« 縁結びの神社?~長崎市「諏訪神社」 | トップページ | 一汁一菜★一汁三菜★一汁五菜 »

2013年10月16日 (水)

世界で一番強い酒などのこと

Dscf4053

現在、世界で一番強い酒です。ポーランド産のウォッカ。現在と書いたのは、以前、これよ

り、少し強い酒があったと言うことを聞いたことがあるのですが、今は作られていない、と

いうことで、現在、世界で一番強い酒です。96度あります。


「スピリタス」と読むのか、裏にはこう書いてあります。

「蒸留を繰り返すこと70数回、純度を極めたポーランド産ウオッカの雄です。

アルコール度数が高いため、火気に注意して下さい。ポーランドではチェリー等の果実

酒を作るのに良く使用されています。」

Dscf4060

ちゃんと、96%と書いてあります。「アルコール度数が高いため、火気に注意して下さ

。」、の所は、太文字で、下線がいてあります。


燃やしてみたら、本当に燃えます。最後の最後まで。「私のハートに火を付けて」、なん

て文句を思い出しましたが・・・・


晩酌に飲むと、酒代が安上がりになります。生で飲むと、喉が焼けついて、血が滲む事も

ありますから注意すること。我が身をもって、実験済みです(酒が飲めたときの話)。お値

段も、1,500円くらいで、お安いもんです。ネットの通販で手に入ります。


この次ぎに、強いのが、ブルガリアの「バルカン176」という、88度のウオッカがあるみた

いですが、これは持っていませんが、3,000円程度。これもネットで手に入ります。


さて、古谷三敏さんの、酒の薀蓄漫画「レモンハート」の題名になった、レモンハート。ラム

酒で、甘さがあります。

Dscf4055

確か、漫画によると、「スピリタス」が出るまで、これが、一番強い酒だった、と書いてあっ

た覚えがありますが、上記の「バルカン176」は新しく作られたか、輸入され酒なのかな?


レモンハートは、75.5度と40度の2種類がありますが、買うなら、もちろん、75,5度の

方でしょう。

Dscf4062

レモンハートはラム酒ですが、少し悲しい話を聞いたことがあります。ネットでも確認すると

やはり私が聞いた話と一緒で、以下の通りです。


ヨーロッパで喫茶が流行し、これに伴い砂糖の需要が増大。砂糖の生産地西インド諸島、

ブラジルで労働力が必要になったそうです。こうしたことから、ラム酒、繊維、武器を積ん

だ船がヨーロッパからアフリカへ。


アフリカでは積んだ品と、アフリカの部族同士の争いでの捕虜(奴隷)と交換。次ぎに、砂

糖の生産地へ行って、アフリカでの奴隷と砂糖を交換。その砂糖を持って、本国に戻り、

砂糖を供給したそうです。要するに三角貿易です。


さて、これはフランスのものらしく、品名は「ブランディー」となっていました。

Dscf4057

ビンの中は、洋なし(私は用なし:「踊る大捜査線」からのパクリ)みたいですが、マジックで

入れたのではなく、多分果実が小さい時に、ビンにに入れ込んで育てたのでしょう。ビンを

割って、食べて見たかったのですが、もったいないので観賞用にしています。


あと、中国製のヤモリに似た、大きいのが入った酒(多分、あの方面に効くのか?)も持っ

ていたのですが、他人に取られてしまいました。まあ、持っていても、何となく気持ちが悪く

て・・・・


そういえば、年配の方が、マムシ酒を作っていて、飲ませてもらい、次の日に、「効いた

か?」、と聞かれましたが、あの頃は、毎朝テントを張っていましたから(意味が分からない

方は、ご主人又は恋人に聞いてください)、飲んでも、飲まなくても同じ事。


この酒は全く不明。

Dscf4064

「アフターショック」。説明には、

「(シナモン系リキュール)ホットな刺激のあとに、超クールな刺激を楽しむことができるユ

ニークなリキュールです。・・・・・・ボトルの中の『クリスタル』はアフターショックの製法によ

ってよってできる天然の結晶。・・・・・『クリスタル』は、ひとつひとつが成長し、変化している

もので・・・・」

Dscf4067

矢印の所、ビンの底に白い結晶が、積もっています。 これが、「クリトリス」 失礼、catface

「クリスタル」です。


ドクターストップで禁酒。人生って悲しいもんですね。皆さんにも、この悲しみを分かっても

らうために、「禁酒法」でも作りますか。



   



« 縁結びの神社?~長崎市「諏訪神社」 | トップページ | 一汁一菜★一汁三菜★一汁五菜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前からアルコール度が強いのはウォッカというのが定番ですが・・・
私が若い頃は強い酒の代名詞は「アブサン」でしたねたしか58度くらいですからウォッカよりは低かったのですが独特の味が好きでした
当時はサントリーでも販売していたので安く買えましたが最近目にすることは滅多にありませんね

お~「アブサン」とは懐かしい。酒屋さんでは見かけませんね。

元来、私はウィスキー党でしたが、トリスから角、角からオールドと、定番どうりの道を歩みましたが、途中から、シングルモルトウィスキーの道を歩み、モルトのカスク(水で薄めて無く、50~60度です)これは、生で飲むと旨いですね。

毎週の如く、福岡まで買い出しに行きましたが・・・・昔の事です。今は、番茶で我慢しています。

I am extremely liked for this weblog. Its an useful subject matter. It assist me very significantly to fix some problems. Its chance are so great and operating style so fast. I believe it might be assist all of you. Many thanks a good deal for taking pleasure in this attractiveness weblog with me. I am appreciating it extremely a lot! Hunting ahead to another fantastic website. Great luck to the writer! all the ideal!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58398011

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番強い酒などのこと:

« 縁結びの神社?~長崎市「諏訪神社」 | トップページ | 一汁一菜★一汁三菜★一汁五菜 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ