« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年1月13日 - 2013年1月19日 »

2013年1月6日 - 2013年1月12日

2013年1月12日 (土)

愛宕社★鳥居・愛宕社宝殿・三重塔②~諫早市

Photo

昨日の続きです。階段を登っていくと、上の方が、広場になっており、三重塔と、愛宕社宝

殿が建ててあります。

Photo_2

愛宕社宝殿は、思ったより大きく、立派なものでした。


永禄六年(1563)に西郷純堯(すみたか)の時代遡るそうですが、最初は木造で、台風で

よく壊れたといいます。享和元年(1801)に、石造りになったそうです。


この頃、大村の大村純忠(キリシタン大名)を、武雄(佐賀県)の後藤貴明、平戸の松浦

氏、キリシタン嫌いの西郷氏が大村を攻めますが、大村氏は兄の有馬義貞に応援を頼ん

で、戦っています。


この、愛宕社は、京都の愛宕権現を勧請したものだそうですが、愛宕信仰は武の神様、鎮

火、防火の神として信仰されており、戦いの武運長久を祈って建てたものでしょう。


三重の塔です。四角の所に文字が彫ってあります。

Photo_5 Photo_6

「仁王経千部 讀誦 並 一部一字一石塔」と読めました(説明版にも書いてありますが)。


施主は百武与次兵衛昌芳という人だそうです。「仁王経」は護国の教典として尊重され、

国家安泰、五穀豊穣を祈念して建立されたと思われるそうです。


なお、この三重塔は下の理由によって、再建されたものですが、それに先立ち、基壇部を

調査したところ、多数の河原石(一つの石に一字づつ経文の字が書いてあります。一字

一石経といわれる。)と、祭祀に使われたと思われる、小皿2枚と、12枚の銭貨が出土した

そうです。

P1110398_3

              (説明看板より撮影)

さて、ここにはもう一つ話があり、幕末の頃、罪を得た武士が、この石殿内で切腹をしたそ

うですが、そのため、血で汚されたという事で、壊され、石垣に落とし込んであったそうで

す。


昭和59年、諫早史談会が引き上げて、昭和60年、ライオンズクラブが創立30周年記念

事業として愛宕社宝殿、三重塔を復元し、市の文化財になったそうです。  (終了) 

(参考・文引用:「説明版」「諫早を歩く~山口八郎著」「諫早市の文化財~諫早市教育委員

会著)


今日はお寺に行ってお説教を聞いてきました。ポクポクポク。ではなく、ポチポチにしてね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月11日 (金)

愛宕社★鳥居・愛宕社宝殿・三重塔①~諫早市

Photo

諫早、上山公園駐車場の一角に、愛宕社へ登る階段があります。頂上に行くまでの階段

途中に、三つの鳥居があります。


最初の鳥居は、「肥前鳥居」といわれるもので、佐賀を中心に、福岡、長崎の一部に分布し

ているそうですが、諫早では唯一残っているものだそうです。市の文化財に指定されてい

ます。


この鳥居については以前書いておりますのでご覧下さい。→こちらをクリック


先日は、膝を痛めていて、この鳥居だけ見て帰ったのですが、今日は少しは直りかかって

いたのですが、不整脈も朝から時々起こっており、さて、どうしたものか、と思っていたら、ト

レーニングで階段を、登り下りしている人が。これなら、倒れても助けてもらえるなと・・・・


入り口には、上まで200mと書いてありましたが、階段は267段。平地の200mと、階段の

200mは大違い。登るには、登りましたが、とにかく、膝はガクガク、疲れました。


さて、この鳥居、上の鳥居ほど、柱の太さが段々細くなっているそうで、また、最初の鳥居

の柱は、三本継ぎ、この写真では少し分かりにくいのですが、確かに三本継ぎです。


下の写真、二本目の鳥居。二本継ぎ、少し、細く、小さくなっていました。

Photo_2

鳥居は明神鳥居、二本継ぎになっているのが分かると思います。


三本目の鳥居は一本造り、これも明神鳥居です。

Photo_3

一本目、二本目と違い、確かに一本造り、写真では分かりにくいのですが、貫石(横になっ

た柱の下の部分)は、背があまり高くない私でも、頭がつきました。


しかし、ここまで、持ち上げてくるには(当時は重機はない時代)大変だったでしょう。だんだ

ん、小さくしてあるのが、登ってみて、よく理解できました。


奥に見えるのが、愛宕社宝殿です。明日は、この宝殿と、三重塔のことを。


階段は慌てず、ポチポチ登りましょう。トレーニングしている人は、私が上に行くまでに、2

往復していました。若いって、うらやましいですね。じじいは消えゆくのみか・・・

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月10日 (木)

もう一度見たい風景~佐賀バルーンフェスタ

Dsc_0001

古い写真を整理していると、「佐賀バルーンフェスタ」の写真が出て来ました。

数十年前、まだ元気があった頃、毎年見に行っていまが、長崎からなので、早く行かない

と会場に入れなく、4時頃に起きて行っていました。

Dsc_0067_2 Dsc_0144

初めて見たときは、感動して涙がじわっと出て来ました。なにせ、100機弱のバルーンが、

会場に広げられ、時間になるとと同時に、ゴーというバーナーの音と共に、バルーンが膨ら

んで、ふわりと浮き上がっていきます。なにせ、100機ですよ!これは凄かったですね。感

動しました。

Dsc_0105 Dsc_0163

それで、時間が決められて、それまでに会場に戻って来て、地上のマークに、自分のマー

カーを落として、距離によって順位をつけるのですが、風をつかめきれなければ、会場から

何㎞も流され会場に戻ってこれないし、上手なパイロットは、上空から、地面すれすれまで

降りてきて、マーカーを、落としていきますが、数機競り合って、バルーン同士がふれあっ

て、迫力のある事。

Dsc_0266

Dsc_0278

バルーンが戻ってくるまでは、いろいろなイベントがあって、バルーンの搭乗体験もありまし

たが、これは、遠慮しました。女性恐怖症と、高所恐怖症があるもので・・・・


少し元気になったら、また、行ってみるつもりです。


今日も厳しい寒さ。あとは、ポチして眠るだけ。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 9日 (水)

円谷幸吉の遺書

今、東京にオリンピックを招致すべく、運動をしていますが、今日、1月9日は、円谷幸吉の

命日になります。


もうほとんど、思い出す人もいないでしょうが、1964年の東京オリンピック、マラソン競技

で銅メダルを取った選手です。


競技場に入ってきたときには2位、後からは、イギリスのヒートリー選手。テレビで見てい

て、「頑張れ、頑張れ」と日本中の人が叫んだのですが、残念ながら、抜かれてしまいまし

た。


その後、円谷幸吉には、あまり良い日々では無かったようですが、1968年のメキシコオ

リンピック開催の年、1月9日に自殺をはかりました。27歳。


その折、下のような遺書を残しています。何回読んでも、涙が流れそうになります。



今のオリンピック選手とは、時代も、考えも、指導も違っておりますが、昔と今の考え方の

違いの、大きな事を思わざるを得ません。



父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。

敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。

勝美兄姉上様 ブドウ酒リンゴ美味しうございました。

巌兄姉上様 しそめし南ばんづけ美味しうございました。

喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうござ

ました。

幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難うございました。モンゴいか美味しうござ

いました。

正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。

幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、

良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、

光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、

幸栄君、祐ちゃん、キーちゃん、正嗣君、

立派な人になってください。

父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。

何卒お許し下さい。

気が休まる事なく、御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。

幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました。


なんと純粋で、悲しい遺書でしょうか。 



 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 8日 (火)

木秀古墳と上井牟田ため池のオブジェ~長崎県諫早市森山町

P1080357_2

森山町の上井牟田のため池に、季節々々のオブジェがあるので、時々、寄って見ますが

(何回かブログに登場しています)、ここの近くに、古墳があるというので、ちょっと寄り道

を。


でも、このような状態で、何もこんなtころに、電柱まで立てなくては良いでしょう。標柱が無

かったら、誰も古墳なんて分からない場所。

P1080354

横穴式古墳、古墳時代後期7世紀の頃のものだそうです。大正14年、京都大学の浜田博

士による調査がされ、市誌によれば、「この古墳は円墳、石郭は高さ8尺、幅13尺の平滑

な自然石を組み合わせ、その上に盛り土してある。出土器は、勾玉(瑪瑙)、管玉、小玉、

金環、直刀、馬具、刀剣金具、祝部式土器」と記してあるそうですが、出土品は例によっ

て、大学で眠っているのでしょう。多分、当時とは周囲の状況も変わっているのでしょう

が・・・



なお、奥に見える大きな石が石室、左の石が腰石になるのでしょうか?

見ていて、侘びしくなるような遺蹟でした。せめて、標柱の立て替えでも・・・


さて、いつもの、上井牟田のため池のオブジェですが、今年は巳年なので、関係あるのが

あるかと思ったら

P1080369

羽の後が黒く、くちばしが赤いところを見ると、多分コウノトリでしょう。風が吹くたびに、羽

が、ゆさゆさと優雅に揺れていました。少子化対策への願いもあるのでしょう。


今日は、あまり日のあたらないところの紹介でしたが、身の回りを注意すれば、いろいろな

ものがあるんですね。


私のブログも地方中心で、あまり日が当たってないので、ポチで激励を。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年1月 7日 (月)

七草粥の振るまい~長崎県雲仙市橘神社

P1070338

「芹薺五行はこべら仏の座菘すずしろこれぞ七種(せりなずなごぎょうはこべらことけのざこ

れぞななくさ)」(年中故事要言)。


七草粥。ご存じの通り、正月七日、粥に七種類の菜を入れる風習です。場所によって、多

少違いがあり、たらの芽をいれるところがあるそうです。


橘神社でも、七草粥の振るまいがあり、結構、賑わいました。

P1070350

長崎から放送局も来て、生中継があったようです。


ここの七草粥の特長は「梅干し」。神社に梅の木があり、それを使い作った梅干しです。

P1070340_2

もちろん、売り物では無く、この日にしか口に出来ません。寒い中、ありがたく、いただき、

体が温まりました。相変わらず、一人ぼっちで食べたので、心の中までは、温まりませんで

した。誰かいないかな・・・heart02


 
   寒風の中老いらくの恋求め   sugikan 


おそまつさまでした。


さて、昨年の絵馬の中に、「妻とスムーズに離婚出来ますように・・・」と言うのがあって、笑

ったものですが、今年は真面目なものばかりで、「就活」「婚活」「家内安全」「スポーツでの

優勝」がほとんどでした。

P1070345_2

橘神社の出店も店じまい、段々静かなって来ました。なお、今月20日は五時半(夕方では

ありません、朝の五時半です)、神社の軍神橋の下で「耐寒禊」がありますが、カメラファン

には、絶好の被写体ですよ。私は、もちろん寝ていますが・・・

27日、8時半からは、世界一の門松が解体されます。

正月が終われば、観梅、そして花見シーズン、夏が来て・・・・・


一年の早いこと、ポチも早く押してね。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 


2013年1月 6日 (日)

鬼火・門松作り・そして少子化時代~雲仙市千々石町

P1060328

ちょっとばかり、通りかかるのが遅くて、鬼火の火が小さくなっていました。


いわゆる、左義長、どんど焼き、どんどと呼ばれ、1月14日、15日におこなわれるそうで

すが、こちらでは、「鬼火」、「鬼火焼き」。長崎の五島あたりでは「鬼の骨(おんのほね)」と

よばれ、1月7日におこなわれていることが多いようです。なぜ、「鬼」が付くのかはよく分か

りませんでした。


こちらでは、子ども会が中心になり、山から、木や竹を取ってきて、大きく積み上げ、門松、

松飾りなどと一緒に燃やすのですが、もう火が小さくなっていました。


このあと、子どもは、おき火で、餅や芋を焼いたり、大人は竹の中に酒を入れ、温めて楽し

みます。


この行事、数年前まで各地区で見られたのですが、段々実施するところが、少なくなってき

ました。親が面倒くさがるのでしょうか?


さて、この写真、よくご覧になると分かる通り、ほとんど子どもがいません。4,5人ほどし

かおりませんでした。


年末に、私の自治会でも子ども会(小学生)を集めてミニ門松作りをしたのですが、

Pc230262 Pc230273

50世帯あって、小学生がたった6名。今度、1年生になる子が1名だけ。果たして、日本は

どうなるんでしょう?


以前書いたことがありましたが、少子化対策は簡単なことで、夜9時になったら、電力会社

が、電気を切れば良いのです。数十年前のニューヨーク大停電の時、10ヶ月たったら、新

生児が増えたという話もあるでしょう。


電力会社が電気を切るのが無理だったら、法律を作れば良いのです。「一般家庭において

は、21時以降は、消灯すること、なお、テレビ、ゲーム機等、電力を必要とするものもこれ

に準じる。違反したる者は、3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金に処する。」


次回の国政選挙では、「21時以降電気を切る党」を結成して、立候補するつもりです。皆さ

んの清き(汚くても結構)一票を。当選すれば、即、少子化は解消してみせます。


うちの家も9時消灯ですが、それ以降何もおこりません。昔は頻繁におこっていたのです

が・・・皆さんもポチして、9時消灯ね。特に若い人は・・・

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年1月13日 - 2013年1月19日 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ