« タダの本! | トップページ | あ~!疲れた&「七夜月」でお昼ご飯 »

2014年1月21日 (火)

作られた美談~1932年ロサンゼルスオリンピックから

_0001_2

ソチオリンピックまで、まもなく。東京オリンピックも決定したし、という事で思い出したこと

が。スクラップ帳を調べたら、1984年2月10日の、週刊朝日のコラム記事。


話は、1932年のロサンゼルスオリンピック。5000メートルに出場した、竹中正一郎氏の

事です。竹中氏は、154㎝、50㎏の小兵。見る間に離され、先頭から、一周以上遅れて

ゴールしたそうです。


つぎの朝、「お前スターになっているぞと」、コーチに、たたき起こされたそうです。


新聞に次のように書いてあったそうです。「十万人の観衆の心に残る勝者は小柄な19歳

の少年タケナカである・・・・・」「一週遅れたタケナカは、先頭の選手に抜かれたとき、わざ

わざ外側へ移動して内側にコースをゆずった。また、半数の人が棄権したのに、彼は一人

無人のトラックを一周し最後まで走り抜いた。その謙虚なフェアープレー、敢闘精神は他

の範とすべきものである。」とあったそうです。


ここまで聞けば美談になりますが、71歳になった竹中氏は、同記事で次のように語ってい

ます。


「・・・・・・競技者にとってはたとえビリになっても、不利な外側のコースを走るはずはない。

コースをゆずることは、もう負けたということです。そんな人間は軽蔑されるべきです。あれ

は、たぶんコーナーで外側に少しよろめいたとき、先頭の選手が内側を駆け抜けたのでし

ょう。逆の方向によろけて衝突していたら進路妨害で、私が悪者にされる可能性だってあ

った」


このレースは優勝者が、ゴール前で斜めに走って、地元のヒル選手の進路妨害をしたとし

て、汚いレースとして伝えられ、それだけに美談化され、また、当時、反日ムードがあった

ので、新聞が「いい話」を探しいたらしいということです。


竹中氏は、「・・・・帰国したのち、私の行為は、日米の険悪な空気を緩和するのに役立っ

た、といってくれる人がいた。とんでもない話です。私は日米間が多少険悪になったとして

も勝ちたかった。それがスポーツというものでしょう。」


その後、「道徳的な敢闘精神の持ち主」と云われますが、それがイヤで、わざと進路妨害

したり途中棄権をしたり、講習会であまり褒められるので、途中席をたったこともあるそう

です。


「私のせいで、その後、途中で棄権することが悪いことのように誤り伝えられることになっ

た。心外です。棄権するしないは選手の勝手でしょう。いやらしいのはビリの選手に、みん

なが拍手することです。時間がかかりすぎ、競技運営にもさしさわりが出てくるようになっ

た。私がその先鞭をつけたわけで、内心忸怩(じくじ)たるものがありますよ」


「自分がやりもしないことを、良く取られても悪く取られても不愉快なことです。・・・・・私の

美談は正しい人間によって、よってたかって嫌疑をかける冤罪事件の裏返しのようにおも

えるのです」


さて、今回のソチオリンピック、又もやマスコミが、たいしたこともない話題を、大げさに騒

ぎたてるでしょうが、くれぐれも、冷静な報道をして欲しいものです。

(参考・文引用:1984年2月10日「週間朝日~連載スポーツ人間ちょっといい話」。記

 事、 中条一雄より)






« タダの本! | トップページ | あ~!疲れた&「七夜月」でお昼ご飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本のスポーツ報道はレベルが低い。
ぽーかろは常々思っていましたが、
こんな昔から変わらなかったんですねぇ。
'98年日本がサッカーW杯初出場しましたが
第3戦で足の怪我を押し通してフル出場したゴン中山を
「怪我に負けず最後まで戦い抜いた不屈の闘志」
なんてマスコミはもてはやしてたことがありましたが、
ある有名な外国人監督がこのことについてこういってました。
「なんという愚かな判断だ!!」
そりゃそうでしょう。怪我してたら満足なプレーなどできるはずなんてないですから。
かと思えば某勘違い大物お笑い芸人が
アルゼンチンのスーパースターメッシに
優勝決定後チームメイトと喜びを分かち合っているところに
わざわざ呼び出され、「老後の計画は?」などと馬鹿馬鹿しい質問をしたり、
ロンドンオリンピック女子柔道金メダリストの松本薫に
「目つきが怖い」と散々いじってみたり…。
何様なんだよ、こいつ!!アスリートに対する畏敬の念がない奴なんか
アスリートに接触させるんじゃない!!
バルセロナオリンピックで史上最年少金メダル記録を作った
岩崎恭子を潰してしまったのも日本のバカマスコミでしたしね。
ソチ五輪、ブラジルW杯でマスコミの暴走がないことを願うのみですが…。

マスコミのスポーツ報道、少し異常ですね。
スポーツをしたこともない、アイドルに応援させて、変なことを言わせたり。
視聴者も飽いていることが分からないんですかね。
とにかく、オリンピック、w杯、大人らしい報道を願っているんですが・・・・今のTV放送見ていると、無理みたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58985904

この記事へのトラックバック一覧です: 作られた美談~1932年ロサンゼルスオリンピックから:

« タダの本! | トップページ | あ~!疲れた&「七夜月」でお昼ご飯 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ