« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013年 最後の日~雲仙市千々石町

Dsc_0013_2

2013年、最後の日を、心静かに反省しようかと思ったら、子供2人と長男の嫁、孫3名が

きて、特に孫は、小学校二年生と幼稚園の年長さん、これが男の子。走り回ること、電池

も入れてないのに。


一歳の赤ちゃんが女の子で、まあ、何かあると泣いたり、叫んだり、何の事かと思ったら、

お茶が欲しいだけ。通訳がいりますね。


と言うことで、ゆっくりもできず、今日は千々石の風景の写真のみで、と思ったら、曇って、

風景もはっきりせず。まあ、行き先分からぬ人生。呆けた、私のぼけた写真で我慢してく

ださい。

Dsc_0033

kじょじょhwqえほおmv@あじょpwjほk@かおあ@~スミマセンこの部分、1歳の赤ちゃ

んが、キーボードをガチャガチャやった、部分です。


沖縄生まれの孫を、橘神社に連れて行ってたら、「あ!シーサーだ」、「違う、狛犬だよ」。

右は、キーボードをガチャガチャやっている、本人です。

Dsc_0066_2 Dsc_0102_4  

いい年を 会う人毎に 繰り返し  sugikan   (*_ _) お粗末さまでした。いい年を・・・・・



2013年12月29日 (日)

今年も、簡単、ミニ門松作り

1_2

昨日、子ども会で門松作りをし、自分の家の分も、ついでに作っておけば良かったのです

が教えるので、手一杯で・・・・今日、家の分を作ってみました。


少し変わったのをと思ったのですが、朝から墓掃除、その他買い出しと頭が回らず、昨年

作ったのを利用して。


昨年も、同じ事を書いていますが、私が呆けて忘れたのではなく、皆さんが忘れていると

思うので・・・・・復習のつもりで・・・・あと、2日ありますから、子供さんと一緒にいかが。


土台は、ビニールパイプ。こちらは、昨年のを取っていたので、これを利用。底は、厚紙を

ガムテープで留めています。赤い布は、100円ショップ。

2 3_2

土台にするパイプより少し広めに、布を切って、縄を巻いて、これで、土台作りは終わり。

縄は、キッチリ巻くのがコツ。青竹ならそのままでも。

4_2 5

次に、中に立てるのも作っておいたのですが、見当たらず。これは作ることに。

昨年のパイプが残っていたので、これをカット。なお、私のパイプはまだカットしていませ

ん。まだ、ちゃんと役に立ちますが・・・・・試してみますか?


下が揃ってない?良いんです。後で分かります。まあ、人生適当に。

6_2 7

竹は、青色ですから、これも昨年使って、余っていたラッカースプレー。これ、平たい物を

スプレーするのは簡単なんですが、やってみれば分かりますが、円形の物にスプレーする

のは難しく、土に突き刺して、ここが私の頭の良いところ。

7_2 8_2_2

これで、スプレーしていくと簡単。ところで、下の色を付けたパイプ、なにか変だと思いませ

んか?竹の中は、白色です。知らない方は、竹を切ってみてください。


でも、そこは、「品種改良で、黒い薔薇とか、紫の薔薇とかあるでしょう。この竹も、品種改

良で、中も青くしてあるんですよ。まだ、高価な為、一般には出回っていませんが。」と言う

と、ほとんどの方、「へえ~」と言いますね。私、ひょっとしたら、詐欺師の才能があるのか

も・・・・・・


ラッカーが乾く間に、土台に入れる砂と、飾りにする桧木の枝を取りに。海は広いですね。

誰が作ったんだか?


桧木の枝は、そこらの山から取ってきますが、山の所有者が来ても、「やあ、どうも」で済

む田舎。都会の方ほど、うるさい事を言う人は無し。

9_2 9_3

後は、ラッカーが乾いたら(速乾性ですから、すぐ乾きますが、できれば一晩おいた方がベ

スト。


下の方が切ってなく高さが違う?

良いんです、土台に砂を入れていく時に、調整すれば。無駄な努力はしない。私の生き方

です。無駄でない努力はしますが・・・・


あとは、桧木の枝を入れて、葉を切りそろえ、百円ショップで買ってきた、飾りを入れて一

番上の写真のとおり出来上がり。

10_2  12_2

カミサン一日中大掃除。門松作りで遊んでいる私を、冷たい目で見ながら・・・・・・



2013年12月28日 (土)

パパと踊ろう~伊武雅刀

Img

昨日のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」で、伊武雅刀さんが出演していましたが、思い出した事

があるので・・・・でも、あの伊武雅刀さんが、この伊武雅刀さんだったとは、頭なんか、ま

るで大違い。


伊武雅刀さんについては、以前、「私は子供が嫌いです 子供は幼稚で 礼儀知らず 気

分屋で ・・・・・・」の「子供たちを責めないで」を紹介しましたが、あの時は、懐かしき45回

転のレコードでしたが、こちらは、伊武雅刀さんの25周年記念盤。2008年に発売されて

いますから、随分前のCD。


ライナーノーツを書いているのが、なんと、懐かしき、オールナイトニッポンの「カメちゃん」

こと、亀渕昭信氏。1999年~2005年まで、ニッポン放送の代表取締役社長ですよ。ま

ったく、じぇじぇじぇ(若い方は、全然分からないか  )。


「子供たちを責めないで」のB面が、「パパと踊ろう」。元はアメリカの唄、「Come pretty

little girl」。のちフランスに渡ってフランス語の歌詞がつけられ、シャンソンとなり、アンド

レ・クラヴォーが歌ってヒットしています。


伊武雅刀さんが、「かわいい シェーリーヌ おいでよ パパと踊ろうよ パパの腕に・・・」と

歌い、まだ、幼稚園前と思われる、小さい女の子が、最初から最後まで、笑い転げていま

す。


その、歌の途中、ラジオらしき放送が、かすかに聞こえてきます。歌声と、笑い声で聞こえ

ない部分もあり、聞き間違っているかも知れませんが、下記の通りです。


「・・・・・・・・おこなわれた1644名を対象とした、児童・・・・のアンケート調査結果が出まし

た。それによると、父親をどう思うかに対し

・興味が無い 36%

・あんな父親にはなりたくない 19%

・父親よりも、もっと金持ちになりたい 15%

・・・・・・(聞き取り不明) 12%

・頭がわるい 10%

・尊敬している 6%

・ちっとも遊んでくれない 5%

・その他 2%

これは、前年度より、興味が無いの増加が1.4倍。あんな父にはなりたくないが1.2倍の

増加、その反面、尊敬しているの減少が昨年から引き続いています。

また、新しいところでは

・お母さんと結婚したから嫌い

・偉くなりそうにない

・見方が嫌い

・取り替えたい  があります。


埼玉県浦和市郊外で家族が・・・・・歩道橋の上から、落として死亡させたという事件があり

ました。

被害者は、すぐ近くに住んでいる老人と分かり、調べていたところ、同居している孫が挙動

不審なため調べたところ、自分が、寝たままの被害者を現場まで運んで、犯行に及んだと

主張したため、その場で逮捕しました。

動機に関しては、お婆ちゃんは寝たきりで、人に迷惑をかけ、何の役にもたたなく、汚いと

述べています。」


不穏当な表現がでていますが、そのまま書き起こしましたので、お許しください。さて、この

CDの、ライナーノーツに、伊武雅刀さんのメッセージが載っています。

Img_0001

この、シングルレコードがでたのが、1983年。30年ほど前です。この歌に歌われた子供

たちも、今は立派な大人。はたして、どんな子供たちを育てたことか?


高齢化社会になっていますが、今からの子供たち、どんな大人になっていくことか?と言う

より、必要なのは、私たち大人が、どう、子供と生きていくのかが大切でしょう。

「大人が変われば、子供も変わる」。



 



2013年12月27日 (金)

あ!年賀状!

Dsc_0105

気づいてみれば、はや27日。何か忘れていると思えば年賀状。今年は午年だから、馬の

写真でもと思っていたら、最近の農家は、牛は肉牛になるので、飼ってはいるものの、馬

は、トラックター、耕耘機などの機械に変わって、近所に飼っているところはなし。


思い出し出したのが、諫早市森山町唐比の、ふれあい牧場。

とにかく行って見たら、いました、馬、牛、羊等。ということで、一枚パチリ。今から印刷し

て、年賀状書きで、今日はこれで失礼を。


おまけです。今日、車の中古屋さんでみた風景。

消防自動車が売ってありました。ちなみに走行距離7000㎞、お値段105万円。消防関

係の機械ははずしてありましたが、お買い得ですよ。孫のおもちゃに飼ってやろうかどう

か、悩んでいます。

Dsc_0233

いつもは、この時期、鳥の餌になっている南天。今年はどういうわけか残っていました。

前の家から、移してきたのですが、どういうわけか、一本だけ白の南天になっていました。

Dsc_0270 Dsc_0281

今晩は、遅くまで年賀状書き、来年は早めに書きます。




2013年12月26日 (木)

復興節~添田さつき作詞★「ごちそうさん」を見ながら

Img

今日のNHK朝ドラ、「ごちそうさん」を見ていたら、「復興節」を歌っている場面があり、思い

出したので。


一度、紹介したことはあるのですが、上の写真は、「ソウルフラワー・モノノケ・サミット」が

出した、「アジール・チンドン」。普段は、「ソウル・フラワー・ユニオン」という名のバンドで、

活動をしています。以下の文は、このCDのライナーノーツからの抜き書きを加えながら。


1995年の阪神・淡路大地震。バンドは大阪在住ですが、被災地で何かできないかと考

え、と言っても、被災地に音響設備もなく、考えたのが、チンドン屋形式。この、災害地で

の野外演奏は、YouTubeでも見られます。


このCDの最初に入っているのが、「復興節」。被災地が阪神・淡路でしたから、歌詞が原

曲とは少し違っています。


本来の「復興節」は1923年の、関東大震災の時に作られたもの。震災直後に、演歌師

の仲間から依頼され、添田唖蝉坊(添田啞蝉坊)の息子、添田さつきが作ったもので、添

田唖然坊は明治、大正時代に活躍した演歌師の草分けです。


ライナーノーツによれば、添田さつきは、「演歌の明治・大正」、「演歌師の生活」で、次の

ように書いているそうです。


「日暮里の焼亡をのがれた地域とはいえ、夜は暗く死んだように沈みかえっているそんな

中で歌声をあげたりしたら、袋だたきにあうのではないか、そんな不安があった。とある横

町で歌い始めると、たちまち、暗い家々からとび出してきた人々に囲まれた。しかし、それ

は不安とは逆に、熱心に聞き入る人々であった。」


なお、この曲の唄本は飛ぶように売れ、「悲しい時でも、うれしい時でも。苦しい時でも、辛

い時でも。人は歌う。それぞれが置かれた状態の違いはあっても、それはそれなりに、う

たわずにはいられないものが、人間にはある。状態下のそのままを吐き出すこともあれ

ば、逆の表現をとることもある。そしてそれは、歌唱表現の上手下手とは関わりのないこと

で、またさらに表現力をもたない者。極端にいえば、啞でさえ、心の底ではうたっているの

だ、という感得をしたことは、まったく何よりの私の収穫だった。」


よく、被災地で音楽家が演奏会を開いている姿があり、押しつけがましいとの気持ちも持

っていたのですが、添田さつきの文章を読み、音楽が持つ力について、考え直しました。


■うちは焼けても 江戸っ子の

 意気は消えない 見ておくれ アラマ オヤマ

 たちまち並んだ バラックに

 夜は寝ながらお月さま眺めて

 エーゾ エーゾ 帝都復興 エーゾ エーゾ 

■田舎のお父さんお見舞いにやって来て

 蒲田でびっくり仰天し アラマ オヤマ

 すっかり焼けたと 聞いて来が 焼けたやら 焼けねえやら

 どっちを向いても 屋根ばかり

 帝都復興エーゾ エーゾ

■嬶が亭主に言うようは

 お前さんしっかりしておくれ アラマ オヤマ

 「今川焼」さへ「復興焼」と改名しているじゃないか

 お前さんもしっかりして

 帝都復興エーゾ エーゾ

■騒ぎのさなかに生まれた子ども

 つけた名前が震太郎 アラマ オヤマ

 震次に震作 シン子に復子

 その子が大きくなりゃ地震も話の種

 帝都復興エーゾ エーゾ

■学校へいくにもお供をつれた

 お嬢さんがゆで小豆を開業し アラマ オヤマ

 恥ずかしそうに差し出せば

 お客が恐縮しておじぎをして受け取る

 帝都復興エーゾ エーゾ

■ツンとすましていた事も

 夢と消えたる奥様が アラマ オヤマ

 顔の色さえ真っ黒け

 配給米が欲しさに押したり 押されたり

 エーゾ エーゾ その意気 その意気 エーゾ エーゾ


メロディは中国の俗曲「沙窓」を転用したとのことです。作詞はもちろん、添田さつき氏で

す。読んでみれば、庶民のたくましさが感じられます。


考えれば、日本は地震、台風、噴火、津波、木造建築による大火などに苦しめられた国。

その度に、復興をしてきています。日本人は、以外と打たれ強い国民なのかな?これ

で、政治家と官僚がしっかりしていれば・・・・・


★一部差別用語が入っていますが、その当時のままの用語を使っています。ご了承くださ  

 い。

(参考・文引用:CD「アジール・チンドン~ソールフル・モノノケ・サミット」ライナーノーツよ

 り)






2013年12月25日 (水)

男の離婚読本~円山雅也監修・飯野たから著・神木正裕著

Img_0001

先日、「お探しの本は」で、図書館の司書の方に、「カミサンと離婚したいが、手続きについ

て書いた本はないか?」と尋ねることもできる、ということを、冗談半分(本気半分)で、書

きました。


昨日、図書館に行って、ひょっと思い出し、本当に、そんな本を紹介してくれるどうか、リフ

ァレンスコーナーにいって、「男のための、離婚に参考になる本ありませんか?」と聞いた

ところ、「しまばらくお待ちください」といって、持ってきたのが上の本。


本当に、こんな本あるんですね。しかも、第三版。売れているんでしょう。本のカバーの裏

にこう書いてあります。


□この本は、一般の離婚に関する法律解説書と異なり、具体的事例から、法律に素人の

お父さんにも分かるように「どうしたらよいか?」を説いています。

□かって離婚というと、妻が夫にすがりつき「あなた!あたしを捨てないで!!」と、よよと

泣き伏す悲劇的場面を想像したものです。しかし今どきそんな姿は姿を消しました。

□おそらく今どきの妻たちは、あなたの気配を察して、その応戦準備におさおさ怠りないも

のと思われます。となれば、お父さんたるあなたの方も、なんとか戦略を練って、少なくとも

敵にしてやられないだけの知恵を身につけるべしです。

□この本は、そんなお父さん達の強い味方となってくれるはずです。


内容は、「第1章 知っておきたい離婚の実態」「第2章 お父さんのための離婚話22」

「第3章 離婚する方法と手続き」「お父さんのための離婚のコラム」となっています。


参考にと思いながら、読み始めましたが、途中で止めました。ウチのカミサンには、どうし

ても勝ってこないなと、自覚したからです。


さて、離婚の原因の第一位は、「性格の不一致」ですが、人それぞれの性格で、全く一致

する性格の人間なんているのかな?かえって、同じだったら、面白くないと思うのです

が・・・・


どなたか、「性格の一致による離婚」なんて、してみませんか?一躍有名人になれるので

すけど。


かって、若い女性から「相談がある」と言われ、ひょっとしたら、「愛しています、日陰の女

で良いから」なんて、言われるんじゃないかと期待していったら、付き合っている人がいて、

今の経済状態では結婚できないと言われ、どうしたら良いかということで、ガックリしまし

た・・・・・・


山口瞳さんの本に、おぼろげながらですが、こんな話を覚えています。

結婚当時、四畳半(六畳だったか?)一間で、あるものは、コンロ一つ、休日はやることも

なく、お互い、暇つぶしに、代わりばんこ、知っている歌を一日中歌っていたとか。結婚生

活なんて、そんな事でも、成り立っていくと思うんですが。


数日前に、「たまには落語でも」で書いたように

「お前さん何であんな亭主といっしょになったんだい、見込みがあるのかい」

「あるもんかあんな奴」

「じゃァ なぜいっしょにいるんだョォ」

「だって、寒いんだもん」

という感じで、何事も深刻にならず、結婚生活を送ると、離婚なんか無くなるんですがネ。


ころで、この本、「自由国民社」から出ているのですが、同出版社から「女性のための損を

しない離婚の本」というのが出ているんですが、同じ出版社から出ていることで、「矛と盾」

の話を思い出しました。どちらが、勝つのかな?

(以上の文章、一部フィクション、と言うより冗談が含まれていますので、ご了承を)




2013年12月23日 (月)

2013 橘神社大門松完成(世界一の門松)~雲仙市千々石町

Dsc_0119

昨年の竣工式は、少し曇ってはいたのですが、今日は、雨がちらちらと、おまけに寒いし、

何となく体調は悪く、目は老眼と、近眼と、かすみ目で見えにくく、「曇りガラスを 手で拭い

てあなた明日が 見えますか」と、まあ、見えない見えない。


おまけに、先日の血液検査の結果、PSAの値。一年前が、4.3、先週の金曜日はかって

みたら、7.4。正常値上限が4です。来年MRIで調べましょうと、お医者さん。「結果は、す

ぐ分かります」だって。悪い結果だったら、聞きたくもなし。前立腺ガンだったら、どうする

のか。


私、「あまり、女遊びは、したことないんですが・・・・関係無いんですか?」、お医者さん「

関係ありません」。


さて、大鳥居のところへ行けば、昨年と違って、テントが立ててあって来賓の方が・・・・昨

年までは、関係者だけで、しめやかにおこなっていたのですが・・・・

昔から、自分より偉い人と、いい男は写真に撮らない主義なので、ここはカット。


さて、最初に神事。祝詞をあげられる宮司さんは、橘中佐の子孫の方。


話は、いつもの如く横道にそれます。宮司さんにも資格があり、「神社本庁(公的機関では

ありません)」の「階位検定及び授与に関する規定が」があり、上から、「浄階」、「明階」、

「正階」、「権正階」、「直階」とあるそうで、「明階」までは、研修を受ける事で、昇進が可能

だそうです。


橘神社は、「県社(再度、公的機関ではありません)」です。「正階」が県社の宮司さんです

から、それ以上になるのでしょう。なお、「明階」までなると、「伊勢神宮」の大宮司以外なら

どこの神主にもなれるそうです。


さて、もう一つ、横道に。「道を外れた、この私」というところで、お許しを。

某神社で、「直会(なおらい)」、神社で神事の後に、お神酒をいただき、神饌(神棚に供え

る供物)をいただく事ですが、その最中、べろべろに酔っ払った一人が、「あんたんな(あな

たは)、声も悪かし、祝詞もへたばい」と言ったところ、宮司さん、「あれは、俺が言っとると

じゃなか、俺ん体ば借りて、神さんが言っとるとぞ!」と一喝、一同納得。


閑話休題

大門松の安全祈願の祝詞の後、千々石中校ブラスバンドの「御神楽」。舞台でなく、このよ

うなところで見ると趣があります。


確か、3年生の部員は、夏の定期演奏会でクラブを卒業していますから、多分、一年生と

二年生でしょうが、息がぴったりと合って、見事なものでした。来年、新入部員が増えてく

れると、良いのですが、

Dsc_0126_2

今年生まれた、鉄砲隊です。多分「観櫻火宴」のための鉄砲隊でしょう。立派な火縄銃。

Dsc_0135 Dsc_0142

最後に、轟音と、煙と共に、一斉射撃。後には、橘中佐の銅像。

Dsc_0153

幟旗には、「肥前国 千々石大和守 家中」と書いてあります。「千々石大和守」は千々石

釜蓋城の城主で、釜蓋城は橘神社後の小高い山(丘?)にあり、佐賀の龍造寺に滅ぼさ

れています。その子が、千々石ミゲル。天正少年遣欧使節の一員(正使)として、ヨーロッ

パの地を踏んでいます。


昨年は、この後、みんなで、「いや!そこ!」、失礼 (*_ _)人ゴメンナサイ。ではなく「いやさ

か」(弥栄=ますます栄えること。ばんざい。)で、締めたのですが、今年はありませんでし

た。何となく、淋しかったな。(「いや!そこ!」は去年も書いたか。呆けた、呆けた。)





2013年12月22日 (日)

平成25年 子ども会ミニ門松作り~雲仙市千々石町★心房細動の追加

Pc140389 

昨年も、子ども会、自治会、老人クラブ、ボランティアの方で、ミニ門松を作りましたが、今

年で三回目になりました。場所は、いつもの自治会公民館。


今年も、図工の通知表2の私が指導者。先日の夕方まで、心臓病で入院していたので、

大丈夫かなと思いながらも、何となく大丈夫のようだったので、出かけました。


自治会の世帯数が50世帯くらい。昨年が子ども会(小学生)が7名。今年は、新しい家が

建ったり、転入の方がおられたせいか、9名に増えていました。


昨年も書きましたが、門松作りで一番苦労するのが、竹を山から運び出してくること。これ

は、自治会長さんと、老人クラブ、ボランティアの方などでやっていただきました。わたし

も、昔はやった事があるのですが、竹は中はスッポンポンといっても、生竹は重いもの。し

かも、山の中から運び出す重労働。


あと、難しいのが、竹を斜めに切ること。これも、本当は、子どもにノコギリを使わせてやり

たかったのですが、時間の都合で、電動ノコギリをつかって・・・・これ、自治会長さんの役

目です。

Pc140379_2 Pc140380_4

ここまでできれば、80%できたも同然。一年生もいるので、大人に手伝ってもらって。

Pc140370

まあ、小学生ですから、綺麗にはできないところがあって、いつものように100円ショップ

で、飾りを買って来て、飾り付けをして、何とか全員無事できました。玄関に飾るのにピッタ

リでしょう。

Pc140396_2

正月が近づいたので、子どもたちに正月の伝統の門松を作らせるのと、地区の人のつな

がりが、昔より薄れてきているので、たまには地域の人に集まってもらい、親睦をはかろう

という目的。私も、知らないお母さんや、子どももいて、役に立った一日でした。



終わって、子どもたちと一緒にケーキを久しぶりに食べましたが、ケーキってこんなに美味

しかったのですかね?


なお、簡単なミニ門松の作り方は→こちらをクリック


★昨日の心房細動の追加です。

心臓関係のお医者さんが一番心配するのが、心房細動が起こったとき、心臓内部に、血

の固まりができ、それが、血液に流れ込み、脳に入り込み、脳血栓を起こすこと。長島一

雄氏も、このために脳血栓になったのではないかとの話があります。


このために、私もバイアスピリン等の血液サラサラの薬を飲んでます。症状のない、心房

細動もあるそうですが、心臓病にはご注意を。


私のカミサンの兄も、心電図で異常があり、病気一つしたことがないので、その後医者に

も行かず、心筋梗塞で亡くなっています。異常を自覚したら、すぐ専門医に。






2013年12月21日 (土)

心房細動にご注意を

Photo

私も、持病の心房細動がありまして、お医者さんに聞くと、70歳以上になると、かなりの方

がなるとか。


昨晩10時頃、あれ、おかしいな思ったら、見事出ていました。5年越しですから、自覚症

状ですぐに分かります。


この病気やっかいなのが、いつ出るか全然分からないこと。また、いつ症状が治まるか、

分からないこと。まあ、一晩寝ていると治るかな、と思って居たら、全然ダメで、朝飯食べ

て、朝9時頃から、お医者さんに行って、心電図を取ると間違いなし。不整脈が出て、横に

なっていても脈拍が120程度、最大150。


点滴。心房細動を押さえる薬を打って、夕方4時くらいにやっと収まり、しばらく様子を見

て、今戻って来ました。


良い女の子ががいないかと、病院内をウロウロしていると(まあ、症状が出ても慣れていま

すから・・・・)、上のポスターに出会いました。


80歳で、エベレスト登頂を果たした、三浦雄一郎さんです。製薬会社の宣伝ポスターです

が、三浦雄一郎さんも、心房細動だったのですね。これには、ビックリしました。心房細動

は先ほど書いたように、いつ出るか分からないので、よく思い切って登山に挑んだもの。

本当にすごいの、一言です。


さて、心房細動が発症すると、タバコは全くダメ。酒を飲んで、酔い覚めの頃に発症するそ

うです。発症しても良いから酒を飲む、と言う方もいるそうですが・・・・・・

まだ、心房細動を発症してない方は、今のうちに、大いに飲んでおきましょう。

__

ところで、前にも書きましたが、この点滴何とかなりませんかね。歩くときに邪魔で邪魔で。

胃、腸の検査もカプセルを飲んで、撮影する時代(この間、実物を見てきましたが、良くで

きてますネ)。ワイヤレスの点滴道具を発明したら、ノーベル賞ものですよ。




2013年12月20日 (金)

おさがしの本は~門井慶喜著

Img

外は寒いし、「犬は喜び外かけ回り、爺(じじい)はコタツで丸くなる」の季節になりました。

ということで、外に出たくないので、今回も本のご紹介を。


この本、「ジャーロ」という雑誌で、2007年~2009年にわたって連載。2009年に出版。

私が持っているのは文庫本で2011年に出版。意外と記憶に残っている一冊。


舞台は図書館。そもそも、図書館とは何のためにあるのか、簡単で、難しい問題です。ほ

とんどの人が、読みたい本を借りに行くだけでしょうが、郷土に関する文書、お話し会の実

施、学校、幼稚園への本の紹介、貸し出し(学校図書室に対する予算は微々たるもので

す)等々、その中で、レファレンスサービスというのがあります。


図書館の利用者が、学習、研究、調査のための、情報、資料を紹介する業務になります。

但し、この本の主人公が述べるように、「・・・・調査そのものは相談者自身がしなければな

らない、それと同様に、書物というのは、ただ人間を助けるだけの存在なのです。最終的

な問題の解決はあくまでも人間自身がおこなわなければならない」


現在、就職難時代。図書館によっては、就職支援コーナーが設けてある所があります。し

かし、そこに行っても就職を斡旋してくれるわけでもなく、どんな職業が有り、どんな資格が

あり、就職活動はどうしたら良いかの情報、資料はありますが、就職するという最終課題

は、その人が解決すべき問題です。


さて、リファレンスは難しい研究のみならず、自分が知りたいことに関する資料(本)を紹介

してくれます。(もっとも、行政、知人、先生などに相談する方法もありますが・・・・)


「カミサンと仲が悪いが、夫婦仲について書いた本はないか?」、「カミサンと離婚したい

が、手続きについて書いた本はないか」、「カミサンからいじめられるが、家庭内暴力につ

いての本はないか?」、「不倫をしたいが参考になる本は」(これ、冗談)。多分、本の紹

介はしてくれるでしょうが、解決するのは、あなた自身。


さて、リファレンスは職員(専門職は司書といいます)がおこないますが、この本の主人公

は、そのレファレンス・カウンター業務の職員。


市の財政が逼迫し、図書館を潰す計画もあり、そのため市長公室から送り込まれた副館

長。


「レファレンス・カウンターか」鼻を鳴らした。「特に不要」・・・・・・・「性能のよい、コンピュー

ターの2,3台もあれば肩代わりさせられる」という調子。

研修として、ある本を探してもらおうという事になり、(試されるわけです)出されたヒントは


或一つの語をタイトルに含む本。

その語は

A 意味的には、日本語における外来語の輸入の歴史を丸ごと含む。

B 音声的には、人間の子どもが最初に発する音によってのみ構成される。


分かりますか、これ?ある本なのですが、これを解いていく過程。面白いですね。答えは、

意外や意外、「ア○○○○○」なのですが、私、意地悪なので教えません。知りたい方は、

本を読んでください。


さて、紆余曲折があって、図書館を存続させるかどうか、議会の委員会に呼ばれ、主人公

が意見を述べます。これ、長いので、書きませんが、図書館について、こういう考えもあっ

たのかと、目から鱗が落ちる思いでした。


もう一つ、面白かったのが、図書館存続派の議員から、一冊の本の題を調べて欲しいと

の事、その本たるや、同僚の女性職員に説明しますが・・


「・・・・或作品を読んでいたら、とても衝撃的なシーンに出会った、登場人物の若い男が、

その、身体的器官でもって白い障子をつぎつぎ突き刺したんだ、もちろんその器官は、何

というか、ハードな状態だったわけだね。・・・・・」


答えは、石原慎太郎の「太陽の季節」。ではありません。これ分かる方は、随分の読書家

でしょう。


なにせ、「○○○○全集」第五巻の巻末、開高健の解説に、石原慎太郎「太陽の季節」の

シーンに触れ、「例の陰茎と障子のシーンも大いに取沙汰されたけれど、その時○○○○

の先行作を思い出した人はほとんどいなかった、自分(開高)のほかには荒正人と臼井

吉見くらいではなかったろうか。」と言うくらいですから。


答えを知りたい方は、図書館で本を借りてお読みください。図書館、或いは公民館の図書

室は、楽しさ、知識、人生の生き方等が、ぎっしり詰まっています。


蛇足ですが、私が住んでいるU市は7ヶ町合併したもので、市立図書館が一つあります。こ

の図書館は、合併前にK町が建てた、「町立図書館」で、合併で「町」を「市」に書き換えた

だけ。職員も、三年ごとの嘱託です。図書館、公民館図書室の皆さん、頑張っています

が、隣のI市の図書館とは予算、人員、蔵書数、全く違います。おまけに、市の一番端っこ

の町。何となく、侘びしいですね。


この間、市会議員選挙があり、新人が増えましたから、期待しましょう。期待だけです

が・・・・・



私も、図書館の司書免許を持っている(持っているだけの事)ので、図書館のことになる

と、力が入って長文になりました ヾ(_ _*)ハンセイ・・・ 。





2013年12月19日 (木)

沙門空海唐の国にて鬼と宴する(漫画版)~夢枕獏原作・大西実生子漫画

Img

じぇじぇじぇ、というか、ビックリ仰天というか、晴天の霹靂というか、およしになってよ、とい

うか、本当に、夢枕獏さんの「沙門空海唐の国にて鬼と宴する」。本気で漫画にするんです

か?分厚い本、四巻ですよ。


ということで、Amazonで偶然見つけ、取り寄せて見ました。なにせ、田舎の本屋さんには、

置いてないから。出版されたのが6月26日。まだ二巻目が出ていないところを見ると、悪

戦苦闘してるんじゃないでしょうネ。この漫画、カドカワデジタルコミックスとして、Kindle版

でも読めそうです。


とにかく、伝奇物としては面白いものでした。漫画は、まだ第一巻目で、話は入り口です

が、漫画でどう表現していくか、楽しみです。


さて、筋を紹介したいのですが、とても、簡単に書けるものではなく、本書の裏に、紹介が

書いてあるので

「中国・唐の時代、密教の真理を求め入唐を目指す一人の若き留学僧・空海と遣唐使とし

て選ばれた儒学生・橘逸勢。人々を魅了する空海の才に助けられて、遣唐使一行は苦難

を乗り越え長安の都にたどり着く。

そこでは、幻術を操る大道芸人・丹翁との出会いに始まり、呪いの術をかけられた胡姫・

玉蓮を救うことに。

さらに、役人・劉雲樵の邸が猫の妖物に取り憑かれるという怪事件に遭遇。妖物は時の

皇帝・徳宗の死まで予言し不穏な気配が・・・・。この時から二人は、唐王朝を揺るがす大

事件にかかわることになるのだった!!」何か、ワクワクしませんか?


空海、橘逸勢は、嵯峨天皇と合わせて、三筆(書道史上の能筆、要するに字が上手な人、

私は平成の悪三筆の一人)です。


空海は弘法大師の事であり、千々石町、お隣の小浜町の富津にも寄られ、六角井戸の話

になっています。千々石町の話は、あまりいい話ではなので、省略。まあ、空海伝説は、

日本国中ありますが・・・・


さて、漫画本の帯に、「映画化プロジェクト始動中!!」と書いてありますが、特殊撮影が

進歩している現在、映画化には多分ピッタリするような話。


ところで、「大江戸恐龍伝」。第四巻は十二月の末出版予定と書いてあって、第三巻は

Amazonで予約発売していたのですが、第四巻は、まだ、予約はしていないみたいですが、

夢枕獏先生、また、何年も待たせるつもりじゃないんでしょうネ。






2013年12月17日 (火)

小野の金比羅山の蟹の石造について~長崎県諫早市小野

P9220560

以前にも登場していただきました、諫早市小野の金比羅山に奉納してある、蟹の石造物

です。


潜伏キリシタン(隠れキリシタン)の研究者の方には、以前書いたように、金比羅さんとカ

ニというと、すぐに潜伏キリシタンと結びつける方がおられますが・・・・・・


この前は、写真を出しませんでしたが、この石造の台の横に、

P9220558

P9220561

「南高來郡山田村永中黒田○○○榮太郎」と彫ってあります。○○○は、例えば、千々石

の庄屋さんの名前が、宮崎九郎衛門延高という名前でしたから、多分、それと同じではな

いかと思いますが、はっきりした事は分かりません。山田村は現在の雲仙市吾妻町です。


で、普通、奉納するとすれば、灯籠とか、石仏とか、狛犬とか、鳥居とか多いのですが、蟹

とは珍しく、有明海は、昔は豊かな漁場であり、国見町(現雲仙市国見町)では、多比良

ガニといって、現在でも有名で、吾妻町は、隣の隣の町で、昔は、蟹が良く捕れて、そのた

めに、蟹の石造を奉納したのかなと推測して、前のブログを書いたのですが、・・・・・


まさに、流行語の、じぇじぇじぇじぇじぇ、でした。


某日「黒田栄太郎の子孫です」という方から、コメントをいただき、なぜ、蟹を奉納された

か、いきさつを教えていただきました。この方は、現在県外に在住されておられます。


黒田栄太郎さんは、江戸生まれのご先祖で、栄太郎さんの子の幾蔵さん(お孫さんです

が、養子縁組みをされたそうです)が台湾出征の折、武運長久のために、奉納されたもの

だそうです。


なお、なぜ蟹にしたかについては、有明海の守護神が、蟹で、蟹は堅い甲羅に覆われて

いるので、鉄炮の弾も跳ね返すとか、卵もたくさん産むので、子孫繁栄祈願ということで、

蟹にしたらしい、ということでした。


教えていただければ、なるほどですね。榮太郎さんのご子孫から、コメントをいただかなか

ったら、誤解のしっぱなしでした。おかげで、なぜ、小野の金比羅山に蟹なのか、スッキリ

しました。


庶民の歴史は、だんだん忘れられていきます。以上のような話は、少しでも残していきた

いものです。皆さんにも知っていただきたく、ブログに書きました。


黒田栄太郎さんの、ご子孫のコメントには、感謝の一言です。ありがとうございました。

(写真は、クリックすると少し大きくなります)






2013年12月16日 (月)

森山町民俗資料館~諫早市森山町

010

多分、各市町村に、民俗資料館(歴史資料館と併設も有り)があると思います。収集してい

るのは、近年、私たちの父母、祖父母等が実際に使い、汗がにじんだものです。


残念ながら、国宝等などは置いてないため、見学者も少なく(小学校の郷土学習程度、た

だし、若い先生は説明できないものも多くありそう)、管理人も置いて無く、見学するには、

教育委員会に連絡するか、運良くば近くの方に、鍵を預けてあり、開けて貰うことができる

という、私みたいに、影が薄い存在です。


森山町の場合は、お隣に商工会の事務所があり、見学を申し込むと、気持ち良く開けて

貰い、照明もつけていただきました(ただし、土、日曜日は休みか?)。


レトロが流行っている時代、民俗資料館に足を運ぶのも良いでしょう。お父さんお母さんで

は、説明できないものもあるので、おじいちゃんかおばあちゃんを連れて・・・


ミニ俵、本当はもっと大きく、一俵は60㎏。前にも書いたように、これが持ち上げなければ

一人前とは見られなかったそうです。


昔は、子どもが多かったので、こんなに綺麗な部屋はありませんでした。一般的に、子ども

の個室などはなく、飯を食うのも、遊ぶのも、勉強するのも同じ部屋でした。赤い矢印は、

ちゃぶ台。これで、飯を食べて、その後、勉強をしたり、トランプ遊びをしたり。寝るときは、

足をたたんで、ご覧のように片隅にやって、布団を敷いていましたが、便利なものでした。

Photo Pa220058

時計の、4時と8時のところにゼンマイを巻くようにしてあります。ねじを巻くのは、私の役

目でしたが、「ボーン・ボーン・ボーン」の音は、まだ耳の底に残っています。


電灯。二股のソケットです。良い子も、悪い子も、スイッチをひねったまま、ソケットに指を

入れないように。私、入れたことがありましたが、感電死寸前。小学校の4年の時でした

が、あの時の電気ショックは、いまだに忘れることができません。


千々石に電灯がともったとき、煙草を押し当てて、火を付けようとした人があったそうで

す。これ、千々石の郷土誌にも書いてあるので本当の事でしょう。

Pa220060 Pa220061_2

羽釜(はがま)。こだわりの料理店では、まだ、これで米を炊いているところがあるとか。始

めチョロチョロ、なかパッパ、じわじわ時に火を引いて、赤子泣いても蓋取るな。分かるか

な?

炊いた米を入れるおひつ。

Pa220063 Photo_2

左の写真は、電気の笠だそうで、陶器製。この型を見るのは初めてでした。


醤油樽。田舎では、昔は味噌、醤油も家で作っていました。カミサンの姉も最近まで作って

いたそうです。

Photo_4 Photo_5

はね板。これに乗って、有明海の潟で、ムツゴロウとか、ワラスボを取ります。ワラスボ

は、日本では有明海の奥部の潟にしか生息していないそうで、独特の顔をし、「エイリア

ンのような魚」と言われることもあるそうです。

Pa220071 Pa220072

生糸、織物の関係。これは、どこの民俗博物館でも見られます。昔、生糸産業が盛んだ

ったことが分かります。


消防ポンプ。車が無かった時代、担いで火事現場まで運んで、手でポンプを押して、水を

かけたのでしょうが、火は消えたのかな?

Pa220065 Pa220070

森山は米所だけあって、農機具がたくさん展示してあります。右の写真。赤い矢印が、千

歯こぎ。歯がたくさんついていて、これで脱穀します。

緑の矢印が、唐箕(とうみ)。脱穀した後、籾殻、屑などを風で選別するもの。

機械も無かった時代、鋤、鍬で、田畑を耕がやかしたものだと感心します。本当に昔の人

は強かった。

Pa220081 Pa220101

さて、最後に、これは何でしょう?私も小さいとき、どこかで見た事があるのですが・・・

Pa220064

答えは、洗濯機です。この中に、汚れた物と、洗剤を入れ、ハンドルを回し(もちろん手で)

洗濯をする物。たしか、一時期、流行った記憶があるのですが。


皆さんの市町村にも民俗資料館はあると思いますので、一度は足を運んでは如何。多分

無料です。



2013年12月15日 (日)

「シチューパン」~長崎県立島原農業高校

1_2

私としたことが、うっかり新聞記事を見落とし、「島原農業高校」の「シチューパン」のこと

が、新聞に載ってるよと、知人から連絡があり、新聞を読んで、さっそく買って来ました。

2

      (「長崎新聞12月12日」より)

昨年は「じゃGaぱん」の事を紹介しましたが、今年は「シチューパン」です。これは、九州ロ

ーソン支社が、長崎、熊本、大分県で公募した、「高校生ベーカリー」で、県内で11校、10

7件のアイデアから、ローソンの協同開発として、「シチューパン」の商品化が決まったそう

です。


発想は、カレーパンはあるけど、シチューパンは、なぜ無いのか、ということだそうです。

3

中身は、クロワッサンの生地に長崎県産のジャガイモ、人参をホワイトシチューにいれ、ベ

ーコンを載せたもの。

4

袋のデザインは、同校の生徒が描いたものだそうです。

「島原の自然の恵みをシチューにぎっしりつめこんだSHiちゅーPan♡」、「あたためてもおい

しいよ!」、「にんじん じゃがいも 長崎産!!」の文字とともに、「長崎県立島原農業高

等学校開発商品」の文字が・・・


商品開発についての経過は、「島農特設サイト」をご覧いただくと、研究内容、中身の検

討、原価計算、発売期日の設定等、詳しく見られます。


先日の、諫早農髙のマーケットといい、島原農髙といい、頑張っていますね。こんな高校生

が増えていくと、日本の将来も明るいものですが・・・・


なお、新聞によると、期間限定、一か月で3万個を目標に販売するそうです。夕方、行って

見ると、その日の分は、ほぼ売り切れでした。また、来年も期待していますヨ!


2013年12月14日 (土)

たまに落語でも

Img_0001

「お前さん何であんな亭主といっしょになったんだい、見込みがあるのかい」

「あるもんかあんな奴」

「じゃァ なぜいっしょにいるんだョォ」

「だって、寒いんだもん」

志ん生のくすぐりですが、良いですね。、この寒い冬の夜に。


東京に7年ばかりいて、一番残念だったのは、寄席に一度も行かなかったこと。田舎に引

っ込めば、見る機会はほとんど無し。


ポッドキャストで、時々聞いてはいたのですが、先日、立川談志の名演といわれる、「芝

浜」をDVDで見て、ついでに、「落語のピン」、「立川談志独演会」の10数枚を続けて見て、

また、ついでに、上の本と、「現代落語論Ⅱ」を続いて読んでいます。

落語は一時凋落し、また、盛り返しましたが、落語家過剰の時代。


落語は、いまだに、一銭、一文で話をしていますが、今の若い方にはピントこないところが

あるでしょうが・・・


時そば・・・

「そば代、いくらだい」

「へい、十六文で」

「親父。細かい銭しか持ってないんだが、いいかい、手を出してくれ」

「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よ)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(や)、ところ

で、今何時(なんどきだい)」と時刻を尋ねると、そば屋の親父「へい九(ここのつ)で」。間

髪を入れず、「十、十一、十二、十三、十四、十五、十六、ご馳走様」と、「一文」誤魔化す

のですが、今やると、「いくらだい」、「500円です」、「手を出してくれ」、「100円、200円、

300円」、「今何時だい」、「へい、4時です」。ではなりたちませんね。


さて、立川談志については、また、書くことがあると思いますが、DVDをみて、普通は咄が

終わった後、すぐに楽屋に引いていくのですが、談志さん、座ったまま、首を傾げる部分が

沢山見られます。


自分の、芸の悪さに反省しているみたいで、時々、「スミマセンね今日は出来が悪くて、大

体この話は・・・・」と、説明までしています。多分、立川談志ほど落語を愛し、考え続けた落

語家は、いないでしょう。


たけしが、「落語家は伝統とマンネリにあぐらをかいて平気な顔をして演ってる。帰る巣が

あって羨ましいや。そのため全然研究も勉強もしない・・・・」と言っているそうです。


本に書いてありましたが、どこかの寄席の楽屋に、噺家売れる秘訣五か条というのが貼っ

てあって、

一、素人口調であること

一、内容は支離滅裂にすべきこと

一、ちゃんとした咄をやらぬこと

一、客には媚びること

一、何でもいいから歌うこと

と書いてあったそうですが、これ、一年もたたないうちに消えてしまう、お笑いの方にピッタ

リですね。


新人の良い落語家が出てきていますが、これから先どうなるのか、談志の落語を聞いて、

考えてみたいと思っています。


母親がこどもにむかって

「早起きは三文の徳というんだョ」

「三文なんてふるいネ、ピントこないョ」

「じゃァ、早起きの小鳥はみみずが食べられる。これならいいでしょう」

「でもさ、小鳥はいいけど、みみずがかわいそうだ」

「ウルサイネ、いいんだョ、それは朝帰りのみみずなんだから・・・・・」


私の好きなやつ

「番頭さん、金魚はどうしたい」と旦那、

「いえわたし、食べません」


酒席で

「あっちの男が、酔っぱらって、自分の家は、郵便局の裏だと言ってるんだが、向こうの男

も、酔ぱらって、自分の家も、郵便局の裏だと言って、喧嘩してるんだ。どっちが本当だ

い」

「良いんだよ、親子だから」


お後がよろしいようで・・・・・・


(参考・文引用「現代落語論」「現代落語論Ⅱ~あなたも落語家になれる」~立川談志著」



2013年12月13日 (金)

私的・センチメンタル浜ぶら

1

浜町と書いて、「はまのまち」、地元では「はまンまち」といい、長崎市内では一番の繁華

街。


私、生まれは、遊郭があった丸山の隣町、油屋町。いわゆる、「色で育ったこの体」といい

たいのですが、借家住まいだったので、幼稚園の時、諏訪神社のそばに引っ越し。


小学校に入学の時、まだ畑ばかりだった、その真ん中に建った、浦上の県営アパートに引

っ越し。だんだんと、繁華街からは離れいくばかり。、


学校は東京で、就職をし、会社が銀座にあり、銀座のクラブで、夜の貴公子とまで呼ばれ

たのですが・・・・・


戻ってみれば、仕事で島原半島へ。そこで、結婚詐欺(注:カミサンにだまされて結婚の

事)に出会い、田舎住まい。浜町にはなかなか行く機会が無く、まして、歳取ると面倒くさく

て・・・・・


先日、書類を整理していたら、古い貯金通帳が出てきて、ひょっとしたら、亡くなったおじさ

んが、大金を振り込んでいないかと、浜町の銀行へ記帳に。結局は利子が付いて、1,06

7円でした。残念。


ついでに、久しぶりに、「浜ぶら」をしてみました。「浜ぶら」は「銀ぶら」と同じ意味です。

浜町をブラブラ歩いて見ると、変わっていますね。特に、ドラッグストアが増えたこと。商売

成り立つんですかね。


昔、長崎市内でデパートというと、浜屋と岡政。岡政は安政元年(1854)に長崎古町に創

業。あと、いろいろあって、1988年に「博多大丸・長崎店」になりましたが、2011年閉

店。跡地は、博多大丸が商業ビルを建てるという事らしいのですが・・・


横の所に、「1000マイル離れた長崎から1000人分の笑顔の笑顔の贈り物」「浜んまち」

は東北の未来を応援します」のパネル。上の写真が拡大したものです。

2 3

石丸文行堂。昔、夏休みには「ラジオ体操」をしていましたが、全日出席した子どもは、ノ

ートを貰っていましたが、この、石丸文行堂の提供だと言うことを、どこかで聞いた覚えが

あります。

ドラッグストアになりました。名前は忘れましたが、大きな玩具屋さんだった覚えが・・・

4 5_2

好文堂。長崎で、一番大きな本屋さんだったんですが、紀伊國屋さんあたりもできて・・・・・

好文堂の隣。確か「金文堂」と言う名前だったか、古本屋さんがあり、良く出入りしました。

ここで買った本を読んだら売って、そのお金で、また他の本を買って、中学、高校にはお

世話になりました。無くなっているのを見ると淋しい・・・・  。


赤い矢印の、「カメラのタケダ」。もっと大きなカメラ屋さんだったのですが、今や、写真の

プリントは自分でできるし、カメラは家電屋さんで売っているし、本当に小さくなりました。

6 7_2

左の写真、まっすぐ行くと、浜屋デパートの裏口に行きます。いま、新館ができています

が、昔は空き地で、確か、街頭テレビが置いてあった記憶があります。プロレスを見た事

があったかな?


写真の左側に「BUN BUN」というジャズ喫茶店があり、何時間いても、なにも言われない

ので、あの頃はお金を持ってなかったので、一日中、暇つぶしに居ました。


右は、思案橋電停付近、ジャズ喫茶「マイルス」があった所かな?入れば普通の喫茶店。

中にもう一つ扉があって、そこがジャズコーナー。一般の人はあまり知ることが無く、学校

サボって、制服、制帽で、煙草を吸いながら受験勉強をしていました。スピーカーがJBL

の、でっかいやつで、すごい迫力でした。

8_3 9 

思案橋ラーメン。おやじさんが面白い人でした。ここの、おでんが好きで、京風でもなく、関

東風でもなく、汁を煮込んであって、良く食べに行きました。


工事中のところ「ステラビル」があったところ。一番上が映画館でした。以前は、「東宝富士

館」があって、「アラビアのロレンス」だったか、学校をサボって見に行きましたが、当時は

映画を見るのは父兄同伴。もちろん一人で見ましたが・・・・走っている車、フィアットの50

0かな?

10 12

左の写真の所にも、映画館があった記憶が・・・「フランケンシュタイン」を見た覚えがある

のですが。たしか、このあたりに、前川清が入っていた、内山田洋とクール・ファイブが出

演していた、キャバレー「銀馬車」もこのあたりだったかな。入ったことがないので良く知り

ませんが。


右の写真、確か、一階がアトムレコード、二階が映画館。当時は、「町を歩けば映画館に

当たる」の時代でした。

14 15

「マツヤ万年筆病院」。全国的に有名で、某作家の万年筆もここで調整しているとか。昔

は、高校の入学祝いには万年筆が定番だったのですが。ちょっと寄って、フィシャーのボ

ーペン「スペースシャトル」を買ってきました。


宇宙飛行士のために作られたボールペン。芯の中に、窒素ガスが封入され、その圧力

で、インクをペン先に供給するもので、無重力でも、寝っ転がって、ペンを上向きにしても

書ける便利なボールペンです。

11_2 Pc050324_2

さて、浜ぶらをしながら考えると、町の名前に「浜」がついています。確かに海からは、そう

遠くは無いものの、調べると、青い線が17世紀まで海だったそうで、赤い所が「浜町」のア

ーケード街です。こうして見ると、今よりも、海に近いことが分かります。


「長崎県辞典~長崎文献社刊」によれば、「浜町」のところに、「海岸の町として賑わってい

た」、「浜に面した便利な町として濱町は発展し」等の文が見られます。

Img_0002_2

    (「復元!江戸時代の長崎」~布袋厚著・長崎文献社刊)

明治中期の、浜町のアーケードの風景。橋が見えますが、後に、この水路は暗渠化され、

両側の道と合わさって、道となり、現在の観光通りになったそうです。

撮した場所は、多分最初の方に紹介した、大丸あたりでしょう。

Img_0005_2

      (「長崎古写真紀行」~柴多一雄著・長崎文献社刊)

東浜町を油屋町の方に向かって撮しているそうですが、一番高い山、どなたかご存じあり

ませんか?


久しぶりに、「浜ぶら」したら、変わっていく様子に、何となくセンチメンタルになり、「センチ

メンタル・ジャーニ」ならぬ、私的な「センチメンタル浜ぶら」になりました。





2013年12月12日 (木)

三度(みたび)、滝の観音~長崎市

1

どういう分けか、ここ、滝の観音が気にいって、三度目になりますが、先日、病院帰りに寄

って見ました。前書いたのと、ダブル部分が出て来ると思いますが・・・・


昨年、ここの紅葉は綺麗だろうなと訪れたのですが、残念ながら、雨が降った後で、見ら

れず、今年は大丈夫だろうと思っていたら、遅すぎました。少しばかり、その雰囲気は残

っていましたが・・・・・

新緑の頃も良かったのですが、初冬の風景も、枯れていて良いものです。

2 3

前に、言い忘れましたが、この滝の名前はありません。この寺も正式には「長瀧山霊源

院」ですが、「滝の観音」と言う名前の方が、有名です。長崎県指定名勝ですが、教育委員

会の説明文にも「滝の観音」と書いてあります。


敷地内には、元禄十二年、京都北野神社から分祠した、天満宮があるそうですが、行くの

を忘れました。


左の写真は、どちらが根か分からない「伏樹門」。ここをくぐって、山門へ、左右に仁王様

が・・・

7 8_2  

こんな風景も心落ち着いて良いですね。心に沁みます。

9

梵鐘は、長崎大水害のとき壊れ、この後の所に、壊れた梵鐘が置いてあります。

首が取れた、石仏がありますが、多分、廃仏毀釈運動の時こわされたものか?

4 5

6 Dscf5885

良く見ないと、思わぬと所にも、石仏が。対岸にも、磨崖仏、石仏ありますが、以前書いた

のでカット。とにかく、石仏大好きな方には、たまらないところでしょう。

Dscf5851_3 Dscf5864

このお寺、万治二年(1659)唐僧が建立した禅寺だそうですが、寛文七年(1667)唐商

許登授が観音堂を建立、中国伝来の魚籃(ぎょらん)観音像を本尊として納め、元禄四年

領主の諫早公(注:第六代茂元公?)から山林の寄進をうけ、その後、諫早家祈願所とし

て被護を受け栄えたそうです。(長崎県教委委員会・長崎市教育委員会説明版より簡略

化して記述)


この「魚籃観音像」、一年に一回、5月5日に、ご開帳があるそうで、拝観に行こうと思った

ら、忘れていて、TVで放映をしていましたが、来年こそは見たいものです。


補足

長崎県のホームページに「長崎ふれあい水辺」というのがあり、この滝の観音についても、

紹介があり、水辺の利用状況の所に、水遊び、とあり、適する年代に、小学校低学年以上

と書いてあるので、夏は水遊びもできそうな感じです。なお、生息する生物に「ウナギ」と書

いてありますから、来年の夏は・・・・・・・・・

なお、座禅の体験もできそうですから、ヒマがあったら行ってみたいものです。いつもヒマ

だけど・・・・・





2013年12月10日 (火)

センゴク一統記 第六巻~宮下英樹著

Img

ボチボチかなと思って、本屋さんのコミックコーナーを眺めると、でていました、「センゴク

一統記 第六巻」


秀吉が「中国大返し」をおこなった後の、秀吉と光秀の「山崎の戦い」。「天王山の戦い」と

呼ばれる合戦です。第六巻は、まだ、合戦の前哨戦の部分で、お互いに戦略を練るとこ

ろ。秀吉と光秀の考えるところの違いが描かれています。


「山崎の戦い」は天正10年6月13日。「十三日 合戦之上勝負決可(けっすきべき)之旨

云やりしかハ所望之幸尤(もっとも)にこそとの返事有りぬ」『太閤記』


さて、本の表紙の帯を見ると、「黒田官兵衛孝髙」の文字が躍っています。NHKの大河ドラ

マで、放送するので書いたのでしょうが、この巻では官兵衛はあまり出てきません。


黒田官兵衛については、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉、小西行長、竹中半兵衛、伊達

政宗等々と比べれば、あまり有名ではありませんが、竹中半兵衛と共に、秀吉が天下統

一を果たした軍師として重要な人物です。

Img_0002 Img_0003

    (「晋遊社ムック 歴史探訪シリーズ 黒田官兵衛」より)

小説家には興味を引くらしく、多くの本が出ているのですが・・・・私の好きな、坂口安吾「二

流の人」が入っていませんが・・・・


黒田官兵衛は、信長が本能寺で討たれた、という知らせを聞いたとき、秀吉に「これは、

天下をとるチャンス」と言ったとか、司馬遼太郎の「播磨灘物語」には、「・・・めでたき事、

出来ものよ。と、官兵衛が秀吉にいったということが人の口から口へと伝えられたが、たし

かに官兵衛としては、そうも受けとられることを秀吉にいった。信長の死を秀吉のために

めでたいといったのは、事態を露骨に表現しただけのことであり、秀吉自身、内心そう思っ

ていたに相違ないことは・・・・」と書いてあり、同様のことは、他の本にも書いてあるところ

です。ただし、出典はよく分かりません。


これも、良く書いてあることですが、秀吉は黒田官兵衛を警戒していた節も有り、側近と話

をしているとき、「わしが死んだら、天下を取るものは誰か」と聞いたところ、徳川、前田利

家、上杉と諸々意見が出たところ、秀吉は「黒田官兵衛だろう」と言ったということで、これ

を聞いた官兵衛は、隠居を願い出たという説もあるそうです。


なお、黒田官兵衛は、まだ野心があったらしく、関ヶ原の戦いが長引くとみて、その間に九

州・中国をを平定し、京へ攻めのぼる気持ちを持っていて、九州を平定していきますが、

関ヶ原の戦いが、たった一日で終結。夢破れます。


有名な話ですが、息子の黒田長政の調略により、徳川が勝利しますが、父の官兵衛に報

告のおり、「家康は長政の手を取り、この勝ちは甲斐殿(長政)のおかげでござると、とい

って、その手を三度まで押し頂いた。そのことを、如水がほめてくれるかと思い、詳しく話を

した。・・・・・・・やがて如水は、家康が執ったというそちの手は、左であったか、右手であっ

たか、と反問した。

『右手でございました。』

『すると、そちの左手は何をしていたのか』」(司馬遼太郎「播磨灘物語)


要するに、そのとき家康を、なぜ刺し殺さなかったかということです。ただし、坂口安吾「二

流の人」によれば、その後、家康は如水を大阪へ迎え、「膝元近く寄せて九州の動きを逐

一きく・・・」ともあり、小説のことですから、資料の問題、解釈の問題等あり、まあ、ここが

時代の出来事を推理していく面白さでしょう。

Img_0004_2

来年放送の「軍師 黒田官兵衛」の放送台本をもとに、構成した本が出ていたので、買っ

て来ました。第一巻ですから、続編はでるでしょうが、呼んでみて、面白かったらご紹介を

します。


「センゴク一統記」とは、少し離れた話になりましたが・・・いつものように・・ヾ(_ _*)ハンセイ・・・




2013年12月 9日 (月)

大江戸恐龍伝 第三巻~夢枕獏著

Img

本屋さんに行くと、この第一巻と第二巻、売れなくて置きっぱなし。このような状況では、第

三巻が入荷するか?まして、田舎の本屋さん、入荷しても、遅くなるのは目に見えている

ので、Amazonへ、予定注文。


第二巻目の帯に、第三巻11月末刊行予定となっているのですが、本には、初版第一刷・

発行が12月4日になっており、Amazonからの発送が12月1日、ウチについたのが12月

3日。発行日より早く着くとは、さすがAmazonさん。加えるに送料はただ(アマゾン経由の

古本屋さん等からは送料有り)。本屋さんには、3日後に出ていました。


300頁程度の本ですから、一日で読めるはずなのですが、近視に老眼。おまけに、呆け

て登場人物がどういう人物か、忘れる始末。この人物は、誰だ?その度、第一巻と第二巻

を読み直し、読み直し、やっと、今日、読了しました。歳は取りたくないもの。


第一巻と第二巻については、すでに書いた所ですが、あまり書くと、これから読まれる方

に、面白くないので、少しばかり。


いよいよ、舞台は琉球に移り、はたしてニルヤカナヤなるものは、あるのか無いのか、あ

ればどこにあるのか。手がかりは江戸で手に入れた、下の図。

Img_0001_2

     (「大江戸恐龍伝 第三巻」より)

そして、琉球にも同じような文字を彫りつけた、徐布石。

Img_0002

     (「大江戸恐龍伝 第三巻」より)


琉球の加良間でおこなわれる、儀式に潜り込む、平賀源内。そして、書かれた文字を基

に、ニルヤカナヤの場所を推理し、ニルヤカナヤに出帆する源内。はたして、そこが目的

の場所であるのか。続きは第四巻。12月末刊行となっていますが、Amazonではまだ予約

注文の受付をしていないので、少し遅れるかな。


おまけです、本のカバーに書いてある部分だけ、サービスにご紹介を。


「ゑれき丸」を完成させた平賀源内は、黄金のニルヤカナヤに向かい、船出した。

途中、琉球で秘密の祭りを覗き見た源内は、そこで目蓋のない神女(ノロ)から、古の言い

伝えを聞く。

なぜ、神女は目蓋がないのか?

唯ひとり生還した水夫は、なぜ、目蓋を切りとられていたのか?徐市石とは?

そして、その石に刻まれた絵の意味するところは?

深まるばかりの謎を抱えて、源内はニルヤカナヤを目指すのだが・・・。


この本、連載物ではなく、書き下ろしですから、原稿はできているはずで、ほぼ予定どおり

刊行されるでしょう。と期待しています。終わったら、「餓狼伝」、「東天の獅子」、「キライ

マ」の、出版を早めにね。この「大江戸恐龍伝」もお薦めです。






2013年12月 8日 (日)

2013 「第3回島原半島伝承芸能まつり」~島原市・雲仙市・南島原市

Photo

以前、この「三市合同 島原半島伝承芸能まつり」に触れたことがありますが、今回が3回

目。島原半島1市16町だったのが、町村合併で三市に。それを機会に生まれたイベント

です。


三市回り持ちで、三市に残る伝承芸能が披露されます。歳取ると、J-POPより、こちらに

引かれる気持ちが強くなって・・・・


上の写真は、少し前紹介した、千々石町の「温泉神社秋季例大祭」で、北船津名が奉納

する、「トントンレッツン」。


島原こども狂言。オリジナルの「釣ろうよ」。島原の薪能でも出演して活躍しています。子ど

もたちが、背にタコ、フグ、タイを背負ってユーモアを誘います。


和道・深江太鼓。さすが、腹にしみ通る音。

Photo_3 Photo_4

西有家長尾崎自治会の「浦安の舞」、通称「神楽舞」とよび、天満神社秋の例大祭でで奉

納されているそうです。


北有馬町浮流、島原の乱後、住民がほとんど滅亡したため、佐賀県川副から、北有馬折

木地区に移住した、宮田利兵衛から伝えられとされる面浮流が改良され、6地区に代々

受け継がれているそうです。衣装もこれだけ揃えば、見事なもの。

Photo_5 Photo_7

Photo_8

瑞穂町尾崎自治会の「栗林荒踊り」。150年ほど前から伝えられているそうで、運動会、

八幡神社で八年に1度奉納されるそうです。


南有馬町の白木野少年先踊り、島原の乱で、荒廃した田畑の復興を祝って踊ったのが始

まりだそうです。350年以上踊り継がれているそうです。

Photo_9 Photo_10

加津佐町の「棒踊り」。棒を、お互い打ちつけて踊りますが、間違うと、痛い目に・・・・気合

いが入って、見ごたえがありました。

日露戦争の凱旋祝いとして明治38年より伝承されているそうです。棒踊りの発祥は鹿児

島で、明治に各地に流布していったそうです。千々石にも、伝わっています。


島原と言えば、「島原の子守歌」。島原の民謡会「島原うがわ会」による、歌と踊り。

Photo_11 Photo_12

深江町文化協会による、「釜蓋かぶせ」。昔は、結婚式場なんかなく、個人の家でやってい

ました。「嫁御どーい、嫁御どーい」の声で、一同歩いて婚家へ向かいますが、家の入り口

の敷居をまたぐとき、釜の蓋とか、写真のような、しょうけを頭にかぶせ、「ちょいとお待ち

よ、嫁御どん・・・・・・・・・・」と、嫁としての心構えを語ります。これ以前書いたな?詳しくは

釜蓋かぶせ」をご覧下さい。

真面目なのもあり、少しHなのも有り、今日は後者で会場の笑いを誘っていました。これ、

後継者が、なかなかいないんですよね。

私の結婚式も、やってもらいましたが、あの頃のカミサンが、今のカミサンになるなんて。

古人曰く「女は豹変する」。

Photo_14

島原面浮流。佐賀県の龍造寺公を祭っている、二本木神社(島原市北門)に奉納されて

いたもので、佐賀県竜王崎方面の御祭礼に奉納されていたものを基にしているそうです。


島原七万石を踊る会(三市合同)。「七万石」は、島原に京都福知山より松平忠房公を迎

え、大分豊後高田三万石を合わせて(アバウト)七万石の島原藩が誕生したものに由来。

Photo_17  Photo_16

有家町、相撲甚句。昔は相撲が盛んで、神社などに行ってみると、土俵の跡が残っている

ところもあり。有家では過去二回、地方巡業で、千代の山、若乃花(先代)の一行を迎え、

有家場所と銘うって興業相撲をおこなったそうですが、その頃の節で、有家町の名所、名

物などを織り込んでの甚句、甚句はあまり聞いたことがなかったのですが、なかなか面白

いものでした。


最後に、布津無双太鼓。郷土芸能の高揚と、町の活性化を目的に、昭和61年に、青年

団5名で発足、ご覧の通り、大きく育っています。

Photo_19 Photo_21

伝承芸能は、大人から子どもへ、伝えられていくものですが、今や少子化。子どもは、ゲー

ムに、サッカー、野球。大きくなると、県外へ。


今回、見に行って、子どもたちの参加が、意外と多いことは嬉しい事でした。いつまでも残

していって、欲しいものばかりでした。   (参考・文引用:パンフレット説明より)








2013年12月 7日 (土)

雲仙市♡ロマンスウェディング~雲仙市愛野町愛野駅:附録 世界一の門松作り・千々石町橘神社

1

今日は愛野駅で、「雲仙市ロマンスウェディング」がおこなわれました。今年で3回目で

す。


前にも書きましたが、ここ「愛野駅」~「吾妻駅」を、「愛野(いとしの)」、「吾妻(わがつま)」

と読み、一時「愛野駅~吾妻駅」の切符が飛ぶように売れた時期があり、「日本ロマンチス

ト協会」からも、認定を受けています。


結婚式の主催は「愛の聖地プロジェクト実行委員会」、共催が「日本ロマンティスト協会」、

「雲仙市商工会」、「商工会青年部」、「商工会女性部」、協賛は諸々。

選ばれた、カップルは公募で選ばれたお二人。


最初に、バージンロードを歩いて、神父さんへの宣誓。神父さんは本物ではありません。

雲仙鉄道の社長さん。宣誓書への署名。

2 3

親族の撮影。日本ロマンティスト教会からの、「婚姻証明&ロマンスカップル認定書」の授

与と、特別製の「レインボーローズ」のプレゼント。

4 5

「レインボーローズ」。最初は造花かと思ったのですが、生花です。この色を出す為に、何

年もかかったそうです。花言葉は、「奇蹟・不思議な恋を起こす薔薇」。婚活中のあなた、

思うあの人にプレゼントをされたら如何・・・・・

6

ここで、先日誕生したばかりの「あいのん」の登場。「あいのん」の家は、愛野駅の、赤いと

んがり帽子の中だそうです・・・・・「あいのん」からの花束のプレゼント。

7_2 

本日限定の、特別のハグ。新郎さん、ちょっとハグのしすぎじゃない?

8 9

「あいのん」による万歳三唱。手が短いので、万歳しているのかな?愛野小学校の合唱部

を指揮して、お祝いの歌を。

10 11

いよいよ、「吾妻(わがつま)駅」(本当はあづまと読みます)に出発。

12 13

ところが、ホームが反対方向で、これ大変ですよ。特に、靴が高いので・・・・特別列車、

「ロマンス・トレイン号」。ということで、皆さんに送られて、吾妻駅へ。吾妻駅でも歓迎セレ

モニーがあったそうです。

14  15

天気も良かったし、参加者も多かったし、良い結婚式でした。あなたも、ここで結婚式を如

何、記念になりますよ。なに?結婚されている、少し早すぎましたね。


さて、愛の駅の駅舎の壁を見ていたら、クローバーの葉に数字が打ってあり、これ、何か

なと思って、島鉄の方に聞いたら、自分の年とか、愛野駅を訪れた日の数字の前で、記念

の写真を撮ろうという目的だそうで、市民のアイディアだそうです。

17


附録

世界一の、橘神社の大門松の建設がいよいよ本格的になりました。一本一本、クレーンで

竹を釣り上げ、組み合わせていく作業は大変なものです。

Dscf5956

12月15日、22日と作業が続き、23日(天皇誕生日)13時30分頃から、「大門松竣工

式」になっていますから、見学に来てみて下さい。



2013年12月 6日 (金)

「どろりそば~どろりの里」★幻の髙来そば~諫早市高来町

1

以前から、「幻の髙来そば」の名前は聞いていたのですが、食べたことはなく、カミサンの

留守に出かけてみました。


場所は、諫早から海沿いへ鹿島に抜ける、207号線の髙来町。少し分かりにくいのです

が、道に「どろりの里」と、2本ばかり旗がでています。入り口が少し分かりにくく、狭いので

注意を。

2

右下に干してあるのが、そばの実。


玄関に、「手打ちそば処どろりの里」は今月31日で、閉店の貼り紙。中へ入ると、二つの

テーブルのみ。


当日は、予約が一杯入っていて、まあ、一人なら良いだろうということで、入れてもらえまし

たが、後から来た数人は断られていました。たまには、こんな事もあるとか。

4 3

閉店について聞くと、20年間やって来たし、一人でやるのも疲れたとか。あと、跡継ぎの、

「幻の髙来そば振興協会」ができたので、もう良いだろうと言うことでした。もともと、そば打

ちが好きで、作った店。後は、自分が食べるだけ打てば良いとか。


さて、この髙来そば、話をしていると、昔は、各農家で家庭用に作っていたそうですが、「ど

ろりそば」については、後述する、「轟街道ふれあい市」で、生麺を買ったとき、説明書きが

ついていて、それには


「『どろりそば』とは、長崎県諫早市高来町金崎地区の農家で、年の暮れに年越しソバの

そば打ちが一斉におこなわれ、この日は早朝からあちらこちらの農家でそば打ちの音が

響き渡ります。そのため忙しくて食事の準備ができないので、茹で上がった「そば」に醤油

をぶっかけて食べます。

このそばが「どろり」としているから「どろりそば」と、いつの頃からか呼ばれるようになりま

した。」と書いてあります。


もちろん、店に入って「どろりそば」を頼みましたが、一番上の写真です。どろりそば(汁

は、蕎麦の茹で汁です)、たくわん、醤油、ソバのゆで汁、薬味として、小ネギ、柚胡椒。


その他、ざるそば、かけそば、おろしそば、月見そば、山かけそば、黒米(そばの実いり)

等あります。


私、長崎市内の出身で、長崎では、昔は本格的そば屋さんは少なく、年越しのときも、「年

越しそば」でなく、「年越しチャンポン」を食べていましたから(もちろん冗談です )、そば

にはあまり詳しくなく、それでも、そばの香りは、はっきりと分かりました。本当に、「どろり」

としていましたが、醤油も、薬味も入れなくても美味しいものでした。


現在、高来町にはそばを食べる所は、この店しかなく、店がなくなると、食べられないと言

うことになりますが、仄聞したところでは、「幻の髙来そば振興協会」で店を出す計画があ

るとか。


この、「幻の髙来そば」は、物産店の「轟街道ふれあい市」でも、生麺が手に入ります。場

所は、同じく207号線沿い。すぐに分かります。

6 5

左は冷凍物。6食分は多いなと思って下を見たら、一食分、二食分の生麺のパックがあっ

たので、昔懐かしの「のんき飴」(澱粉、麦芽、黒糖だけでつくる飴)と一緒に買って来まし

た。

7 8

「どろりの里」に行かれる方は、一応予約を入れて、地図を調べておいた方が良いでしょ

う。







2013年12月 5日 (木)

諫早農業高校マーケット~諫早市アーケード

1

全国的な傾向でしょうが、長崎県では、各市のアーケード街が、衰退をしています。大村

市、島原市、佐世保市、長崎市。ここ、諫早市も、昔ほどの賑わいはありません。

Img

    「写真集(明治・大正・昭和)諫早~諫早史談会編」より

昭和30年頃の、栄町商店街。雰囲気的に、「三丁目の夕日」を思い出します。あれも舞台

は昭和30年代。


諫早のアーケード街は、一つから成り立っていると思ったら、「栄町商店街協同組合」、

「本町商店街協同組合」、「竹の下通り商店街協同組合」からなり、現在は協同で、「諫早

市中央市街地商店街協同組合連合会」を組織しているようです。


今日、買い物に行ったら、アーケードの「アエル」の前に、いつもと違って、大勢の人・・・・・

何かと思ったら、地元の県立諫早農業高校のマーケットでした。


多分、一般の人との触れ合を通し、生徒の社会性を養う学習と、地元の発展を願ってのマ

ーケットの実施でしょう。たしか、島原の農業高校でも、やっていた記憶があります。10時

半になって、先生が「販売開始」と叫んで、発売開始。


農髙だけあって、みかん、ハクサイ、ブロッコリ、トマト、レタスなど、多分取れたてばかりの

ものです。新鮮な卵もありました。どういう訳か、木工品もありましたが・・・・、

2 6

「花を見て、腹をたてる奴はいない」と言った方がおりますが、さすが、農髙だけあって、良

い花がたくさんありました。

3 4

5 7 

一番人気があったのが、加工食品のコーナー。

8_2 9

発売と同時に、ジャムの売り場はご覧の通り。他に、味噌、「にこまる」という米から作っ

た、おこしの「にこポン」(諫早は、おこしが名産品です)。


15分ほど、自分の買い物をし、戻ってみたら、白菜が少し残っているだけ、他は完売でし

た。

10_2 

おまけです。「アエル」のすぐそばの川端にある、エビスさん。いいお顔されていますよ。

もうすぐクリスマス。子どもが家を出て、子どもがいないと、クリスマスも関係ありません。ま

して、カミサンと二人で、クリスマスを、やる気もないし・・・・・・

Dscf5942 Dscf5943

商店街もですが、農業の後継者の問題も大きな課題です。この子達が、日本農業を支え

てくれると思うと、頼もしい気がしています。全員元気のいい、良い子ばかりでした。頑張っ

てね 




2013年12月 4日 (水)

梅だいこんの作り方

1

昨年、「大根のわざび漬け」」を紹介しましたが、本日は、「梅だいこん」の作り方です。


千々石には各自治会に公民館があり、独自に活動をしていますが、自治会の結束を強め

ようという事で、私の住んでいる自治会では、会長さんのアイディアで、雲仙のツツジ見物

とか、子ども会対象のミニ門松作りとかやっていますが、今回は、地区内に梅だいこんの

作り方が上手な方がおられ、その方を講師に実習を。


最初に大根の皮むき。厚さ一ミリ程度に銀杏切り。さすが、ここらあたりは、奥様方手慣れ

たもの。大根は、講師の方他、作っておられる方からの提供。

2 3

大根の他、材料は梅干し。こちらも、もちろん手作。同じく、作っておられる方からの、提

供。砂糖。こちらは、手作りできませんから、市販品。

4 5

あと、梅干しをちぎったり、潰したり。種はそのままで結構です。さっきの、大根、砂糖、梅

干しを合わせて混ぜます。

6 7

これで、出来上がり。3日もすると、大根に、一番上の写真のように、見事にピンクの色が

つき、出来上がります。

8

甘みと、梅干しの酸っぱさがマッチして、大根だからカロリーが少なく、酒の肴に良し、おか

ずに良し、色がきれいだから、正月のおせち料理の彩りに良し。簡単ですから、作って見

みてください。


材料です。

生大根  3㎏ ~奥様のほっそりした足みたいでなく、みずみずしい、どっしりしたもの。

梅干し  35粒(普通の大きさ)

砂糖   700グラム~800グラム


分量が多すぎたら、家族の人数に合わせて調整を。なお、甘いのが好きな方、嫌いな方、

酸っぱいのが好きな方、苦手な方、おられると思いますから、砂糖と梅干しを控えめにし

て、混ぜ合わせ、味見をして、味の再調整を。なお、分量が多くても、腐るものではありま

せんからご安心を。


大根は、古くなっても当たって、腹をこわすことはありません。当たらない役者を、大根役

者と言います・・・・・・ご存じでしたか・・・・・スミマセン。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・。


大根のわざび漬けと、2種類作って、代わる代わる食べれば飽きません。


2013年12月 2日 (月)

「オランダ坂の石畳」(ケーキ)★第4回ニッポン全国ご当地おやつランキング 第一位~雲仙市吾妻町

1

長崎新聞を読んでおりましたら、「洋菓子店ネオクラシッククローバー出品 オランダ坂の

石畳 グランプリ」の記事。


「クローバー」なら、吾妻町、諫早のバイパス、愛野~島原のグリーンロードの途中、国見

町に、島原半島のお菓子等が置いてある、「百花亭」の中にもあり、時々買ってはいたの

ですが、「ネオクラシック」というのが付いていたのかな?


同じ店かな?ということで、昨日の、雲仙市産業祭の帰りに寄ってみたら、え~こんな店だ

ったかな?確か以前は酒屋さんと棟続きの店だったはず。聞いて見ると、こちらに新築し

たそうです。現在ホームページを見ると、本店がここ吾妻町、支店が諫早バイパス店、長

崎籠町店と3店あります。


「オランダ坂の石畳」があるかと思ったら、ありました。上の写真ですが、一人で食べるに

は、少し大きすぎ、下の方を見たら、普通の大きさのがありました。

2 3

このケーキというのは、一個買うのは、何となく買いにくく、二個買いましたが、もちろんカミ

サンには隠れて、一人で食べるつもりで・・・・


「ご当地おやつランキング」は「ニッポン全国物産店」(全国商工会連合会主催・11月22

日~24日)東京池袋のサンシャインシティで開催され、各地のご当地グルメが集まるそう

ですが(来場者・13万5千人~長崎新聞より)、その中でも、各都道府県から、一種類ノミ

ネートされた、ご当地おやつから、No1を決める「ご当地おやつランキング」に人気がある

そうです。


ランキングを決めるのは、来場者の投票。

「オランダの石畳」は、初日二位、2日目四位、最終日に一気に票が集まり、No1になった

そうです。


以前、「一番じゃなきゃ、いけないんですか」と言った、少し呆けた某大臣がおられました

が、やはり、一番はいいもの。私は、駆けっこでいつも一番でしたが・・・・ビリから。

特に、地元から、日本一がでることは、嬉しいもの。来年も、頑張って欲しいものです。


腕はいいのですが、包丁が悪くて、良く切れませんでしたが、長崎新聞によると、ベルギー

産チョコ、純生クリーム、カカオスポンジ、バニラスポンジの4種類を、さらに二重構造に

し、それを、生チョコソースで覆い、ココアを振りかけて仕上げたものだそうです。


美味しかったかって?あなた、日本一ですよ。

食べて、あまり美味しかったので、カミサンにも分けてあげたら、普段、ほめたことがない

方が「おいしかった」、と言いましたから、間違いのないところ。(私は、結婚数十年、ほめ

られたことは一回もありません。)

4_2 

なお、二位は東京都「華麗になる『ひののめぐみ』焼きカレーバン」、三位は秋田県「生あ

んもろこし」、四位は佐賀県「とろけるショコラ」、五位は高知県「安田の白い夢」、(以下

略)だそうです。


「シェフズスペシャル」、「くまさん」。楽しいケーキも並んでいます。

Dscf5814 Dscf5813

店の中もガラッと変わっていて、喫茶室もできていました。

Dscf5815 Dscf5816

行った時間が早かったためか、全部のケーキはまだ、並んでいませんでした、全部見られ

なくて残念。

Dscf5808

「日本一」ですから、皆さんも是非、ご来店を・・・・・・





2013年12月 1日 (日)

2013 第7回雲仙市産業まつり★特産まんぞく市~長崎県雲仙市

1

雲仙市では、各町、各々、産業祭等のイベントを実施していますが、全市合同でするの

が、この、「雲仙市産業祭★特産まんぞく市」。今年は、58の各団体、機関等と10名の個

人のフリーマーケットが参加、出店をしています。場所は、JA全農ながさき県南家畜市

場。


入り口が最初の頃と違って、少し貧弱な感じ。右が以前の、第5回目の入り口。予算の縮

小かな?

2_dscf5729 P10701311

子どもが、喜ぶ、なんとか、かんとか。来年の国体のための、グッズ販売所。あちらこちら

のイベントで頑張っています。

3_dscf5802_3 4_dscf5736_2 

消防署、自衛隊PRのテント。右の写真は、自衛隊の缶詰食料。なんと、沢庵の缶詰まで。

5 6

雲仙市は、農業と漁業も盛んなところでした。諫早干拓ができたので、半分の町は漁業が

ダメになりましたが、まだ、橘湾沿いは、盛んです。特に、煮干しは昔から有名。

7 8

野菜が安かったので、買っていこうとは思ったのですが、かさばるので・・・・

10 9

カミサンが関係している、婦人会のバザー。50,000円ほどの収益があったとか。カミサ

ンが関係しているので、大きな写真にします。

11_2 

こちらは、「日本一の肉じゃが」の、南串山町婦人会。こんなに大量に作ったら、美味しい

はず。他の婦人会も、各々出店。

Photo Photo_2

雲仙市酪農連絡協議会。PRで牛乳を配っていたので、ズラリと人だかり、ゆるキャラのミ

ルクちゃんかな?おっぱい触ったら、大きいので気持ち良かった (冗談です、念のた

め)。

12 13

左は、雲仙ブランド認定商品の「雲仙あかね豚」。美味しいですよ。右は牡蛎の試食会。

有明海は牡蛎の養殖で有名です。試食する方が、スラッと並んでいました。私も・・・・

Photo_3 Photo_4

手作りちくわの体験コーナー。竹に、すり身をつけて、炭火で焼いて、焼きたての美味しい

事。

Photo_5 Photo_6

吾妻町の、こちらも雲仙ブランド認定食品の吾妻みそと、国見町の八斗木白ネギ。美味し

いので、ウチの味噌は、いつもここのを使っています。

Photo_7 Photo_8

舞台では、演奏、踊り等。韓国の求礼(くれ)郡の芸能イベントもあったそうです。求礼郡は

韓国の第一号の国立公園、雲仙も日本で最初の国立公園。という事で、姉妹都市です。

写真は、最初の出演、ハミング・バードの演奏の様子。

Photo_9

まだ、いろいろあったのですが、用事があったので、途中で失礼しました。続きは、又、来

年。


なお、雲仙市産業まつりは、毎年12月の第一日曜日に実施されています。安くて、新鮮な

ものがたくさんあります。リュクサックを背負ってきてください。なお、試食が各所でできま

すので、食べ歩けば、昼食の弁当はいらないでしょう 。駐車場が混むので、お早め

に、スタートは9時です。





« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ