« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »

2013年5月12日 - 2013年5月18日

2013年5月18日 (土)

iPhone5で遊びました~ドライブカメラ

Dscf1138_2

最近、車事故の時、画面を記録するドライブカメラが流行っているとか。私も、どうかなと

思ったのですが、懐の具合が・・・・先日、ネットを見ていたら、iPhoneのアプリを使って、こ

れができるとか。早速このアプリをインストールして、試してみました。

Photo_8 Photo_9

ダッシュボードに吸着盤で設置。家電屋さんで1300円也。後はスタートスイッチをタッチす

ればOK。


しばらくは、画面が映っていますが、しばらくすると,脇見運転しないように、画面が変わり

ます。

Photo_13

本当に作動するのか、ぶっつけても良いような、安い車を物色(冗談です、スミマセン)。

前の車に近づきすぎると、接近注意のアナウンスが流れます。


考えてみて、少し乱暴運転をしてみようかと、車にスピンかけたり、ドリフトやったり、する

腕はないので、急ブレーキくらいならできるかなと、田舎とは思えない、車の来ない立派な

道路でやってみました。(よい子の皆さんはしないでしょうが、悪い子の皆さんは真似しな

いように。)

Photo_14

急ブレーキを踏むと、上の画面と同時に、「衝撃を検知しました、事故の場合はけが人の

救護、路上での危険防止をしてください。」のアナウンス。しばらくすると、画面は救急車、

警察、保険会社の連絡先に変わります。タッチすると多分電話が通じるのでしょう。

Photo_15

さて、家に帰って、録画リストを見ると

Photo_16

録画リストをタッチすると

Photo_17

画面左半分の所、黄色の三角の所が急ブレーキを踏んだところ。少し左の青い車のイラ

ストが、私の車が走っている場所で、右がその画面。緊急事態が起こった前後10秒ずつ

記録されるようになっています。

Photo_18

緊急事態が起こったところと、車が重なっています。急ブレーキを踏んだところです。事故

現場の地図(GPSが拾えないところはでません)。車の速度、時刻等出ていますが、車の

ショックのGで、緊急事態を察知するようで、0.5G以上の所がリストにあげられていまし

た。

Photo_19

なお、運転成績も出るようになっており、この日は試しに乱暴運をしたためか、ランクはC

でした。このアプリ、損保ジャパンで検索すると出てきます。


ただ、iPhoneをダッシュボードに置いていると、今日あたりもでしたが、かなり熱くなってお

り、夏場は特に、この点心配なところです。夏は使わない方が無難でしょう。


固定器具を買うのがもったいなかったら、別の方にしっかり、iPhoneを持ってもらって、一

度試してはいかがでしょうか。


今日は久しぶりに床屋さんに行ってきました。もちろん女性の床屋さんです。ポチと幸せ

でした。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年5月16日 (木)

2013 雲仙つつじ速報(5月16日)~長崎県雲仙市小浜町雲仙

Photo_2

下界は、つつじが散ってしまったかと思ったら、ここ雲仙岳は標高が高いせいか、つつじが

満開状態。

Photo_3

仁田峠の駐車場。上の山は妙見岳です。絨毯を敷きつめたようなつつじ。

Photo_5

この雲仙は昔から、島原藩に大切に守られ、元禄六年には、次のような制札が建てられて

いたそうです。(これ、以前書きましたかね?年とともに、同じ事を繰り返し言うようになっ

て・・・・・)


一、宮廻不浄之儀有へからず、並ニ放火申す及ばす、たばこ火までも無沙汰に取り散らか

   す間敷事

二、参詣或いは見物、或は湯治之輩 辨等酒魚用いる事くるしからず、但乱酒みだりに之

   儀有へからざる事

三、当山つつじ一枝折取ることも堅令停止事

右之通可相守者也

元禄六年四月廿一日


要するに、たばこはポイポイ捨てるな、弁当、酒は良いが、よって乱れるな、つつじは、一

枝でも、折り取ることはならぬ。ということで、これ、現代にも当てはまりますね。


帰りに、宝原(ほうばる)公園まで行くと、平日だというのに、駐車場がいっぱい。こちらも、

見事なつつじでした。

Photo_6

あ~カミサンも連れてくればよかったな、(真っ赤な嘘です)と思いつつ、コンビニで買って

きた弁当を一人、ぼそぼそ食べました。

Photo_7

ゴルフ場付近の、公園を覗いたらこちらも満開。

Photo_8

向こうに見える山は、矢岳です。


多分、来週には散りかかるでしょうから、今週の土、日は天気も良いようだし、出かけられ

てはいかがでしょう。ただし、早めに行かれないと、駐車場はいっぱいですよ。

途中、山の中に咲いている、ヤマボウシも楚々として、若葉の中にアクセントを加えていま

した。  (参考:小浜町史談)


タバコに酒、昔から不心得者がポチポチいたんですね。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年5月15日 (水)

お庭で散歩

Photo

今日は、電気屋さんに室内工事を頼んだので、出かけるわけにも行かず、かといって部屋

にいたら邪魔になるし、お庭を散歩して見て回りました。


本来なら、夏野菜を植えてた時期なのですが、昨年末から、いろいろあって、意欲がわか

ず・・・


まあ、サツマイモが今からですから、植えてみますか。といっても、ウチのカミサン、田舎育

ちで、小さい頃、サツマイモばかり食わされ、見るのもイヤという状態だしなあ。


写真のヤマボウシ、植木が一本枯れたので、その代わりに去年植えたら、その年から花を

つけ、今年も咲いてくれました。この花、下から見るとあまり目立たないのですが、二階か

らみると、昨年より、花数が増えていました。


月桂樹。西洋料理に使う、「ローリエ」。小さな苗木をもらったのですが、いつの間にか、庭

の片隅を占めるまでになりました。重宝しています。ただ、増えすぎて・・・

ツワブキ。春先になると若芽が出てきて、食卓にのぼります。これ、皮をむくのが面倒くさ

く、指先が黒くなってしまうので・・・・山で採ってきて、植えていたらいつの間にやら、増えて

きました。

Photo_2 Photo_3

日本ヒイラギ、家を建てるとき、「日本ヒイラギは魔除けになるよ。」と言われ、植えたもの。

カミサン除けになる木はないものか?

ミント。まあ、増えますね。根がどんどん広がって、あっという間に畑の一角を占めたので、

ほとんど処理して、少しだけ片隅に植えました。根が広がらないように、ビニールの板を植

え込んで、囲っています。

Photo_4 Photo_5

庭の片隅にひっそりと咲いていた花。名前はよく知りません。昔、子供に「お父さん、あの

鳥、なんていう鳥。」と聞かれて、「小鳥だよ。」と答え、バカにされましたが・・・・

「名のない草はない。」と言ったのは、確か昭和天皇たっだと思います。

柿の木、大きくなりました。下に立つと、太陽の光を通した葉の緑が、気持ちいい。リラクゼ

ーションにもってこいの場所です。

Photo_6 Photo_7

昨年、里芋を掘ったとき、残っていた里芋の芽があちらこちらに伸びていました。

シャクナゲ。2~3年前、シャクナゲ見物に行って買ったものですが、土が合わないのか、

咲きそうで、咲きません。(見えそうで、見えないパン○○○と一緒かな?)

Photo_8 Photo_9

またも来ました、タマネギです。これで3軒目、今年はタマネギの値が安いのか、タマネギ

農家は困っているそうです。あちらこちら配って、それでも、あまった分は、どこかに捨てに

いくとか。どうも、ジャガイモの値もあまり良くないらしく、困ったもんです。

ニンジンの堀り忘れがあったので掘ってみたら、葉っぱばかりでしたが、この葉っぱ、天ぷ

らにすると、美味しいんですよね。好物です。

Photo_10 Photo_11

アジサイはぼつぼつ蕾をつけてきました。沖縄は梅雨に入ったそうですが、アジサイが咲

き始めると梅雨。ぼちぼち正月の準備ですね。

昨年、いただいたジャガイモですが、全部は食べきれず、いつの間にか芽が出ていまし

た。

Photo_12 Photo_13

ろくな手入れもしないのに、良く育つもんです。たまには庭のお散歩も良いもんですね。季

節が感じられました。

今日はポチとゆっくりした日でした。例によって、カミサンはお留守だし。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年5月14日 (火)

雲仙鉄道 その15~記念碑にご注意 その2

4_2

昨日、書き忘れていましたが、このような記念碑等には普通、設置年月日、設置者等が書

いてあるのですが、裏を見ても、横を見ても、なんにも表記されていませんでした。不思議

といえば不思議。


千々石駅です。ここまでは「小浜鉄道」と表記してありましたが、ここからは「温泉鉄道」に

変わっています。「温泉軽便鉄道」とするのが本当なのでしょうが・・・・


ローマ字で、「TIJIWAEKI」と彫ってあります。今なら「CHIJIWAEKI」になるのでしょうが、こ

の「TIJIWA」の表記は、戦前に使われた、「日本式ローマ字」。昭和12年には、日本式ロー

マ字を基にして、内閣訓令第3号として「訓令式ローマ字」が公布されます。


縦の行「aiueo(あいうえお)」、横の行「akasatana(あかさたな)」を単純に組み合わせたも

の。「き」は「k」と「i」の交わるところで「ki」。「千々石」の「ち」は、当然「t」と「i」が交わるとこ

ろで「ti」になります。


試しにパソコンで、「t」「i」と打っていただくと、「ち」と出ると思います。あなたのパソコン、出

ない?それ安物のパソコンでしょう?


訓令式ローマ字は、「日本式ローマ字」ですから、戦争で負け、米軍が日本に入ってきたと

き、英語に準拠した、「ヘボン式ローマ字」に代わられます。


話を元に戻します。上に書いてある、「唐比浜」、「上千々岩」。もちろん「浜」、「上千々石」

で、これは間違い、その証拠に、昭和5年10月号の時刻表ですが、「千々石」、「上千々

石」、「濱」とちゃんと書いてあります。

Img_0003 Photo

次の駅は「浜駅」ですが、ここは、開業が大正15年7月になっています。愛野~千々石の

開業は、大正12年ですから、この駅だけが開業が遅れています。理由については、残念

ながら分かりませんでした。

Photo_2

お~ここは良いですね。ちゃんと旧字で「濱」。しかも、「温泉軽便鉄道」となっているではあ

りませんか。惜しむらくは、「鉄」を「鐵」に。ここも、設置年月日、設置者の名前なし。


次は、「水晶観音。」先ほどの時刻表には「水晶觀音」と旧字で書いてありました。

Photo_3

ここも、ちゃんと、「温泉軽便鉄道」、「濱」の字。良いですね。「観」の字が「觀」にして欲し

い。


次が「愛津駅」ですが、ここにきて、やっと設立年月日、設置者が分かります。

Photo_4 Photo_5

横の方に、「平成六年二月建立 愛野町」。


デザイン的にも全部同じ記念碑。そろっていますから、多分、各町で話し合って、設置した

ものなのかな?内容は、各町で業者に発注したものと思えます。


さて、最後の愛野駅です。

Photo_6 Photo_8

やはり、ここも「平成六年二月建立 愛野町」となっておりました。


こうしてみると、我が千々石町の記念碑が間違いが多く、町民を代表して陳謝いたします。


おまけです。

千々石の記念碑の横に、写真を焼き付けた石碑がありますが、

7 8

左の駅名の看板、「千々石と」書いてあるのが分かると思います。そういえば、戦前は横書

きの場合は、写真のように右から左に書いていましたから、各記念碑も昔風に右から左に

書けば、いっそ風情があったものと思います。


暇なので、もう一つおまけです。上の時刻表、全国の地図が載っており、別冊に九州だけ

の地図が付いていますが、

Img Img_0001

片方は単なる間違いでしょうが、「喜々津駅」が出発駅になっていました。なお、この地図

の地名は、新漢字表記です。


また、この時刻表、「朝鮮及滿洲」、「薹湾(わんは難しい字なのですが、私のパソコンでは

出てきません。私のパソコンも安物なのかな?)」の地図と時刻表ものっており、時代を感

じさせるものでした。

以上、「記念碑に注意」を終わり、次回から、千々石駅~愛野駅まで、現場を回ります。


今日は、町内放送で、78才の男性が行方不明で、容姿などを説明しており、見かけたら

連絡をして欲しい旨の要請があっておりました、私もポチポチ年なので、もうすぐこうなるの

かな。実感として聞いておりました。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



2013年5月13日 (月)

雲仙鉄道 その14~記念碑にご注意 その1

1

一応、温泉鉄道の歴史をおさらいしたいと思います。


大正9年7月(1920年)   温泉軽便鉄道株式会社創立

大正10年8月(1921年)  小浜鉄道株式会社創立

大正12年5月(1923年)  愛野~千々石間の温泉軽便鉄道開通

昭和2年3月(1927年)   千々石~肥前小浜間の小浜鉄道開通

昭和2年6月(1927年)   温泉軽便鉄道、小浜鉄道、島原鉄道三社で諫早より直通運 

                  転開始

昭和7年11月(1932年)  赤字経営により三社直通運転解消

昭和8年7月(1933年)   温泉軽便鉄道と小浜鉄道合併し、雲仙鉄道となる

昭和8年11月(1933年)  諫早より直通運転再開

昭和13年8月(1938年)  雲仙鉄道解散           (以上説明板より)


なぜ、愛野~小浜間の短い距離の間に、2つも鉄道会社があったのか、これは以前詳しく

書いていますので省略します。


温泉鉄道の事を再開しようと、旧駅跡を訪れたとき、千々石の「上千々石駅」の記念碑を

見ていると、なんだか変だぞと・・・


「上千々」が「上千々」に。おまけに、下の方、次の駅を書いてある所。

2 3

「木津ケ浜」ではなく、正確には「木津の浜」。「下千々岩」なんて駅はありません「千々石」

です。


この、記念碑、誰が建てたのか、この碑の下に、銘板がはめこんであります。

「幼かった頃 ふるさとの歴史を きざんで ここに鉄道が通っていた 懐かしい当時を偲ん

で   平成元年11月 建碑贈」となっており、氏名が彫ってあり、多分、この方が全部を

寄贈されたのかと思ったのですが、寄贈年月日が平成元年、後で書くように、この駅の記

念碑が各町に建てられたのが平成6年頃。


多分、下の部分だけ建てられ、上の部分は後で建てられたのではないかと、近所の方、

2、3にあたったのですが、返事は「さあ?」でした。


ということもあり、小浜に用事で行った帰りに、各記念碑を見て回りました。

Photo Photo_2

「肥前小浜駅」です。「小浜駅」ではありません。これについては以前書いたので省きます。


上に「旧 小浜鉄道」と書いてありますが。ここは昔を偲んで、「旧 小浜鐵道」と、旧漢字で

かいて欲しかったですね。「小浜」も「小濱」で。ここは少し高いところにあるので、写真が撮

りにくくて。「わたしゃ、もう少し背が欲しい」。


「木津の浜駅」。ここも、「木津駅」ではなく、「木津の浜駅」。これも以前書きましたから省き

ます。「木津の濱駅」。旧漢字が良いのですが・・・・


この駅だけ、「近代化産業遺産」のプレートが嵌まっています。ここは、はっきりとプラットホ

ームが残っていますから、ここだけが指定かなと思って調べると。


「近代化産業遺産」の「観光の部門」で、雲仙市は「雲仙観光ホテルと雲仙観光関連遺産」

の名称で、「雲仙観光ホテル」、「雲仙ゴルフ場」、「旧小濱トンネル群」が指定となっていま

す。


トンネルがあるのは、「上千々石駅」から「小浜駅」の間。残念ながら、他の旧駅は「近代化

産業遺産」には入ってないようですね。次は、「上千々石駅」で、上に書いたとおりです。


次の駅も、少し問題のある記念碑の「千々石駅」ですが、ちょうどウォーキングの時間にな

ったので、またね。


今日は、銀行に行って、振り込みをしたら10万以上は、身分証明書になるものをと言わ

れ、TSUTAYAのカードを出しましたが、断られました。やはりTSUTAYAでは、まだ、ポチと

通じないんですかね。最近できた、武雄市の図書館では、TSUTAYAのカードが図書カード

としても使えるそうですが・・・・ポチと残念。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2013年5月12日 (日)

雲仙鉄道 その13~愛野周辺の1944年の航空写真について

Dscf0995

さて、懐かしの切符です。「愛野から吾妻ゆき」。「愛野」を「いとしの」と読み、「吾妻」を「わ

がつま」と読み。続けて「愛しのわが妻」。(ウチはまったく関係ありませんが・・・・・)。遠

くから買いに来られる方、結婚式の記念に、大量に買われた方、一時は全国的なブームに

なった切符です。



ところで、久しぶりの「雲仙鉄道 その13」です。

雲仙鉄道のことを書き始めたのは、昭和2年、千々石から小浜に至る、小浜鉄道が開通し

た時の長崎日日新聞の特集を読んだのがきっかけでした。



千々石~小浜間を主に書いて、終わりにするつもりでしたが、昨年一月「TOK」さんから、

その3の「愛津駅はここだった」で、以下の貴重なコメントをいただきました。少し長くなりま

すのでポイントを



「畑の中の鉄道は国土変遷アーカイブ 空中写真閲覧で見ることができます。米軍が194

7年に撮った写真です。USAーRー153ー43

・・・・町並みを抜けた鉄道は畑の真ん中を通っています。跡地は畑になっています。・・・

ところで、反対方向、日吉神社に向かう線路は山の手前から築堤で高度を取っているよう

に見えます。現在は残っていませんが、昔の人はすごかった。」

この航空写真を見たところビックリ、自分が思っていた線路とは全く違う線を辿っていたの

です。そのほか信じられないような所もみつけ、自分が書いた記事の訂正も含め、飛び飛

びになるかもしれませんが、調べたことを少し書いていてみたいと思います。

から検索できますが、少し変わりづらいかもしれません・・・・

と、ここまで書いたら、パソコンの調子が悪くて、というより機能が多すぎて、変なボタンを

押したのか、途中から書きかけの記事が消滅し、書き直す意欲もないので、今日はここま

で。



新しいWindows8は、ポチ難しい。
 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ