« 「橘公園花まつり演芸会」~雲仙市橘公園 | トップページ | 「草積御前」について★長崎市茂木町~伝説について その一 »

2014年4月 1日 (火)

「新編 大村市史第二巻」発刊~大村市&その他

1

「新編 大村市史第二巻」がやっと発刊。第一巻が平成25年3月でしたから、随分待った

感じですが、まあ、この厚さになれば・・・計五巻まで刊行すると言う事でした。


第一巻は、「自然・原始・古代編」でしたが、第二巻は「中世編」で、鎌倉時代、室町時代、

戦国時代、対外関係(貿易・キリシタン史)、中世の社寺と信仰、石造物からみた中世・大

村の様相と仏教文化、考古資料からみた中世。


この時代、動きが不明な点が多々ありますから、「大村家の出自」の「従来の説とその信

憑性」、「大村家系譜はどこまで史実か」。何となく魅力ありますね。


島原半島を調べると、どうしても、諫早、大村、佐賀あたりまで手を伸ばす必要があります

が、ちゃんと「龍造寺」、島原半島の「有馬氏」との関係も書いてあります。


なお、千々石の、野田名の畑の中にある、「地輪」(地元の方はほとんど知らない)の事ま

で言及されております。


さて、この本、今日の長崎新聞に載っており、連絡をとると、現金書留で料金を送ると、送

料は着払で送付してくれるそうです。


発行部数が、500部で、半分を県内外の図書館に送り、残りは、一般販売になるとかで、

すぐに、飛んでいって買って来ました。私が、一部買ったので、少なくとも残りは、249部

です。興味のある方は、入手された方が良いですよ。ざっと読みましたが、読みごたえは

ありました。価格は、5,000円ですが、写真もカラーで、豪華版です。


5,000円は高い?中身を読むと安いものです。私の場合は、女の子に貢いだと思えば

安いもの。

2

大村公園の桜が満開だったので、帰りに写真でもと思っていたのですが、K書店に寄った

ら、社長さんと話が弾んで、時間切れ。


代わりに、私の好きな森山図書館前のウォーキングロードと、桜の通り抜けの写真など

を・・・


桜はボチボチ散っていました。森山町は早場米をやっており、もう、田植えの準備です。

Dsc_0035 Dsc_0034

桜の通り抜けです。

Dsc_0014

おまけ。これ見て、ビックリしました。エイプリルフールじゃないかと思ったんですが・・

3

多分、高圧電線の保守点検でしょが、見ているだけで、具合が悪くなりました。


« 「橘公園花まつり演芸会」~雲仙市橘公園 | トップページ | 「草積御前」について★長崎市茂木町~伝説について その一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59394513

この記事へのトラックバック一覧です: 「新編 大村市史第二巻」発刊~大村市&その他:

« 「橘公園花まつり演芸会」~雲仙市橘公園 | トップページ | 「草積御前」について★長崎市茂木町~伝説について その一 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ