« 「幻の唐比(からこ)れんこん収穫祭」~諫早市森山町唐比 | トップページ | また、買いました~iPad Air »

2013年11月13日 (水)

清須会議~三谷幸喜著

Dscf5271

昨日は急に寒くなって、朝から、体調が変だぞと思ったら、いつもの持病。心房細動がで

ちゃいました。昼まで待っても、治らないので、かかりつけのお医者さんへ。どうせ、お泊ま

りになるだろうと、一冊本をもって行く事に。


病院で良いのは、集中して本が読めること。家だと宅急便とか、家屋のリフォーム会社の

人とか、新興宗教の人だとか、電話がかかってきたり、カミサンのお小言があったりで・・・


で、まあ、カントの「実践理性批判」は具合悪いときには難しいし、「官能小説・悶える人

妻」なんかは、病院のベットでは読めないし(看護師さんが様子を見に来るので)・・・・


以前買っておいて、まだ読んでなかった、「清須会議」を持って病院へ。思ったとおり、点滴

をしながらお泊まり。


「清須」は「清洲」でなかったかなと思って、ウィキペディアで調べたら、「清須会議」の標記

が使用される場合もある、とのこと。


これ、今、映画化され上映中。小説の方も面白く、何しろ出だし「一 天正十年六月二日 

朝 燃えさかる本能寺本堂における、織田信長断末魔のモノローグ(現代語訳)

熱いな、だいぶ熱くなってきた。

それにしても、まさかこんな形で死を迎えるとは。だって、昨日の夜まではこく普通の一日

だったんだ。・・・・・・・せっかくなんで、ちょっとかっこ良く言ってみたよ。・・・・」という書き

方。この「現代語訳」というのがミソ。そして、全編「モノローグ」。


「清須会議」は織田信長、信長の嫡男織田信忠が亡き後、清洲城で、跡継ぎを誰にする

か、開催されたもの。


出席者は、柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、池田恒興。後継者として、織田信雄、織

田信孝が候補。


小説では、信孝を押す、柴田勝家、丹羽長秀。信雄を押す、羽柴秀吉。秀吉は不利だ

が、丁々発止の駆け引き。


あと、誰が継いだかのどんでん返しは、高校の時、日本史をしっかり勉強した方なら、ご存

じの通り。


読んで見て、気になるのが「黒田官兵衛」。竹中半兵衛と並ぶ秀吉の参謀。この本にも、

官兵衛の知略によって、秀吉が助けられる様が書いてありますが、官兵衛はあまり切れ

者であったため、秀吉から警戒もされています。秀吉が天下を取るきっかけとなった、「中

国大返し」を画策したのも黒田官兵衛。


「黒田官兵衛」、歴史が好きで無い方には、耳慣れない名前ですが、私が初めてこの名前

を知ったのが、坂口安吾の「二流の人」。他にも、吉川英治、池波正太郎、松本清張、童

門冬二等々も取り上げています。


来年のNHK大河ドラマで「軍師 官兵衛」が放映されますが、とにかく、興味深い人物で

す。どのように描かれるのか、今から楽しみにしています。

Img_0001

Img

さて、この本、上がカバーですが、パラリと外れたら、もう一つ、下のカバーが出てきまし

た。


多分、下が最初の本のカバーで、映画化が決まって、上のカバーを作ったのでしょうが、

2枚カバーがあった本は、初めてで、なにか得した感じ。






« 「幻の唐比(からこ)れんこん収穫祭」~諫早市森山町唐比 | トップページ | また、買いました~iPad Air »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58569254

この記事へのトラックバック一覧です: 清須会議~三谷幸喜著:

« 「幻の唐比(からこ)れんこん収穫祭」~諫早市森山町唐比 | トップページ | また、買いました~iPad Air »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ