 。




2014年5月26日 (月)

また、買いました~iPod classic

Dsc_0259

え~、また買ってしまいました、「iPod classic 180G」。(左の方)


数年前、最初、iPod miniを買って、ああ~これ良いなと思っていたら、今度はiPod na

noが発売になり、買い換え。それで、しばらく使っていたのですが、容量が少なく、iPod 

classicを買いましたが、最初、買ったのが、液晶を壊して、修理に出そうと思ったら、修理

代の高いこと。結局は、右側の120Gを買いました。


使うこと5年あまり。電池の交換もあって、高いので、左の新しいのを買う事に。容量が上

がって160Gになっていました。今まで、白、シルバーだったので、今度はブラックを。


iPad、iPhoneと持っているのですが、音楽などを入れると、容量が足りなく、現在、曲数で

iPodに5025曲、podcastが2555。これでも、使っているのが76G、空きが72G程度。本

当に、余裕、余裕。CD、LPで1,000枚程度あるので、ボチボチと入れていきますが・・・・


最初買ったのが80Gで、次が120G、今度買ったのが、160G。最初と比較すると倍の容

量で、厚さも薄くなっています。


もちろん買ったのが、オンラインのアップルストアー。少し待たされますが、後の方に、刻

印サービスがあるので、いつもこちらで買っています。


「カミサンが元気でありますように 私に優しくしてくれますように」と刻印してもらいまし

た。本当ダヨ(カナ?)。

Dsc_0239 Dsc_0242

注文してから、大体1週間かかるのですが、今度は早いこと。


5月18日 昼注文。

5月19日 海外荷物受付 11時49分 上海支店。(iPadは深センでした。)

5月20日 海外発送 17時42分 上海支店

5月20日 国内到着 22時52分 ADSC支店

5月21日 発送 12時11分 ADSC支店

5月21日 調査中 羽田クロノゲートベース (この調査中が非常に気になりましたが・・・)

5月22日 配達中 07時17分 愛野センター

という事で、5月22日、午前中に配達完了。意外と早くて、ビックリ。


中身は相変わらず、USBケーブル、DOCKアダプター、アップルのロゴシール、説明所等。

イヤホーンは、iPhoneの様な、新しいイヤホーンではなく、昔、附属していたイヤポーン。こ

こらあたり、はやりclassicですね。

Dsc_0254

よく、落とすことがあるので、ハードタイプのケースと、液晶フィルムを準備して。この、液晶

フィルムを貼るのは、iPhoneみたいに気を使わずに、楽なこと。

Dsc_0243

Bluetoothのスピーカーを持っているので、このiPodにBluetoothの機能が付いていれば、

文句ないんですがネ。なにしろ、Classicですから・・・・・仕方ないか。


もっとも、音楽は、レコードをターンテーブルにおいて、ゆったり聞くのが一番なんですが、

カミサンから「ウルサイ!小さい音で聞け!」って怒られるもんで、最近は、iPodばかりで

楽しんでいます。まあ、音も良くなり、便利で良いですね。


【附録】 家のヤマボウシも咲いていましたが、やはり、山で見る花が、風情がありますね。

Dsc_0278


2014年5月24日 (土)

西海の義民流人の衆史~今日は真面目にお勉強

P5240008

今日は真面目に勉強をしてきました。やはり、研究を重ねた方の話は良いですね。


題は、「西海の義民流人の衆史~『義民流人』の歴史用語を新説し流人史に新しい光を

当てる~」。


講師は、西海・天草地方研究者の鶴田文史(ぶんし)氏。高校の先生の勤務のかたわら、

天草地方を中心に研究し、数十冊の著書があります。


さて、標題にある「西海」とは、古代日本の律令制における、広域の区画を示す、五機七

道(北海道が新設されては、五機八道)の「西海道」のことで、九州とその周辺の事です。


島原に来られた方は、「島原・天草の乱」とお聞きになったと思いますが、天草に行かれた

方は、「天草・島原の乱」(「新明国語辞典では、「乱」は、秩序・規則のない状態、社会秩

序の失われた状態。「一揆」は[代官や守護などの横暴に対して]土民が団結して自己防

衛に立ち上がること。という事から、最近は「一揆」を使った方が良いとの、意見が上がっ

ています。)と聞かれたと思いますが、統一がとれて無く、一揆が起こったのは、原城と天

草を中心とする、ほんの一部の地方ですが、これを鎮圧するのに、九州各藩12万とも言

われる人間が参加していますから、「「西海の乱」と言った方が良いのではないか、との考

えでした。


著作も「西海の乱・民衆運動史研究」「西海の乱と天草四郎」「西海のキリシタン文化総覧

」と言うように、「西海」という言葉を使われています。


「義民流人」。何となく聞き慣れない言葉ですが、「流人」とは、犯罪を犯し、「流罪」を課せ

られることですが、それとは別に、義のために身を捨て、権力に反抗し、「遠島刑」を課せ

られる人もあるわけで、これを「義民流人」と呼び、一般の罪人とは分け、講演の副題に

あるように「流人史に新しい光を当てる」という事になるわけです。


詳しくは、

Img_20140524_0001

をお読みください。長崎文献社から出版されています。


さて、皆さんご存じの「大塩平八郎の乱」。これに、島原の「横山文哉」という人物が係わっ

ていたそうです。


出身は、有明町大三東(おおみさき・現在島原市と合併)。医者の修行を積み、摂津国東

成郡森小路村(現・大阪市旭区)で開業をしますが、大塩平八郎の弟子になり、一時、大

塩平八郎の屋敷に住み込んでいたそうですが、大塩平八郎は窮民を目の前にし、決起し

ます。決起はすぐに鎮圧されますが、これに参加した、島原出身の文哉は捕らえられ、牢

死します。

Img_20140524_0002 Img_20140524_0003
      (「有明の歴史を語る会」~横山文哉を紹介するパンフレット)

文哉には2男1女の三人の子がいますが、この、長男、太郎吉が15歳になった時、流罪

になり、天草に流されたそうです。「摂州森小路村横山文哉長男」となっているそうです。


なお、元禄五年、高野山僧衆の、620人が流人になっており、流された先は、天草島14

0名、五島125名、壱岐島110名、薩摩諸島150名、隠岐島95名だそうですが、この事

については、高野山の歴史書にも書かれて無く、何が起こっていたのか不明で、現在研究

中だそうです。あなたも、この謎に挑戦してみませんか?


(参考:講義・配付資料及び「大塩平八郎の乱に殉じた 横山文哉」パンフレット~有明の

 歴史を語る会より)


2014年5月23日 (金)

「長崎和牛の牛すき丼」~野原で食べれば

1_2

以前は、千々石方面でコンビニといえば、ファミリーマート、デイリーヤマザキが多かった

のですが、ここ数年、セブンイレブンが出店し、ローソンも遅れながら、徐々に店舗を増や

してきました。


ブログでも取り上げましたが、見ていると、ローソンは高校生が考えた新製品の路線を走

り、セブンイレブンは、2012年、長崎県で開かれた、全国和牛能力共進会で、長崎和牛

が日本一になった事を機会に、長崎和牛路線を取り始めたみたいで、長崎和牛を食材に

した弁当の第4弾。長崎県とセブンイレブンが締結した「地域活性化包括協定」の一環だ

そうです。


さて、今日はカミサンは、また留守で、この「長崎和牛の牛すき丼」が、昨日の新聞に載っ

ていて、発売されてたのを思い出し。試し買い。天気も良いし、外で食べる事に・・・・

5_3 

     (長崎新聞より)

なんと言っても、「日本一、長崎和牛」は光りますね。イエローハットの店舗数(ところで、イ

エローハットって何ですか?)、サンマ、マグロ、おにぎりの消費量、研究機関数は、自慢じ

ゃありませんが、日本ワーストワンらしいです。すなわち47位ですから、「日本一」は良い

ですね。

2_2 3

中身は、2段重ねで、真ん中の、半熟卵が光ります。あと、豆腐、白菜、人参等。もちろん

日本一の和牛。

4_2 

味は、新聞に書いてあるとおり、「県民の嗜好に合うよう、甘辛く仕立てている。」という事

で、まあ、長崎県人好みの味付けですね。最も、発売が長崎県内だけみたいですから、こ

れで良いのだ・・・


外で食べていたら、チョウチョも、匂いに引かれたのか、寄ってきました。

たまには、外で飯を食べるのも良いですよ。あなたも如何ですか。

6_3

さて、セブンイレブンとローソン。今から、どんな取り組みをして競争していくのか、見ていく

のも面白いので、新製品が出たら、また、ご紹介を。どちらも、地産地消の路線は取って

いるのは良いですね。


ファミリーマートにも頑張って欲しいのですが・・・・・町内の、橘神社前、ヤマザキデイリー

は潰れました。この店が町内では、コンビニとしては一番早かったのですが・・・・・・




2014年5月22日 (木)

2014 雲仙岳ツツジ風景(5月22日)~雲仙市

Photo

NHKのローカルニュースのバックが、いつも雲仙のツツジ風景なので、気になって出かけ

て見ました。といっても、家から30分ですが。


雲仙の仁田峠のツツジは満開でした。勤務しておられる方に聞いたら、20日を中心に、

見どころだという事でした。この、土曜、日曜は駐車場は満杯でしょう。


今日は、木曜日ですが、それでも観光客、登山の方が多く、私も、心臓病がなければ、登

ったのですが・・・


仁田峠循環道路は、無料になりましたが、、環境保全協力金100円をお願いしますと書

いてあって、昔の料金所の建物がまだありますから、まあ、ここは、100円ですから、キャ

バクラの料金を考えると、安いもので・・・・・「長崎県防災航空隊」と書いてありましたが、

初めて知りました。でも、カッコ良いナ

Dsc_0029 Dsc_0030

右は、撮影グループ。皆さん良いカメラをお持ちで、横を通るときは、私のカメラは隠して、

歩きました。

Dsc_0041 Dsc_0060

ロープウェーの入り口に、「妙見山頂のつつじは身頃でございます」と書いてありましたが、

「本当に見ごろ?」と聞いたら、すこし首を傾げながら、「あと少しです」。気温が18.5度。

お山の上は寒いかな、と思ったらそれほどでもありません。厚着してきたのに・・・・

Dsc_0098 Dsc_0094

歩くのが辛い方は、人力車もありますが、「頂上まで」「勘弁してください」。レンタつえ、とい

っても竹を切ったものですが、100円也。

Dsc_0064 Dsc_0101

登山道の入り口に普賢神社があります。本来は、普賢岳の崖下にあったのですが、災害

で埋もれてしまい、こちらに「普賢神社仮拝殿」として建てられたもの。拝殿の真ん中に、

旧神社から持ってきた額束でしょう、飾ってありました。

Dsc_0068 Dsc_0066_2_2

「すみません、写真撮って下さい」と、かなりの方から頼まれました。右は、妙見岳の登山

口。かなり急な坂道になりますが、眺めは良く、今の季節だったら、最高。中高年と言うよ

り、高年の方が、と言った方が良いほどの方が沢山登っていました。

Dsc_0112 Dsc_0114

この後、ロープウェーで上まで行ったのですが、妙見山頂までは、たいした距離ではない

のですが、調子が悪く登りきれず、身代わり地蔵さんを拝んで、そのまま回れ右。

タンポポが咲いていたので、山の上だし、ひょっとしたらと思ったのですが、残念。西洋タン

ポポでした。こんな所まで・・・・

Dsc_0076 Dsc_0124

降り口、いつもはまっすぐ下りられるのですが、物産店をやっていて、そちらを通って、とい

う事で、まあ、好奇心が強い方だから寄って見たら、「ザボン漬け」ならぬ、「ミカンの砂糖

づけ」というのがあって、一つ買っていきました。

Dsc_0095 Dsc_0097

ミカンを押しつぶして、「ザボン漬け」みたいに、砂糖漬けにしてあり、ミカンの風味はしっ

かりしていました。まだ、出始めたばかりの商品なのかな?はじめて見ました。

Dsc_0153_2 Dsc_0168

さて、この後、「宝原」はどうか見に行ったのですが、こちらの方は、散ってしまっていまし

た。

Photo_2

雲仙まで車で登るのに、主として、小浜から登る道、島原から登る道、国見町から奧雲仙

を通る道、そして、千々石から登る道があるのですが、この、千々石から登る道が、近

年、継続的に整備され、多分、こちらを利用する車が、多くなるのではないかと思います。

ただ、急カーブが多いので、車に酔う方は避けた方が無難でしょう。


以前は、細い砂利道だったのですが・・・見ていると、便利になるのは良いけれど、自然破

壊ではないのですか?

Dsc_0129


2014年5月21日 (水)

蛭子(能収)さん、ごめんなさい~古事記の蛭子(ヒルコ)より

Dsc_0237

先日、「千々石海岸を歩けば」という事で、千々石海岸のことを書きましたが、その際、上

の恵比須さんについて、「恵比須さんですね。蛭子(能収)さんではありません。」と書きま

したが、これが大間違い。


先日、紹介しましたが、検査入院で読みかけの「古事記」の入門書を持っていったのです

が、

Img_20140519_0001

この中で、イザナギとイザナミの初めての子が、「ヒルコ(蛭子)だった。ヒルコいう名前は

虫の蛭からきており体が不完全な赤ん坊を意味する。」という事で、イザナギとイザナミ

は、この「ヒルコ」を葦舟に乗せ、海に流してしまったそうですが、この「ヒルコ」がどうなった

かは、「古事記」にも「日本書紀」にも書いてないそうです。


しかし、流れ着いたのが全国の、えびす神社の総本山で、「蛭子」を主祭神としている西宮

市の西宮神社。そこで、神様として信仰されるようになったそうです。(西宮神社のホーム

ページでは、「第一殿(東) えびす大神(蛭児大神)」。


蛭子(ヒルコ)は「えびす」とも読まれ、中世には、恵比須として漁民に信仰されるようになっ

たそうです。


さて、なぜ、蛭子を「えびす」と読むのか、「民俗信仰の世界にヒントがある。昔から漁民の

間では、岸に打ち上げられた漂流物、たとえば珍しい形の物や、鯨など海獣の死体、漁の

最中に発見した水死体などを、『エビス』と呼ぶ風習があった。」ということで、「えびす」と言

う読みを持つ「夷」「戎」「胡」は、もともと遠い海からやって来た異民族を表す言葉で、海を

流れてきた「ヒルコ」を「えびす」と呼んだということだそうです。


ですから、蛭子(能収)さんは、イザナギ、イザナミの血を引く、やんごとなき方で有り、「蛭

子(能収)さんではありません」という、私の表現は全く恥とするところでありました。

蛭子さん、誠に申し訳ありませんでした。でも、あの、のっぺりした感じは、蛭子(ヒルコ)を

思わせるものがありますネ。再び、失礼しました。


【おまけ】

石の上に、二つ仲良くチョコンと並んで咲いていました。ウチも、こんなんだと良いです

が・・・・

Dsc_0167_2

(文引用:「とんでもんなく面白い『古事記』」~斎籐英喜著より)

 



2014年5月20日 (火)

前立腺がん疑いのための生検入院再体験記 その二★そして 病院でのショック ②

Dscn0092

さて、昨日は検査の事を書きましたが、検査前、20代くらいの、男の看護師さんが来て、

今日の具合とか、煙草の本数とか、アレルギーのこととか聞かれましたが、その中で、手

術室の雰囲気を和らげるために、音楽をかけるとか。「どんな音楽が良いですか?」


昔、柳家三亀松が手術の麻酔をかけられ、「1,2,3,と数を数えてください」と言われた

時、「そんな野暮なことができるか」という事で、麻酔が効くまで、都々逸を唄ったそうです

が、それを思い出し。


「都々逸を」と言ったら、「ドドドイツですか?」「ドドドイツじゃないよ、都々逸だよ」「ドドイツ

ってなんですか?」「・・・・本当に知らないの?」「知りません」「・・・・・・・!」「・・・・・・」これに

はビックリしました。この男、ものを知らないな、と思ったのですが・・・・


さて、この後、検査になるのですが、帰る時、これも20代の、2人の女性の看護師さんか

ら、部屋まで、ベットを押してもらって行ったのですが、途中、「ねえ、都々逸って知ってる」

「ドドドイツって何ですか?」「それじゃ、小唄、長唄は?」「何かのスイーツですか?」「新内

って知ってる?」「シンナイなんて、知んない(新内と、知んないの駄洒落です)」。


という事で、これにはショックでした。日本人が、都々逸も、小唄、長唄、新内という言葉さ

えも、知らない時代になったんですネ。


安倍という某国の首相が、集団自衛権とか、三本の矢とか言ってますが、日本の伝統文

化が消えているんですヨ。教育改革なんて言ってますが、どうせ、主要五科目だけでしょ

う。


小学校で、アホみたいに、英語を教えるみたいですが、日本伝統文化はなくなって、アメリ

カの植民地になるんですかネ。


それより小学生は都々逸を教えて、可愛い声で「七つ八より いろはを習い はの字忘れ

て いろばかり  」なんて、粋じゃ~ありませんか。

Dscn0098

6階の病室で眺めは良かったんですが、ショックのため、体中の空気が、抜けていくみた

いな感じでした。おかげで、退院が一日延びました。日本の伝統文化に係わる方にも、努

力が必要でしょうネ。


【おまけ】

せっかく、庭にバラが咲いていたので。

ウチのカミサンは、バラとかピラサンカとか、トゲのあるものが好きで、本当に性格ピッタ

リ。

Dsc_0074

バラは、色によっても、花言葉が変わるそうですが、贈る本数によっても意味が変わるそう

です。108本プレゼントすると「結婚して下さい」だそうです。男性の方は、注意して、間違

っても108本のバラを贈らないように。地獄が待っています。詳しくは→こちらのブログを

                                        (この項終わり)



2014年5月19日 (月)

前立腺がん疑いのための生検入院再体験記 ★そして 病院でのショック ①

___1

前々から書いていますが、前立腺の値、PSAの値が段々高くなって、MIRでも腫瘍のような

物があるということで、避けていた、生検を受けてることに・・・・・


前は、個室に入って快適で、可愛い看護師さんと、楽しいお喋りをしていたのですが、今回

は個室が満室で、6人の大部屋。


入ってみて、なんと、皆さん病人ばかり。しかも、男の方ばかり・・・・・「帰えろかな」、とい

う、北島三郎さんの歌を思い出しました。


今回は、血液サラサラの薬を飲んでいるので、その効果を切るために三日ほど前泊。4日

目にやっと検査。


いつも通り、血圧や熱を計ったり、点滴やら抗生剤を飲んだり、相変わらずの手順。もち

ろん浣腸も。ちょうど、便秘気味で、これは助かりました。ところで、タレントのKABA.ちゃん

のバッグの中に、「KABA.ちゃんセット」というのが入っていて、その中に、浣腸が入ってい

ましたが、なんにするんでしょう?


その後、手術室に入室、例によって2,3,回、名前を確認。手術室には、お医者さんと、

男と女の看護師さん、それになんと、若くて可愛い女の子のギャラリーが部屋の端っこに2

名。看護学校の研修生さんでしたが。


もちろん私のお尻も、チンコも丸見えで、「あら、おチンコって可愛いワ」、なんて誤解しな

いと良いんですが、立派なのは沢山あるんですよ。

___2

検査の基本は2年前と一緒ですが(前回の分はこちらを→クリック)病院が増築をし、手術

室はピカピカ。


例によって、局部麻酔をして、指で肛門から指を入れ、消毒のためかな?グリグリ、その

後、「今日は十二本針を打ちます」。この前、十本で、あの苦しみ、それを十二本とは。「そ

んな冗談、良子さん(古いギャグです)」と思わず口元まで。


機械を肛門から入れ、前立腺は左右にありますから、エコーで見ながら、狙うんでしょう。

左右にグリグリ、グリグリ、局部麻酔はかかっているのですが、肛門がヒリヒリ。これだけ

は、2回目ですが慣れません。


違っていたのが、針を打つ時に、前回はバーンと拳銃を撃つような感じだったのですが、

今回は、拍手をする程度の軽い音。我慢の十二連発。


あと、止血のためか、肛門に指を入れられたまま5分間。準備、後始末を入れて1時間

程度。そのままベットで病室まで。

2日ほど様子を見て、昨日、無事ご帰還しましたが、結果は1週間後とのこと。宝くじの結

果発表なら、楽しいですけど・・・血尿がまだ出ていて、あまり気持ちいいもんではありませ

んね。


なお、お医者さんと話をしていて、、「黒と出たら、どう治療しますか?」「手術と、放射線治

療がありますが、近頃、放射線治療の精度が上がってきて、放射線治療を選ぶ人が増え

てきていますね。あなたの場合は、若いから手術が・・・・」

後は、進行具合によって、お医者さんとの相談になるのでしょうが、切るのはイヤダ。

Dscn0099

写真は、朝、昼、夜の食事です。普通の人には、少し少ないように見えるかも知れません

が、一日中寝ているので、これくらいが、丁度良い分量。お味ですか?入院してみてくださ

い。


男性の方は、くれぐれも前立腺にはご注意を。最近、前立腺ガンにかかった、という話を

良く耳にします。男女平等といいながら、何故男だけに前立腺があって、苦しむんでしょ

う。 


さて、「ショック」のことですが、これは、病気の事ではなく、日本の伝統文化の存亡にかか

わることです。明日をお楽しみに。


2014年5月17日 (土)

伊藤一葉の手違い手品~伊藤一葉著

Img_20140504_0004

本の表紙カバー、付いていたのですが、とれて無くなってしまいました。


伊藤一葉の手品を覚えておられる方、かなりの年配ですね。1979年に亡くなっていま

す。軽妙な話術と、手品の説明だけして、手品はやらなかったりして。かなり、売れたマジ

シャンでした。

Img_20140511_0001

この本は、随筆と、簡単な手品の解説書。随筆は、まあ、話術と同じで、面白いですね。


同世代に、初代の引田天功がいますが、この本に、引田天功との対談の事が書かれてい

ます。


「『手品が好きですか』

と訊かれても、

「はい、好きです」

とは、二人とも答えられない。嫌いではないが好きでもない。どちらかというと、シラケてい

るのである。その発想が片方は『大魔術』となり、片方は、『手品をやらない手品師』という

ことになるのである。

引田さんも私も、たまたま手品をやっていたに過ぎない。手品を材料にして、何かしら面白

いものをやってみようということなのである。」


一度、伊藤一葉氏とすれ違ったことがあります。有楽町のガード下で、帝国ホテルの方

へ、大きなキャリーバックを引きずって、深刻な顔をして歩いていました。

伊藤一葉が亡くなったのを聞いたのは、それから数ヶ月後でした。四十五歳の若さでし

た。引田天功も四十五歳で亡くなっています。


いつも手品の終わりに、「この件について何かご質問はありませんか?」というセリフが流

行語にもなりました。

「このブログに関し、なにかご質問はありませんか?」



2014年5月16日 (金)

「喜劇新思想大系」完全版~山上たつひこ著

Img_20140511_0002 Img_20140511_0003

「山上たつひこ」と言えば、「がきデカ」。本当にヒットし、世の大人の顰蹙(ひんしゅく)をか

った作品でした。もちろん、子どもには、大好評でしたが・・・・・


この、「喜劇新思想大系」は、「がきデカ」以前、1972年~1974年に書かれています。

「がきデカ」は、1974年~1980年に「少年チャンピオン」に連載されました。もちろん、私

も読みましたが・・・・・


「喜劇新思想大系」は、エロ、グロ、ナンセンス、スラプステックが詰まったもので、「がきデ

カ」は、この作品の内容を薄め、子ども向けに書かれたようなものです。「思想大系」と書

いてあっても、学術的なものではありません。大人の方は誤解して買わないように。


この本は、何回か復刻された事があるようですが、内容が過激なため、カットされた話もあ

るそうです。


私が初めて読んだのは、文庫本で出ていたもので、あまりの面白さに、一気に読みました

が、先輩に取られてしまいました。


上の本は、その、完全版で、出版されたのを知って、買ったものです。700頁程度の上下

二巻になります。現在、ソフトカバー版で手に入るようですが、くれぐれも真面目な大人の

方は買わないように。


さて、作者の山上たつひこ氏、その後小説を書いたり、時々、漫画を書いたりしています

が、昔のパワーがないようですネ。パワーが無くなったというより、時代が、山上たつひこ

氏を超えてしまったのかな?






2014年5月15日 (木)

「教則本」の事

P5100467

いま、吹奏楽が流行っていますが、数十年前、私がやっていた頃は、ほとんどが男性。女

性が、トランペットとかトロンボーンを吹くのは信じられませんでしたが、女子高校が日本

一になった時は、ビックリしたものです。今では普通になりましたが・・・・


上の写真は、高校当時使っていたクラリネットの教則本。ボロボロになったので、表紙を

頑丈にしたものです。クローゼの教則本で、290頁ばかりありますが、

Img_20140504_0007 Img_20140504_0008

これは、半音階の練習ですが、こんなクソ面白くもない楽譜が、べらべら並んでおりまし

て、しかし、基礎の基礎の練習で、これをしっかりやるかどうかが、将来、巧くなるかどうか

の分かれ目になるのですが・・・・・練習していると、あれ?今どこだっけ、何てこともありま

したが。


TVに出て、カッコよく吹いていますが、このような地味な練習が、あの素晴らしい音楽を作

っているのです。


昔、音楽を志した者として、素晴らしい音楽の裏に、どのような努力があるか、知って頂き

たく、ご紹介をしました。どんな楽器もそうですが。


2014年5月14日 (水)

「呼子と口笛」複製ノート★石川啄木著

Photo_3 Photo_4

石川啄木の「呼子と口笛」を書いたノートを、そのまま複製したものです。

奥付を見ると、「昭和50年 啄木忌 複製」としてあり、発行は、盛岡啄木会、「啄木新婚

の家内」となっています。


カバーがしてありますが、カバーをはずすと、ノートになっています。1頁と2頁が空白。3

頁に、「呼子と口笛」。1頁あいて、次のページに右の原稿。

Photo_6 Photo_7

1頁あいて、目次。「果てしなき議論の後」「ココアのひと匙」「激論」「書斎の午後」「墓碑

銘」「古びたる鞄をあけて」「家」。7頁空けて、右の文様。

Photo_8 Photo_9

1頁あけて「はてしなき議論の後」が始まります。この頁から、頁のノンブルがあり、「3」の

文字が右上に書いてあります。

Photo_10

Photo_12

このあと、目次通りの詩が書いてありますが、16頁に目次には無い、「飛行機」の詩が書

いてあります。ノートの目次に書き忘れたものか?

その後、17頁から21頁まで、頁のノンブルのみ書いてあり、あとは空白の頁です。


石川啄木と言えば、思い出すのが、金田一春彦氏(金田一京助の息子、言語学、国語学

者、国語辞典の編纂等で知られています。お父さんの金田一京助も言語学者、アイヌ語

の研究で有名です。金田一少年とは血の繋がりはありません。)の講演会。


金田一京助氏と石川啄木は親友であったらしく、よく金田一氏の家を訪れて来たそうで

す。京介氏の妻は、その度、嫌な顔をしていたそうです。


石川啄木は訪問する度、お金の無心をし、金田一京助氏は嫌な顔もせず、お金を貸した

そうですが、お金が戻って来ることはなかったとの事です。金田一春彦氏はその事を、小

さいながらも良く覚えていたそうです。


2014年5月13日 (火)

「太陽」22号」より~第18回 太陽賞発表より

Img_20140504_0001

1963年、月刊誌として発刊された「太陽」。現在、「別冊 太陽」として刊行されています。


この、太陽は、昭和56(1981)年6月12日発行、22号です。今から33年前になります。

この本を持っていたのは、この中の写真にショックを受けたからです。

Img_20140504_0002 Img_20140504_0003

Img_20140507_0001 Img_20140507_0002

組写真の、応募写真になります。この、「太陽賞」は荒木経惟氏も受賞しています。

この受賞写真は、全部で29枚の組写真になります。作者は橋口穣二氏。

1980年代の風俗写真だと言ってしまえば、それだけですが、それを超えるものを感じま

す。


組写真の名前は「視線」ですが、写真ながら、私たちの方が、彼らから見られている気が

しませんか?


2014年5月12日 (月)

「ビクトリノックス」ナイフ購入

Dsc_0063

このナイフの方面、あまり良く知らないのですが、明日から数日、検査のための入院という

事で、準備品が、下着やら、スリッパやら、洗面道具やら、コップ、箸等などがあり、昔、入

院した時、爪を切ったり、封筒を空けたり、果物をむいたりで、なにやらかにやら、必要な

ので、少しでも、荷物が少なくなるよう買ってみました。


昔は、「十徳ナイフ」などといっていました。種類が多く、どれが良いかと考え、ごく簡素な、

「トラベラーPD」を。


と言っても、いろいろついていて、ナイフの大小。缶切り、と言っても缶詰はプルタブ方式

が多くなったので、あまりいらないか?缶切りの先は-ドライバーの小。栓抜きは、ビール

の栓を開ける時に必要。病院じゃ飲めないかな?先は-ドライバーの大。はさみは必要。

爪楊枝に、ピンセット。心配りがうれしいですね。


あと、マルチフック、缶のプルタブを開ける時に使うらしいのですが、歳取って力が無い方

には便利かな。リーマー(あなあけ)、ベルトの穴開けとして。キーリング(紐を通して携帯

性をたかめる)と、あと+ドライバー。


本当に良く考えていますね。所で、箱の中に、2枚説明書がついていて、一枚は日本語で

の説明書。詳しい説明が書かれています。もう一枚.。.多分こちらが、スイスで印刷された

物でしょうが。

Img_20140509_0001 Img_20140509_0002

裏と表。無いんです。あの、世界に冠たる日本の「日本語」が・・・

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語ですね、多分。あ~、日本の凋

落を感じるものでした。やはり、日本語がないのは寂しい気持ちでした。(昔から無かった

のかな?)


明日から、検査入院で、担当が可愛い看護師さんをと願っています。ゴツイ、男の看護師

さんだったらどうしよう。





2014年5月10日 (土)

「糖尿病の診断基準がかわりました」

P5070449_2

さて、今日、朝から具合が悪いと思っていたら、またも出ました、心房細動。脈を測ると、

安静にしていて120。しばらく寝ていても、直らないので、いつもの病院へ。


点滴、イヤですね、私にとっては、天敵です。点滴しながら、下の機械で、薬を注入してい

きます。

P5100461

あと、する事がないので、トイレついでに病院の中を、さらいて(目的もなく、ぶらぶらするこ

と)いたら、一番上のポスター。


最近、健康診断の基準が変わるような事が、週刊誌に載って、私も紹介をしましたが、

早々と「診断基準」が変わったみたいで、対応の早いこと。

以前の記事はこちらをクリック→「週刊ポストVS週刊現代」 「健康診断基準値?」

P5070452

ついでに、横のポスターも見たら「HbA1c」の値が、「7.0%未満が血糖コントロールの目

標です。「HbA1c」は「ヘモグロビンA1c」ですが・・・・何の事かよく分かりませんが・・・・

これ確か、以前の基準値は5.5%みたいなんですが・・・・・

P5070450

まあ、詳しいことは分かりませんが、ご心配な方は、病院でご確認を。糖尿病と分かった

ら、

P5070451

という事で、お互いに健康には注意しましょう。


2014年5月 9日 (金)

「七帝柔道記」~原作・増田俊也★漫画・一丸

Img_20140504_0011_2 Img_20140504_0010_2

「七帝柔道記」が、「ビッグコミックオリジナル」に連載で始まりました。第3回目。


原作は、増田俊也氏。「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかった」を書いていますが、この

「七帝柔道記」で、山田風太郎賞の最終候補としてノミネートされています。


さて、「七帝柔道」とは、戦前の旧高専柔道を旧七帝(旧帝国大学~現北海道大学、東北

大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)が引き継いだもので、今

の講道館柔道とは、ルールが全く違っています。詳しくはこちらを→クリック


漫画に書いてあるように、「寝技中心の柔道」です。

帝大と言えば、入学するのも難しく、受験勉強で精一杯。運動もろくすっぽやったことがな

い人ばかりですが、入学して柔道部に入っても、私立大学で鍛えた選手に勝てるはずもな

く、そこで、寝技を研究し、技術を磨け上げていくわけですが、

Img_20140429_0002_2 Img_20140429_0002_2_2

増田氏の本に「入学試験が難しく、既成の強い選手が滅多に入学して来ないという旧制高

校の特色もあって、白帯からスタートする選手が多くの割合を占めるのも寝技中心になっ

た大きな理由である。」


「・・・・毎日の練習後、部員が集まって行う”技の研究”は必死であった。『どの角度からの

極め方が一番有効であるか』理系の連中は毎日のように宿題を持って帰って力学的数学

的にその角度をきめてきた。それを積み重ねてよりベターな道を見いだす努力が続けら

れた。(柔道新聞昭和三九年十二月一日号)」

柔道選手が、力学ですよ!


その中から、「松葉がらみ」「横三角締め」「裏三角締め」などが生まれ、サンボの「膝十字

固め」なども、高専大会で使われた技の一つだそうです。


さて、柔道は、「武道(柔術)」から発展し、世界的なものになりましたが、柔道は「武道」で

しょうか、「スポーツ」でしょうか?と、いつも考えるのですが・・・・


柔道のルールも、観客に見栄えがするように、随分変わりました。というより、TVで見る人

に見栄えが良くするようにです・・・七帝柔道は、寝技が続き、見ていて、面白くないのは事

実でしょうが、その中に虚々実々の駆け引きがあるのですが・・・


以前にも、書きましたが、この本に「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と言われ

た、木村政彦が、「テレビ朝日の『ニュースステーション』のインタビューで山下(泰祐)や斉

藤仁のことを聞かれ「今の柔道は豚のやる柔道とまで切って捨てた。」と言ったそうです。


なお、夢枕獏著、「東天の獅子」の後書きにも、

「このところ柔道はJUDOとなって、加納治五郎が始めた頃、頭に思い描いたものとは大き

くかけ離れているものになっている。

治五郎自身が、生前、その頃の柔道を見て、

『これは私の柔道ではない』

と発言している。」と書かれています。


まさに、柔道は世界の「JUDO」になって、それはそれとして、大きな努力が必要だったので

しょうが、今や、日本柔道は、世界柔道から独立し、本来の「柔道」「柔術」への道を模索し

た方が良いのではないでしょうか。


なにか、今の柔道を見ていて、立ち技ばかりで、カッコは良いけど、物足りない感じがする

のですが・・・・・


このようなことから、優秀な柔道家が、異種格闘技に流れていった、一つの理由があると

思うのですが。上の本、以前にも紹介しましたが、改めて、柔道、格闘技がお好きな方に

はお薦めします。「七帝物語」は、原作も出版されていますが、ボチボチ、漫画で楽しむ予

定です。

Dsc_0078_2

私、夜の寝技だけは強いですよ。試しますか?女性に限りますが・・・・・



2014年5月 8日 (木)

天如塔修復 落慶法要~島原市

Dsc_0058

天如塔については、再三紹介をしてきたところですが、外側、内側とも完全に出来上が

り、今日は、修復落慶法要が行われました。

信者の方、ご近所の方、修復に関係された委員の方。

Dsc_0040 Dsc_0038

まあ、今日は人が多いので、天如塔に入れるかなと思ったら、皆さん自由に入っておられ

たので、私も入ってみました。本を読むと、階段を登るのがきついと書いてあったのです

が、まあ、そんなにきついこともありませんでした。ただ、夏は、窓もほとんど無く、風も通

らず、大変でしょう。


入り口になりますが、左から入って、右から出るようになります。前に書いたように、上り階

段と、下りの階段は別々になっています。


説明版も書き換えられ、以前は「・・・近代の邦人の海外進出を物語るとともに、知られざ

る出稼ぎ労働者の実態を示す物として貴重である。」という事で、「からゆきさん」とは、は

っきり書いてなかったのですが、新しい看板には、「浄財の多くは師が東南アジアで出会っ

た『からゆきさん』からのものであっったことから、唯一の『からゆきさん』の遺跡とされ・・」

と「からゆきさん」とはっきり書いてありました。

Photo Dsc_0001

左の入り口から入ると、狭い、コンクリートで作られた階段を少し下り、あとは、急な階段

を上っていきます。多分この上り階段の下に、下り階段が作られているのでしょうが・・・


中は所々に明かり取りがありますが、ほとんど暗闇です。修復する時に、新しく取り付け

たらしく、足元を照らす電灯が所々に設置してありました。これが無ければ、ほとんど手さ

ぐり状態でしょう。

Photo_2 Dsc_0010

階段の途中には、死者の成仏を願う各年忌の仏様が安置されています。

Dsc_0003 Dsc_0028

塔の一番上には、開祖広田言証師が、ラングーンの寺で贈られた、大理石の如来像が安

置されてありました。

Dsc_0021

上が展望台になって、なかなか、眺めは良いのですが、足元が、何となく不安で・・・・・

Dsc_0016 Dsc_0014

Dsc_0018 Dsc_0020

さて、私、またポカをやりまして・・・・

上って来る時は、右の戸口から出てきて、下る時は、左の小さな戸口から下るのですが、

左の戸口が小さいため、風通しかと思い、また右側の方から下ってしまいました。

同じ階段を上り下りしたという事で、もう一度、正式に、上り下りしようと思ったのですが、

歳には勝てず・・・・・

Dsc_0043

今後、どのように運営していくかですが、関係者の方にお聞きすると、修復委員会は今日

をもって解散で、今後は若い者にバトンタッチして行くそうです。


近所の方と話をしていると、よく、100年も、もったものだ、その間に何回の台風をくぐり抜

けてきたことか、はやり、この塔には魂がこもっているのだろう、という事でした。


今回は、信者、修復委員会、賛同者の寄付、市の補助金、多くの人に支えられ修復され

たもので、海外で亡くなられた「からゆきさん」の魂が、この塔で、安らかに眠る事を願うも

のです。





2014年5月 7日 (水)

「千々石ホテル跡の石貨」???~雲仙市千々石町

Dsc_0436_2

以前、「千々石ホテル」のことを書きましたが、天気は良いし、野花の写真でも撮るかと、

出かけて見ました。


タンポポも終わりですが、こちらの黄タンポポは、西洋タンポポばかり、別に戦争をしてい

るのではありませんが、団地の造成、野原の減少などで、日本タンポポが育つ環境が違っ

てきた、という事を聞いたことがあります。長崎は、白タンポポが多く、これは日本タンポ

ポですが・・・

Dsc_0148_2 Dsc_0406_2

梅。イクリだったかな、中途半端な都会育ちだから、木花の名前は苦手で・・・

Dsc_0418_3 Dsc_0430_2

竹ですが、葉が黄色に枯れています。竹は、春に黄葉期を迎えます。俳句の季語では、

春にもかかわらず、「竹の秋」と言います。


もうすぐ落葉しますが、「竹落葉」と言って、夏の季語になります。日本人の自然に対する

繊細な感覚が感じられる季語です。


竹は根が広がるのが早く、放っておくと、すぐに竹林になってしまいます。近所の人が通り

かかり、「タケノコが出とるけん、取っていかんね」「よかとね」「だいでん(だれでも)取って

いっとるけん良かよ。竹が広がるけん」。という事で、三本ばかり頂いてきました。

「もうすぐ、梅の実もよかよ。」という事で、放っておいても、地べたに落ちて腐れるだけ。5

月下旬頃に・・・・・もちろん無農薬です。

Dsc_0434_4 Dsc_0409_2

私の好きな踊り子草。キャバレーの踊り子さんみたいに派手ではないですが・・・

Dsc_0192_2_3 

遊んでいる子どもは、もみじの花と言っていましたが、この中に種が入っていて、風に吹か

れ、飛んで行って種を運びます。ヘリコプターみたいですね。

Dsc_0424_3

ここは市有地ですが、近所の、大正生まれのNさんが、健康作りがてら、こまめに手入れ

をしたり、木が茂ると役場に連絡をしたりしていますが、バッタリ出会って、近頃は、ボケ防

止に、替え歌を作って、頭の体操をしているとか。私も一曲習いました。皆さんもご一緒

に。童謡の「春が来た」で歌います。


歳が来た 歳が来た

どこに来た

足に来た 腰に来た 脳に来た


いつも、このホテル跡に変な物が置いてあって、と言うより、置きっぱなしになっていて、門

から入っていったところで、矢印のところ。

Dsc_0182_2 Dsc_0190_2

これなんでしょう。Nさんに聞いたら、「アフリカのお金」「え~ウソ」。大きさが75㎝程度。

お金なら、拾って行くのですが、これはちょっと無理。これだけの物だと大金で、人を雇っ

てもって行こうかと考えたのですが、一応ネットで調べると、石貨はヤップ島で使っていると

いう事ですが、ちと形が違っていて、どうにも分かりません。

Dsc_0089

気になるのが四隅にある規則的な切り込み。どこから見ても、日本の「二」の文字。

真ん中は、セメントで埋めてありますが、四角の穴になっています。

一応、写真をとって、役所に行って、学芸員に確かめるように。もし、大金だったら、発

見者、私に所有権があると・・・・

Dsc_0194 Dsc_0195

Nさんの話では、茂みのところに、もう一つあるということで、次の日、確認に行ったら・・・

残念ながら、「臼」ですね。

Dsc_0188

学芸員に確認したら、行って見たらしく、「あれ、水車用の臼ですね。」


残念ながら、大金持ちになれる夢は、破れてしまいましたが、まあ、春の日の一日の夢だ

と思えば・・・・


水車がほとんど無くなった今、珍しく、放っておくのも、もったいないので、資料館にでも展

示をしては、と話をしておきましたが。

ところで、Nさん、誰から「アフリカのお金」って聞いたんでしょう。


立ち話 長くなりけり 竹の秋    by sugikan  o(_ _)o お粗末さまでした







2014年5月 6日 (火)

しっぽもひと役★永井隆博士~長崎市・松江市

Dsc_0021

永井隆博士が書かれた、色紙です。


説明には

「この世になんの用事もないものが生かされてるはずがありません。

どんな病人でも、何かこの世において働くことができるから

いかされておるのでありましょう。私は、命の最後の一瞬まで、

いろいろ工夫して、何か働くことをみつけて働こうと思います。<如己堂随筆>より」


永井博士は、長崎医大で、放射線医学を専攻し、助教授、物理的療法科部長、医学博士

となります。この間、満州事変。中日事変にも軍医として参加をし、受洗をし、クリスチャン

になり、結婚をしています。


当時、結核患者が多く、「出勤してみると朝早くから患者待合室や受付は、息も苦しくなる

ほどの雑踏であった。」という状態で、医療器具も充分でなかったためか、「このまま数年

続けるなら、恐ろしい原爆病の起こることは、日食を予報するのと同じ確実さでわかってい

た、わかっていながら、相変わらず私は働きつづけた。」と言う状態だったそうです。


昭和20年6月に白血病とされ、余命3年の診断を受けますが、その三ヶ月のち、8月9日

に原爆が落とされ、大学病院内で大けがを負いますが、救護活動にあったっています。


二人の子どもは疎開して無事でしたが、妻、緑さんは、家屋の下敷きになり、そのまま火

に焼かれ、亡くなりますが、永井博士が家にもどり、緑さんの骨を拾って埋葬したのが、3

日後の8月12日だったそうです。

Dsc_0026

(「長崎市永井隆記念館」展示写真より)。「原爆野を歩く永井隆(米軍撮影)」との説明書

きがあります。


この後、三山町木場で救護班を作り、巡回回診を行い、また、元の浦上に帰り、一坪のバ

ラックに住み、学会等で発表もしますが、昭和21年、病床に伏し、昭和23年如己堂が建

ち、そちらに移り住みます。「如己堂」とは、「己の如く隣人を愛せよ」との意味です。


中は見学できますが、二畳少しの広さ、裏に便所という家で、ここで、永井博士と二人の

子どもの生活が始まりますが、この家で、「長崎の鐘」「ロザリオの鐘」「いとし子よ」「この

子を残して」などを書き続けます。この時は、永井博士は、病床に伏したままです。

Dsc_0005_2

この日も、修学旅行生が訪れていましたが、永井博士の精神が分かると良いのですが・・

左の赤く囲んだ所が、「如己堂」です。写真を撮ろうとしていたら、ボランティアガイドさんの

話も聞かずに、私の方にピースサインをするのがいて、どこの学校やら。

右の写真、「永井隆記念館」の建物ですが、この建物にも歴史があって、

Dsc_0054 Dsc_0010

昭和25年、永井博士は家を増築し、戦後すさんだ子供たちのために、「うちら(長崎弁

で、私たち、の意味)の本箱」作りますが、国内外の博士の友人知人から多くの本が贈ら

れてきたそうです。

当時の看板。写真は、大勢集まっているところを見ると、開館の時か?

Dsc_0030 Dsc_0018

当時の「うちらの文庫」に掲げてあったそうです。説明には、「誤解を生じかねない表現が

含まれていますが当時の状況や博士がこの「おきて」に込めた子どもたちへの願いを伝え

るために、展示することとしました。」と書いてありますが、これを読むと戦後当時の状況

が感じられると思います。

Dsc_0016

その後、昭和27年「永井図書館」として建て替えられます。私も、この近くの山里小学校

に通い、帰宅の途中、良く寄ったところです。「如己堂」はその当時から、全く変わらない姿

でした。


この、「永井図書館」は、佐世保出身のブラジル在留邦人、宮崎隆榮氏が博士の所を訪

れ「うちらの本箱」を見て、図書館建設について話をし、昭和26年~27年にかけて、ブラ

ジル在留邦人、471人の寄附金1,747,188円と市費で建てられたそうです。


昭和44年に「長崎市立永井記念館」として改称。平成12年に「長崎市永井隆記念館」とし

て改称し全面改築。


昔は、一階の平屋建てだったのですが、いまは、一階が記念館、二階が図書室になって

います。図書室は、全く変わっていました。

Dsc_0042

さて、実は、私、大きな間違いをしていて、永井博士は長崎生まれ、長崎育ちだと思ってい

たのですが、実は、島根県松江市苧町(おまち)で生まれ、父の医院開業のため、飯石郡

飯石町(現・雲南市三刀屋町に移り住んだそうです。


現在、雲南市にも「雲南市永井隆記念館」が建てられ、長崎の記念館とは姉妹館だそう

ですが、「如己堂」も、そのまま複製して建ててあるそうです。


さて、この際、永井博士の本を読んでみましたが、厳しく、真摯な中にもユーモアがあった

みたいで、「この子を残して」の中、「子らに向かってもらした言葉」に、次のような事が書い

てあります


■有名になるな!名前なんてものは、茶の間で、あめ玉がわりに一分間しゃぶられるだけ

のもの。

■本を読んでいるときに来る見舞客は決まったように、「お退屈でしょう」と言う。日本人が

本を読むのは退屈なときだけかェ?

■決心は一生に一度しかするものでない。毎年元日に新しい決心をする人があるが、あ

れは儀式サ。

■こうして寝ておれば、悪い遊びもできないが、善いこともせぬものよ。

■買い被られるのは、胴上げされるようなものだ。いつ落とされるか、気が気じゃないよ。


さて、雲南市三刀町に「天満屋」というお菓子屋さんがあって、永井博士の「しっぽもひと

役」というお菓子を作っていて、「当年とって43歳!」と書いてありますから、43年作って

いるのでしょう。


この、ホームページの中に、「筒井茅乃」さん(永井博士の娘さん、結婚して名前がかわっ

ています。)が、「しっぽもひと役」について、当時の様子を書いておられます。長いので概

略を書くと


永井博士が墨で絵を描いて、「かやちゃん、これはどうね。」と聞かれ、見ると、一匹のぶ

たの絵だが、お尻がツルツルしていてなんともおかしい絵。


「おかしかー」と言うと、笑っている娘をうれしそうにみて、「おかしかやろ」と言って、ブタの

お尻にくるりとした線を入れ、「これでどうね」「うん今度はよか。」


それから「しっぽもひと役」と、ぶたの上の余白に書いたそうです。

永井博士は、「しっぽもひと役。ぶたのしっぽだってね、なかったらおかしいだろう。何の役

にもたっていないように見えるしっぽでも、本当はとても役にたっている、なくてはならない

もんなんだよ。」とやさしく説明してくれたそうです。原文はこちらを→クリック


私、好奇心だけは旺盛ですから、「天満屋」さんから、お菓子をすぐに取り寄せて見まし

た。

Dsc_0135 Dsc_0132

可愛いぶたさんのお尻に、ちゃんと尻尾がついていました、尻尾がついていなかったら、

本当に、ツルツルして、「おかしか」ですね。


私の祖父も原爆で亡くなり、回りにも被爆者の方が、沢山いましたが、永井博士の事を考

えながら、しみじみと食べました。


追伸です、

この、浦上には、潜伏キリシタンの組織があり、指導者の頭を「帳方」とよび、他に「水方」

「聞役」等がありますが、この組織を作った初代の帳方が、孫左右衛門で、子孫が帳方を

継承し、7代目吉蔵のとき、浦上三番崩れ(キリシタンが発覚し、検挙されること)で、入

牢、獄死殉教をしたそうですが、この、「長崎市永井隆記念館」がその屋敷跡で、永井博

士の妻、「緑」さんは、吉蔵の子孫にあたるそうです。


注:館内撮影については「永井隆記念館」の了承を得ています。

参考・文引用「この子を残して~永井隆著」「如己堂随筆~同)」「娘よ、ここが長崎です~

筒井茅乃著」「長崎市永井隆記念巻パンフレット」、他説明版より。







2014年5月 5日 (月)

八坂神社の天井絵~諫早市

Photo

諫早の八坂神社。昔、このあたりで飲み歩いていたのですが・・・・・この神社に天井絵が

あるというので、出かけて見ました。


以前、「江の浦・熊野神社の天井絵」を紹介しましたが、江の浦の神社の天井絵は、明治

39年に奉納されたもので、こちらは、明治36年より以前に天井に張り付けられたとの

事。こちらの天井絵は、八十島叉橋(やそしましやきょう)が描いたとと伝えられいますの

で、年代的にも、ほとんど同時代であり、ひょっとしたら・・・・・同じ人物が描いたものか?

Dsc_0312

八坂神社は、アーケード街のすぐ近くにあります。鳥居は三本継ぎのものですが、意外と

新しく、大正2年のものでした。本殿の屋根の上、シートが張ってありますが、シロアリにか

なりやられたらしく、雨漏りがするそうです。


本殿の天井を見たら、なにも描いてなく、神社の方がおられたので尋ねたら、神社の中殿

(拝殿と本殿を繋ぐところ)にあるということで、見たら、一番上の写真。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_7

Photo_8 Photo_9

Photo_10 Photo_11

Photo_12 Photo_13

残念ながら、江の浦の熊野神社の天井絵とは、絵柄が違っていました。絵は人物、動物、

植物等幅広く描かれています。


資料を捜していたら、「諫江百話~諫早史談会二十五周年記念刊行委員会・昭和堂印刷

設立四十周年記念実行委員会 編集・刊行」に載っており、以下、それによると、この板

絵の時期、動機もよく分からないそうですが、神社の改修以前はもっと多数あったそうで、

明治36年以前より作成され、天井に飾り付けられた可能性が高いと思われるそうです。


なお、「絵には、制作者の儒教的教養の高さが反映しております。」とあり、絵には文章が

書いてありますが、この意味は残念ながら私には、分かりませんでした・・・


さて、作者と思われる、八十島叉橋は、「神社に近い田町(栄町)の松の馬場そばに住ん

でいましたので、八坂神社の氏子でした。」とあり、明治7年の諫早学校(小学校)設立に

関する伺い書の中に、八十島叉橋のものと見られる履歴書がおさめられているということ


天保3年9月生まれ、幼年から絵画を学び、福田渭水に就いて儒学を学んでいます。

嘉永2年、京の日根対山に絵画を学び、あわせて牧善助の元で儒教を学び、嘉永5年か

ら各地を遊歴。


その後播磨林田藩儒教者河野絢夫につき儒教を学び、長崎で、清人画家除雨亭にあい

画風が一変したとのことです。


各所で、儒教を勉強していますから、それが、「儒教的教養の高さ」と結びついて絵に反映

されたものでしょう。


さて、見終わって、お堂の横を見ると、恵比寿様と板碑がずらり。話を聞いたら、このあた

り、昔は漁業に関係あり、あちらこちらに恵比寿様は見るのですが、道路の整備、住宅の

造成と、行き所がなくなり、こちらの方に置いてもらったそうです。

中には、首がコンクリーでつなげた恵比須様などあり、多分、神仏分離に伴う、廃仏毀釈

運動の影響でしょう。

Dsc_0306_3   

Dsc_0286 Dsc_0290

なお、灯明をみたら、どういうわけか、潜伏キリシタン研究者の好きな、「延享二(1745)

乙丑九月吉日」と「天」を使っておりましたが、諫早はキリシタンとはほとんど関係はない

のですが、なぜ、この「天」を使っているのか、由来を知りたいものです。


2014年5月 3日 (土)

「うなタルサンド」★TOLGA cafe(トルガ カフェ)~諫早市

Photo_2

ゴールデンウィークは車が混むので、外には出かけないようにしていましたが、資料をまと

めるための、情報カードが必要となり、出かけたら、田舎の悲しさ。文房具屋さんは、先

日、潰れてなくなり、近くの、大型ストアー等にも無し。諫早まで、お出かけすることに。


案の定、車の渋滞。諫早の一番大きい、文具屋さんに行っても無し、紙専門店にいった

ら、やっとありました。


むかし、文化人類学者の川喜田二郎さんが、フィールドワークのデーターをまとめるため

KJ方を考え、この情報カードが流行ったのですが。


手法としては、今も、各種研修会にも取り入れられていますが・・・やっと、2つあったので、

買ってきました。店の方に聞くと、今は、データーはパソコンに入れて、買う人もないとか。

売れ残りだとかで、まけてもらいましたが。私が使っていたのより、倍の大きさですが、半

分に切れば、ちょうどピッタリ。

2_2  Photo_3

あと、図書館と家電屋さんで遊んでいると、お昼前。帰っても、カミサンは今日もいない

し。ホント、どこに行ってるのか。


飯をどこで食うか、考えていると、タウン紙の「NAGASAKI PRESS」に、「うなタルトサンド」

なるものが載っていたなと。


さっそく、スマホで「諫早 うなサンド」で検索するとありました。ちゃんと地図まで載せてあ

って、スマホって便利ですね。古人曰く「持つべきは、良き友、良き妻、良きスマホ」。


こちらのブログに写真も載っていて、すぐに分かりました。→こちらをクリック

ブログを読むと、なぜ、「うなタルサンド」が生まれたか、中身も良く書いてあります。


一応、「NAGASAKI PRESS」の記事に、分かりやすく書いてあるので、引用すると、「『諫早

もりあげガールズ』とのコラボで生まれた『うなタルサンド』。うなぎとタルタルソースが微妙

にマッチする。諫早名物のうなぎが手軽に味わえる逸品だ。諫早の米粉を使ったパンでサ

ンドしており、諫早の魅力がギュッとつまったサンドをご趣味あれ。」と紹介してあります。


しかし、ウナギと言えば、ご飯に決まっていて、サンドイッチにするとは。しかも、タルタルソ

ースを使うとは。という事で、○欲は薄れましたが、好奇心は薄れてないので、行って見ま

した。


場所は、本明川沿いの、「諫早橋」のすぐ近く。コンクリー打ちっ放しのビルですが、お店の

看板が少し中にあるので、要注意。

Photo_4 Photo_5

良い雰囲気の店で、外にもテラスがあり、テラスにテーブルがあったので、そちらの方に一

応座って、

Photo_6 Photo_7

「うなサンドってあるの?」「はい」。壁にもポスターがあり、メニューにも、ちゃんと載ってい

たので、冗談でなく、本当にあるのを確認して、ご注文。

Photo_8 Photo_9

しばし待っている間に、外を見ると、本明川の風景が眼下に・・・・・

Photo_14 Photo_16

二段重ねの入れ物で出てきました「うなタルサンド」。「野菜サラダ」「スープ」「バナナオー

レ」。(一番上の写真)

Photo_11 Photo_12

さて、サンドイッチの中身に、茶色のウナギが刻んで、入っていて、食べられるのか?

一口、口に入れたら、パンのパリと焼いた感触と、米粉で作った独特の感触が、たまりま

せん。


ウナギがタルタルソースとマッチして、全く気になりません。試しに、ウナギだけ食べて見た

ら、間違いなくウナギの味。あとは、「NAGASAKI PRESS」に書いてあるとおりです。


いま、各地で、食べ物に対して、いろんな試みがされていますが、今度はどのような物が

出てくるか、楽しみです。

Photo_17 Photo_18

箸置きと、マスターが犬好きで、カウンターに置いてあった、犬の人形、ではなく、犬形

か?


テラスに吹く風は心地よく、「うなタルサンド」は美味しく、雰囲気も良く、今日は佳き日であ

りました。何より、カミサンと一緒でなかったし・・・・・・






2014年5月 2日 (金)

「考証要集・秘伝!NHK時代考証資料」~大森洋平著

1_2

NHKの大河ドラマ「黒田官兵衛」、波に乗ってきたようで、楽しみに毎週見ていますが、あ

の物語のバックには、時代考証という難しい問題があります。


その時代に、本当に合ったものかどうかをチェックしていくのが、時代考証ですが、筆者の

大森さんは、自分の仕事について、「NHK内部で考証にあたる私の役目は一口に言いま

すと、専門家の守備範囲外をカバーし、複数の専門分野の谷間に生じた疑問に答えるこ

とです。これは意外に働きどころが多く、私自身は『時代考証のすき間産業化』と呼んでい

ます。」と書いていますが、「雑学的な知識を大量に仕入れることが重要で、様々なジャ

ンルの本を読むのがその第一です。インターネット情報はタダだけに信頼できないものも

多いからいけません。」とも書いてあり、ほんと、私も反省 (^-^; ハンセイ。


さて、内容の一部をご紹介しますが、大森さんの「考証メモ」は優に一万ページを超えてい

るそうで、この本に載っているものは、専門の先生に確認、、また、出典が確かなものば

かりだそうです。


■洗濯板【せんたくいた】

花王石鹸編「日本清浄文化史」(127頁)によると、登場するのは明治の中頃。よって江

戸時代の長屋で、おかみさんたちが洗濯するシーンで使ってはいけない。

■大山鳴動鼠一匹【たいざんめいどうねずみいっぴき】

いかにも日本古典的言い回しだが、実はラテン語の詩句を訳したもので、明治以後に広

まった。時代劇での使用不可。

■初孫【ういまご】

正しい読みは「ういまご」で「はつまご」ではない。「初陣」「初産」「初子」「初々しい」に同じ。

最近、台詞の読み違いが非常に多いので注意。

■がめつい【がめつい】

驚くべき事に昭和34年の菊田一夫の芝居「がめつい奴」によって広まった流行語(小学

館『日本国語大辞典』)。したがってそれ以前の時代の台詞で「あいつはがめつい奴だ」等

と使うのは不適切。殊に時代劇では絶体不可。・・・・・・・・

■切り札【きりふだ】

これはトランプ用語だから、時代劇台詞で使ってはいけない。強いて言い換えるなら、「秘

中の秘策」「とどめの一矢」等と意訳する。

■鍋焼きうどん【なべやきうどん】

ゆめゆめ江戸時代劇に出してはいけない。岡本綺堂は「江戸以来の売り物ではない」と言

っている(『江戸に就いての話』青蛙房、158頁)。鍋焼きうどんは明治初期に大阪で考案

され、西南戦争後に東京にもたらされ、下町から普及した。・・・・・

■サイコロの赤目【さいころのあかめ】

時代劇のサイコロでは、一の目を赤にしてはいけない。「サイコロの一の目は赤色だが、

少なくとも大正時代までは黒色だった。赤になったのは昭和初期ではないか」と遊戯史研

究家の横川宏一氏は日刊ゲンダイ(1006年7月26日)「街中の疑問」欄で述べている。

時代劇の小道具では注意すべし。大河「平清盛」のオープニングタイトルでは、ちゃんと黒

色にしている。

■二君【じくん】

二人の主君。「じくん」と故実読みをする。「忠君は二君につかえず、貞女は二夫(じふ)に

まみえず」。「二郎」が「にろう」でないのと同じ。


まさに、目からウロコが落ちる、という感じですが、

「目からウロコ」は「これは新約聖書使徒行伝第九章のパウロ回心の場に出て来る言葉

で、日本古来のものではない。明治のキリスト教解禁で、聖書の翻訳が可能になってから

広まった表現である。よって時代劇の台詞で粋な江戸っ子が、『あっしは目からウロコが

落ちやした』などと言ったら、そいつは隠れキリシタンになってしまうのでくれぐれも注意

すること。」と書いてあります。


まだまだあるんですが、きりが無いので、あとはご自分で購入してお読みください。読みや

すいく、役に立つ本です。絶対的にお薦めの本です。


なお、本の中で、「守貞謾稿」の事が書いてありますが、この本は、江戸時代の風俗につ

いての考証的随筆で、近世風俗史の基本文献であり、岩波文庫から全五巻で「近世風俗

志」として出版されています(私、まだ二巻目までしか買っていませんが・・・・)。

Photo Photo_2

初めの所は、多少読みづらいのですが、後は、絵も入って楽しめます。

江戸時代の看板図の所。「白粉(おしろい)屋看板」では「元禄三年板『人倫訓蒙図彙(じ

んりんきんもうずい)』に載する所なり。鷺(さぎ)を書きたるは、しろきものと云ふ判事物

(はんじもの~謎かけのこと)なり。」と書いてあって、江戸時代も洒落たものですね。

Img_20140502_0006

こちらも、「考証要集」に書かれている、江戸学の祖と云われた三田村鳶魚(みたむらえん

ぎょ)の著書。江戸が中心です。東京には7年間住んでいたので、もっと早く読んでいれば

と後悔。全36巻、別冊2巻。

Img_20140502_0005_2 Img_20140407_0004

気楽に、江戸雰囲気を味わいたい方は、漫画で。

漫画家で、江戸風俗研究家、NHK「お江戸でござる」にも出演していた、故杉浦日向子さん

(残念ながら46歳で亡くなりました)の作品でお楽しみください。作品は、他にもたくさんある

のですが・・・

Img_20140407_0005 Img_20140502_0007

「考証要集」を読んで、時代劇を見たら面白いですよ。ゴールデンウィークで、お出かけの

予定が無い方、時代劇が好きな方は、この機会に是非お読みください。




2014年5月 1日 (木)

週刊ポストVS週刊現代★健康診断基準値について

Img_20140501_0002_2_2 Photo

今日は別の話題を用意していたのですが、本屋さんに行って、週刊誌の所を見ると、週刊

ポストの表紙。緑で囲んだ所、「60歳男性なら『血圧164も健康値』」。この前の週刊ポス

トの記事で「健康診断新基準値」が出ていたので紹介しましたが、今度は、週刊現代でも

「『血圧』と『血糖値』のウソ」の文字が目に入ったので、買ってしまいました。


ポストは、前の記事より数値を詳しくあげています。一部を載せますが、今回はご覧のよう

に、30歳から、79歳まで、5歳区切りで載せてあります。


言われて見れば、男女、年齢に関係無く、基準値を一括で決めてあるのは、何か疑問を

感じますね。

Photo_3

週刊現代の小見出しは少し過激で、第一部は「患者は二の次で大げんか 医療費を減ら

したい役人が悪いのか、薬を売りたい製薬メーカーが悪いのか」


言われてみればどちらも分かるし、特に、先日、製薬メーカーの不詳事件が起こったばか

りですから・・・・週刊現代は少し目先を変えて、「新基準」だけではなく、「現場医師による

『妥当な基準値』」も載せています。。

Photo_5

さて、今までの基準は各専門の学会が、決めていましたが、この新基準に対して、「日本

動脈硬化学会」からは、「平成26年4月4日の日本人間ドック学会からの健診基準値に

対する日本動脈硬化学会の見解」。


「高血圧学会」からは、「人間ドッグ学会と健康保険組合連合会による小委員会の新しい

『正常』の基準値に関する報道を受けて、高血圧学会から国民の皆様へのおねがい」。


「日本肥満学会」のホームページでは、「新基準」に対して意識したものでしょう「!!重要

日本肥満学会の『肥満症の診断基準と治療ガイドライン』検討の最前線」という発表が載

せてありました。興味ある方はリンクをしておりますのでお読みください。


「日本動脈硬化学会」→こちらをクリック

「高血圧学会」→こちらをクリック

「日本肥満学会」→こちらをクリック


健康診断の基準値が、変わるのは、国民に取っても、病気かそうでないかで、治療を受け

る事にもなり、大変な事なので、新聞の一面に載せてもいい気がするのですが、見ません

ね・・・・・近頃の新聞記事はカッタルイ記事ばかりで・・・・・TVも一緒ですが。最も、大きな

話題すると、医療現場も、国民も大混乱でしょうが・・・


週刊誌の最後に、週刊現代では「目先の数値に右往左往するのではなく、自分にとっての

健康とは何か、落ち着いて見極めることが肝心である。」とあり、週刊ポストでは、「とはい

え、厳しい健康基準があることで、精密検査の機会が増えるなどし、初期の段階で病気を

発見できる場合がある事も事実だ。

誰もが信頼できる客観的基準を作ることが、焦眉の急である。」と、ごくごく当たり前の事

が書いてあり、なにか、ここのところ、自分の所に責任が来ないように、逃げているような

感じですね。


先日、私の所にも特定健診の通知が来まして・・・・保健師さんの指導の時、「新基準」を

持っていって見ようかな  。

Img_20140501_0005


ところで、週刊現代の「安倍が握っていたオバマ夫妻『離婚』情報」。そういえば、国賓とし

て招かれたにもかかわらず、奥様同伴では無かったですね。面白かったですよ。


巻末のグラビアは、女の子の○を、スマホで360度回したり、動かしたりと、時代を感じさ

せますネ。楽しみましたが・・・・


« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ