« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年6月2日 - 2013年6月8日

2013年6月 8日 (土)

「多助ぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その3~くじら橋 

1

いま、諫早の眼鏡橋は菖蒲の盛りです。今日は、この眼鏡橋でなく、眼鏡橋の間に見え

る、小さな橋のことです。


くじら橋といい、これも貞恵翁が架けた橋です。この橋については、元来この場所ではな

く、他の所に架けられていたのですが、その変遷を、「高城の散歩道」を書かれた、諫早

高城会の山口裕造氏が発掘されています。


この橋は、旧諫早市役所庁舎のすぐ横に、安政二年(1856)に生活通路として架けられ

たものだそうです。


「くじら橋」の名前については、不明だそうですが、旧市役所庁舎の近くには、本明川が流

れています。ひょっとしたら、このあたりまでくじらが上って来たのかな?

2

じっくりと見ると小さいながら趣のある橋です。


昔はここに架かっていたそうで、緑の矢印が市役所。新庁舎。

3_2

赤の矢印の所に欄干が見えます。上の写真の「くじら橋」と比べると、随分大きさが違うみ

たいですが、この橋には「くじらばし」の名前が残っています。


横から見ると、こんな感じ。眼鏡橋横の「くじら橋」で十分渡れるのが分かると思います。

この割堀は、本明川の山下淵から、沖中の方に水を引いた用水路だそうです。

4 5

写真では少し分かりにくいと思いますが、「くじらばし」と平仮名で書いてあります。


この橋は、明治6年、諫早小学校を建てるので、旧道をつぶしたため不要になり、諫早公

園作りが完成をし、登り口に木橋を架けますが、木陰で腐食が早く、くじら橋を解体して、

移築したそうです。


諫早水害の後、眼鏡橋を現在の諫早公園に移築しますが、登り口を盛り土したため、再

度撤去されますが、このとき、良い橋だと言うことで、現在の池の所に移築されたものだそ

うです。


このとき、誰も「くじら橋」とは知らなかったそうですが、山口裕造氏が古老から聞いた話

で、貞恵翁が架けた「くじら橋」だということが分かったそうです。


山口裕造氏は、その著書に、「諫早市民はくじら橋の謂われを知りませんので、石橋の景

観を壊さないよう説明板を据えてもらいたいものです。」と書かれていますが、

6

今では、写真のように、立派な説明板が建ててあります。


旧市役所庁舎の前に、頌徳碑が建ててあります。旧庁舎時代はあまり目立たなかったの

ですが、旧庁舎が解体されたため、目立つようになりました。諫早の偉人、福田渭水と土

橋貞恵の頌徳碑です。

7_2

右が土橋貞恵翁の頌徳碑です。碑の廻りには、貞恵翁の功績をたたえる文章がびっしり

と彫り込んであります。  (「多助ぼぅっさん」、お終い)

(参考・引用:「高城の歴史散歩~山口裕造著」、ブログ「fwd-net長崎・諫早」より)


一週間ばかり、舌がヒリヒリするので、耳鼻咽喉科かな?歯科かな?と思っていたら、口

腔外科というのがあるそうで、見て貰ったら、ただ単に舌に水分が不足して、乾いている

とのことで安心しました。ところで、私の舌、誰かポチとでも舐めて、水分補給してくれませ

んか。男はだめよ。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ







2013年6月 7日 (金)

「多助ぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その2~多助橋と貞恵翁堀

Dscf1398

昨日の続きですが、当時は、今のように道路状況等も良くなく、今でいう公共事業を貞恵

翁は私費でおこなっています。


橋がなく困っている人のために、諫早から森山町にかけ、半蔵橋、田代橋、くじら橋、段道

橋、多助橋、また、灌漑用水に困っているところにはため池、藩校好古館には学校田など

の寄付をしています。

森山町には、多助橋、貞恵翁のため池が残っているので、ぶらりぶらりと・・・・多助橋は慶

師野川沿いと言うことで・・・・こちらは、事前に調べると、コンクリート橋に変わっていると

か。


まあ、場所が分からないので、川沿いに行くと、建物があって、その前になにやら胸像

が・・


ここは正式名称、「諫早市健康福祉センター森山分館・森山保健センター・諫早市南部地

域包括支援センター」。3回読むと舌をかみそうな名前。四角いところに胸像があり、ひょ

っとしたらと思い、寄ってみたら、案の定、上の、「土橋貞恵翁」の胸像。はやり、郷土の先

覚者として、いまも名を残しているのでしょう。

Dscf1410_2

多分、ここの職員さんなら知っているかと入って見みると、美人の職員さん。お茶でも誘お

うと思ったのですが、どうせ振られると分かっているので、多助橋の場所を聞いたら、すぐ

そこの橋。予想どうり、架け変わっていました。河川改修がおこなわれたためでしょう。

せっかくなら、どこかに保存して欲しかった。

Dscf1407

以前調べたときは、橋の名前もなかったそうですが、現在は

Dscf1404 Dscf1405

ちゃんと、橋の名前が入っています。せっかくなら、説明板と昔の写真が欲しいところ。


今度は、ため池の方に。場所は森山町図書館から国道の方角の反対側に歩いて行くと、

町営住宅(今は合併で市営住宅かな?)のすぐそば。

Dscf1425

意外と大きく、費用もかかったことでしょう。

四角の赤の所に、2体石仏が祀ってあります。

Dscf1417

左は首が取れ、他の石をつないでありますが、例によって、廃仏毇釈運動の犠牲でしょ

う。

Dscf1418 Dscf1419

森山町図書館の調査カードによれば、左の台座には、「文久元年(1861) 施主 知足庵 

庄屋 次助 横目 和?」と彫ってあるそうで、「知足庵」とは、昨日書きました、貞恵翁が

晩年、仏門に入ったときの名前です。

Dscf1420 Dscf1421

右の石仏は「倶利伽羅明王」。倶利伽羅竜王、倶利伽羅不動ともいうそうで、上に巻き付

いているのは、うなぎではなく、竜です。


調査カードには、「右手に剣をを持ち、左手には宝珠を持っており、頭上には、倶利伽羅

明王本来の姿である、竜王が刻まれている。」とありました。

ため池も、他にもあるらしいのですが、残念ながら分かりませんでした。

(参考・引用:「森山町郷土誌」「高城の散歩道~山口裕造著」より)


この倶利伽羅さんの竜、目付きが鋭く、生きているような感じで、ポチとビビりました。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年6月 6日 (木)

「助けぼぅっさん」★土橋多助(貞恵翁) その1~土橋家墓所

Photo_2

森山町に4年ばかりいるとき、毎年「土橋貞恵翁祭」が行われ、薄れた記憶によれば、町

内の2つの小学校4年生以上と中学生全員が、東小学校に集まり、貞恵翁の遺徳を偲ん

だものでした。


貞恵翁の説明については、各3校の持ち回りで、劇にしたり、校長先生の講話にしたり、と

いう形でしたが、なにせ、小学校の4年、5年、6年、中学校の1年、2年、3年と同じ話を6

回聞くわけになるわけで、これでは、いやでも郷土の先覚者の事を覚える事になり、郷土

を深く理解させるには、こういう徹底さが必要だなと感じたことでした。

諫早市でも、諫早小学校、北諫早小学校、丸尾=上諫早小学校の児童が集まり、顕彰碑

に集まり、訓示のあと、「多助まんじゅう」という、紅白まんじゅうを貰っていたそうです(今

もかな?)。


さて、土橋多助は安永五年、諫早の長田に生まれ。苦労しながら、多良の金泉寺で読み

書きを学び、佐賀の諫早藩で下僕をし、その後、長崎の医者吉松道硯に医術を学び、32

才の時、森山町杉谷で開業します。


このときは、「土橋永春」の看板を掲げていたそうですが、医術の優秀さと、その人格か

ら、寸暇も無いほど多忙を極めたそうです。


そのため、資産が増え富豪となりますが、これらの財産は、森山、諫早地方の架橋、道路

の改修、ため池の築造等に使われています。


万延元年、諫早領主から士族に列せられ、「貞恵」の称号を受けます。晩年には剃髪し、

「知足庵」と称し、仏門に入ります。


晩年にいたり、墓地の準備にかかり、地開きをしたり、墓碑を刻んだそうです。墓碑は森

山東小学校の脇の道から入りますが、案内板があるのですぐ分かります。

ここまで登ってくるのがちとつらい、という感じですが道はちゃんと整備されていました。


墓地は、三段になっています。入り口に、六地蔵。

Photo_3

立派なもので、「先祖代々有縁無縁三界萬靈墓」と刻んであります。

最下段は土橋家の墓。貞恵翁の墓もどこかに建っているのでしょうが・・・・

Photo_4

中段が先祖高柳家の祖と、師匠の墓

Photo_5

最上段は三つの尊像。中央が阿弥陀如来、左が大黒天、右が薬師如来。

Photo_6

この、三段に各々カメがいけてあります。

Dscf1224 Photo_7

このカメは小鳥が水を飲みに来るために、いけてあるそうですが、深くて鳥がおぼれない

ように、小石を入れて浅くしてあるそうです。濁って中は見えませんでしたが、貞恵翁の

心が感じられるような墓所でした。

(参考・引用:「森山町郷土史」「諫早史談~田中為一著」「高城の歴史散歩~山口祐造

 著」より)


新車買って3日目。半日ドライブしていたら、何となく、カミサンより、ポチ心が通じるような

気がしてきました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年6月 5日 (水)

南串山町の力石~雲仙市南串山町

1

南串山町の雲仙歴史資料館南串山展示館です。ここは、南串山町の馬場庄屋の跡地に

なります。左右はもっと広い敷地なのですが・・・・・


馬場庄屋の屋敷が古くなり、解体することになり、何かあればと言うことで、調査をしたそ

うですが、つづらがあったそうです(昔話の舌切り雀に出てくる「つづら」です)。


その中を見ると古文書がぎっしり入っていたそうです。調べると、島原の乱後、人手がな

かったために、小豆島あたりからも移住者が入ってきますが、その人数、南串山町に何名

入ってきて、どの集落に何名住むようになったかと言うことまで書いてあったそうです。


現在、ボランティアの方で、解読中ですが、全部解読するには10年はかかるだろうな。と

言うことでした。このことは、また後日紹介します。本当は、こちらのことを聞きに来たので

すが・・・・


さて、この中に入ろうとしたとき、玄関脇、四角の赤いところに、石が二つ。何だろうと思う

と力石。以前、力石のことを書きましたが、一回調べたことと美人にはすぐに目がいくも

の。

2

片方が、百二十斤、もう片方が九十六斤。ちゃんと彫りつけてありました。


「金(きん)」、失礼、いつも金がないので・・・「斤」の重量についてはなかなか難しいところ

があるようですが、600グラムになるそうです。ちなみにパンの1斤は340グラムだそうで

す。


片方が120斤ですから72㎏、もう片方が96斤で57.6㎏。

以前にも書きましたが、昔は米一俵が60㎏。義兄弟と話をしていると、「米一俵かつぎゃ

えんもんは、一人前じゃなかったもんな。」という話。この石だいたい一俵の重さになりま

す。


全国の力石の研究をされている本を読むと、力石の重量は75㎏~112.5㎏だそうで

すが、米一俵を基準にしているということらしいです。

3 4

石の持ち方、競技方にもいろいろあって、説明すると長くなるので方法名のみ。「石担

ぎ」、「石ざし」、「片手留」、「曲持ち」、「降りさし」、「石回し」、「襷掛け」、「足ざし」、「石

立」、「石投げ」、「地きり」等あるそうです。


力石をみると、みんな丸い形をしていますが、これは、わざと持ちにくくしたと言う説、丸い

方が体を傷つけないと言う配慮も考えられるそうです。


相撲の土俵も、一段高くなって、素人は、転がり落ちたときに、危ないじゃないかと思うの

ですが、あれが返って怪我をしないそうです。昔の人の試行錯誤の結果でしょうが、力石

の丸いのもそうではないでしょうか。


この力石、近所の家にあったのを持ってきたそうですが、字が彫って無ければ、ただ単に

庭石くらいにしか思われなかったでしょう。多分、昔はこの石を囲んで、近所の若者たち

が、力比べをして、賑わった事と思います。まさに、庶民の歴史が染みこんだ石です。



なお、この資料館、毎日開いていないので、行かれるときは、雲仙市の教育委員会まで

ご連絡を。   

(参考:九州・沖縄の力石~高島愼助著)


私?持ち上げようとしたら、ポチとも動きませんでした。古人曰く、「色男、金と力はなかり

けり。」 

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ






2013年6月 4日 (火)

雲仙鉄道 その22~訂正・そして山はどこ?

1

先日出したばかりの写真です。後ろの山を雲仙岳と紹介しましたが、TKOさんからコメント

で、線路の形状から、雲仙岳ではなく、諫早方面の山ではないかと、ご指摘を頂きました。

ここらあたりで、後ろの山のような大きい山は、諫早の多良岳、島原半島の雲仙岳しかな

いのですが、

2 3

左が諫早の多良岳、右が雲仙岳。雲仙岳の左側が高いようですが、雲仙岳の噴火により

盛り上がったものです。


多良岳とは全く形が違います。右の雲仙岳は、吾妻方面から撮ったものです。

一番上の写真、奥の山が、妙見岳、国見岳、前の山が吾妻岳と判断したのですが、現場

に行って、同じような所から写真を撮ると

4

ここらあたり、家が建て込み、一番上の写真とは全く、変わっています。愛野駅に向かう道

がありますが、この写真の家の表側が旧道になります。線路左側、赤い三角屋根が少し

見えますが、これが、愛野駅です。


こうしてみると、どうも、一番上の写真のような高い山はない。駅の屋根の上側が少し見え

ていますから、少し高台から撮ったものでしょう。ローアングルなら山が高く見えますが・・・


と考えながら買い物をしていると、なんと愛野の郷土史家で、愛野を一番ご存じのO先生

とばったり遭遇。やはり、酒は飲まず、タバコは吸わず、パチンコは止め、女は騙さず、お

まけに甘いものも止め。こういう立派な人間に、天は味方するもの。


ちょうど写真も持っていたので尋ねると、やはり、吾妻町方向から、森山町と愛野町の方

向を撮ったもので、四角の赤いあたりが、諫早東高校付近(森山町)に当たるということで

した。O先生の言うことですから、間違いはないでしょう。


でも、山は?多分、写真のアングルが違うのか?似ている感じの山もあるのですが・・・・

ひょっとしたら、誰か削ったのか?山の形の再検討が必要でしょう。


さて、AKOさんが、機関車の事について触れていたので、

Img

          (島原半島の歴史~監修:松尾卓治)

明治41年に島原鉄道株式会社が設立され。植木元太郎氏を先頭に4年間をかけ開通。

この時走った汽車が、上の写真の機関車ですが、なんと、「汽笛一声新橋を・・・」で歌わ

れた、東京~横浜を日本で一番最初に走った機関車だそうですが、この機関車が、島原

鉄道も走り、島原でも第1号だったそうです。20年間走り続けたそうです。「島原駅とシマ

テツ列車 客車と貨車を一緒に牽引している1号機関車」の説明文が書いてあります。


現在、さいたま市鉄道博物館に所蔵され、車体には「1」と、「惜別無量 昭和五年六月為

記念 島原鉄道社長植木元太郎 識」との銅板が飾られているそうです。国の重要文化

財です。


さて、愛野駅に寄ったところ、少しあれっと

7 8

左が今の愛野駅ですが、赤の四角所の木。

右が以前出しましたが、「長崎県衛生公害研究所報」に載っていた写真。「雲仙山岳後援

会発行 昭和2年 小浜町観光ホテル蔵」との注が入っています(観光ホテルは倒産しまし

た)。これにも同じような木が立っています。多分、この当時からの木ではないでしょうか?

ただ、現在は2本寄り添うように立っており、多分、婚活に成功したのでしょう。

(参考・文引用:「島原半島の歴史~松尾卓治監修」「長崎県衛生公害研究所報」より)



今日もカミサンは留守。でも、新車で一日中ドライブしました。もちろん隣には、かわいい

女の子。AKB48の女の子のグラビアですが。それでもポチと楽しかった。グラビアにポチ

ポチ話しかけたりして・・・・・

 

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年6月 3日 (月)

車、買い換えました~車に思う

Dscf1529

お~かっこいいですね。昔の歌で、「・・・真っ赤なポルシェ・・・」と言うのがありましたが、こ

うして見ると、ビートルの赤も良いですね。


考えれば、私の自動車歴。最初に乗ったのが、ケンメリのスカイライン、もちろん中古で、

純正クーラーなしの、外付けクーラー。まったく効きませんでした。次が、あまり評判の良く

ない、バイオレット。あと、金がなかったので、中古の軽自動車。もちろんクーラーなし。山

越えの通勤で、7年間、3台つぶしました。一台は途中でタイヤが外れたことも・・・・


次に、せっかくなら、一生に一度はと思い切って、3代目のゴルフを買いましたが、故障、

リコールは多く、維持費は高く・・・・あの頃の外車は、だいたいそんなもんでしたが・・・


最後、JAFのレッカー車にひかれていくとき、「故障が少ない車ない?」「外車は故障が多

いですね。あと、高級車。いろんな装備が付いてますから。故障が少ないのは、安いカロ

ーラあたりですね。」と言うことで、すぐにカローラに買い換えましたが、仕事柄、荷物を運

ぶことが多いので、カローラフィルダーを購入。

Dscf1522

これ、7年で15万キロほど乗りましたが、故障一つ起こりませんでした。


無理して、山道の悪路を走らせたりしましたが、愚痴も言わずに良く走ってくれました。右

を向けと言えば、一日中、右を向くような、良くできた妻という感じ。(ウチのカミサンの反

対)


この間、ミニバイク4台、ホンダのエルシノア、オフロードです。カワサキのZ400。

一台はモンキーでしたが、あれは面白かった。ホンダのエルシノア、座席が高いのか、私

の足が短いのか、赤信号で止まると、足が地面につかない。

その間、仕事の関係で大型免許をとり、マイクロバスを良く運転しました。思えば、結構、

車関係乗ってますね。


さて、フィルダー、まだ乗るかどうか迷い、車屋さんを回ったら、ちょうど3月の決算時期。

まける事、まける事。結局、諫早のディラーさんを回って、試乗車10台くらい乗りました。


日本の自動車、良いですね。足元、剛性、ハンドリング、内装、外装、加速感、シートのふ

にゃふにゃ感もほとんど無くなりました。


来年の車検、エコ減税の廃止、多分重量税値上がりと、消費税の値上がり、円安による

車の値上と考え、買い替えにしようかと。


ただ、結局、まあ、どれを選んでも同じだなと。あとは、値引きの問題だけ。これでなくては

という車もなく、何となく買う気が失せかかり、思い出したのがVW。


でも、高いし、ディラーまで遠いなあと思いながら、暇だから行って見ました。もちろん、車

の下調べは十分していきましたが・・・それで、選んだのが、残念ながら、上のビートルで

はなく好評、悪評半ばするUP!VWでは一番お安いやつ。

Dscf1527

試乗して、まあ、そんなにひどい悪評まではないなと、なにしろ、教習所のトラックに乗った

ら、ハンドルは重いし、クラッチは、どっこいしょと踏まなければならないし、ギアは入らな

いし、一時間の教習で3キロは痩せました。あの思いをすれば可愛いもの。


もう一回、日本車各社に試乗して回って、最後にまたUP!に試乗して、はやりこれだな

と。不便なところたくさんあります。

Dscf1547

運転性のドアの所ですが、普通は運転席で、全座席のウィンドー開閉できるのですが、

運転席は運転席、助手席には助手席しかついてません。後ろのウィンドー、上下には開き

ません。ポップアップ式というか、斜めにほんの少しばかり開くだけです。


でも、昔のウィンドーは各ドアに小さな取っ手みたいなのがあって、それをぐるぐる回して

開けていたのにくらべれば・・・


物を入れるポケット類が少ないです。でも、今は断捨離の時代。いらないものは乗せない

こと。



騒音、気にするほどではありません。バイクに比べれば・・・雨にも濡れないし。

悪評を読んでいて感じるのは、みんな贅沢にというか、車に対するに要求が多くなったこ

と。日本車に試乗して、車に乗っているのではなく、車に乗せられているという感じです。


A×B=Cは習いましたね。Aが車の安全性。Bが車の快適性。Cが車の価格で、Cを一定

だとすると、Aが高ければ、Bは低くなるし、Aが低ければ、Bは高くなるし。UP!は前者の車

です。


この車は、元来MTが基本になって、日本ではATがほとんどだから、ATを付けたという感

じで、MT(アクセルペダルなしの、いわゆるツーペダル)、ATでも運転できますが、AT限定

免許取られた方、ギアチェンジがどうして行われているのか、知識がないと戸惑うでしょ

う。ATでの悪評は多いですね。MTで運転したら面白いほど走りました。


高速を運転したら、走り方が、ぐっと違ってきて、はやりアウトバーンの国、制限時速なし

の車だという実感はしました。市街地で、リッター17キロ強。高速、バイパスで20キロ超。

ガソリンはハイオクですが、今までのが12~13キロですから、多分安くつくでしょう。


さて、ここ数年、機械式の時計が流行ってきました。私もカミサンには内緒で3個ほど持っ

ていますが(なにしろ、クォーツの時計と一桁違いますから、見つかったら離婚もの。)毎

日、リューズは巻かないといけないし、私の知人のロレックスは一日4分狂います。おまけ

に数年に一度の分解掃除。○万円はとられます。一時全滅状態の、あの不便な機械式時

計が、なぜ増え始めたのか?故障が多い、イタ車の人気があるのも、同じようなものか

な。不便も一つの魅力。悪女はモテる。


この車、再度書けば不便なところがたくさんあります。でも、バイクでさえ、1200cc,

1500ccがある時代、999ccのエンジンで一生懸命走っていると思うと、なんとなく、いとお

しく思えてくるのです。明日は晴れだし、少しドライブでも・・・「お嬢さん(35歳以下、美人、

話し上手に限る)ドライブしませんか?」


これ欲しい方、ネットで評判読んで、少なくとも3回くらいは試乗してみてください。そうでな

いと、後で不満がでてきます。


島原半島、諫早方面でキュートな車に乗った、可愛いおじさんを見かけたら、それは、私

です。目立つ色を買いましたから。カミサンからは、ポチどころではなく、こんな派手なの

を!と怒られましたが・・・

 

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ







« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ