« 写真を2枚 | トップページ | 「ダンヒルライター」と映画「竜二」の私的思い出 その2 »

2014年1月11日 (土)

「ダンヒルライター」と映画「竜二」の私的思い出 その1

1 2

下の台の色の影響で、少し金色気味になっていますが、両方ともシルバーです。


左が、ジッポーのライター、高校時代に買ったもので(もちろんタバコを吸う為)、50年弱の

前のものです。今のジッポーは、いろいろ飾りがありますが、以前は、何もついてなく、シン

プルなもの。


右は、ダンヒルのライター「dunhill 70」と入っていますから、調べると1960年~1970年のも

のらしく、ジッポーと同じ年代かな?


ダンヒルのライターは、今から10年ほど前、オークションで買ったもの。私がタバコをやめ

たのが、30年ほど前。タバコを吸っていないのに、ライターを買った?理由は、又。


今回は、このダンヒルのライターの私的思い出です。ダンヒルのライターは、友人がカタロ

グのオークションをやっていて、それで見つけて買ったもの。


今もちゃんと動きます。この、キャップを開閉するときの音、なんとも言えませんね。高級

外車のドアの開閉音と一緒です。


小さい所も手抜きなし。フリント(火花を飛ばす石)の入れ替え部分。1を下げ、2を左に動

かし、3の部分にフリントを入れます。ちゃんと今も動きます。

3

底の部分。ガスを入れるところですが、まあ、精密機械ですね、

5 6

さて、私が東京で会社勤めをしていた時、先輩のダンヒルが故障し、丸の内の東京支社に

持っていったところ、とにかく、凄い鍛錬をしたような、カッコ良い紳士が現れ、私がライタ

ーを出したら、さっと恰好よく、バックスキンの手袋を付け、両手で受取り、「お預かりいた

します」。その、物腰たるや、実に優雅なもので、さすが一流のところは違うと、感動したも

のでした。


この人物、早川良一郎さん(日本エッセイスト賞受賞者)の本に、「・・・私の勤め先に来た

ことがある。後で、対応した女性が私にいった。「『顔は日本人みたいだけど、なんか外国

人みたいでしょう。日本語通じるかしらって心配してしまったわ。』・・・・幹侯(幹部候補生)

出身の大日本帝国陸軍将校であった時期もある。」。将校なら、鍛え方も違うはず。同じ

感じの人物でしたから、私に対応した人でしょう。


さて、このダンヒルのショップマネージーと、この方、なんと、ダンヒルの社員にもかかわら

ず、禁煙をしたとか。あるパイプーラー(パイプを喫う人)が、「けしからん、本社に投書して

やる。」といっていたそうですが、まもなく、喫煙を再開したそうです。


なお、ライターの故障に関しては、團伊球磨さんだったか、梅田晴男さんだったのかの本

に、こんな話が書いてあった記憶があります。


初代のダンヒルは、「我が社のライターは、絶体故障しない。もし故障したら、我が社が悪

い。故に修理代はいただかない。」

2代目のダンヒルは、「我が社のライターは、絶体故障しない。もし故障したら、使う人が悪

い。故に修理代はいただく。」

どちらも分かるのですが、どちらが本当でしょう?


私、以前はヘビースモーカーで、毎朝、ピー缶(ピースの缶入り、50本入っています、もち

ろん、フィルター無しの両切りタバコ)を2缶買って、毎日吸っていました。ちなみに、フィル

ターのタバコは、婦女子が吸うもので(差別的用語ですみません m(_ _)m ゴメンチャ

イ )、あれは、タバコではありません。


タバコが旨いのは、ニコチンとタールがあるため、それをフィルターで軽減するとは、何

事。男なら、両切りタバコを吸うべし。


パイプも20本ばかり持っていて、楽しんでいたのですが、タバコを止めるのには、苦しみ

ました。パイプの話は、いずれまた。


いずれにしても、禁煙して良かったと思います。あのままだと、多分この世にはいなかった

と思います。映画「竜二」の話ですか?それは次回。


シクラメンが、きれいに咲いていました。「真綿色した シクラメンほど 清(すが)しいもの

はない 出会いの時の 君のようで・・・・」、ウチのカミサンもそんな感じでしたが・・・・・

Dsc_0190







« 写真を2枚 | トップページ | 「ダンヒルライター」と映画「竜二」の私的思い出 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私が若い頃に持ちたいと思ったのはデュポンのライターでしたね・・・あの重厚感のある開閉音は心ときめきました(^^)
一番吸っていた時には缶入りピースを1日に1缶ですから馬鹿ですね(^^)

デュポンも良いですね。蓋を開けると、ノズルが出てきたりして・・・・・

バカというより、今考えると、自殺行為ですね。
書きませんでしたが、金がない時は、しんせい、わかば、エコー等の、いがらっぽいやつばかり吸っていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58925431

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンヒルライター」と映画「竜二」の私的思い出 その1:

« 写真を2枚 | トップページ | 「ダンヒルライター」と映画「竜二」の私的思い出 その2 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ