« 2013 唐比ハス園(6月30日)満開&唐比蓮祭のお知らせ | トップページ | 湯煎餅★後日談~これが湯煎餅の耳だ »

2013年7月 1日 (月)

7月1日はところてんの日~雲仙市千々石町

Dscf2116

このお店の写真、4,5回になりますか。7月から9月までの3ヶ月間しか開いておりませ

ん。


通りかかると、店が開いていたので、もう7月になったのかと、店に入ったら、去年と変わら

ず、

 Dscf2109 Dscf2108_2

メニューは、ところてんとラムネのみ。昭和レトロが流行っていますが、昭和レトロそのも

の。

Dscf2110

下の段に、ところてんの水槽があり、天突きで突き出します。


ところで、たかが、ところてんと思って、ウィキペデアで調べてみると、正倉院の書物中に

「心太」と記され、奈良時代には、「こころてん」または「ところてん」と呼ばれていた様だと

言うことです。


なお、同正倉院の記録では、「御食国」(日本古代から平安時代まで、皇室、朝廷に海産

物を中心とした御食料を貢いだ国と推定される国を指す言葉)」と呼ばれる地域からテン

グサを送ったという記録があり、宮中の節気行事に使われた事がうかがえるそうです。な

お、テングサは、ところてんの材料です。

ということを考えると、歴史的にも、たかが、ところてんとは言えません。


さて、カロリー面でも、ところてんは174グラムで、わずかの3カロリー。砂糖、醤油、酢、

ごまでタレをつくり、青のりをのっけても23カロリーだそうです。食物繊維として整腸効果

もあるそうです。健康と美容にところてんを!


この、ところてん屋さんの前の庭、いつもきれいにしてあり、

Dscf2114

石仏が2つあまり、右下にはきれいなわき水が湧いています。もちろん、飲めます。夏場

は、ひんやりとして美味しいですよ。


ところで、「7月1日はところてんの日」は全国的なものでは、ありません。俵万智さんの短

歌に、「『この味が良いね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」というのがありま

すが、各自、何かの日を持っているのが面白いなと思って、7月1日に、このお店が開くの

で、私が勝手に、「7月1日はところてんの日」と決めたものです。

(参考・文引用:「ウィキペディア」より)


日記に、「今日は浮気記念日」とポチ書いてみたいんですが、相手がいないんじゃね・・・

 

 にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ




« 2013 唐比ハス園(6月30日)満開&唐比蓮祭のお知らせ | トップページ | 湯煎餅★後日談~これが湯煎餅の耳だ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

sugikanさん初めまして。
サッカーやtotoネタのブログ書いてる
予想屋改め曲がり屋ぽーかろといいます。
実はこのトコロテン屋さん
自宅の近所でして…。
しかもここの娘とは
小・中学校の同級生でしたよ。
いやぁ…超地元ネタが人様のブログで見れるとは…。
これからも楽しいブログ期待しています。

コメントありがとうございます。

ということは、同じご町内ですね。
千々石も近頃、少し元気がないようで、できるだけ、千々石のことも取り上げ臺と思っています。

ところてん屋さん、たびたび買いに行ってますよ。

懐かしい。。。
今も変わっていないんですね。。。
私も昔、ここから数分の所に住んでいました。
ここのトコロテン、美味しくて、小さい頃よく食べてたなあ。。。
そして湧き水も、ラムネもよく飲んでた(笑)
私はここの息子さんと同級生でしたよ。

まったく変わっていません。7月に開くのを毎年楽しみにしています。

夏はトコロテンですね。

「曲がり屋ポカローン」さんから、コメント頂きましたが、こちらも自宅の近所で、娘さんの方と同級生だったそうです。奇遇ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577450/57704586

この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日はところてんの日~雲仙市千々石町:

« 2013 唐比ハス園(6月30日)満開&唐比蓮祭のお知らせ | トップページ | 湯煎餅★後日談~これが湯煎餅の耳だ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログランク参加中クリックしてね

最近のトラックバック

amazon

無料ブログはココログ