« 島原城(森岳城)跡石垣復旧工事に伴う発掘調査 現地説明会 | トップページ | 世界で一番強い酒などのこと »

2013年10月15日 (火)

縁結びの神社?~長崎市「諏訪神社」

Photo

長崎の氏神様、諏訪神社です。長崎では「お諏訪さん」と言いますが、今日は修学旅行の

生徒さんが、見学にたくさん来ていました。


女子学生の写真を撮ろうと思ったのですが、髭をはやして、アロハシャツ着たおじさんが、

写真撮っていたら、盗撮と間違われるので止めました。


さて、小さいときですが、諏訪神社横の諏訪幼稚園に通い、近所にしばらく住んでいたの

に、この話知りませんでした(最も5才のときですから)。


「くんち」の事を調べようと、諏訪神社のホームページを読んでいると、「縁結びの陰陽石」

と書いてあり、神社参道の敷石に、男石と女石が埋め込まれており、男性は女石、女性は

男石を踏んだ後、拝殿前の両性が合体した石を踏んで参拝すると、縁結びの願い事が叶

うとか。神社ができたのは慶安元年(1648)。今も昔も男女の仲は、変わらなかったのか

な?でも、神社の参道に作るとは、長崎の人間は・・・・・


この神社、縁結びとは関係あるのかと調べて見ると、この神社は3つの神社が合祀したも

のですが、諏訪大神(武神・厄除けの神)、森崎大神(万物創成。縁結びの神)、住吉大神

(海上安全、大漁の神)とありますから、まあ、何でもありの神社でしょう。

私、離婚をかなえてくれる神社があったら、すぐに飛んで行くんですけど・・・・


さて、神社の案内図によれば(ネットに出ています)、「①男石この下↓一の鳥居付近」、と

書いてあります。最初の鳥居は一番上の写真ですから、ここらを探したんですけど、無い

んです。


さても、神様も嘘をつく時代になったかと思って、まあ、一番上まで登って、社務所にでも

行って聞こうかと思っていたら、次の鳥居

Photo_3

この下にありました。男石。

Photo_4

あとで、可愛い巫女さんを捕まえて、聞いてみたら、この鳥居が一の鳥居だそうです。。外

の鳥居と比べると、確かに古いものです。


足が、二本継ぎ、笠木と島木が一体のようで、これは三本継ぎ、ほかの鳥居と比べれば、

全然違う事が分かります。

年代は、文字が風化したものか分かりませんが、この鳥居が最初に建てられたものでしょ

う。

Photo_6 Photo_7

Photo_8

これが、女石、ちゃんと、割れ目ちゃんまでついていて、中の方も少しリアル。でも、なぜ、

六角形なのか?私なら、二重丸を書いて、真ん中に線を入れて、回りに飾りの射線を、チ

ョンチョンチョンと入れるのですが、六角形では、男性は痛いでしょう。


さて、ここで不思議が。神社の説明には、「女石(四の鳥居付近)」と書いてあるのですが、

確か三の鳥居の下にあったですが・・・神社の間違えか?この間にもう一本あって、壊れ

るか何かして、昔は、四の鳥居と言われ、それをそのまま継承したものか?私が呆けて、

数え間違いしたものか?・・・一番最後が正解みたいな気がするのですが・・・まあ、とにか

く行けば分かります。

Photo_9

この階段、見ただけで、いつもグッタリしますね。

Dscf4033

拝殿ですが、この下に、神馬像があります。

Photo_10

横道それますが、この神馬像、千々石とは少し関係があって、明治12年の「千々石村村

誌」に、次ぎのように書いてあります。


千々石出身で、荒飛甚太夫という怪力の者がいて、江戸に上がって力士になった人物が

いますが、そこの部分に、「荒飛嘗テ長崎諏訪神社ニ詣デ銅製ノ馬ヲ高クサシ揚ゲテ以テ

人ヲ驚カセリトカ・・・・」。この、神馬象には、謂われが書いてあったようですが、読み忘れ

ました、年代が分かれば、本当かどうか分かるのですが、ちょっと眉唾な話。


本殿の前には、両性合体石。良く見れば、本当に丸いものが挿入してある感じ。

Photo_12 

なお、この、祝殿横に、「恵比須・大黒縁結び『恋占い』」というのがあって、

Photo_13

Photo_15 Photo_16

男性は大黒様、女性は恵比寿様に寸志(お賽銭)をいれ、恋する人の事を念じ、男性は大

黒様から 恵比寿様へ、女性は恵比寿様から大黒様へ、目を閉じて歩き、たどり着いたら

祈願が成就するのだそうです。


私も、カミサンの顔を頭に思いながら、目をつむって歩いたら、明後日の方へ行ってしまい

ました。


皆さんも、陰陽石をしっかり踏みしめ(男石と、女石を間違わないように。でも、はるな愛ち

ゃんとか、イッコちゃんは、どちらを踏むのかな?)、拝殿前の前の両性合体石をしっかり

踏んで、その夜は、しっかりと合体して下さい。少子化予防にご協力を。



« 島原城(森岳城)跡石垣復旧工事に伴う発掘調査 現地説明会 | トップページ | 世界で一番強い酒などのこと »

史跡」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58392095

この記事へのトラックバック一覧です: 縁結びの神社?~長崎市「諏訪神社」:

« 島原城(森岳城)跡石垣復旧工事に伴う発掘調査 現地説明会 | トップページ | 世界で一番強い酒などのこと »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ