« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月24日 - 2013年11月30日 »

2013年11月17日 - 2013年11月23日

2013年11月23日 (土)

タマネギ植え~ボケの一日

Dscf5567_2

昨日、園芸店に頼んでおいた、タマネギが着いたとの連絡があったので、取りに行き、今

日植えました。少し広めに耕していたので、キャベツ、レタス、パセリ、新種のアイスプラン

ト(メタボに効くと書いてあり)、を少々。


数日前に、有機石灰、堆肥、肥料を入れて置いて準備はOK。機械を使うと楽ですね。一

日かかっていたのが、一時間程度。耕作した所と、していないところでは、違うことが分か

ると思います。

Dscf5371_2 Dscf5385_2

iPhoneの水平機を使って、水平をとって(そこまで、やることはないか)。右は、カミサン。

農家の娘だけあって、良く似合うな。表は、見るほどのものじゃないけれど。

Dscf5377_2 Dscf5373_2

大体、十五センチ間隔に棒で穴を開けて、植え付け。100本程度ですが、かがんだまま

だから、きついですね。専門農家が何万本と植えるのは、想像を絶します。


早生はマルチをかけて、晩生はマルチをかけないと聞いていたので(以前にも書いてます

が)、マルチをかけないと作業が楽。但し、園芸店の方の話では、素人さんは早生の方が

作りやすいとか。

Dscf5575_2 Dscf5579

ということで、無事タマネギは植え終わりました。


タマネギの後に、黒マルチが見えますが、大根です。園芸店でマルチをかけてください、と

いわれたので、黒マルチを。

Dscf5596_2

マルチは、穴が開いているものがあるのですが、手持ちがないので、ペットボトルの下を

切って(缶詰でも可)。ペットボトルは固いやつを。これを、マルチにかぶせて、2~3回グリ

グリと回すと、穴が開きます。

Dscf5582 Dscf5584

種袋がこんな所に置いてあって、ウチのカミサン、時々、ポンと置く癖があり、又か、と思

ってよく考えると、私が先日置いたものでした。大根を蒔くとき、種が見当たらない。捜すこ

と30分。ポケットの中に入れてました。


作業をするとき、足元に違和感があり、作業を終えて良く見ると、長靴を左右逆に履いて

ました。ホントに、ボケ爺になりにけり、の実感をした一日でした。

Dscf5598_2 Dscf5597




2013年11月22日 (金)

がんばれ!V・ファーレン長崎~諫早総合運動公園

Dscf5535

昨日は、諫早に買い物があり、ついでに、久しぶりに諫早の運動公園を歩いてみました。

ノルディクウォーキングをしながらですが、ここ、良いですね。振り向く人もいません。


ウチの近くだったら、「二本も杖をついて、足がそげん、悪かっじゃろか。」と噂が飛び、昼

は恥ずかしくて、できないんですが・・・・


ここの運動公園の紅葉も見ごたえがあり、

Dscf5519 Dscf5532

サブグラウンドあたりまで来て、中をみると、なんか見たようなユニフォームが、と思った

ら、「V・ファーレン長崎」の練習中でした。


中に入って良いのかな?と思って、入っていったら、誰も止める人もなく、自由に入れまし

た。


ただ、V・ファーレンのホームページで見ると、11月22日の練習は、「一般の方は見学で

きません。」、11月23日の練習は「非公開とさせてただきます。」と書いてあり、私、日頃

のおこないが良いため、運が良かったみたい。

Dscf5527_3 Dscf5538

見学者の方も若い女性が多く、これなら、私もサッカーをやれば良かったかな。


V・ファーレンの監督は今年から、「アジアの大砲」といわれた、高木琢也氏。大きな声で、

指導をしていました。出身地は、北有馬町(現南島原市)。お父さんとは、何回か話をした

ことがありますが、温和な方です。


確か、J2昇格後、初年度は12位以内、2年目にJ1昇格プレーオフ圏内となる6位以内、

3年目に自動昇格圏となる2位以内を目指すと、発表したそうですが、一年早いペース。


J2は22チームですから、どうせ、下位の方でウロウロと思ったら、意外や意外、現在一

試合を 残して、4位。プレーオフ出場圏内で、この24日の、徳島ボォルディスと最終戦を

行い、勝てばプレーオフ戦の出場が決定です。


J2昇格後、一期でJ1昇格という事になれば、甲子園初出場、初優勝と同じ。こう言えば、

失礼ですが、スター選手という選手もなく、練習場もあちらこちらウロウロ。その、チームが

J1昇格となれば、大騒動でしょう。とにかく、24日の試合は頑張って、勝って欲しいもので

す。


話変わって、今日の無駄遣い。

くまモンのトイレットペーパー。可愛いんで買ってしまいました。

Dscf5539 Dscf5547

薄く、くまモンの図柄と、KUMAMONの字が入っています。でも、これで、ウンチ拭くのは、

なんだか可哀想だナ。





2013年11月21日 (木)

有明の森フラワー公園&リストランテ・アルレッキーノ~島原市有明町

Dscf5471

昨日は、「リアルかかし」の事を書きましたが、帰りがけ、「有明の森フラワー公園」の様子

を見に行きました。サルビアの花が一面咲いていましたが、その他の所は

Dscf5467

整備中で、話を聞くと、菜の花畑にするとか、花壇を耕し、順次種を蒔いていくそうですか

ら、春が待ち遠しいですね。


鳥類も少し飼っているので、ぶらりと・・・・

一番左は、ガチョウで、やっぱりでっかいですナ。「名の無い草はない」という名言があり、

「名の無い鳥はない」、はずなんですが、名前を知らない鳥ばかり。

Dscf5473 Dscf5475

Dscf5476 Dscf5479_2

せっかくだから、敷地内の物産店をのぞいて、お土産に、メロンと、法事が近いので、今で

は珍しい和ローソクを。メロンは傷物ということで、2個で1,000円。1個500円ということ

になります。


で、傷物にはみえず、よく観察していくと、赤の四角の部分の網目が潰れています。

Dscf5514 Dscf5515

まあ、これで傷物というのは、日本人の良いところでもあり、悪いところでもあります

が・・・・・


さて、ここに寄った理由はもう一つ、ここの近くに、新しいレストランができたとか。先月も

一回来たのですが、月曜日と火曜日がお休み。私が行ったのが火曜日でした。

Dscf5510

最近は、イタリア系レストランが増え、ここの紹介カードにも、「本場イタリアンをゆっくりとし

た空間で楽しんでいただきたく・・・・」とあります。


店の名は、アルレッキーノ。イタリアの即興喜劇コメディア・デラルテの中のキャラクターの

一つで、トリックスターで、菱形のついた衣装で、ずる賢く、人気者として登場する事が多い

人物です。イタリヤ語といえば、私の専門。


と言いたいところですが、イタリヤ語で知っているのは、ソフィア・ローレン、ジーナ・ロロブ

リジータ、クラウデア・カルディナーレぐらいで、上の説明はネットで調べたものです。

Dscf5486 Dscf5487

なかはゆったりしており、見事な木造の天井。子ども連れで、ガヤガヤしているところとは

違い、如何にも大人の雰囲気。メニューはコースの三種類。


値段を見ると、お財布が少し寒いのですが、ウチに帰っても、カミサンはいないし、入りま

した。


左はイタリア語で「Acqa」。日本語で「水」です。前菜。料理も、飾り付けもセンスがありま

すね。ウチの夕食の、おかずの量くらいあります。

Dscf5488_2 Dscf5490_2

スープにパン。フランス料理はバターですが、イタリア料理はオリーブオイル。

Dscf5492_2 Dscf5493_2

トマト味のパスタ。豪華なデザート。先日、小さなチョコレートを食べようとしたら、カミサン

に睨まれたので、こんなにデザートを食べて良いのか、罪悪感にとらわれながらも、おいし

かった。もちろんコーヒー付き。

Dscf5496_2 Dscf5499_4

ウエイトレスさんに、さっき撮ってきたばかりの、「リアルかかし」の写真を見せたら、大喜

び。話が弾み、楽しい、お食事の時間でした。


さて、忘れたことが一つ、お店の紹介カードに、「大切な人と大切なお時間を・・・。」と書い

てあり、「大切な人」を忘れていました。もちろん、カミサンの事ではありません。


クリスマスには、ランチ&ディナーの特別のメニューがあるそうですから、「大切な人」と、

ご一緒にどうぞ。私も、クリスマスには「大切な人」と・・・・と思うのですが、「大切な人は」、

どこに?


場所は、フラワー公園のすぐ上の交差点を右折。すぐの所です。





2013年11月20日 (水)

リアルかかし★フォトコンテストもあるよ~島原市

Photo_3 

農作業やっている方がいたので、「写真撮らせて下さい」、と言っても無視されました。無

視されたはずで、これ、かかしさんです。


近ごろ、かかしが進歩をとげている、ということを聞き及んでいたのですが、ここまでとは思

いませんでした。島原にあるということで、島原の病院に行ったついでに、ちょっと寄って見

ました。


農作業の方、孫守のおばあさん。

Dscf5434_3  Dscf5445_3  

アベックで仲良く、ハイピース。カメラは、ニコンD5300。私のデジカメより高級品。

兄弟なのか、子どもは寒いのに元気ですね。

Dscf5447 Dscf5458 

この子、水路の中で何を見つけたのか、もちろんこれもカカシ。足元にあるカカシなんて初

めてで、驚きました。

農作業を見つめる、お婆ちゃんと、お孫さん。

Dscf5456 Dscf5460

このかかし、写真に撮ってフォトコンテストがあるそうです。開催は11月30日までで、まだ

期間がありますから、カメラの腕に自慢ある方はどうぞ。見るだけでも、思わず楽しく、癒

やしの、かかしさん達です。これ絶体のお薦めです。遠くからでも、見に来て下さい。


なお、フォトコンテストの主催は、有限会社生田建設になっていましたが、コンテストの最

優秀賞はガスファンヒーター、優秀賞は自転車、入選は新米5㎏。詳しい応募要項は畑の

前の看板に書いてあります。


場所は、島原高校の正門から北(お城と反対側)に200~300メート。最初、山側の左だ

と思っていたら、いつの間にか行き過ぎ。ひょっとしたら、撤去したのかと思いながら、念

のため、反対側を見ながら戻ってみたら、ありました。本当にオバカな私。


島原高校正門から行って右の方です。左ではありません。遠方の方は、島原城あたりに

来て、聞いてみてください。

Dscf5453

朝から少し晴れたので、かかしさんも、気持ち良さそうでした・・・・・






2013年11月19日 (火)

大江戸恐龍伝~夢枕獏著

Img_0001_2 Img

夢枕獏先生、何をやっているのかと思ったら、こんな本を書いていたんですネ。書き下ろし

小説です。全五巻、そのうち二巻が出版されました。


こちらは、「東天の獅子」と「餓狼伝」の続きを、早く読みたいのですが、・・・「東天の獅子」

が出たのは、2008年ですから、はや、5年も待たされるているのに・・・・「餓狼伝」に至っ

ては、あと何十年かかることか、こちらは、そう長くない命。結末が読めないことには、死

ねやしない。


夢枕獏先生は、格闘技小説、SF小説、伝記小説、「神々の山領(いただき)」のような純文

学に近い小説(柴田錬三郎賞)を書く、マルチ小説家。


伝奇小説の「沙門空海唐の国にて鬼と宴する」。面白かったナ。なにせ、空海の小説に楊

貴妃がご出演。これくらい思いっきりが良いと、かえってリアリティーがありますな。


「神々の山領」は、「そこに山があるからだ」の名言をいった、マロリー。そのマロリーが、

エベレストで遭難。エベレストへ登頂したかどうか不明。論議を呼んでいます。


75年後に遺骸が発見されるも、いつも携帯していたカメラがあれば、登頂したものかどう

か、分かるものの、不明。そのカメラらしきものを、カトマンズの登山用具店で発見すると

ころから始まる山岳小説。今でこそ、多くの人が登るエベレストだが、どれだけ大変な事

か、リアルに分かる小説。


さて、この「大江戸恐龍伝」。伝奇小説ですが、筋書きを書くと、これから読まれる方が面

白くないので、少しばかり。


主人公は、江戸時代のマルチ人間、平賀源内。回りを取り巻く人が、高校の日本史で習っ

た人物だけでも、杉田玄白、前野良沢、田沼意次、上田秋成、円山応挙、長谷川平蔵。

何しろ主人公が平賀源内というだけでも、惹かれますね。


本の帯の惹句。「明和八年。大嵐のなか、平賀源内は肥後で巨大な竜骨に遭遇する。同

じとき、遠州沖で一隻の船が遭難した・・・・。長崎、大阪、琉球、ニルヤカナヤ、そして江

戸。龍の掌の化石と奇妙な絵文字に導かれるように、幻の恐龍を求める源内の旅が始ま

る。」


なお、ニルヤカナヤとは、物語がそこまで進んでいないので、はっきりしませんが、黄金

郷の国だと思われます。これには、徐市(じょふつ)別名徐福が絡みます。


徐市は、司馬遷の「史記」の「始皇本紀」「淮南衝山列伝」に出ており、秦の始皇帝が、

不老不死の薬を求め、徐市が二度にわたり捜しに行くのですが、二回目は、「・・・徐福を

つかわし、東海に入って神仙・不死の薬を捜させましたが、帰還していつわりごとを申

し・・・」、大神に会い、延年長寿の薬を得たい、といったところ、見せてはくれたが、手に入

れるには、「・・・海神は『良家の男子、良家の女子および百工を献じれば、得られよう』」と

言ったといい、「・・・秦の皇帝はすこぶる喜んで良家の男女三千人を遣わし、五穀の種と

百工を携行させました。徐福は平原・大沢を手に入れ、そこにとどまって王となり、帰らな

かったのです。」(「史記・列伝」~ちくま学芸文庫・小竹文夫・小竹武夫訳)とあり、この王

国なるものが、はたして、ニルヤカナヤなのか、第三巻から、ここらあたり、はっきりしてく

るでしょう。徐福(徐市)の伝説については、日本にも多くあるところです。


なお、第三巻が11月末、第四巻が12月末、第五巻が来年1月末発行です。第二巻まで

は、まだ、手始め段階で、これから本番という所。


しかし、これ終わったら、早めに「東天の獅子」、「餓狼伝」、出版して欲しいところですね。






2013年11月18日 (月)

今日は半日ガラス貼り~iPhone5S液晶保護ガラス

Dscf5409

先日、iPhone5Sを買ったことを書きましたが、画面の液晶の保護で、現在はやりの、ゴリ

ガラス、0.4ミリを使用・・・


厚いこと自体は頑丈で良いのですが、①バンパーも頑丈で、0.4ミリをつけると、少し重く

なること。②ガラス面が、バンパーをオーバーし、iPhoneの画面を下にして、机などに置くと

き、ガラス表面が机などに接触することを考え、0.2ミリに変更することに・・・・もっともガ

ラス面は少しくらいでは、ではなく、カッターナイフ、ノコギリでひいても傷つかないくらいの

硬さなので大丈夫なんですが。

Dscf5411 Dscf5407

左が0.4ミリ、右が0.2ミリのもの。写真では分かりにくいですが、実物は持てば分かり

ます。


もっとも、0.2ミリといっても、サガミ、オカモトからは0,02ミリのコン○○ムが出ています

から、これに比べればかわいいもの。オカモトさんのPRには、「薄いコン○○ムといって

も、今までのコン○○ムは先端から根元まで技術的に均一にすることは難しかったことを

ご存じだろうか。」とあります。


最も薄ければ良いものではなく、あまり薄いと、感じすぎ、早く○○するかたもおられる、と

いうことで、少し厚いのが、お好みの方もおられるようで・・・あなたは0.00ミリですか・・・

話が横道にそれました。薄いというと、条件反射的にコン○○ムの事を思い出すの

で・・・・・m(_ _)m スイマセン。


さて、この保護ガラスには、必ず○H(黄色で囲んだ所)という標記があります。硬度の表

示です。


買った物は9H。この硬さは、鉛筆と同じ「H」規格だそうで、三菱のUN鉛筆でひっかいて、

どの強さまで傷がつかないかをテストし、その結果の「H」だそうです。6Hの鉛筆でキズが

つかないと6H、私が買った物が9Hですから、9Hの鉛筆でひっかいても、傷がつかないと

いうことです。一番硬い鉛筆が9Hです。鍵と一緒に、スマホをポケットに一緒に入れるか

たは安心。


さて、これ貼るのが難しく、気泡が入らないように、ゴミが入らないように、特に大きなゴミ

が入ると、そこに気泡が入ります。


貼るとき、ゴミが少ないところが良いということで、風呂場で貼った方があったみたいで、本

当かいな、と思ったのですが、説明の、貼るときの「ヒント」に「とにかく『ホコリ』の無い環境

で貼るのが最大のポイント(お風呂場など!)」と書いてありました。


ホコリの少ない風呂場といっても、着ているものから、ゴミが落ちてはと、パンツ一つで、作

業台を風呂場に持ち込んで・・・・・てな事はしませんでしたが。


いつものように、拭き上げて、エアークリーナーでゴミを飛ばして、ルーペで見ながら、ゴミ

をテープにくっつけて除去。もう、大丈夫だろうと貼ってみたら、今日は、ゴミが多かったの

か、少し混入。少し剥がして、テープでゴミを取って、何回かやり直し。少しゴミが入りまし

たが、まあ、これくらいならというところでOK。


後は、元のようにバンパーを付けて、今日は気を使って、疲れた一日でした。この次、貼る

ときは、風呂場で、パンツ一つでやります!

Dscf5420_2 Dscf5422

ガラスは、一度使うと癖になって、このツルツル、ピカピカの感触。思わず頬ずりをしてしま

いました。




« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年11月24日 - 2013年11月30日 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ