« 小野の金比羅山の蟹の石造について~長崎県諫早市小野 | トップページ | おさがしの本は~門井慶喜著 »

2013年12月19日 (木)

沙門空海唐の国にて鬼と宴する(漫画版)~夢枕獏原作・大西実生子漫画

Img

じぇじぇじぇ、というか、ビックリ仰天というか、晴天の霹靂というか、およしになってよ、とい

うか、本当に、夢枕獏さんの「沙門空海唐の国にて鬼と宴する」。本気で漫画にするんです

か?分厚い本、四巻ですよ。


ということで、Amazonで偶然見つけ、取り寄せて見ました。なにせ、田舎の本屋さんには、

置いてないから。出版されたのが6月26日。まだ二巻目が出ていないところを見ると、悪

戦苦闘してるんじゃないでしょうネ。この漫画、カドカワデジタルコミックスとして、Kindle版

でも読めそうです。


とにかく、伝奇物としては面白いものでした。漫画は、まだ第一巻目で、話は入り口です

が、漫画でどう表現していくか、楽しみです。


さて、筋を紹介したいのですが、とても、簡単に書けるものではなく、本書の裏に、紹介が

書いてあるので

「中国・唐の時代、密教の真理を求め入唐を目指す一人の若き留学僧・空海と遣唐使とし

て選ばれた儒学生・橘逸勢。人々を魅了する空海の才に助けられて、遣唐使一行は苦難

を乗り越え長安の都にたどり着く。

そこでは、幻術を操る大道芸人・丹翁との出会いに始まり、呪いの術をかけられた胡姫・

玉蓮を救うことに。

さらに、役人・劉雲樵の邸が猫の妖物に取り憑かれるという怪事件に遭遇。妖物は時の

皇帝・徳宗の死まで予言し不穏な気配が・・・・。この時から二人は、唐王朝を揺るがす大

事件にかかわることになるのだった!!」何か、ワクワクしませんか?


空海、橘逸勢は、嵯峨天皇と合わせて、三筆(書道史上の能筆、要するに字が上手な人、

私は平成の悪三筆の一人)です。


空海は弘法大師の事であり、千々石町、お隣の小浜町の富津にも寄られ、六角井戸の話

になっています。千々石町の話は、あまりいい話ではなので、省略。まあ、空海伝説は、

日本国中ありますが・・・・


さて、漫画本の帯に、「映画化プロジェクト始動中!!」と書いてありますが、特殊撮影が

進歩している現在、映画化には多分ピッタリするような話。


ところで、「大江戸恐龍伝」。第四巻は十二月の末出版予定と書いてあって、第三巻は

Amazonで予約発売していたのですが、第四巻は、まだ、予約はしていないみたいですが、

夢枕獏先生、また、何年も待たせるつもりじゃないんでしょうネ。






« 小野の金比羅山の蟹の石造について~長崎県諫早市小野 | トップページ | おさがしの本は~門井慶喜著 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58783834

この記事へのトラックバック一覧です: 沙門空海唐の国にて鬼と宴する(漫画版)~夢枕獏原作・大西実生子漫画:

« 小野の金比羅山の蟹の石造について~長崎県諫早市小野 | トップページ | おさがしの本は~門井慶喜著 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ