« 私的・センチメンタル浜ぶら | トップページ | 「シチューパン」~長崎県立島原農業高校 »

2013年12月14日 (土)

たまに落語でも

Img_0001

「お前さん何であんな亭主といっしょになったんだい、見込みがあるのかい」

「あるもんかあんな奴」

「じゃァ なぜいっしょにいるんだョォ」

「だって、寒いんだもん」

志ん生のくすぐりですが、良いですね。、この寒い冬の夜に。


東京に7年ばかりいて、一番残念だったのは、寄席に一度も行かなかったこと。田舎に引

っ込めば、見る機会はほとんど無し。


ポッドキャストで、時々聞いてはいたのですが、先日、立川談志の名演といわれる、「芝

浜」をDVDで見て、ついでに、「落語のピン」、「立川談志独演会」の10数枚を続けて見て、

また、ついでに、上の本と、「現代落語論Ⅱ」を続いて読んでいます。

落語は一時凋落し、また、盛り返しましたが、落語家過剰の時代。


落語は、いまだに、一銭、一文で話をしていますが、今の若い方にはピントこないところが

あるでしょうが・・・


時そば・・・

「そば代、いくらだい」

「へい、十六文で」

「親父。細かい銭しか持ってないんだが、いいかい、手を出してくれ」

「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よ)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(や)、ところ

で、今何時(なんどきだい)」と時刻を尋ねると、そば屋の親父「へい九(ここのつ)で」。間

髪を入れず、「十、十一、十二、十三、十四、十五、十六、ご馳走様」と、「一文」誤魔化す

のですが、今やると、「いくらだい」、「500円です」、「手を出してくれ」、「100円、200円、

300円」、「今何時だい」、「へい、4時です」。ではなりたちませんね。


さて、立川談志については、また、書くことがあると思いますが、DVDをみて、普通は咄が

終わった後、すぐに楽屋に引いていくのですが、談志さん、座ったまま、首を傾げる部分が

沢山見られます。


自分の、芸の悪さに反省しているみたいで、時々、「スミマセンね今日は出来が悪くて、大

体この話は・・・・」と、説明までしています。多分、立川談志ほど落語を愛し、考え続けた落

語家は、いないでしょう。


たけしが、「落語家は伝統とマンネリにあぐらをかいて平気な顔をして演ってる。帰る巣が

あって羨ましいや。そのため全然研究も勉強もしない・・・・」と言っているそうです。


本に書いてありましたが、どこかの寄席の楽屋に、噺家売れる秘訣五か条というのが貼っ

てあって、

一、素人口調であること

一、内容は支離滅裂にすべきこと

一、ちゃんとした咄をやらぬこと

一、客には媚びること

一、何でもいいから歌うこと

と書いてあったそうですが、これ、一年もたたないうちに消えてしまう、お笑いの方にピッタ

リですね。


新人の良い落語家が出てきていますが、これから先どうなるのか、談志の落語を聞いて、

考えてみたいと思っています。


母親がこどもにむかって

「早起きは三文の徳というんだョ」

「三文なんてふるいネ、ピントこないョ」

「じゃァ、早起きの小鳥はみみずが食べられる。これならいいでしょう」

「でもさ、小鳥はいいけど、みみずがかわいそうだ」

「ウルサイネ、いいんだョ、それは朝帰りのみみずなんだから・・・・・」


私の好きなやつ

「番頭さん、金魚はどうしたい」と旦那、

「いえわたし、食べません」


酒席で

「あっちの男が、酔っぱらって、自分の家は、郵便局の裏だと言ってるんだが、向こうの男

も、酔ぱらって、自分の家も、郵便局の裏だと言って、喧嘩してるんだ。どっちが本当だ

い」

「良いんだよ、親子だから」


お後がよろしいようで・・・・・・


(参考・文引用「現代落語論」「現代落語論Ⅱ~あなたも落語家になれる」~立川談志著」



« 私的・センチメンタル浜ぶら | トップページ | 「シチューパン」~長崎県立島原農業高校 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

>東京に7年ばかりいて、一番残念だったのは、寄席に一度も行かなかったこと

私は逆に一生の思い出になっているのが「立川談志独演会」を見に行ったことですね(^^)

もう40年前の話ですが今でも鮮烈な記憶として残っています

http://ssiimm.livedoor.biz/archives/51787028.html

羨ましいですね、しかも独演会で生とは。
DVDで見ても、凄さは分かりますが、亡くなってしまっては、もう聞けないと思うと残念です。後悔先に立たず、と言うところですネ。

初めまして。
突然にメールを差し上げる失礼をお許しください。
私たちは佐世保で落語会を年二回、定期的に開催していまして、今年の11月には落語好きなら
誰もが知っている爆笑系本格派の「瀧川鯉昇」と、落語好きでなくても誰もが知ってる全国放送の
人気者「春風亭昇太」の両師匠が来てくれます。詳細は『佐世保かっちぇて落語会』で検索して、
私たちのHPをご覧になればおわかりいただけると思います。よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。

生の落語、良いですね。こちら、あまり機会がなく・・・・ですが
2,3日前は、島原のお寺で立川流の方を呼んだとか、談志師匠が生前の時は、毎年呼んでいたのですが。
島原の方には、アマチュアの落語会さんが頑張っているのですが。なかなか上手になりました。大阪の全国大会ににも出場しましたが、残念ながらでした。

そちらの、ブログのリンクを貼ろうと思っていたのですが、PCの調子が悪く、後日調整をします。

突然のメールにも関わらず、好意的な返信をありがとうございます。
可能ならば、私たちのHPのリンクをお願いいたします。

雲仙は少々離れておりますが、佐世保観光もかねて”本格派の落語”観賞はいかがでしょうか?

何とか、リンクできたみたいです。
イベントは段取り八分で大変だと思います。頑張ってください。
なかなか魅力的で、行ってみたいと思っているのですが・・・・

リンクしていただいたこと、応援の言葉をかけていただいたことに感謝いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58756322

この記事へのトラックバック一覧です: たまに落語でも:

« 私的・センチメンタル浜ぶら | トップページ | 「シチューパン」~長崎県立島原農業高校 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ