« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »

2013年3月3日 - 2013年3月9日

2013年3月 9日 (土)

橘中佐銅像後日談 その1~長崎県雲仙市千々石町

Photo

以前、橘中佐の銅像のことについて書きましたが、その後日談です。

前の話と重複する部分もあると思いますが、お忘れでしょうから・・・


私が、橘中佐の銅像が立っていた岩を見つけたのは、左の写真、岩の所の銘板はがはめ

込んだ跡があったからであり、、この銘板は、現在の橘神社入り口の、銅像の横の岩には

め込んであるものでしょう。寸法、内容を読むと分かると思います。(写真右)

Photo_2 Photo_4

某日、その話をしていると、岩の上に、銅像の足形もあるよ、と言う方がおり、再度行って

見ました。

Photo_5

昔、銅像が立っていたときの写真です。

Photo_6

今の写真です。同じように、盛り上がっていることが分かると思います。登って見ると。(よ

い子も、悪い子も、危ないので登らないように。)

Photo_7

本当の足形と思っていたのですが、残念。赤い四角の所に、鉄が埋め込まれた跡がありま

した。固定するためかな?

Photo_10

現在の銅像の足元です。高い所にあるので、どうなように固定してあるか見えません。


さて、一番上の写真が、最初銅像が立っていた所から、橘中佐が眺めていた方向の写真

です。橘湾です。


橘中佐を気取っていたら、80歳年配の方が通りかかったので、銅像の位置などを聞いて、

しばらく話をしていたら、戦前のことですが、台風が来てこの銅像が倒れたことがあったそ

うです。


その時、この銅像が、頭からひっくりかえった、という状態では無かったそうですが、足か

ら、ズルズルと滑り落ちるという感じだったそうです。頭から返っていたら大打撃だったでし

ょうが、足から滑り落ちたので、被害はなかったとのこと。「この銅像には、魂の入いっとた

とばい。」と話してくれました。


この事は、どの資料にも載って無く、やはり、高齢者の方の話は聞くもんですね。


さて、この銅像、終戦直後、占領軍の命令か、壊されるのを恐れてか、隠され事があります

が、誰が、どこに・・・・それは、また、明日。

(参考:「千々石町懐しいふるさと写真集」~千々石町老人クラブ連合会より)


今日は、橘神社の桜を見てくると、ポチ、ポチと蕾が出てきていました。春はもうすぐ。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年3月 8日 (金)

元祖「鯖くさらかし岩」~長崎県時津町

P3080166

   (時津町教育委員会説明版より)


時津町というと、有名な「鯖くさらかし岩」があります。


魚売りが近くを通りかかり、岩が落ちそうなので、落ちるのを待って、通ろうと待っていた

ら、魚が腐ってしまった、という話です。


今日、時津に行ったところ、ここは、何回も通ったことがあるのですが、国道のすぐそば、こ

んな所にあったとは気づきませんでした。まあ、昔からボーッとした子だから。

P3080167_2

上の絵は、時津町教育委員会の説明版に描いてあった絵で、江戸時代に書かれた「長崎

名勝図巻」から転記してあるみたいです。ここらあたり、昔の絵とは随分変わっています。

岩の下の方が、「長崎名勝図巻」のようになっているか、下の木を切って欲しいものです

が。



説明版を見ると、前から聞いた話とはチト違うみたいで、岩の名前も、「継石坊主(鯖くさら

かし岩」となっており、「江戸時代、一世の狂歌師として有名な蜀山人太田南畝(長崎奉行

所支配勘定方)が長崎在勤中の文化二年(西暦1805年)時津に遊び、この奇岩を眺めて

「岩角に立ちぬる石をみつヽおればになへる魚もさはくちぬべし」

と歌ったので一躍名高くなった。・・・」


とすれば、この「鯖くさらかし岩」、蜀山人の歌を基にして、名づけられたのかな?それと

も、それ以前に、このような話があって、蜀山人がそれを知って、狂歌を作ったのかな?


この、「鯖くさらかし岩」、以前にも書きましたが、小浜から雲仙に上がる道、西有家から雲

仙に登る旧道、諫早市飯盛町にもまったく同じ話が伝わっており、諫早市森山町にも同じ

話があるとか。まだ、雲仙の「鯖くさらかしの岩」しか、確認していなく、他の所は旧道の所

が多く林の中で、いまだに分かりません。特に、イノシシさんが多くて・・・


考えれば、同じ話が各地に同時派生したとは考えがたく、この時津の話が元祖で、各地に

伝わっていって、「そんな岩なら、おれん所にもあるたい。」、ということで、各地にも「鯖くさ

らかしの岩」と名付けられた岩が、点在するのではないでしょうか。


県南にこの話があるということは、佐世保の県北方面にもこの話、あるのではないでしょう

か、話が残っているところを地図に落としていけば面白いと思うのですが、どなたか調べて

みませんか。私?私はすでに、身も心も、腐りきっていますから、パス。


ロッククライミングの道具を持っていってなかったので、登れませんでしたが、今度はポチと

挑戦してみますか。登攀禁止とは書いてありませんでしたから。

 

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



2013年3月 7日 (木)

「永六輔のお話し供養」~永六輔著

Img_3

去る者は日日に疎し、という言葉があります。文選(もんぜん)の雑詩の中、作者不明の十

九首の中の一首からきているそうです。「去る者は日に以て疎く/来たる者は日に以て親

し・・・」

親しい人でも、遠く離れると次第に縁が薄くなったり、死んだ者は、月日がたつにつれて、

忘れられていく事です。


我々凡人はさることながら、有名人も例に漏れないでしょう。織田作之助、坂口安吾、三

島由紀夫、川端康成、正宗白鳥、福田恆存、小林秀雄等々、あれだけ話題を呼び、本屋

の本棚に並んでいたのに、今は、ほとんど見うけられなくなりました。文庫本もめっきり減り

ました。


永六輔さん、この本の最初にこう書いています。


「人の死は一度だけではありません。

最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれたとき。

でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。

最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。

そう僕は思っています。・・・・・でも、人は歳月の中で、亡くなった人のことを忘れがちです。

だから、ときどき誰かと故人の思い出話をしたり、街角で出会ったりしましょう。

それも供養のひとつだという気がします。」


この本で、供養される人。


渥美清さん

私が、初めて見たのが、伝説的なバレエティショー、NHK「夢で逢いましょう」。こんな顔し

た人がいるのかと思いましたが、「寅さん」で、国民的俳優になりました。


淀川長治さん

「日曜映画劇場」の司会をし、番組最後の挨拶、「さよなら、さよなら、さよなら。」で、有名で

した。


石井好子さん

言わずと知れた、シャンソンの大御所。


坂本九さん

御巣鷹の飛行機事故で亡くなりました。「夢で逢いましょう」の今月の歌で、「上を向いて歩

こう」を唄いましたが、一発で覚えた歌でした。今でも、少し上を向いて、唄っている姿は覚

えています。


中村八大さんといずみたくさん

「夢で逢いましょう」で、「八+六=九」。「中村八大+永六輔=坂本九」のコンビで、ヒット曲

をたくさん出しました。いずみたくさんの、「見上げてごらん夜の星を」、星を眺めているとき

何となく口ずさんでしまいます。


岸田今日子さん

強烈な俳優でした。「砂の女」は凄かった。


立川談志さん

亡くなってまだ間もないので、覚えてる方は、たくさんおられるでしょう。立川流の落語があ

る限り、忘れられない人です。


永六輔さんは、この本に書かれた人々の、知られざる一面も書いています。高齢者向けに

も読みやすいように、大型の文字を使っています。唐仁原教久さんの絵も、素晴らしいです

よ。ご一読を。


さて、この本の最後は、「あなたのお話供養」として、白紙のページになっています。皆さん

は、どなたの方をお書きになるのか・・・・


ところで、永六輔さんパーキンソン症候群だそうですが、一時は、何を話しているのか分

からなかったのですが、先日、ラジオ番組、「誰かとどこかで」を聞いたら、随分復調したみ

たいで、でも、あの生きの良いお兄さんが、80歳になったなんて・・・・


白紙のページ、私のことはまだ書かないでよ。ポチとお願い。

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




2013年3月 6日 (水)

「鯨の塔」捜索記 ② ~諫早市

P3020059

昨日の続きですが、「鯨の塔」の跡でもないかと、見つけていると、第三の男が登場。


「鯨の塔というのはここら辺に・・・・」と尋ねると、そこの道を左に行って、最初の角を右に

曲がるとあるよとの事。


「左に行って、右ですね。」「左に行って、右ですね。」「左に行って、右ですね。」、今度は間

違わないように、3回ばかり確認をして、ついでに、「鯨の塔というのは、ここらに建ってい

たのでは無いですか?」、と聞くと、「さあ?」。多分、新しい家がたくさん建っているので、

新しい住民の方か、このようなことには、まったく興味の無い方なのでしょう。


とにかく、今度は、「左行って、右」、「左に行って、右」と間違わないように」呪文のように何

回も唱えていくと。白い説明版が目に付きましたが、記念碑などは見当たらず・・・・


行ってみると、なんと「野呂邦暢 終焉の地」。諫早が生んだ芥川賞作家です。

P3020055 P3020053

かなり広い敷地でしたが、もちろん家はなく、雑草が生えていました。ここに、住んでいたこ

とは、もちろん知らず、思わぬ出会いで、ビックリしました。説明版はクリックすると、読める

程度には、拡大します(老眼にはきついかな?)。


さて、この道をまっすぐ行くと、今度は間違いないでしょう。

P3020070_2

多分これでしょう。寄って見ると、最初の写真になりますが、一番右の石碑。真ん中、上の

方に「鯨塔」の文字。右下に「明治十八年一月吉日」、左に見にくいですが、「諫早津漁民

中敬立」。


これを、見るにつけても、諫早津の漁民の方が、「敬立」、「敬(うやまって)立(たてる)」で

すから、生活に困窮していた漁民の方の救世主になった鯨に対する気持ちが、心に沁み

るような感じでした。


右から2番目の石碑

P3020061

「龍宮」の文字。島原方面では、小浜町富津弁天公園の岬の先端に「ジュウゴサマ様」とし

て、自然石が置かれています。漁民の方が、釣りに出て釣り糸を入れるとき、「ジュウゴ様」

と言って縁起を担いだといいます。見たところ、普通の石なのですが、どうして神様として祀

られているのか、いつも、日本人の信仰の不思議さを感じさせられます。


雲仙市の吾妻町史も「じゅうごさん」の事が書いてありますが、「じゅごさん」は「竜王」が

訛ったものではないかとの記述があり、漁民部落の船津を中心に、阿母崎(あぼさき)、大

熊、船津集落の海岸に建っているそうです。いずれにしても「龍宮」、「竜王」、海に関する

神様でしょう。なお、この「龍宮」の碑の横には、「諫早漁業協同組合」の文字が彫ってあり

ます。


左から3番目の碑。表の文字はすり切れて分かりませんが、横に「諫早漁協組合」と書い

てあります。


その横の、立派な御影石には、「諫早漁業組合之碑 長崎県知事 高田勇 揮毫」と立派

な碑が立っていますが、多分諫早干拓のため、漁業が出来なくなり、また、県漁業組合の

組織の改編もしていたみたいなので、その関係で諫早の漁協組合が解散した記念碑なの

かな?


一番左には、恵比寿様の石仏が二つ

P3020063

考えるに、「野呂邦暢氏」の説明版に、「対面(注:野呂氏宅)には漁協協同組合があった」

と書かれていますから、解散記念か、ここらは随分開発が進んで、河川工事もやっている

みたいですから、そのときに、漁業に関する物を、全部集めて祀ったのでしょう。この並び

方を見ると、お分かりになるのではないでしょうか・・・


さて、「諫早史談」には、「余り人通りもない堤防の一隅に寂しく建っている」、と書いてあり

ます。今のところに移転して人目に触れることは良いことだと思うのですが、説明版は欲

しいですね。あと、数十年すると、いわれも分からないし、最初からここに建ててあったと

誤解を招くでしょうから。

(参考:「諫早史談~田中為市著」「吾妻町史」「おばま~史跡巡りガイド)


本当に捜すのに、ポチと疲れました。行かれる方があったら、光江橋あたりで、聞くのが

無難です。私の好きな、若い女の子でなく、高齢者の方にポチと尋ねて下さい。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




2013年3月 5日 (火)

「鯨の塔」捜索記 ① ~諫早市




Photo

諫早に「鯨塔」というのがあると聞いて、調べると、昭和40年初版、昭和49年復刊の田中

為市氏著の「諫早史談」に、「鯨の塔と諫早津漁民たち」として書いてありました。


諫早市の説明板によると、ここら一体は、「諫早津」とよばれ光江(みつえ)、古中川原(ふ

るなっこら)、新中川原(しんなっこら)、倉屋敷、唐津の5地区の総称だそうです。「津」と付

いていますから、船舶が来着するところです。


昔は、長崎輸入の生糸の荷を運ぶルートの拠点として、この光江が使われたそうで、長崎

から陸路光江まで運び、光江から海路有明海を、それから筑後川を遡り、久留米の住吉に

揚げ、長崎街道に入っていったそうです。今では、新しい家などが建ち、面影は残っていま

せん。


さて、「鯨の塔」は明治18年に建っていますから、そんなに古いものではありません。


「諫早史談」をまとめてみると、当時、漁業で生計を立てている方が多く、あまり漁業がふる

わず、生活が苦しいとき、この漁区に大きな鯨が迷い込んで来て、逃げられないように、追

い込んで仕留めたそうです。


おかげで、近隣に売りさばき、収益を上げたそうですが、その年の正月も楽しく送ることが

でき、これも、鯨様の恩だと言うことで、鯨の霊を慰めるため、「鯨塔」を建てたそうです。


ここにも、庶民の歴史があるなと、一度訪ねることに。本によると、本明川下流に架かる、

光江橋の対岸にあるとかで、この橋はすぐに分かりましたが

Photo_2

光江橋です。改修されているのが一目瞭然。左右の欄干も違っています。

河原も意外ときれいにしてあり、石垣は昔の岸壁でしょう。

Photo_3

本によると「自然石の大きな碑であって・・・」「それから80年を経た今日では塔も古びて、

あまり人通りもない堤防の一隅に寂しく建っているが・・」ということで、すぐに分かるだろう

と思ったら、どこを捜しても無い。一時間ばかり捜したが無い。日が暮れたので、再度、調

べに。


今度は、少し住宅街に入っていって、高齢者の方に、聞くことに・・・

第一の男性、70歳代の方でしたが、聞くと、やはり昔はここらあたりは、ほとんど漁業関係

者が多かったとか。今では、全然面影もありません。


さて、「鯨の塔」の場所を聞くと、「そこを右に曲がって、左に行って・・・・」。なにせ、私、良

家のお坊ちゃまで、世間の右も左も分からない人間。とにかく、「右は箸を持つ手、左は茶

碗を持つ手、私のチンポコ右曲がり。」などと、気楽に行っていたら、完全に迷子。


まあ、川の方に行けばと思い行っていると、今度は第二の男、70歳代くらいの男性。

「鯨の塔は」と聞くと、「ああそれなら、そこの土手に上がって、左に曲がって100m位行っ

たところに・・・」

これで、やっと見られると喜んだら、「昔、あったとばってん、いつの間にか、なくなってしま

っとっとよ。」これには、「ゲッ」。対馬の国宝級の仏像なら盗まれるのは理解できるのです

が・・・

Photo_4

とにかく、ここらあたりだろうと、跡かなにかないか、見に行きましたが、何にもない。

そこへ、現れたのが第三の男、「鯨の塔」はと尋ねると・・・・・


おあとがよろしいようで、続きはまた明日。

(参考:「諫早史談~田中為市著」「諫早市説明版}より)


3月5日は啓蟄(けいちつ)。冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃のこと。私の浮気の虫も

ポチと顔を出してきました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ







2013年3月 4日 (月)

長崎県立総合運動公園陸上競技場完成

Photo

「長崎県立総合運動公園陸上競技場」。やっと完成です。何となく長い名前で、3回続けて

言ったら、舌を噛みそう。国体のネーミングが「がんばらんば国体ですから、「がんばらんば

競技場」あたりで良いんじゃない?


3月2日がオープニングイベントがあったみたいですが、カミサンの病院のお迎えで、行くこ

とが出来ませんでした。カミサンへの思いやりでなく、後が怖いから・・・


さて、前と比べれば全然の違いですね。上の写真が正面玄関ですが、左には、北村西望

氏の彫像がちゃんと飾られていました。


三階建てになりますが、雨が降ってもいいように屋根がかぶせてあります。でも、台風の

時、この屋根大丈夫かな?右の写真が、メーンスタジアム。

Photo_2 Photo_3

3月3日が、供用開始とあって、各団体が練習やら、ジュニアの陸上競技の教室がおこな

われていました。コースもいいですね。私も、軽く一周400m、30分くらいで走って(走ると

いうより、ヨタヨタ歩いただけか。)みましたが、いい感じですね。


下の部分は、、一周ぐるりとガラス張りになっていましたが、中に入ると、ずらりと部屋が並

んでいました。

Photo_4 Photo_5

今までの施設には無かったトレーニング室。授乳室まで用意してある心づかい。

Photo_7 Photo_8

外の様子ですが、右側の写真の様に、観客席へ行く、車いす用にゆるいスロープが。

Photo_9 Photo_12

残念ながら、観客席には入れませんでしたが、前とは比較にならないくらいの立派

さ。

Photo_11

後は、来年の国体に向けて、競技力の向上でしょう。でも、あまりヒートアップして、問題が

起こらないように。


文化施設も作って欲しいんですけど。特に、文化施設は、長崎市に集中していて、わが雲

仙市には、合併前に各町が作った施設しかないんで・・・まあ、言っても、同じか。そういえ

ば、体育施設も同じようなもの。


さて、私も国体を目指して、ポチとトレーニングに取りかかりますか。種目ですか、シルバー

玉入れ競技です。国体種目にはなかったかな?高齢化社会だからあっても、良いでしょ

う。是非入れましょう。入れるようにポチと応援を。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ





2013年3月 3日 (日)

桃カステラ~長崎

P2200784



 「景気よく開きし妻の桃匂ふ」


今日は3月3日、桃の節句です。桃の節句というと、上の名句を思い出します。ちゃんと、

五七五、桃という季語が入ってますから、立派な俳句です。もちろ「桃」は「腿」の掛詞(かけ

ことば)です。


長崎では、女の子の初節句の時、お祝いを貰った親戚、知人に、内祝いとして、桃カステラ

を贈ります。カステラを桃の形に切って、上に溶かした砂糖をかけ、着色し、マジパンなど

で葉を作って飾り付けます。


各店によって、形が少しずつ違いますが、上の写真は、他の店とはちょっと違った形をして

いますが、口コミで有名な店のものだそうです。食べて見たら、上の部分がしっとりして、な

かなかの美味。口コミになるはず。


長崎の料理は、味付けが甘いと言われています。これは、昔、長崎が唯一の貿易港であ

り、砂糖が多く輸入され、貴重品だった砂糖をたくさん使うのが、贅沢の証であったというこ

とからきているそうです。


平戸のカスタードにいたっては、カステラを一口大くらいに切って、卵の黄身をからめ、糖

蜜(砂糖のシロップ)で揚げるというか、絡めるというか、さらに、仕上げに砂糖をまぶしたも

の。辛党の方は、聞いただけで、具合が悪くなるのでは。


長崎の昔の方は、料理で甘みが足りないとき(砂糖の分量が少ないとき)、「長崎の遠か

~。」などと言います。(今の若い方は使いませんが)


ところで、砂糖で思い出すのが、小学校の給食のトマトに砂糖をかけて食べた事。他の県

の人に話したら、ビックリしていましたが・・・


だからって、長崎の人間も甘いかって?ウチのカミサン見れば、分かりますよ。今日もまた

怒られました。


今日は、桃の節句、たまには、ポチではなく、桃(腿)を景気よく開いてみてはいかが?

            heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ 




« 2013年2月24日 - 2013年3月2日 | トップページ | 2013年3月10日 - 2013年3月16日 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ