« たなばた様~雲仙市千々石町 | トップページ | 鉄人チャーハン★パラパラのチャーハンの作り方~程一彦さんのレシピによる »

2013年7月 5日 (金)

雲仙鉄道 その25~鉄道発祥の地

Dscf2198

今日の話は、直接雲仙鉄道とは関係ありませんが、今後の話題で、少し関係が出てくる

ので書いてみます。


今日は、カラット晴れた、とはいえない、梅雨空。しかもムシムシとした天気。諫早まで行っ

た帰り、運動公園を一周、約5000歩ばかり。この公園には、機関車置いてあります。


この機関車は、昭和14年に誕生。名古屋、金沢、富山、人吉、宮崎、鹿児島で、昭和50

年まで活躍し、326万キロを走ったそうです。


この、展示してある機関車の良いところは、運転席に登れること。

Dscf2197_9

もちろん、可動部分は溶接して動きませんが、すごい迫力。赤い部分が、お釜さんで、ここ

から石炭をくべたのでしょう。


さて、この横に説明板が立ててあり、

Dscf2192

赤いところ、「慶応元年(1865年)トーマス・グラバーが長崎の大浦海岸で蒸気機関車

(SL)を走らせたのが、日本で最初でありSLの発祥の地ともいえる。」と書いてあります。


普通、鉄道の発祥と言えば、「汽笛一声新橋を・・・・」との歌とともに、明治5年9月12日

に、新橋駅~横浜駅が開通したと習っていたのですが。


じつは、先日から「九州鉄道物語~桃坂豊著」を読んでいたら、「鉄道発祥の地」として、

長崎の事が書いてあり、要約すれば、1865年7月22日発行の英国の新聞「レールウェイ・

タイムス」に長崎の事が掲載され、これを、トムリンソン氏が発見し、長崎高等商業学校の

武藤教授にそれが伝わり、門司で開かれた「鉄道五十年祝典記念講演会」で披露し、当

時の新聞では、鉄道の発祥は長崎にありと誇らしげに自慢してあるそうです。


当時、長崎の外人居留地の大浦海岸通りに、「グラバー商会」が一時的に軌道を敷設し

(他の資料では、市民病院から松ヶ枝橋までの600メートル)、小型蒸気機関車で客車

を引っ張り、見物人に見せ、その後、上海で使用する予定だったそうです。


私は残念ながら見ておりませんが、長崎市民病院前に、「鉄道発祥の地」という祈念碑が

あり、説明板には「慶応元年(1865)英国人貿易商人トーマス・グラバーは、日本で初

めて英国製の蒸気機関車アイアン・デューク号(鉄の伯爵)号を敷いて走らせた。集まった

人々は驚きの歓声を上げて見物した。この試走は日本近代化の牽引車になった。」と記さ

れてあります。


ところが、この、「九州の鉄道ものがたり」、もう少し先を読むと、今度は「日本初の蒸気機

関車」という文があり、これによると、1855年(安政2年)、日本人の手によって、「蒸気機

関車」が作られていたとのことです。


長崎に寄港したロシア軍艦「ハルラータル」号の艦上で模型の蒸気機関車の運転がおこ

なわれ、それを見ていた、佐賀藩士中村奇輔が、負けてなるかと藩の精煉方挙げて、制

作をしたそうです。


佐賀県は地味に見えますが(佐賀県の方ごめんなさい)、実は佐賀藩の事を学ぶと、進取

な所があり、藩主の考え方にもそれが見えます。佐賀県は、「葉隠」、バルーンフェスタ、タ

レントのはなわさんだけではありません。


2年をかけ作り、大きさは、全長39,7㎝、幅14,3㎝、高さ31,2㎝の小さなものです

が、蒸気機関車は蒸気機関車です。この機関車、佐賀県立博物館に展示してあるそう

で、ネットでも見られます。なお、燃料はアルコールですが、藩の記録によれば「焼酎をた

いて走る」とあるそうです。

Img_5

   (「九州鉄道ものがたり」より。注:こちらは模型だそうです。)


さて、鉄道発祥の地あり、日本初の蒸気機関車あり、「汽笛一声・・・」の方は、官営による

営業の始まりの鉄道だったといえるでしょう。

長崎県、及び佐賀県の方は、俺が鉄道の元祖、本家だと、胸をはって言いましょう。


実は、私、鉄道にはあまり詳しくなく、補足がありましたら、コメント欄に書き込んでおいて

下さい。他にも諸説あるみたいで・・・ 

(参考・引用:「九州鉄道ものがたり~桃坂豊著」、他、各ネットより)


蒸気機関車懐かしいですね。大学受験の折、蒸気機関車で行きましたが、当時、、富士

山を見たら落第するとのジンクスがあり、ポチと富士山を眺めたら本当に落第しました。

  にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



« たなばた様~雲仙市千々石町 | トップページ | 鉄人チャーハン★パラパラのチャーハンの作り方~程一彦さんのレシピによる »

雲仙鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57729577

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙鉄道 その25~鉄道発祥の地:

« たなばた様~雲仙市千々石町 | トップページ | 鉄人チャーハン★パラパラのチャーハンの作り方~程一彦さんのレシピによる »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ