« 結城城(金山城)★キリシタン大名ジョルジ結城弥平次と結城一族の墓 その1~雲仙市国見町 | トップページ | またも出ました!不整脈! »

2013年8月20日 (火)

結城城(金山城)★キリシタン大名ジョルジ結城弥平次と結城一族の墓(キリシタン墓碑?) その2~雲仙市国見町

Photo_6

結城城から少し下った、小高い丘の奥の中に、結城一族の墓と呼ばれる、墓所

あります。

Photo_7

入り口は少し急なところを登ると、少し広い山道に出ます。少し歩くと墓碑があり

ます。


説明版によれば、「じゅうごさん」、「姫の墓」と呼ばれていると書いてあります。


「じゅうごさん」といえば、漁民地区に見られる信仰で、海の神様と言われていま

す。吾妻町史によれば、「『ジュウゴ』(龍宮)とは「竜王」が訛ったものと思われ

が、はっきりしない。竜神と恵比須の習合信仰と解される。」と書いてありま

す。この場所は、海から随分離れた所なのですが、不思議です。


「姫の墓」については、国見町郷土史研究会、「国見町の忘れられた文化
財 第

二集」に「姫(注:結城弥平次の姫)は水に溺れて死んだと田中次男氏はいって

いる。命日は三月十七日、昔は近隣揃って供養していたが最近は一家でやっ

いる。」と書いてあります。墓所は田中氏の裏山にあります。


さて、この墓は裏が問題で

Photo_8

赤い四角の所。「日本キリシタン墓碑総覧」には、「類似資料 結城キリシタン墓

碑」として取り上げられ、状況の説明の後、「本墓碑をキリシタン伏碑と断定せ

ずにあくまで類似資料として収録し、今後の検討を待ちたいと思う。」と記載され

ています。

Photo_9 Photo_10

Photo_11

なお、この祠の正面は、結城城ではなく、海の方を向いていました。祠の中は空

っぽです。


なお、地元の方と話をしていたら、長崎へ去った結城一族が、この地を懐かし

、建てたのではないかと言われた方がいました。真実は謎です。

(この項終了)



今日の暑さは何だ!と言うところです。昔は夕立がありましたが、今年はありま

せん。明日は、ポチ、雨乞いでもしてみますか。


  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

« 結城城(金山城)★キリシタン大名ジョルジ結城弥平次と結城一族の墓 その1~雲仙市国見町 | トップページ | またも出ました!不整脈! »

史跡」カテゴリの記事

コメント

>昔は夕立がありましたが、今年はありません

ホント最近は夕立がありませんね・・・朝もありませんが(T_T)

お互い歳てすかね。
もっとも、朝あっても、この暑さじゃ•••(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/58024492

この記事へのトラックバック一覧です: 結城城(金山城)★キリシタン大名ジョルジ結城弥平次と結城一族の墓(キリシタン墓碑?) その2~雲仙市国見町:

« 結城城(金山城)★キリシタン大名ジョルジ結城弥平次と結城一族の墓 その1~雲仙市国見町 | トップページ | またも出ました!不整脈! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ