« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

2013年1月13日 - 2013年1月19日

2013年1月19日 (土)

金鍔次兵衛(トマス・デ・サン・アウグスチノ)神父~神出鬼没の男

Img

先日、島原の殉教者記念館へ行ったとき、何冊か本が置いてあったので、買ってきた本の

一冊です。「ガリラヤ」はもちろん、イエスが宣教を始めた場所です。


この本、「フランシスコ・ザビエル」「天正遺欧少年使節」「日本二十六聖人殉教者」等々の

物語が書いてありますが、この中で、「金鍔次兵衛」のことが書いてあります。この「金鍔次

兵衛」については、坂口安吾が、よほど興味があったのでしょう、「島原の乱雑記」、「安吾

の新本地理 06 チャンポンー九州の巻ー」で、二度にわたって触れています。


この本と、安吾の文章では若干の違いがありますが・・・


さて、この金鍔次衛門、詳しくは省きますが、小さいときから信仰心が強く、禁教令が出さ

れるに及び、マカオへ行ったり、長崎へ戻ったり、再びマニラへ渡り、聖アウグスチノ会(他

にも、イエズス会、ドミニコ会、フランシスコ会などがあります。)に入り、トウマス・デ・サン・

アウグスチノという修道名が与えら、25歳の時、司祭に叙せられます。


もちろん、このとき日本は禁教令が出ていたのですが、日本に潜り込み、なんと当時、キリ

シタンを取りしまる、長崎奉行、竹中采女の馬廻りに入り込み、当時、捕らえられていた、

アウグスチノ会の布教責任者、グチエレスと通信を取ったりしたそうです。昼は役人、夜は

神父です。


グチエレス刑死の後、布教に努めますが、露見をし、ここ、この本と、安吾は若干違います

が、この本によれば、15歳から60歳までの男子、4~5千人が集められ、三十五日にわ

たって山狩りがおこなわれたそうです。


安吾によれば、もっと詳しく

「九州諸藩の軍勢数万人が出動したのである。・・・大村藩所蔵の『見聞集』によれば、家

老大村彦右衛門を大将に少数の城内留守番を残して、士分は言うまでもなく、足軽から土

民に至まで、15歳から60歳に至る全人口を集めたのである。そのうへ、佐賀、平戸、島原

の三藩から援軍をもとめ、長崎浦上から大村湾一帯にかけ山関を張り、一歩一人の列を

守って山狩りをはじめたのである。山狩りの味方同士が同士討ちの危険があるので、・・・

(佐賀藩、平戸藩、島原藩それぞれ目印をつけたそうですが、長いので省略)・・・・三十五

日かかって山の端から端に及び浦上から海へ突き抜けてしまったけれど、次兵衛を捕らえ

る事ができなかった。」そうです。


さて、次兵衛はどうしていたかというと、江戸へ逃れ。今度は大奥へ忍びこんで、将軍家光

の小姓に伝道し、洗礼を授けたそうですが、それを知った家光は、小姓を殺してしまったそ

うです。


その後、長崎に舞い戻り活躍しますが、捕らえられ、拷問を受け、処刑されたそうです。35

歳のときだったそうです。長崎市戸町に金鍔谷という所があり、そこの洞窟で捕らえられた

そうです。


波乱に富んだ人生みたいですが、彼もまたキリスト教布教のために殉じた一人だったので

す。


さて、坂口安吾は、「チャンポン屋で渋い酒を呑みながら、金鍔次兵衛ともあろう豪のもの

が、原城にも入城しないで(注:金鍔次兵衛は原城の乱前に処刑されています。)あんな穴

ぼこの中で捕まるとは、返す返すも残念至極だと、酩酊に及んでしまったのである。」

(参考・文引用:坂口安吾「島原の乱雑記」「安吾の新日本地理 06 チャンポンー九州の

巻」  「ガラリヤへ」~まるちれす研究会 ドン・ボスコ社 より)


大奥へ忍び込むとは、ポチと羨ましい・・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年1月17日 (木)

Siri と遊ぶ・・・

P1170443

いつもにっこり、カトリーヌ・ドヌーブ。いつも、むっつり、ウチのカミサン。


こう寒くては、外に出るにもいやで、少し調べに行きたいところも、あったのですが、お家で

遊ぶ事に・・・


この間、iPhone4sを買った事を書きましたが、お持ちの方はご存じのように、Siriと言う機

能が付いています。こちらの問に答えてくれるものです。「今、何時?」と聞くと、「7時です」

なんて答えます。これを使うと、本当に技術の進化が感じられます。何となく怖い感じも。


これで、少し遊んで見ました。「問」は私の質問。「答」はSiriの答えたもの。


問 「今日は寒いね。」

答 「はい、相当寒くなります、気温が1℃まで下がります」


問 「明日、暇?」

答 「明日、諫早病院へ」~これ、私の明日の予定です


問 「デートしようか」

答 「結婚相談所は見つけられませんでした。」~なんのこっちゃ。


問 「呑みに行こうか」

答 「諫早、個室宴会居酒屋は○○○屋、飲み放題、二次会記念日、ルートをご紹介しま

す。」~地図の画面に変わりました。


問 「君って可愛いね。」

答 「ありがとうございます。」


問 「君、どんな男の子が好き?」

答 「意味が分かりませんwebで捜してみましょうか?」


問 「愛してるよ」

答 「よしてください。」~いい男が質問したらなんと答えるか?


ちっときわどいところで

問 「○○○スしようか?」

答 「つ!」~「つ!」はないだろう。


問 「ブス!」

答 「ちょっと!」


この野郎、iPhone5に買い換えてやる。


ああ!機械にまで振られてしまいました。慰めのポチを!  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2013年1月16日 (水)

ジャガ作りだよ~長崎県雲仙市千々石町

P1160436

父母が相次いで亡くなったもんで、事後の事務処理がとにかく忙しく、郵便貯金、銀行貯

金(少額ですが、手続きは大金も同じ事。)、簡易保険の手続き(郵便局には5,6回通いま

した。あと2,3回ですむでしょうが。)共済組合、互助組合の脱退手続き、おのおのに、戸

籍謄本、埋葬許可の原本証明、病院の入院証明書、死亡証明書の写し等々。


固定電話の廃止手続き(亡くなった人では廃止できないので、私の方に所有移転手続きを

して、廃止の届け出。)、携帯電話の廃止(契約破棄になるので9千なんぼ取られまし

た。)、郵便物の回送手続き、その間をぬって、ケアハウスからの荷物の搬出。役場への

保険証など、諸々の証明書等の返却。いや、これが二人分ですから、もう、大変。あと、七

日毎の逮夜。あっという間に四九日の準備。


という事で、今日一日は息抜きを。

昨年、話をしていると、年末に雨が多く、ジャガ作りが遅くなるだろうとの事でしたが、ぶらっ

と歩いてみると、ジャガ作りがあちらこちら始まっていました。


ジャガと言えば、お隣の愛野町、小浜町の隣町、南串山町がかなり宣伝をしていますが、

千々石は人柄が良いのか、あまり、広く宣伝はしていません。良いジャガ作っているんです

が・・・

P1160431

今では、ほとんど機械でしていますが、昔は、この畝立て、ジャガ植えも一つ一つ手で、お

こなっていたものです。

ジャガ植えは、右のおばあさんが、種芋を機械に送っています。見ていると、どこも、仲良く

夫婦でやっています。ウチなんか喧嘩ばかりなので、一緒にやれたもんじゃないですよ。

P1160429

これがちょっと大変な作業。ジャガイモを植えたあと、マルチ(ビニール)をかぶせますが、

これも、夫婦二人でやっていました。かぶせたあと、風でめくれないように、土を乗せていき

ますが、これが、見ていても重労働。私なんか軟弱の徒には、とてもとても。


さて、今年は、野菜の値段が高いとか。安いときは、収穫もしないで、トラックターで潰して

しまっているのですが・・・話によると、本当かどうか分かりませんが、レタスは5年に一度

儲かると良いといいます。


左がレタス。霜よけをかぶせています。右がキャベツ、どこかの国の伝承に、子どもがキャ

ベツ畑から生まれるというのがありましたが、あれが本当なら、少子化なんかすぐに解決

できるのですが・・・・


わが家は、カミサンの兄弟が農業をやっているので、いつも、いただいています。うらやま

しいでしょう。

P1160417 P1160425

早生の玉葱です。まだまだ今からでしょう。毎年、晩生のタマネギを植えていたのですが、

今年はバタバタで、植えきれませんでした。落ち着いたら、春~夏の野菜作りに、取りかか

ろうと思っています。

P1160418_2


野菜とポチは、健康のもと。たくさんポチして健康に。 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月15日 (火)

シルバー川柳

Img

本屋でふと目に付き、立ち読みしていると、似たものを読んだ記憶が。調べて見ると、昨年

10月、「遺言川柳~もうそろそろの方はお読みください」に、高齢者の方が作った川柳の

事を書いていました。(すっかり忘れていました。)


こちらの方は、「社団法人全国有料老人ホーム協会」の主催だそうで、2012年で12回を

迎え、最小年応募者は6歳(?)、最高年齢は100歳。だそうです。


■カード増え 暗証番号 裏に書き

私も同じ状況。でも、なんで、あんなにカードばかり増えるのでしょう。財布の中は、お札よ

り、カードが多い状態。


■万歩計 半分以上 探しもの

■立ちあがり 用事忘れて また座る

■歩こう会 アルコール会と 聞き違え 

本当に、忘れたり呆けたりという事ばかり、昨日も、品の良い老婦人が歩いているな、と思

ったら、カミサンでした。


部屋の電灯が壊れたので、LEDの照明に替え、電気屋さんと話をしていると、20年はもつ

とか。「そんなに、生きちゃいないよ。」といいましたが、同じような事、考える方おられるん

ですね。78歳の方の作品です。

■LED 使い切るまで ない寿命


最近、お医者さんと仲良くなりましたが

■「お年です」 それが病気か 田舎医者

■三時間 待って病名 「加齢」です

■無農薬 こだわりながら 薬漬け


あと何年、元気でいられるのか分かりませんが

■介護して ふたたび芽生える 夫婦愛

■手をつなぐ 昔はデート 今介護

ほのぼのとして、良いですね。うちは手もつないでくれないでしょうが・・・


こんなのも、良いですね。

■老の恋 惚(ほ)れる惚(ぼけ)けるも 同じ文字

■恋かな 思っていたら 不整脈


寒い毎日。外へ出るのも嫌になります。

■起きたけど 寝るまでとくに 用もなし


さて、最後に一発、最高のを

■妖精と 呼ばれた妻が 妖怪に


この「シルバー川柳」読んでいると、見につまされますね。字も、大きいので、お年寄りの方

にも十分楽に読めますよ。

(「シルバー川柳」~社団法人全国有料老人ホーム協会・ポプラ社より)


川柳には、名前、性別、県名、年齢、職業も書いてありましたが、年取ると、何もかも、面倒

くさくなって、省略させていただきました。


老いらくの 恋でも ポチとしてみるか

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年1月13日 (日)

この一曲~ご正忌報恩講とアンパンマンのマーチ

Img

父母の永眠に伴い、私の家も、あるお寺の門徒になりました。なったとたん、ご正忌報恩講

のお知らせが。こちらは、集落の氏神様、キリシタン関係は勉強して少しは分かるのです

が、「ご正忌報恩講」とは?


調べると、親鸞聖人の命日にあたり、そのご恩を報謝する法要だそうで、こちらのお寺で

は、1月12日~16日の5日間、開催されます。


さて、お寺さんへ行ってみると、一杯で(昔若かった、男性と、女性ばかり)、始めに、全員

で読経。その後、住職より、ご正忌報恩講の説明。さて、終わりかと思うと、講師というか、

説教坊さんというか、正式名称は分からないのですが、かなり、親鸞について研究をした、

お坊さんが現れ(いつもの通り、名前等忘れました。)説教というか、お話を。


いや、上手かったですね。親鸞の教えにしても、お経にしても、難しいもの。ユーモアを交

えながらの話。これくらいないと、人の心はつかめないでしょう。古来、名僧と言われる方

は、こんな風に話をしていったのではないでしょうか。


さて、その中で、孫とのチャンネル争いの話になり、毎日孫に付き合わされ、「アンパンマ

ン」ばかり見ているとの事。


「アンパンマン」はテーマソングが「アンパンマンのマーチ」ですが、その中で、一番が省略

され、二番の「そうだ!恐れないでみんなの為に 愛と勇気とだけが友達さ・・・・」から歌わ

れる事が多い事に気がついたとか。それで、一番の歌詞を調べると、内容がなかなか難し

いとの事。


確かに、YouTubeで聴いても一番が省略されているのが多いですね。



「アンパンマンのマーチ」



そうだ!嬉しいんだ生きる喜び 

たとえ胸の傷が痛んでも



何の為に生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ!

今を生きることで 熱いこころ燃える

だから君は行くんだ微笑んで

 

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも



嗚呼アンパンマン優しい君は

行け!皆の夢守る為



何が君の幸せ何をして喜ぶ

解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

 

忘れないで夢を 零さないで涙

だから君は飛ぶんだ何処までも

・・・・・・・・・(2番略)

(作詞 やなせたかし  作曲 三木たかし)


「そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも」、なんて、幼稚園児が分かる

歌詞ではねいですね。「何の為に生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そ

んなのは嫌だ!」。まさに、青春の歌でしょう。「今を生きる事で熱いこころ燃える」。「いまを

生きる」という映画もありました。昔、ある先生から「明日でなく、今を生きろ」といわれた事

もありましたが・・・・


二番にも、「時は早く過ぎる 光る星はきえる だから君は行くんだ微笑んで」。というのが

ありますが、考えると難しい歌詞ですね。


「アンパンマンのマーチ」もう一度、良く聴いてみてください。これ、大人の歌ですね。

ついでに言って何ですが、お坊さんの話も、機会あったら聴いてみてください。いい話が聞

けますよ。


アンパンマンの本、久しぶりに読んで見ましたが、面白いですね、私は「ポチポチマン」です

が・・・下のバナーをポチしてネ。  

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ