« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013年3月24日 - 2013年3月30日

2013年3月29日 (金)

2013 しまばら芝桜公園(3月29日現在)

P3290151

今日は、島原の病院へ。ついでに、眉山ロードの千本木湧水にちっと確認に、この事は後

日書きますが、帰りがけに「しまばら芝桜公園」に。


何回か、ご登場願った、「しまばら芝桜公園」です。平成21年、市民団体「芝桜公園を作る

会」が、中尾川砂防堤防内に、二十万本以上の芝桜を植えたそうです。


島原と言えば、「鯉の泳ぐまち」、又、湧水が有名ですが、赤、ピンク、青紫、白の芝桜で、

湧水の中を2匹の鯉が泳ぐ様子をデザインしたそうです。


今年は、桜の咲くのも早かったのですが、芝桜も昨年より、早いみたいでした。

P3290147

写真の奥の方に見えるのが、砂防ダムですが、この上から全体が見えます。

P3290142

奥の方はかなり咲き始めているのですが、手前の方は、まだ十分には咲いていません。多

分、砂防ダムの関係で、日が当たりにくいのかな?いずれにしても、もう一息という所でし

ょう。


場所が分からない方のために。諫早から小浜方面にむかい、愛野町から千々石町の峠の

頂点の手前から、島原へ向かうグリーンロードに乗ります。そのまま行くと(30分程度か

な?なお、この道は交通取り締まりが多く、特に、愛野町~吾妻町あたりの、下り坂は要注

意。下り坂の所で、取り締まりとはなんたる事だと、地元では悪評サクサクですが・・・・私も

3回捕まりました。)がまだすロードに出ますが、そのまま行くと行き過ぎるので、島原のイ

ンターの所で降りて下さい。


分かりにくければ、市役所の横の道を山手の方にまっすぐ登って下さい。

P3290158_2 P3290157

左の写真、赤の方向です。行き過ぎて黄色の方向には行かないこと。赤の丸印が市役所

です。曲がるところに、信号がありますから、右方向に曲がってしばらく行くと、右の写真の

場所に出ますが、赤が芝桜公園方向、黄色が「眉山ロードです。こちらにも駐車場があり

ます。迷ったら、誰かに聞いてください(当たり前だけど)。


ついに橘神社の桜も散り始めました。明日は、日本一の武者松明行列の「観櫻火宴」が、

橘湾海岸~橘神社であります。写真の愛好家の方、バッチリですよ。暇な方はポチとお越

しを。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年3月28日 (木)

シルバー川柳 2 ~買ってしまいました

Photo

朝から、バトルがありまして、日野原重明先生が、朝からオリーブオイルを飲んでいて、体

に良いと言うことで、買って来たんですが、カミサンがそれを見つけて、


「オリーブオイルって油でしょう」。まあ確かに、私みたいにメタボは、油分が体に悪いと言

われれば、仰せの通りなんですが、ものは言いよう、頭から言われたのでは、こちらもカチ

ンときて


「日野原先生だって、飲んでいるじゃないか。」

「日野原先生は、この間TVで出ていたでしょう。病院中、エレベーターも使わず階段だっ

て、駆け上っているのよ。」

「あれは、TV用で、カメラの前でやっているだけだよ。聖路加国際病院の名誉医院長たる

ものが、病院の中をウロウロするか、いつもは部屋の中で座って仕事しているよ。(この部

分、私の創作で、ついつい口からでまかせで言ったもので、信じないで下さい)」


ということがありまして、本屋にぶらり行ったら「シルバー川柳 2」が置いてあり、はからず

も、帯に日野原重明さん大絶賛と書いてあるではありませんか。年金暮らしにもかかわら

ず、ついつい、買ってしまいました。

シルバー川柳の最初の本はいつか取り上げましたが、読んで見ると、相変わらの面白さ。



バラに似て 妻も花散り トゲ残し

ホント、カミサンも若い頃はバラみたいに美しかったんですが、今はトゲだらけで・・・



置き忘れ 知られたくない 大掃除

まあ、私のビデオやらDVDもほとんど処分しましたが、置き忘れを孫にでも見つかって、

「おじいちゃんこんなの見てる」と言われたら大変ですから、もう一度チェックを。



わが家にも 政権交代 夢にみる

まあ、夢見るだけで、とうてい無理でしょう、ウチは。



危ないと 孫に注意し 転ぶ母

永六輔さんが、「転ばない、風邪ひかない、食べ過ぎない」が長生きのコツと言ってました。



墓参り 「下見ですか?」と 尋ねられ

都会では、墓地がないとか、早めに見つけておいて下さい。



ああくやし 夫の名前が でてこない

わたしも、時々妻の名前を忘れることがありますが・・・呆けたのか、故意なのか?



ワシ3高 血圧・血糖 尿酸値

バブル期に、三高と言えば、高学歴・高収入・高身長でした。



もう限界 解散しようと 妻が言う

ウチも言われはしないかと、毎日ドキドキしているんですが。



孫たちに アドレス聞かれ 番地言う

昔は、アドレスと言えば、住所番地のことでしたが。高齢者の方も、携帯電話を持つ時代に

なりました。メールは、多分打てないでしょうが・・・



厚化粧 笑う亭主は 薄毛症

奥さんが厚化粧、旦那はハゲ。よく見ますが。私は、ロマンスグレーで、この川柳とは無関

係。



老後にと 残した夢も 夢のまま

そう言われれば、定年してやりたいことも、たくさんあったのですが、どうにも夢で終わりそ

う。



まな板の へこみに妻の 苦労しる

良いご夫婦ですね。こんな、夫婦を夢見ていたのですが・・・・


まだたくさん、面白い川柳がたくさんあるのですが、後は皆さん本を買ってお読み下さい。

身につまされるものばかりで、ウチだけじゃないんだな、ということがよく分かります。お買

い得の本です。若い方も、いずれは、こうなるのですから、高齢者の方も、若い方も、是非

お読み下さい。お薦めの本です。


「妻と我 長生き比べは 勝ってやる」 ポチ良かったかな?

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 





2013年3月27日 (水)

「鯨の塔」後日談 その2

Photo

さて、「鯨の塔」後日談 その2 です。


80年配の男性の方が歩いてこられたので、念のために、聞いてみたら、「諫早水害の時に

流されたのを集めたんじゃないかの。」


すっかり忘れていました。昭和32年7月24日~25日にかけて、1,000㎜もの集中豪雨

が諫早市を襲い、諫早市で多数の死者行方不明者がでます。本明川が氾濫しますが、こ

こは、本明川のすぐ川沿い。


「上からも、地蔵さんとかいろいろ流れてきて、仲沖の公民館の所にも、集めて祀ってある

よ。」、とのことで、すぐ近くの仲沖の公民館に行ってみたら、裏側にありました。一番上の

写真になります。


ちなみに、ここは

Photo_2

諫江八十八カ所の第四十四番札所でした。


ということは、鯨の塔とその横にある碑は、災害の時流されたものを、あそこに集めたもの

か?


と、思っていたらふと疑問が、私がこの「鯨塔」に興味を持ったのが、「諫早史談~田中為

市著」、ですが、これは初版が昭和40年、「その対岸仲沖側の堤防の一角に、一基の碑

が建ててある。」と書いてあり、諫早水害が32年。なら、災害後も流されずに残っていたこ

とになるのですが・・・ということは、はやり何かの時に、ここに移設されたものなのか?


さて、疑問は解けぬまま、某日、諫早の郷土史を研究されている方に、たまたま出会い、

聞いたところ、鯨の塔までは知っておられたものの、今の位置に置かれたいきさつは、分

からないとのこと、ただ、田中為市氏の事も知っておられ、出版は昭和40年であるが、水

害以前の事を思い出して、書かれたのかも知れないとのお話し。また、ここ一帯は、災害

後土地をかさ上げされており、その工事の時、移設された可能性も考えられる、と言う事。

しかし、わたしが言う、漁協解散時の関係も考えられると。なにがなにやらと、いう感じです

が・・・・


結局は、①水害で流され、その後この場所に集められた。②土地、河川工事の時集められ

た。③漁協解散時に集められた。と3つの事が考えられるのですが、近所の人も知らない

となれば、これ以上は、当時の漁業関係者を見つけて、話を聞かなければならないのです

が、そこまでの元気はなく、田中為市氏が書いておられるように、「余り人通りのない堤防

の一隅に寂しく建っている・・・」ではなく、現在は、人通りのあるところに丁重に建てられ、

「よっかったね鯨君」と声をかけ、「鯨塔」を後にしました。


さて、ここ一帯は、前は漁村で、以前の写真を見たことがありますが、今は面影もありませ

ん、

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6

Photo_8 Photo_9

道を歩くと恵比寿さんの像があちらこちら置いてあり、これだけが港町だった面影をとどめ

てめていました。何となく、長崎出身の蛭子能収さん(おなじエビス)的な雰囲気で、いつま

で見ても、飽きませんね。


今回も、昔のことを知る人が少なくなってきていることを肌で感じました。所詮、庶民の歴

史は埋もれてしまっていくのかな?


満開だった桜が、今日の雨で早くも散り始めました。ポチ感傷的になる時期です。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 

2013年3月26日 (火)

「鯨の塔」後日談 その1

Photo

3月5日~6日、2回にわたり「鯨の塔」の事を書き、多分、漁協の解散時に、ここに移転し

てきたと考えていたのですが、漁協の解散の時期がいつか、どうも気になって、図書館へ

調べに行ったら、あいにくの休館。


考えていると、頭にピコンとくるものがあり、もう一度出かけ、この碑の裏を見ると、

Photo_3

なんと、全部書いてあるではありませんか。これに気づかなかった、私のおろそかさ。

はやり、裏を見るのも大切ですね。私も、カミサンの裏を見なかったので、失敗しました

が・・・


本文と概略を書いてみると、「当諫早業業協同組合は、諫早湾(泉水海)の湾奥に位置し、

魚貝が湯水の如く湧き出る豊かな漁場で、我々の祖先は此のよき漁場を護り・・・」。ここ

で、諫早湾(泉水海)と書いてありますが、調べると、有明海の湾内西部にはさらに、諫早

湾(泉水海)といわれるところがあっただそうです。


明治35年法令の制定で、「漁業組合」、昭和6年に「漁業会」、昭和24年、水産業協同組

合法の施行により「諫早漁業協同組合」として発足、泉水海12組合の本部組合となったそ

うです。


さて、昭和27年に諫早湾干拓の構想が持ち上がり、西岡、久保、高田県知事と受け継が

れ、ご存じの通り紆余曲折を経て(いまも問題を引きずっていますが)、県政に協力をする

ということで、平成3年6月、解散に至ったそうです。


と言うことで、この時期に、「鯨の塔」も移設したのかと思ったのですが、ちょうど、近所のお

ばあさんが出てきたので、この「鯨の塔」について尋ねたところ、「気がついたら立っとっ

た。」との返事。


まあ、興味の無い方には、全く関係ないのでしょうが、この方、野呂邦暢さんが住んでいた

頃のことも知っておられ、実際に話もしたことがあったとか。野呂さんの一面も聞くことがで

きました。はやり、誰にでも声はかけて見るもんですね。面白い話でした。ここには書けま

せんが。


さて、帰ろうかと思っていたら、80年配の男性がおられたので、同じ事を聞いてみたら、

意外な情報が・・・・・少し長引くので、明日へ続く。


何でもポチポチと努力すると、ポチポチと情報が集まるものですね。女の子の方もポチポ

チ努力して集めようかなheart01

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年3月25日 (月)

今日はお誕生日!

P3250080

結婚記念日が11月12日、カミサンの誕生日が3月25日。


さて、これスラスラ言える旦那さんが、何人いるでしょう?ちなみに、聞いて見てください。

答えきれましたか?


以前、誕生日を一月間違えて、2月15日に、誕生日のケーキを買って来た大失態の事を

書きましたが、今年はちゃんと、間違えずに買って来ました。


お誕生日ケーキを買ってきても、二人で食べるには多すぎるし、春らしく「桜のモンブラ

ン」。上の「HAPPY BIRTHDAY!」の飾りが、チャーミングで何とも言えませんね。


まあ、この歳になって(九州男児の端くれでもあるし)、妻の誕生日にケーキを買ってくると

は、何というか、夫の見本、夫の手本、夫の理想像、夫の模範、夫の逸材、山内一豊の夫

(あれは妻か)。なんと褒めても、褒めすぎることはないですね。


一個だけは買いにくいし、私の分も買って来て食べましたが、確か、3ヶ月ぶりのケーキで

したか。ケーキってこんなにおいしかったんですね。


以前、「亭主関白協会」の事を書きましたが、詳しいことは「亭主関白協会」のホームペー

ジに書いてありますが、関白(亭主)は、天皇(妻)を助け、家庭の平和を作る努力をすべき

だと言う協会ですが、会員になると会員証が貰え、裏に、「愛の三原則」が書いてありま

す。もう一度紹介をしておきます。


「ありがとう」をためらわずに言おう

 

「ごめんなさい」を恐れずに言おう

 

「愛している」を照れずに言おう


私ですか?なかなか言えません。ご亭主の皆さん、努力してください。


さて、カミサンですが、ケーキを食べながら、感激のあまり、涙をうっすらと・・・出していませ

んでした。


いつもは、カミサンの悪口ばかり書いていますが、本当はポチheart04

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年3月24日 (日)

今日は防火講習会

Photo

昨日は、自治会の常会、今日は防火講習会。行きたくも無かったのですが、カミサンが、

「行ってきなさいよ」。「ヘイ、ヘイ」、と言うことで初めて参加してきましたが、良かったです

ね。


最初は、消防署の職員の方から、災害時の注意のビデオとお話し。地震等の災害が起き

る前に、タンスなど倒れた無いように準備をしておくこと、災害時には、近隣の協力体制が

必要なことのお話し。


ついで、実習。最初は、家庭用の消火器から。これ、使い方は、上の黄色のピンを抜いて、

ホースを火元に向けて、レバーを握る。と、簡単そうに見えて、本当の火を見ると、多分パ

ニックに陥って、手順分からなくなってしまうでしょう。機会があったら、実際に練習しておく

ことが大事。なお、噴射時間は15秒、範囲は3~5メートルで、思ったより噴射時間が少な

いのに驚きましたが・・・・

Photo_2 Photo_3

さて、自治公民館のところに、ホース収納庫が置いてありますが、中身は初めて見ました。

ホースが2本。20メートルが2本です。筒先。消火栓を開けるなんとか(名前忘れました)。

Photo_4 Photo_5

そいでもって、水はどこに?と思ったら、こんな所にありました。

Photo_6 Photo_7

これ開けると、消火ホースを繋ぐ、なんとかと、水を出すために回す、なんとかがあります。

Photo_8 Photo_9

手順は、ホースを繋いで筒先をつけて、火元まで引っ張っていって、筒先を火元に向け、

合図して、水を出すなんとかを回すということで、一番上の写真になります。


ホースは、手を離すと水の勢いで、ホースが暴れ、足や頭にあたると、骨折することもある

そうですから、2~3人、できれば若い方に任せた方が良いそうです。私も、筒先を持ちまし

たが、かなりの水圧。皆さんも、万が一の事もありますから、機会があったら是非参加し

て、近くの消火栓など確認してみてください。


ホースが40メートルというと、私の家まで届かないのですが、その時は、私のホースを使

ってみるか。でも、水の容量が少ないからな。


消火は良いけど、私の心の炎は消さないで。ポチお願いよ。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 



« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ