« 愛野町にあった天草四郎陣中旗~雲仙市愛野町 | トップページ | 夏はソーメン »

2013年7月31日 (水)

原城の抜け穴 その後~南島原市南有馬町

  Dscf2629

今年の4月に、「原城の抜け穴」と言うことで、書きましたが、このときは、穴の位置、形さ

え分からず、穴好きの私としては、残念な思いでしたが、なんと、

Img_0002

1990年(平成2年)に、南有馬町(現南島原市南有馬町)から出版された、子ども向け

の、島原の乱を題材にした、「動乱 原城史:監修=笠原一男・漫画=古城武司」に、写真

が載っているではありませんか。以下、この間のブログとダブル部分があると思います

が・・


この穴、1963年(昭和38年)の豪雨で、地盤沈下して突然出来た穴。本によると、「内部

は段状になっており、一番深いところで4,3メートルの深さでした。瓦や陶器の破片が発

掘され、昔のくわの跡も見つかりました。・・・」とあります。

Img_0001

赤の矢印の所が、原城の本丸にある、記念碑です。私としては、もっと崖の方かと思っ

て捜してみたのですが、こんな所だったとは、唖然としました。

Img_0001_2

こちらは、海岸にある穴で、古くから知られていたそうで、海岸の崖下から6メートル、高さ

1,1メートル、幅0,7メートルから0,8メートル。


2009年(平成21年)に9月、東海大のグループが小型ロボットカメラで調査。どうも、この

模様が2009年9月23日、テレビ朝日の「スーパーモーニング」で放映されたみたいで

す。


海側から、入った人のスケッチ図です。

Img_0004

本丸から見つかった穴と、こちらからの穴が繋がっているかどうかは、まだ分かっていな

いようで、先ほどの本に、「この穴(注:本丸の穴)は、海岸からの横穴につながっていたも

のと想像されます。」と書いてあり、調査しないと、繋がっているかどうか、不明でしょう。


なお。2009年の西日本新聞には、「『抜け穴』の発掘調査に新年度から着手する。」とあ

りますが、まだ、着手しておりません。


現在、南島原市は「世界遺産登録」を目指しており、仄聞するところによると、来年くらい

から調査が始まるようです。(あくまで仄聞です。)

この、抜け穴、はっきりすると、遺産登録への、一つの大きな武器となるのでしょうが・・・


なお、本丸の穴は、ここらあたりかな、としか分かりません。海岸側は、昭和63年、地元

郷土史家グループが測量調査をおこなった直後、豪雨で内部が崩落し、人が入れないそ

うです。多分、地元の役所でも入れない様にしてあると思います。調査を待ちたいもので

す。   (参考・文引用:、「動乱 原城史:監修=笠原一男・漫画=古城武司」)


穴と言えば、覗きたくなる、私のポチと悪い癖。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

« 愛野町にあった天草四郎陣中旗~雲仙市愛野町 | トップページ | 夏はソーメン »

史跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57901622

この記事へのトラックバック一覧です: 原城の抜け穴 その後~南島原市南有馬町:

« 愛野町にあった天草四郎陣中旗~雲仙市愛野町 | トップページ | 夏はソーメン »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ