« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »

2013年6月23日 - 2013年6月29日

2013年6月29日 (土)

小さな町の小さな書道展★文化を担う人~雲仙市千々石町

Dscf2053

「天才とは1パーセントの才能と99パーセントの努力だ」、だったか、「天才は1パーセント

のひらめきと99パーセントの努力だ」、だったか、「天才は1パーセントのひらめきと、99

パーセントの汗だ」だったか、いろいろ翻訳されているようですが、書道に関して言えば、

私、1パーセントの才能はあったのですが、99パーセントの努力をしなかったために、天

才になり損ねました。(ウソだよ?疑ってますね。本当です。イエス様もいっているではあり

ませんか。「信じるものは救われる」。もっとも、オレオレ詐欺の時代、伊奈かっぺいさんに

よると、「信じるものは騙される」。


さて、今日と明日、千々石町公民館で、書道愛好会による書道展が開催。6~7年前に、

公民館講座で、「書道教室」を1年間実施したのがきっかけで、愛好会ができ、ずっと続い

てきたもの。


今ままでは、公民館祭りで、講堂の一角に展示されていたのを、書道展のみで開催でき

ないかと、今年が第1回の書道展になりました。

Dscf2060

先生の書は、真ん中のですが、長崎県展で、記憶によれば県知事賞だったか、とにかく、

大きな賞を取られた方。本職は、公務員。


本職があって、書道に打ち込むのはなかなか難しく、私の知っている学校の先生も、書道

をとるか、本職を取るかで、一人は学校を止め、書道を取られましたが、今や長崎県書道

界の重鎮です。もう、一人の方は、書道をあきらめ、学校の校長先生にまでなられました。


この書道愛好会の先生も、定年を少し残して、今年3月退職をされましたが、これで、書道

に専念できるでしょう。長崎県書道界では、若手ながらも、大活躍されておられます。


さて、最初の頃は皆さん、それなりにだったのですが、精進の甲斐あってか、随分、上達さ

れていました。「継続は力なり」という言葉、本当ですね。

Dscf2063 Dscf2057

参観者も少ないと思っていたら、ひっきりなしに、お客さんが。自分の作品の前で写真を

撮って貰う人。


以前は、東京、福岡まで、絵画展などを見に行っていたのですが、あの華やかさに比べれ

ば、地味ではありますが、素朴で、各人の努力のあとが感じられる書道展でした。こうい

う、地方の人の頑張りが重なって、日本文化を支えていると思っているのですが・・・


宮沢賢治も、草野心平等に見いだされなければ、単なる、一地方文化人だったのですか

ら、地方の文化を大切にしたいものです。


「字」は持って生まれたものといわれますが、私の「痔」は高校時代からです。ポチとも関

係ないか。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年6月28日 (金)

おバカな私と幻の長崎和牛ステーキ

Dscf2043

今回は、良い勉強をしました。何でも、よく調べていくこと。早合点は禁物。


今週、長崎新聞に、

Photo

という記事が出ておりまして、前にも書きましたが、昨年、「第10回全国和牛能力共進会」

が長崎県で開催され、長崎は「肉牛の部」で、日本一の「内閣総理大臣賞」を受賞し、長

崎和牛の名が知れ渡ったのですが、なにせお値段が・・・・・


この新聞を読んで、どういうわけか、「長崎和牛ステーキ半額」、「県農協のエーコープ」、

「午前11時半から」、「23日から」と、こればかりが頭に残り、私の頭の中では、「諫早のエ

ーコープで長崎和牛が半額で買えると。」いう事になった次第でありまして・・・・


諫早の「エーコープ」と言えば、上の写真。カミサンにもたまに、良い思いをさせようと、し

かっりと二人分1960円を握りしめ、少し早めに出かけ、諫早の若奥様に混じり、肉売り

場を中心に、ウロウロと。なにせ、30食の限定。


肉売り場には、肉牛ののぼり旗などありまして。ところが、11時半になっても何の動きもな

し。さてはて?そういえば、諫早には、まだ他にエーコープがあったなと。場所を間違えた

かと、家に帰って新聞をよく読んだら、「エーコープのレストラン」で、「ステーキセット」を半

額で食べさせてくれるとのこと。あ~、なんの為に、わざわざ諫早に行ったんだよ。バカな

私。


ということで、本日はカミサンがいなかったので、一人で食べに出かけました。もちろん、

30食限定ですから、無くなるといけないので少し早めにお出かけ。

Dscf2040 Dscf2039

このレストラン以前にも紹介したと思いますが、表には、「祝 日本一 長崎和牛」の旗、中

に一歩入れば、これまた、「第10回 全国和牛能力共進会 日本一(肉牛の部) 内閣総

理大臣賞受賞」の旗。


これは、間違いないと思って、テーブルに着くとメニューが

Dscf2036

でも、どこにも、ステーキのメニューがない。


可愛いウェイトレスさんが来たので、

「ステーキセットは?」

「昨日で、終わりました。」

「え~マジ」

「私、小学の時から、学級委員長をしておりましたので、マジです。」

「じぇ、じぇ、じぇ、じぇ、。ホントかよ、そんなら、代わりに、あなたの太ももあたり、かじらせ

てよ。」

「店長さん。警察呼んでください~」


ということもなく、、またも例によって、一番安い、日替わり定食を・・・・

Dscf2038

これはこれで、お肉(残念ながら牛肉ではありません)と野菜がたっぶりで、マーボードー

フ付きで、580円也(だったなか?)。


なお、長崎店でもやっているそうで、明日は長崎まで行こうかと思って、新聞読んだら、今

日、28日までだとのこと。残念。ホントにおバカな私で、2日間を無駄に過ごしました。「幻

の長崎和牛ステーキ」。今日は本当に落ち込んでおります。


「人生は失敗によってのみ学ぶことができる」、誰の言葉だったか、ポチと心に沁みます。

 

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年6月27日 (木)

この一曲~ねむの木の子守歌

2_2

今日は山沿いの道を、愛車VW Up!で走っていたら、久しぶりに、ねむの木を見かけま

した。昔、写真を撮っていたころは、よく被写体にしていたものですが。


近くで見ると

1_2

何とも言えない自然の造形美。いつまで見ていても飽きません。


見ているうちに、ふと、頭の中に歌が・・・・・「ねんねの ねむの木 眠りの木・・・・・・」

そう、美智子皇后殿下作詞、山本正美さん作曲の歌です。山本正美さんは、作曲家、指

揮者、山本直純さんの奥さんで、作曲家です。


山本直純さんといえば、髭をはやし、「大きいことは いいことだ それ!」の森永エールチ

ョコレートのCMで有名でしたが、若い方は知らないか・・・


美智子皇后殿下というより、私たちは、ミッチーというのが身近に感じられ、今の天皇陛下

と結婚される前は、特に、美智子様がつけていたヘアバンドが流行り、日本中の女性、婆

様方も真似をされ、ミッチー・ブームを起こしたものでした。


結婚式の時のパレードも、馬車に乗って、もちろん上の屋根はなし。いわば今でいうオー

プンカーですが、テレビ(白黒、リモコンなしでチャンネルをガチャガチャするやつ)で実況

中継があり、国民全部テレビにかじりついて見たものでした。


さて、美智子皇后殿下は子供の読書にも、造詣が深く、過去2回、IBBIY(国際児童図書評

議会)で、おことばを述べておられます。この、おことばは、宮内庁のホームページでも読

むことができます。→「皇后陛下のIBBYにおけるおことばなど」


美智子皇后殿下もIBBYと1980年ころに、つながりを持たれたらしく、この、おことばの中に

面白いエピソードが。


IBBYの日本支部、JBBYが1990年国際ハンス・クリスチャン・アンデルセン賞の候補者とし

て、日本にも、こういう詩人がいいることを知ってほしいと、まど・みちおさんを選び、その

翻訳を美智子皇后殿下に委嘱され、まど・みちおさんの詩集が数冊送られてきたそうで

す。添えられた手紙の末尾に、こう書き加えられてあったそうです。「翻訳料は、なしで。」



「ねむの木の子守歌」

ねんねの ねむの木 眠りの木

そっとゆすった その枝に

遠い昔の 夜(よ)の調べ

ねんねの ねむの木 子守歌


薄紅(うすくれない)の 花の咲く

ねむの木陰で ふと聞いた

小さなささやき ねむの声

ねんね ねんねと 歌ってた


故郷(ふるさと)の夜(よ)の ねむの木は

今日も歌って いるのでしょうか

あの日の夜(よる)の ささやきを

ねむの木 ねんねの木 子守歌


6月28日号週刊朝日の記事に、美智子さまの病状について載せてあり、そのなかで、

「・・・・訪問先に到着された際、お着物でもお洋服でも、お召しものの背中に、しわが寄っ

ているのを見たことがない。ということです。他の女性皇族は正面はきれいでも、後ろ姿

は、しわが寄っていることもすくなくありません。・・・・・」。早いご回復を願うものです。


さて、この歌、You Tubuでも聞かれますので、ぜひお聞きを。いい歌ですよ。


ご夫妻、本当に仲が良いですね。多分、日本で一番、仲が良い、ご夫妻でしょう。私も、ポ

チ見習いたいものですが、カミサンが・・・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

2013年6月25日 (火)

湯煎餅★たかが湯煎餅されど湯煎餅 最終回~雲仙市小浜・雲仙

1_2

こちらの、容器には「入徳」と書いてあります。包み紙の、黒い四角の所、ここにも「入徳」

と書いてあります。この絵柄に「入徳」と書いてあるのは、この店だけです。

2_2

「入徳」と書いて、「にっとく」と読みます「頴川入徳」。中国人。漢方医であり、僧侶。中国名

「陳明徳」。


明朝末期の乱を逃れ長崎にきます。この来た時期、説明版には、慶安年間(1648)とあ

りますが他の本には、寛永4年との記述もありますが、はっきりは分かりませんでした。


さて、入徳は小浜へ来ますが、小浜温泉が病気の治療に効ありと、広くPRし、いわば小浜

溫泉の恩人です。「頴川入徳師翁碑」が小浜の伝妙寺にあり、墓は長崎市夫婦川の春徳

寺にあるそうです。


入徳が、ここらあたりで入浴したであろうという場所があります。

3_2 4

ほとんどビルの蔭になりますが説明版があり、ここの坂を上がると、小浜歴史資料館(旧

湯大夫本多氏邸)があり、途中に「豊後湯跡」があり、島原城主松倉豊後守重政が気に

いったらたしく、しばしば訪れています。


松倉重政は、島原城を築城しますが、そのための重税、苦役等が、後の島原の乱の原因

となっていきます。寛永七年、入浴にきたおり変死します。これは、いろいろ話があるの

で、又後日。


さて、湯煎餅の美味しい部分

7 6

焼いた後、丸く形成しますが、その時できる不要の部分。意外と美味しいですよ。ただし、

この部分、普通、土産物屋さんには置いてありません。湯煎餅を作っているとこにしかあり

ません。


ただ、この部分、昔は一枚一枚焼いており、この部分が、今のより少なく、美味しいらしく

「長崎県溫泉誌(Ⅱ)」には、次のように書いてあります。


「センペイの子、今頃の人々はセンペイの耳というが機械焼きでは出てこないので(注:多

分昔と今では機械が違っていたのか?)手焼きしか出てこない。これも特有の味があり美

味しいしい。一週間前から注文していないと手には入らない。」


とのことで、昔、一枚一枚、おじいさんが焼いていたという、小浜神社裏にいったら、

5

ご覧の通り、家さえありませんでした。神社で、小浜を良く知った方に出会い、聞いたとこ

ろ、小浜には一枚一枚焼いているところは、今は無いという事でした。ただ、前に書いたよ

うに雲仙にあるので、そのうちと思っています。


そういえば、カステラも焼き上げた後、端の方を切り落とし形成しますが、あの切りとった

部分が美味しんですよね。


小浜に来られたら、湯煎餅の耳。長崎に来られたら、カステラの切り落とし。捜してみて下

ださい。これも、旅の楽しみでしょう。


長々と、湯煎餅の話を書きましたが、たかが湯煎餅にも、いろんな事があることを知って

いただければと思い書いてみました。私は小浜の隣町の人間なので、まだ、いろんな話が

あるようでしたが、一応は、これにてお終い。


(参考資料:「小浜町史談」「おばま~史跡巡りガイド」「ふるさと散歩~小林正著」「長崎溫

 泉誌(Ⅱ)」より)


食べ比べてみると、耳の方がポチ美味しいみたい。あなたの、美味しいそうなお耳も、ポ

チしゃぶってみたいな。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


2013年6月24日 (月)

湯煎餅★たかが湯煎餅されど湯煎餅 その3~雲仙市小浜・雲仙

Img_0003_2

Img_0004_2

Photo_3

2_3

Photo_4

湯煎餅は、食べるのも楽しいけれど、この、包装紙を見るのも楽しみのひとつ。


基本的には同じでも、少しづつ違うのが分かるかと思います。この絵柄は鳥瞰図といい、

空に舞い上がった鳥が、大地を見たとしたら、どう見えるかです。この中には、富士山、

東京まで書き込んであります。これも、各店によって、地名の書き込みが違っています。

 Photo_7 Photo_8

この原画については、明治26年発行「小浜温泉」説と、大正10年5月発行の温泉(うんぜ

ん)観光案内の鳥瞰図が使われたとも言われています。(長崎温泉誌(Ⅱ)より)


上から2枚が小浜温泉の分、その下3枚が雲仙温泉の分ですが、一番新しいのが一番上

の絵柄だと思います。黄色い矢印の所。「平成新山」と書いてあります。後で付け加えた

のでしょうが・・・他のにはありませんでした。


さて、小浜歴史資料館で、「大正の広重」と言われた、鳥瞰図の大家「吉田初三郎」展をや

っています。

1

本物はまだ小さい絵だそうですが、大きく引き伸ばして展示してあります。写真には全部

入りきれませんが、「日本八景雲仙嶽交通圖繪」。まさに、じぇ、じぇ、じぇ、です。

Dscf1887

ちゃんと、神戸、大阪、京都、名古屋、富士山、東京まで書き込んであります。


もう一点、これは別館の方に飾ってありましたが、

3

これは、作者名がありませんでした.、別の方が書いたものでしょう。他にも、別なところ

で、雲仙を中心とした鳥瞰図を、何点か目にしたとがあります。


この絵で面白かったのが、左端に書いてある文字。「昭和十四年三月一日 長崎要塞司

令部御檢閲済」。時代を感じさせますね。


なお、この包装紙の絵柄、前書には、昨日書いた井手上英雄氏の昭和62年の談話とし

て、「雲仙岳から東京までの包装紙は各店で作ったこともあったが、今ではセンベイ組合

でまとめて印刷している。・・・・・」とありますが、少しずつ違った図案を見ると、共同で作っ

た包装紙を、現在では各店アレンジして作っているような感じでした。


さて、今日になって私も気づいたことです。感の良い方は分かったと思いますが、

8_2 9 
 

よく見てください。「YUSENPEI」と「YUSEMPEI」です。片方は「N」もう一つは「M」です。この

「M」で書いたお店屋さん、上の5軒のうち2軒です。理由を聞こうと思ったのですが、「昔

から使っとって、よう分からん。」という返事が返ってくるのは分かっているので、あえて聞

きませんでしたが・・・・


小浜へ来られた節は、2個ほど別の店のを買って、包装紙を見比べて下さい。子供と競争

で、違っているところを捜すと、頭の体操にも良いですよ。食べて美味しく、頭の訓練。一

石二鳥といったところで。年を召したあなたには、ぼけ防止。


長々、湯煎餅の事ばかり書きましたが、明日は最終回です。


今日6月24日は美空ひばりさんの命日です。平成元年です。梅雨時、ポチとしんみりした

日でありました。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年6月23日 (日)

湯煎餅★たかが湯煎餅されど湯煎餅 その2~雲仙市小浜・雲仙

Photo Photo_3

さて、雲仙の湯煎餅と小浜の湯煎餅の違い、すぐ分かるのが外観です。左が雲仙の湯煎

餅、右が小浜の湯煎餅。


雲仙のは入れものが多角形、小浜のものは円形です。雲仙の入れものは、現代的という

か、組み立て式の入れもの。雲仙のは厚紙の手作りです。

Photo_4 4

小浜のせんぺい屋さんに寄ったら、店先で親子3人、右側の箱をせっせと作っていました。

この上に、包装紙を貼り付けていきます。ほかの店も覗いたら同様でしたが、これを作る

方が、湯餅を焼くのより時間がかかるんじゃないのかな?


この湯煎餅、「長崎温泉誌Ⅱ」に大正9年生まれの、井手上土産品支店の井手上英雄氏

の話として、「昭和40年頃に四角のセンペイも」焼いたが、湯センペイの形は丸とお客さ

んが思い込んでいるので、全く人気がなく、止めてしまった。・・・・・金属製の缶は4~5年

前まで(注:聞き取りは昭和62年12月になっています)使っていた。・・・・・コストが高くなっ

たので、防湿防止のためにビニール袋に内装し、紙箱に入れて売っている。」との話が載

っていました。


さて、もう一つの違い、昨日書きましたが、創案者が誰であったかよく分かりませんが、

「・・・溫泉が体に良いことから、・・・・」という言葉がありますが、上記の「長崎溫泉誌」に

は、小浜の湯煎餅は温泉水を冷やして使用するそうですが、「雲仙地区では、硫黄の濃い

温泉水であるため使用できず、湯せんぺいの味にも微妙なちがいがある。」とあります。


雲仙の湯煎餅の材料のレッテルです。店によって原材料は少し違いはありますが、原則

的に、卵、小麦粉、砂糖が主になります。 

7 10

小浜煎餅です

Photo_7 9

赤線を付けていますが、「食塩泉」と書いてあるのが分かると思います。小浜の湯煎餅に

は、「食塩泉」が入っているということです。


「食塩泉」とは、広辞苑によれば、「水分中に食塩一分以上を含有する鉱泉。浴用して慢

性リューマチ・痛風・血管防止に飲用して慢性消化器病に有効。湯河原・熱海・塩原な

ど。」と書いてあります。温泉水のことです。


良く考えてみれば、溫泉の「湯」を入れているから「湯煎餅」ですね.。


材料の配分については、各店によって秘伝があるそうです。 

さて、どれくらい違うか、食べてみましたが、五箱も食べ比べすると、どれがどれだか分か

らなくなってしまい、とにかく、結論から言うと、どれも、おいしかった。

(参考:「長崎県溫泉誌(Ⅱ)~長崎県衛生公害研究所・長崎県自然保護課」より)


今日は、どういわけか、カミサンと歴史博物館の歌川国芳展へ。お食事は、館内の、長崎

の方なら良くご存じの、レストラン「銀嶺」へ。「トルコライス」。

Photo_8 Torukoraisu_3

久しぶりのお肉は美味しゅうございました。ただ、カミサンと一日一緒だと、ポチどころか、

緊張のあまり、ドット疲れました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ