« 信長伝★姉川の合戦~宮下英樹 | トップページ | ピアノマニア~音楽好き必見の映画 »

2013年9月13日 (金)

前立腺検査その後~9月13日

Img

え~、今日は楽しい、3ヶ月毎の、前立腺の検査の日。前立腺の異常については、血液検

査でPSAを測定し、それで判断します。4以上の値が出れば、異常と判断されます。私は

立派に4以上です。検査は、血液と、おしっこをとるだけですけれど・・・


採血しているのを見ていると、注射器から目をそらせているのは、男性が多いですね。女

性の方は、以外と血を採られているのを平気で見ています。はやり、男性は弱い生き物。


以前にも書きましたが、昨年の12月が、4、6。3月が、5,8。6月が、5,9。7月が、6,

8。さて、今日、ドキドキしながら聞いていると、7,19。はやり微増です。


通っているのが総合病院で、お医者さんの異動があるため、今度の先生は3人目です。お

医者さんにも違いがあり、薬を増やす方、例の「生体検査をやりましょう」と勧める先生、お

尻の穴から指を入れて、前立腺をなでなでしたがる先生。


今回の先生は、意外とゆったりして、PSAの値を見ても、「まあ、もう少し見ていましょう

か。」、少しホッ catface

説明を聞いていると、サイクリングをしている方は、この値が、高くなることがあるそうです。


病院が、改装をしたので、すこしうろうろしていると

Dscf3374

患者さん用の図書室。中に入ると、意外と落ち着いた感じの図書室。

Dscf3372

えらくまた、病院も進んだものだと、本を見たら、一般の図書もありますが、やはり病気に

関する本が多く、美人の係の方に聞くと、皆さんご存じの、日野原重明先生が関係してい

るらしく、「NPO質研(シツケン)」の名誉理事長をされておられるようで、図書室の説明にこ

う書いてありました。


「病院の中に患者・家族が利用できる図書室をつくる運動を始めました。患者中心の医療

とは具体的に何をすることなのかなど、皆で具体的な敬虔や研究成果の交流をして行き

ます。」

1 患者・家族が知りたい真実の情報を、病院や診療所など身近なところで得ることができ

  る仕組み作りをしていきます。

2 医療従事者が患者・家族に説明するための資料を提供します。


一番下に、

NPO「医療の質に関する研究会」

患者図書館プロジェクト

ーみんなの医療情報AからZーまで

と書いてありました。


この図書室は、その目的で、費用は「NPO質研」から出ているようで、現在、全国で50カ

所、病院に設置しているとの事で、長崎では大村の国立病院にもあります。


入院している方、外来診療に来た方も、2~3時間ほど診察をするのにかかるはずですか

ら、大いに利用して欲しいものです。

Dscf3371_3

ところで、この病院でもコンサートを開くようで、最近の病院は、患者さんの心を和らげるた

め、いろんな試みをしているようで、昔の病院とは随分変わったとものだと思います。

Dscf3369_2






« 信長伝★姉川の合戦~宮下英樹 | トップページ | ピアノマニア~音楽好き必見の映画 »

健康法」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58185432

この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺検査その後~9月13日:

« 信長伝★姉川の合戦~宮下英樹 | トップページ | ピアノマニア~音楽好き必見の映画 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ