« 千々石直員(千々石ミゲルの父)★こんがらがってホイ!~千々石町 | トップページ | 「走れメロスは歩いていた」?~たまには週刊誌を »

2014年2月28日 (金)

病院で古事記を

__

お~、スベスベした、雪のような、真っ白いお肌。


この写真、何回目になりますか。また、今日の朝、おかしいと思って病院に行ったら、出て

ました。心房細動。寝たままの状態で、脈拍が120~160。私が少し速く走って、脈拍が

160ですから、少しきつかった。


さっそく点滴ですが、上手な方と、苦手な看護師さんがおられ、それに加えて、私の血管が

細いので、3回目でやっと血管に入りました。


針を刺す度に、「あ~快感」。本当は痛いのですが、痛いと思えば痛いので、美人の看護

師さんに刺されながら、前向きに「あ~快感」と思うようにしています。少しは楽。なんでも

前向きに考えること、必要ですね。


さて、どうせ半日はかかるなと思っていたので、以前より読んでみようと思っていた「古事

記」を持ち込んでみました。もちらん、原文でもなく、NHKで解説放送をしたもの。

Img_20140228_0001

古事記で分かりにくいのが、名前。「ウマシアシカビヒコジ」。3回言ってください。舌噛みま

す。


この本によれば、「ウマシ」は立派な、「アシ」は植物の葦、「カビ」は菌類のカビと同じよう

にツンツンと萌え出る棒状の芽、「ヒコ」は男、「ジ」は「神格」。すなわち「立派な葦の芽の

男神」と言うことになります。こうして説明されると、名前覚えるのも、そう苦にはなりません

ね。


高校の古典も、このように教えてくれると、少しは分かったのですが・・・・・古典の時間は

「お昼寝」の時間だったか。


と言うように、全文解説ではありませんが、古事記の成り立ち、書かれた物語の裏にある

もの、民俗学的な見地など書かれています。


残念ながら、この本、昨年の9月、4回にわたって放送されたもので、私、なんでか買って

たのかな?


とにかく、心臓のドクドクする音を聞き、唸りながら、完読。これで、だいたいの流れは分か

ったので、あと、簡単な解説本を2,3冊読んで、原典を読むつもりです。


さて、読み終わって、裏表紙を見ると、

Img_20140228_0002

何ですか、これ、病気で唸っているのに、「あらゆる人々は、ひたすら、死に向かって進ん

でいる」。体の空気抜けますよ。看護師さん呼んでマジックを借りて、書き直しました。

Img_20140228_0004

「汝は、ひたすら、キャバクラに向かって進んでいる」。これで、少しは元気がでました。



« 千々石直員(千々石ミゲルの父)★こんがらがってホイ!~千々石町 | トップページ | 「走れメロスは歩いていた」?~たまには週刊誌を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/59214034

この記事へのトラックバック一覧です: 病院で古事記を:

« 千々石直員(千々石ミゲルの父)★こんがらがってホイ!~千々石町 | トップページ | 「走れメロスは歩いていた」?~たまには週刊誌を »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ